グルメ・クッキング

2024年3月 8日 (金)

2月下旬から3月初旬をまとめて

今日3/8(金)は早朝から雪混じりの冷たい雨が降る。
昼過ぎに陽がさして、太陽の暖かさの大事さを感じた。
以前もコメントしたが、FacebookとInstagramの更新は一緒に行えて逐次更新しているが、ブログの更新は毎度滞りがち。

先月末からの乗馬等のコメントを以下に、まとめて記述する。
馬場馬術レッスンでのHo先生からの最近の指導ポイントは、
あらためて、半減脚(ハーフホルト)を理解することの大事さ。
馬のスピードを落としながら前進気勢を保たせること。
例えば馬の駈歩発進が思う様にいかない時、常歩・速歩を何度も繰り返すことで半減脚を自然に生じさせて、駈歩発進が出やすくなる。常歩からの駈歩発進は、弓を引いて放つイメージ。
手綱で馬の後ろ足(とも)に力を蓄えさせて、脚でその力を放つ感じかな。
だから、Ho先生からは駈歩発進の際は手綱を緩めては出ないとの指導。
常歩は手綱を緩めていいが、速歩・駈歩の際は手綱を引くこと。

 

2月25日(日曜)は午後2:30からHo先生の下、私のパートナーはピクルス君、他はビネガー君で2頭での1077鞍目の馬場馬術レッスン。
この日は前日の雨で馬場がぬかって、重い馬場。
そして、重いピクルス君とのレッスンでは動かすまで苦労して、動き出すとなかなかセーブが難しく、汗だくで疲労困憊。
小柄で軽いお馬のティタン君の倍以上の体力を消耗した感じ。

 

2/28(水)は晴れて昨日のような強風もなく穏やかで暖かく、午後2:30から1078鞍目の馬場馬術レッスン。
Ho先生の下、パートナーのお馬は昨年12月8日に騎乗して以来のソテ君。
他は、シャンティちゃんとティタン君で3頭でのレッスン。
インストラクターのHo先生から、最近のソテ君は駈歩の際に跳ねることがあるので手綱を短くしっかり持つ様に注意指導された。
ソテ君、以前のお馬とは別の馬の様に変身したと感じた。とても元気なお馬に成長して来た感じ。
競馬時代の名前は「イントゥザスカイ」、父馬は天皇賞2度優勝している名馬フェノーメノ。
だが、現在名ソテ君は、笠松と川崎でそれぞれ2勝して地方競馬で19戦4勝しているが「鼻出血」が起きて競馬から引退した様である。
2017年2月9日生まれで7歳になったばかりで、乗馬馬としてはまだ若駒。
こちらの乗馬クラブに来た時に比べて段々良い乗馬馬になって来ている感じがする。
無理せず元気にサンヨーガーデンで過ごしてほしいと願う。今日は私のレッスン後まだお仕事があり、お手入れ出来なかったので、馬房のお掃除をして帰宅した。

競馬馬が乗馬馬になれたりして天命を全うできるのはごく少数。
現在、ほとんどの引退馬が殺処分を受けて、食肉や動物園の餌やドックフードなどにされているそうだ。
私は大きなレースの時に時々馬券を買うぐらいで、普段は競馬はやらない。
でも、競馬馬の将来がとても気になる。
最近は、引退馬の余生を考える動きが多くなったが、まだ多くの馬を助けられてない。
ある意味、ペットとしての犬猫以上に馬の運命は深刻である。
大きな体の馬の飼育費は大変な額。
競馬馬としてのサラブレットは、牛や豚と同様に経済動物だと考えられている。
犬猫の様な、愛玩動物(ペット)ではないと。
さんざん人間の欲望で走らされて、それはないんじゃないかと思うが・・・。
でも現代社会、競馬がなければ現在の馬の繁栄もない・・・。
自動車や農工機械が無かった時代とは違うから。
牛は肉になるとビーフ、豚はポーク、ニワトリはチキン。
馬は、馬肉、または桜肉。
ヴィーガンやベジタリアンの方々の気持ちが分かる気がする・・。
でも、私はなれない。
命を大切にしたいと願い思うだけ・・・。

