« 2023年10月 | トップページ | 2023年12月 »

2023年11月

2023年11月25日 (土)

3週間ぶりの乗馬

11/23(木)「勤労感謝の日」の祭日、3週間振りに1061鞍目の馬場馬術レッスンを楽しむ
Ho先生の下、パートナーのお馬は前回3週間前に騎乗したソテ君。他は、ティタン君と、Cクラスのシェル君で3頭でのレッスンとなった。
Dクラスのお馬は、数頭の療養中のお馬が居るのでCクラスからもお借りした様である。ソテ君も前回は鞍傷で動きが悪く、常歩だけにした。
この日は、鞍傷もほぼ癒えて、とても良い動きであった。ソテ君自身が走りたい様であった。ただ,まだ競馬の癖が残っていて、馬場馬術の駈歩の様な優雅さが出来ない。乗手の自分の扶助も良くないか😂
Ho先生からの指導ポイントは、
1.乗手が馬をコントロールするのに、車で言うオートマでなくマニュアル車を運転する感覚で行う。
①動き出した常歩が1の常歩だとすると、速歩にするには2の常歩にするイメージ。
②そのアクセルは脚による扶助。
③その脚は、以前から指導されている様に馬のお腹に当てている脚を徐々に力を加えていく方法。
④いきなり、脚・脚と当てるのではない。
⑤2の常歩からでも速歩が出ない様な馬は、3の常歩にさせて速歩にさせる。
⑥上記のイメージがマニュアル車のイメージ。
⑦そうして速歩で輪乗りに入る場合は、手前でギヤーを一段下げて入り、輪乗りから出る時にギヤーを上げる、と言うマニュアル車のイメージは馬場馬術ぽい。
⑧ギヤーチェンジの時に、乗手は鞍にドンと座ってしまわないで、腰を上げることが必要。
⑨駈歩の場合は、よく「歩度を詰め」と言われるように、ギヤーを落として力を貯めて出すイメージで発進させる。
レッスン終了後、ソテ君と会話しながら引く馬して蹄洗場に行き、お手入れをする。
馬場で2度ボロをして、蹄洗場で2度オシッコをする。
そのオシッコ、普通の馬は後ろ足付近に出すが、ソテ君は前足まで飛ばす。
前足の手入れをしていたら、オシッコのシャワーを浴びるところであった😂
ただ、足を洗った後に前足をタオルで拭いていると、いきなりヘルメットを被っている脳天あたりをソテ君の後ろ足で蹴飛ばされた。
物凄い音と共に一瞬軽い脳震盪を起こした。
この日、寒さが緩み暖かくなり、馬につくハエが多くなっていたので、そのハエを追い払うので、後ろ足で自分のお腹のハエを追い払おうとしたのであった。
ヘルメットを被ってなかったら、大騒ぎになっていたところ。
怪我したら、乗馬クラブにご迷惑をかけるところであった。
6歳のソテ君、若くて体が柔らかいので、後ろ足が前足付近まで届いた様だ。
ソテ君は毛足が長くフサフサで、まるでクマさんの様。
Ho先生も、ソテ君が最近太り気味で、今はクマだけど牛みたいになりそうだから、食事制限しようかと冗談を飛ばしていた。
ソテ君の競馬馬時代の名前を調べたら、イントゥザスカイ(Into the Sky)と言う名でした。
ここの乗馬クラブに来れて、よかったね😊。

ピクルス君は鞍傷がなかなか良くならない様で、この日も午前中の1鞍でほぼ休馬状態で心配🥹
でも,馬房では元気そうで良かった😊

久し振りの乗馬クラブ。
ここの馬達とクラブ内の緑を観ると,心和む。
愛猫「ぽてこ」は寒がりやの様で、ホットカーペットの上で、良く寝ている。
平和な日常に、感謝。

この星の平和を願い祈る🙏

Sote20231123bSote20231123cSote20231123aSote20231123d Sote20231123eSote20231123fSote20231123gSote20231123hSote20231123i Pickles20231123aSanyo20231123aPoteko20231123aPoteko20231125a


乗馬・馬術ランキング

|

2023年11月19日 (日)

11月も中旬を過ぎて

11/19(日)は朝から晴天。
昨日の暮年会で朝遅く目覚めると,家族は既に出かけて居ない。
確か上野の東京都美術館に行くと言っていた。
天気はいいのだがちょっと疲れ着、全く外に出ずに愛猫「ぽてこ」とまったりして、音楽や本を読みながら過ごす。
昨日は大学時代の友人との忘年会で、2年ぶりに新宿に出かけたが、乗馬に行かないと引き篭もりがちになる。
以下、最近の出来事をコメント。

 