 

3/2(土)は晴れ間あるも冷たい風が吹いている。
自宅近くの緑道の河津桜🌸も寒そう。
朝、愛猫「ぽてこ」とテレビを観ると,昨日同様に大谷君の結婚のお話。暗い世の中に、また大谷君がパッと明るくしてくれた。
私が大谷君と言うのはおかしな感じ。大谷さん、お幸せに。
3/1(金)に午前中雨と考え前日乗馬をキャンセルしたが、当日の朝、天気が回復するとのことで、午後2:30からの乗馬予約を入れて楽しむ。
Ho先生の下1079鞍目の馬場馬術レッスンのパートナーのお馬は久し振りのビネガー君。
他はソテ君で2頭だけのレッスンだったが、馬場がぬかってびしょびしょだったので、常歩・軽速歩でのレッスン。最後にちょっとだけ駈歩の発進の練習をした。
ビネガー君,私の前,私,私の後もお仕事があり3連続のお仕事。お疲れ様でした。お手入れは最後に騎乗した方にお任せして、馬房のお掃除をして帰宅した。

 

3/4(月)は朝から晴天で穏やかで暖かい日和。
午前11時から1080鞍目の馬場馬術レッスンを楽しむ。
パートナーは可愛い小振りのティタン君、他はキャスパー君、ソテ君、ピクルス君で。4頭でのレッスン。
暖かく穏やかな陽射しを浴びて,気持ちが良いレッスンであった。
3月4日は「サンヨン」でサンヨーガーデン乗馬クラブの記念日として、ランチタイムにクラブの社長さん自ら「焼きそば」をクラブハウス前で焼いて、お吸い物付きで、多くの人達と共に無料でいただく。
クラブの仲間と会話しながら、外でのランチタイムは楽しいひと時であった。
ランチタイム後,皆でテーブルや椅子の片付けをする。ティタン君は、午後も連続2鞍のお仕事があるので、馬房のお掃除をして帰宅した。

 

3/6(水)は雨模様の朝を迎えて,寒い一日。
家族は午前中から上野の東京美術館で行われている「印象派 モネからアメリカへ」を観に行った。
私は愛猫「ぽてこ」と留守番。
お昼はイタリアンレストランLa Ricettaで過ごす。
ポテトのポタージュと、大きなポークソーセージと「のらぼう菜」と茄子とニンニクのソテーはフェンネルのハーブが効いて,とても美味しかった。デザートのフルーツケーキとブラックコーヒーも美味。最近家では魚料理が多かったので、久しぶりにお肉を食べた。
帰りにはイオンモールで買い物をして帰宅。
NHK.BSプレミアムシネマで録画してあった映画「プレイス・イン・ザ・ハート」を鑑賞。古きアメリカを題材とした映画であるが、現在のアメリカにも続いていると言うか、人間社会の中の悪しき中で良き人の生き様を観られ、心を癒された。
愛猫「ぽてこ」とも遊び、1人でのんびりした。
Pickles20240225bPickles20240225aPickles20240225c Pickles20240225d

Sote20240228aSote20240228cSote20240228dSote20240228eSote20240228fSote20240228g

Ryokudou20240302aTv_ootani20240302aVinegar20240301bVinegar20240301cVinegar20240301d

Titan20240304aTitan20240304dTitan20240304eSanyo20240304aSanyo20240304bSanyo20240304cSanyo20240304d

Ricetta20240306aRicetta20240306bRicetta20240306dRicetta20240306eNhkbs20240306bPoteko20240306aPoteko20240306b


乗馬・馬術ランキング

|

2024年2月11日 (日)

乗馬クラブの冬休み明け

2/9(金)の乗馬クラブは、冬休み明けでとても混んでいた中、午後2:30から1074鞍目の乗馬を楽しむ。
Ho先生の下、私のパーナーのお馬は前回同様のティタン君。
他は、シャンティちゃん、ソテ君、ピクルス君で4頭でのレッスン。
雪解けの影響で馬場はぬかっていたのと4頭でのレッスンだったので、控えめにレッスンに臨む。
それでも、乾いた馬場の所で短い駈歩もした。
Ho先生からの指導ポイントは、
馬とのコミュニケーションをちゃんと取ること。
⒈.脚の正しい扶助を行うこと。
①乗手の意思を正しく伝えること。
②馬が理解できない扶助を行わない。
③踵とか拍車は、脚の扶助ではない。
③脚の扶助は、太ももから脹脛。
④だから、鎧に立った状態でも脚が使えないのは正しい脚でないと言うこと。
⑤鎧に立った状態で、馬に挟める所として太ももから脹脛となる。
⑥お尻で騎座してしまうと、踵で馬を挟みがちとなる。
⑦上記の様に、踵や拍車を脚としてしまうのは馬にとって痛いだけで、正しい脚ではない。
⑧踵や拍車は、強い鞭と同じ。
⒉.動作は、何でも動かすことではない。
①馬を動かすのも同様で、必ず停止させることと動かすことの組み合わせ。
②馬にここを止めといてここを動かしなさいの様に。
③止まっている軸があって反対側を動かしなさいの様に。
④馬に対しては、外側の腰・内側の腰、外側の肩・内側の肩の4点の制御と動きをさせてコントロールする。
⑤例えば、内側の腰を制御して外側の肩を動かしなさいの様に。
⑥左手前ならば、馬の左の肩が動き易い馬にすることが大切。
⑦馬が外方に出ない様に、外方手綱を張って制御して内方手綱は強く張らない様にして馬の内方の肩を動き易くする。
ティタン君は、前レッスンからの乗り替わりで、私の後の方とも乗り替わりで3連続のお仕事で、お手入れ出来ずに馬房のお掃除をして帰宅した。
帰宅して,就寝しようと思ったら、左太腿が攣って激痛で思わず叫んだ。妻の協力で太腿を温めて、ノンアルコールワインを温めて飲んだ。
乗馬では、お尻で騎座せずに太腿で騎座して馬に跨っている。レッスンは45分間だが、その運動量は,私の様な老人には厳しい。
冬でも,ちゃんと水分補給しないと,筋肉💪が悲鳴をあげる。

 

今日2/11(日曜)は雲多いが暖かく穏やかな建国記念の日。
病み上がりで疲れ気味なので今日午後からの乗馬を前日にキャンセルした。
キャンセルの理由はそれだけでなく、美味しそうなランチお弁当の情報を察知して食べたくなったのが、一番の理由。
座間市のイタリアンレストランLa Ricettaを通して知った綾瀬市のイタリアンレストランcasa.miileの隣のレンタルルームのカーサ・ピッコラに、本日11:00から14:00まで北陸支援を兼ねて北陸氷見市の魚屋さんから仕入れた寒鰤を使った海老名市にある「農家食堂」さんの料理弁当限定30食の内の3食分を予約して買いに行く。
氷見の鰤🐟は超ブランド級のお魚。
あら汁を含めて、とても美味しかった。
家族も,その美味しさに大喜び。
世田谷区から座間市に引っ越し、保護猫「ざまねこ」を通して,色々な方々との縁を得ている。
愛猫「ぽてこ」は、キューピット👼の様だ🐈😸
明日は,馬事公苑で昨日2/10から明日2/12まで開催のホースメッセに行く。
夕方に競馬の名調教師だった藤沢和雄氏とその助手だった渡部貴文氏の座学講習会に参加する。
お馬を通しても,色々な方々と知り合いになった🐴😊
Titan20240209aTitan20240209bTitan20240209cTitan20240209dTitan20240209e
Casamiile20240210aCasamiile20240210bCasamiile20240210cCasamiile20240210dCasamiile20240210ePoteko20240210a


乗馬・馬術ランキング

|

2023年7月10日 (月)

夏場の乗馬は、しばらく控える

今日7/10(月)も猛暑。
昨日7/9(日)は曇り空であったので温度は高くならなかったが、湿度がありとても蒸し暑かった。
午後1:30からの1043鞍目の乗馬レッスンを受ける。
Ho先生の下、私は今回もピクルス君、他はシャンティちゃんと、ディノ君で3頭でのレッスンとなった。
蒸し暑くて虫が多く馬場に出てきて、たたでさえ重く動きの悪いピクルス君、初め全くと言っていいほど動かない。
夏場のピクルス君は、特に動きが悪くなる感じ。
私も蒸し暑さで、半分諦めの思いでピクルス君に跨る。
中盤から後半になっても動きが重く、動く時は他の馬について行く感じ。
ディノ君の後ろに着くのは危ないと知りながらも、ついて行ってしまう。
なので、馬場中央で動かすことに努める。
この日のHo先生の指導ポイントは、爪先を下げてバレリーナーの様に爪先立ちの感覚で馬に跨ること。
Ho先生から、鎧から脚を外して、爪先を下に下げて股がつて乗るように指導を受ける。
ピクルス君、元気な輪乗りでの駈歩をしてくれた。
鎧を踏んでないので、跳ねられたら落馬するかもとも一瞬持ったが、鞍に太腿が吸い付く様な感じで安定していた。
鎧を踏まず動いたのは、ピクルス君という馬自体にも動きの悪い要素があるが、私の騎座にも問題があるとの証明だった。

レッスン終わり、一度ピクルス君を馬房に戻してからお手入れをする。
午前中も2鞍お仕事していたので、丸洗いをしてあげてた。
馬房に戻すと、新しいおが屑が敷きられてていたので、ピクルス君気持ち良さそうにゴロンゴロンした。
その後、私も汗でびっしょりであったのでクラブハウス内のシャワーを浴びた。

そして、夕方から行われた、2級、1級の経路練習を見学した。
2級は、ウィル君組で、人馬共初めてで落ち着いた感じで頑張れた。
1級は、シャンティちゃん、ビネガー君、リンドー君組みで、とても皆さん素晴らしい出来栄えであった。
私も機会があれば、ビネガー君と経路を回ってみたいと思うのだが、最近ビネガー君は女性が乗る場合が多く、私に回ってこない。
ただ、この夏場は、しばらく乗馬を控えようと思う。
この7月初めに71歳を迎えた老人には、夏の乗馬は無理があると思うからである。
愛猫「ぽてこ」と家の中で運動して体を鍛えようと思う。

帰り時間が遅くなったので家に電話してから、乗馬クラブ近くのイタリアンのオリーブの丘で、パスタとピッザを食べて帰宅する。

Pickles20230709a Pickles20230709b Pickles20230709c Pickles20230709d Sanyo20230709a Olivenooka20230709a Poteko20230709a


乗馬・馬術ランキング

|

2022年10月28日 (金)

ちょっと早めに家族でハロウイン気分。

今日10/28(金)は昨日のような晴天ではなく曇り空だが、穏やかな1日であった。
ランチタイムに、久しぶりに家族でイタリアンレストラン「La Ricetta」に行く。
月曜日は定休日で土日はハロウィンで混むのではと思い、お店に予約を入れた。
家族はそれぞれ美味しいランチを食べ、美味しいデザートとコヒーを味わっう。
オーナーさんから愛猫「ぽてこ」のハロウィン様のマントを頂く。
オーナーさんのパンケーキアートのビデオ映像に「ぽてこ」のパンケーキ作成場面が観れた。
帰りに、グルテンフリーの「ざまねこ」クッキーを購入する。代金の一部が保護猫活動にまわるそうです。
帰宅後、頂いた猫様マントを見せたら逃げたので、着せるには無理でした。
しばらく私がヨダレかけの様に首から下げて「ぽてこ」に見せました。
その「ぽてこ」は、最近テレビに夢中。
テレビの電源を入れると、テレビ台に乗ってテレビを独占する。
今日の夜も家族でアニメ「君の名は」を観ていたらテレビ台に乗った。

 

乗馬は、10月26日(水)の午後2:20から1003鞍目の馬場馬術レッスンを受ける。
Ho先生の下、私はビネガ君、他はネオ君で2頭でのレッスンとなった。
晴天で日差しが強かったが、冬に向かって2:30のレッスンで日差しが差しているのは隣のC馬場近くだけとなって来た。
相変わらずビネガー君との正反動の速歩が反動が大きく、その維持が難しい。
でも後半に駈歩を出した後の速歩はテンポ良く、継続しやすくなった。
Ho先生からの指導ポイント。
1.自分のウエイトが坐骨に乗ること。
①その為には、腰角に乗って行くことで、必然的に坐骨に乗っていける。
②ただ坐骨に乗ろうとすると、坐骨でないところに乗ってしまう。
③そうして、折角坐骨で乗れたのに、馬が思う様に動かないと、自分で馬に「動け動け」とお尻とか骨盤を揺すってしまうと、下から揺すって自分を落としてしまう様な動きとなり、坐骨が効かなくなる。
④自分の骨盤が動くのは、馬の背中の動きに伴って馬によって動かされる。
⑤その時に、自分の腰角に自分のウエイトが一歩一歩乗っかる様に自分の骨盤が動かされることを予測して、自分のウエイトをどの様に運んで行くかを考える必要がある。
⑥それは、人が地面を歩くときに自然と行っている。
⑦自分のウエイトをコントロールすることがバランス良く馬に乗れる。
⑧自分のウエイトを上手に使う。

レッスン終了後、ビネガー君のお手入れと馬具のお手入れをして帰宅する。

Ricetta20221028a Ricetta20221028b Ricetta20221028x Ricetta20221028x2 Ricetta20221028c Zamaneko20221028a Poteko20221028b Sanyo20221026a Sanyo20221026b Vinegar20221026a Vinegar20221026b Vinegar20221026c


乗馬・馬術ランキング

|

2022年5月 8日 (日)

今日は母の日

今日5/8は母の日❤️
先日4日はゴールデンウイーク中に大阪に住む息子が帰省して、相模大野のフレンチレストランで私達の結婚42周年を家族4人で祝ってくれた。
今日は私と妻と娘の3人で久し振りに相武台前のイタリアンレストランLa Ricettaで美味しいランチをいただき、保護猫支援のお菓子とグッズも購入。😸
ランチタイム後、愛猫「ぽてこ」が保護されていたレストラン裏手の「ざまねこ」を見学。
平和な日本だが、辛い目に遭っている犬猫や動物達がいる。
ウクライナ🇺🇦では、もっと酷い状況だと思うと、辛く悲しい。この星が平和になります様に🙏

 

Ricetta20220508aRicetta20220508bRicetta20220508cRicetta20220508dZamaneko20220508aPoteko2022508a

|

2022年5月 3日 (火)

憲法記念日

今日5/3は憲法記念日の祝日で、朝からとても良い天気。
今のウクライナ🇺🇦を思いながら、憲法記念日を考える。
平和を願うが、願うだけでは家族(我国)は守れないという現実を目の当たりにしてる。
憲法9条が問われているが、ロシアの蛮行を思うと憲法前文もしみじみと考えてしまう。
いくら自分(我国)が平和を望んでも、いきなり我が家(我国)に入り込んで、我が家や家族に危害を与える侵入者(侵略国)が存在すると思うと、理想だけでは家族(我国)を守れない。

今日は、先月30日から大阪から帰省している息子が明日大阪に帰るので、家族4人で外でランチタイムを過ごした。
場所は娘が設定してくれた相模大野駅から近い小さなフレンチレストランLe Petit Orme「ルプティオルム」。
5月5日のこどもの日は、私達夫婦の結婚42周年記念日なので、それも兼ねて。
なお、長男・長女の今年過ぎてしまった誕生日も兼ねてささやかなお祝い。
リーズナブルでとても美味しいフレンチ料理とデザートでした。
帰りは、妻と娘は相模大野で買い物、私と息子は車で谷戸山公園に行き散策した。

今の日本・家族の平和と、ロシアのウクライナ侵略が同一次元であるというギャップが、どうしても理解し難い。
ウクライナだけではなく、世界ではまだ人によって迫害を受けている人々が多くいる。
この星の一番の危険生物は、人であると思う。

Putite_orme20220503a Putite_orme20220503b Putite_orme20220503c Putite_orme20220503d Putite_orme20220503ePutite_orme20220503fYatono20220503aYatono20220503bYatono20220503cUkraine2022b_20220503213601

|

2022年3月21日 (月)

2022年春分の日

今日3/21は春分に日、午前中は曇り空で肌寒かった。
お昼は家族の要望で、数日前に事前に予約した町田の「梅の花」で家族3人でランチタイムを過ごす。
お彼岸の中日、とても混んでいた。
食後、向かいの町田カトリック教会に足を運んで、世界の平和を祈る。
その後家族は買い物をするとのことで、私1人早々と渋滞となる前に車で帰宅した。
今月落馬で痛めた左太腿と股関節にまだ痛みが有り、歩きづらいからである。
太腿に濃い紫のアザが現れたのは、左の太腿で鞍に強い圧力をかけた痕跡であった。
一瞬だが、必死で落馬を防ごうと闘った印の様なもの。
お尻には、赤子の蒙古斑のようなアザができてる。
それは、地面に当たった時の印。
帰宅すると、愛猫「ぽてこ」がトイレの掃除してと鳴いた。
まだしばらくは、「ぽてこ」と平和を祈りながら、家の中で過ごすこととします。
こうして当たり前の日常生活が送れることに感謝しつつ、ウクライナの惨状に祈るしか出来ない自分がもどかしい。

Umenohana20220321a Umenohana20220321b Umenohana20220321c Machuda_catholic20210321a Machuda_catholic20210321b Machuda_catholic20210321c Ryokudou202203a Foot20220321a Poteko20220321a


乗馬・馬術ランキング

|

2022年1月27日 (木)

2022年1月も終盤

今日は1月27日木曜日、曇りがちの空であったが比較的暖かな1日であった。
昨日は晴れて空気は冷たかったが、風がなかったのでそれほど寒さを感じなかった。
午後2:30から960鞍目の馬術レッスンを楽しんだ。
Ho先生に下、私はビネガー君、他はシャンティちゃんとネオ君組で、3組でのレッスンとなった。

Ho先生の指導ポイントは、
1,馬を前に出すために、ただ前に進め進めと言わないこと。
①必要なのは、自分(乗り手)よりも前にと言う。
②乗り手は馬より前に行かないこと。
③その為に、頭のテッペンは天にくっ付き動かない、足裏は地面にピタッとくっ付き動かない。
④上記の状態で脚を入れ、体を動かさない。靴をやたら動かさない。
2.上記1の為に、馬を脚の前に出すのだが、その場所が乗り手の前に3箇所ある。
①1箇所は、両脚の前(両脚と両手の前)。
②2つ目は、右脚と右手の間。
③3つ目は、左脚と左手の間。
④常歩と速歩は、基本的に両脚と両手の間に馬を出す。
⑤それでも前に出ない場合は、横に出す。
⑥その場合は、上記②③の要領で馬を前に出す。
⑦上記の方法で馬が前に出ると、①の箇所で馬が前に出るようになり、輪乗りもしやすくなる。
⑧上記の方歩で、常歩・速歩をすると、駈歩も出やすく、良い駈歩となる。
⑨駈歩は、手前によって②③の要領で行う。
⑩尚、上記②③で馬を内方または外方に出したくないという場合は、手綱を一蹴(1秒程)下から上に上げる。
3.馬を前に出しぱなしにしないこと。
①駈歩の継続できることも良いが、止める出すというアコーデオン練習することも、馬を柔らかくする為に大切。

ビネガー君は、この日もとても良い動き。
レッスン終盤での駈歩は、駈歩発進してすぐに停める、そして直ぐに発進という動作を心がけて行えた。
ただ、Ho先生からの課題の、駈歩発進から2歩で停止させるのは出来なかった。
私には、ちょっと無理って感じだった。
この日のレッスンは、とても勉強になった。

この次の乗馬は、来週の水曜日を予定で、1週間空ける。
愛猫「ぽてこ」と過ごしたり、家の中の整理もしたいと思っている。
家族が作ってくれる料理や、デザートも楽しみ。

Vinegar20220126a Vinegar20220126b Vinegar20220126c Poteko20220126a Home202201a Home202201b


乗馬・馬術ランキング

|

2021年12月17日 (金)

来週の週末はxmas

今日は12月17日金曜日、午前中雨模様で、家の中で映画やクリスマス音楽を聴きながら過ごした。
昨日12月16日木曜日、陽が射して風もなく、比較的暖かな日和。クリスマスの混まない内にと思い、相武台駅近くにあるLa Ricettaで家族とランチタイムを過ごす。この日のメイン料理は3人とも同じお肉料理「ニュージーランド産ナチュラル牛サーロインのタリアータ」を選ぶ。その美味しさに、家族皆んなで感動。デザートのチョコレートケーキも美味しかった。
お店裏の「ざまねこ」に保護されていた高齢の茶トラのクリちゃんは、迎えてくれるお家が決まったとのことで、居なかった。きっと幸せになるでしょう♪

 

乗馬は、冬から乗馬を復活して2回目。
12月13日月曜は、951鞍目の馬場馬術レッスン。
Ho先生の下、私はビネガー君、他はシャンティちゃん、ネオ君組の3組でのレッスンとなった。
この日もビネガー君は前の方からの乗り替わりで、穏やかで良い動きであった。
Ho先生の指導ポイントは、
内方姿勢を取らせる為、
馬がどっちに向かって進んで行くかは頭ぬ向きではなく、背中の形で決まる。
例えば右手前の輪乗りや駈歩の場合は、頭を右側に向けるだけではなく、右側の背中の方が左の背中よりも先行する方にならなければならない。
それが上手くいかないのは、馬の背中を真四角のまま右輪乗りとか駈歩をしようとするからである。
しかし、頭だけ右に向け様とすると、馬の右肩(右背中)が前に出てしまう。
だから場合によっては、背中の形を整える為に、外側の手綱で一旦頭を反対に向けることも必要。
常に内側に向けるのではない。
最終的には馬の鼻先を、右に向けたい。
しかし馬にとってはそれは不自然なので、馬からはそうならないので乗り手がそうさせる。
Ho先生、スケートのターンを例に、写真のように体重を片方に乗せる考えを示された。
レッスン終了後、ビネガー君のお手入れをして、早々に帰宅した。

Ricetta20211216a Ricetta20211216b Ricetta20211216c Ricetta20211216d Ricetta20211216e Ricetta20211216f Vinegar20211213a Vinegar20211213b Home20211217


乗馬・馬術ランキング

|

2021年11月21日 (日)

ランチタイムを過ごしながら思う

昨日11月20日(土)、ランチタイムは家族でLa Ricettaで過ごす
開店AM11:30前に到着したので、「ざまねこ」を覗く。
老猫のクリちゃんが、窓越しに挨拶してくれた。
ドアに貼付されている掲示文を見て、思った。
日本もフランス同様に、ペットショップで犬猫の販売が禁止される法律が立法されることを願うと。
イギリスも同様の法律があり、ドイツは法律での規制は無いが、その様なお店は無い。
日本でのブリダーに中には、商業主義に走り、悪どいブリーダーが多いとのこと。
メスの犬猫を狭いゲージに生涯閉じ込めて、繁殖だけをさせるとか・・・。
日本は、ペットショップやブリーダーだけの問題ではない。
その様な業者から動物を購入して、飼う人にも問題がある人が多いかと思う。
犬猫だけではなく、不幸な運命に置かれている動物達がいる。
その典型は、アライグマでしょうか。
野生化した多くが捕獲されて、殺処分を受けている。
悲しいかな、動物保護に関しては、日本はまだ後進国。
そんなことを思いながら、おいしいランチをいただいた。

Ricetta20211120a Ricetta20211120b Ricetta20211120c Ricetta20211120d Ricetta20211120e Ricetta20211120f Ricetta20211120g Ricetta20211120h Ricetta20211120i


乗馬・馬術ランキング

|