11/7(火)の午前中は雨模様で蒸し暑い感じだった。
午後からイオンシネマでゴジラ-1.0を観る。
終戦から戦後まもない時代背景でのゴジラ出現のストーリーは、怪獣映画と言うよりヒューマンな映画で、なかなか良かった🤗
映画館から出ると、陽がすっかり沈み、夜となっていた。
イオンモールはもうクリスマスモード。

 

11/14(火)は朝から晴天で、穏やかで暖かい日和。午後から町田市民文学館に行く。
先月,高校の友人と閉館近くに訪れて見学出来なかった遠藤周作生誕100年事業の「遠藤周作展」を見学する。
同じ星に暮らし、自分の平和な日常とは真逆な世界をタイムリーにテレビやネットから見聞きして、人ごとと思えず、悲しみと不安が頭の中をよぎる。
自分自身の心の中にある、迷いや悪い気持ちに対する不安もある。
そんな不安や迷いを、遠藤周作は答えを出すと言うのではなく、一緒に悩み考えてくれる作風で、混沌とした今の時代を生きるヒントを与えてくれるような気がする。また,読み返して行こうと思う。
見学が終わり,1階の喫茶で、遠藤周作セットのコーヒーとお菓子をいただき、抽選で引き当てた遠藤語録書かれたピンバッジをいただく。
そこに書かれていた言葉は、「本を読むと言うことは,その作品に火傷すること。」でした。
文学館を出て、早々に町田の人混みを避けながら帰宅する。
町田は狐狸庵先生が玉川学園に移り住んだ頃から比べて大都会となり、小さな新宿みたいな賑わい。
先月町田で会った高校時代の友人が、大学の先生を退職して出版社顧問をしているが、そこで出版されている「小田急沿線の近現代史」が面白い。
自分の生まれ育った「世田谷代田」駅や「町田と多摩川学園」、「座間駅」に関する記述は当時を思い浮かべながら読んで、面白く参考になった。

 

11/18(土)は、西新宿の居酒屋で、午後3:30と早い時間から大学時代の友人達との早めの忘年会。
皆すっかり爺いの容姿😂。それぞれ持病を抱えているが、元気そうでよかった。
私は痛風で4月からアルコールは全く飲んでないので、ノンアルコールビールにした。
皆歳とっているので、居酒屋は6時前に出て解散のつもりが、遠方の一人を除いて、カラオケ🎤に行くことになった。
そこで1時間のつもりが延長で2間になってしまった。カラオケは2年前に同じ仲間と行ってから,ちょうど2年振り。
私はカラオケは行って無いので、レパートリーが少なく、昔の歌ばっかりを歌う。
それでも,私が「さらば恋人」で一番良いスコアの87.744を出す😸
サザンの歌を歌うのは難しいく、「真夏の果実」は、78だった😹
たまには,心身の健康にために大声で歌うのも良いかなと思った。
遅い時間に帰宅すると、愛猫「ぽてこ」が何処に行ってたのと,私に不満そうな顔で寄り添って来た🐈

 

乗馬が思うようにできなくなったら、電子ピアノを買って習いたいと思う。
家で弾き語りで歌うのもいいなぁ〜。
家族からうるさい🙉と言われそう😂
最近、収納庫から昔買ったキーボードを出して、弾き始めた。
片手ではメロディーが分かると大体は弾けるが、両手を使って弾けない・••。
家の中の整理をしようと休馬中なのに、一向に捗らない。

Poteko20231119aAeon_cinema20231107aGojira20231107a Aeon20231107aMachidabungaku20231114aMachidabungaku20231114bMachidabungaku20231114cOdakyu202311 Daigaku20231118aDaigaku20231118bDaigaku20231118cPoteko20231118a Keyboard20231119a


乗馬・馬術ランキング

|

2023年11月 6日 (月)

11月に入りました。

先日3日から昨日5日までは、世間でいう3連休。
その3日間、毎日外出して、今日は疲労気味。

11/3(金)は「文化の日」の祭日。敗戦翌年の昭和21年11月3日に日本国憲法が公布され、昭和23年に「自由と平和を愛し文化を薦める」祭日と「文化の日」が定められたそうです。
自由と平和は相関的である。平和でないと、自由は難しい。この星が平和になることが大切。
平和でないと、愛猫「ぽてこ」とまったりしたり、乗馬を楽しむことが出来ないだろう。ゆっくり読書も出来ない。
今日の朝、愛猫「ぽてこ」が鳴いていたが、なかなかベッドから出られなかった。
ぽてこは,いつも元気😸

この日、Ho先生の下、午後一番、1062鞍目の乗馬のパートナーはソテ君
他は、ティタン君、ネオ君で3頭でのレッスンとなった。
馬装した時に、まだ鞍傷が治ってなく、肩には馬房で寝転んで出来た擦り傷があり,ちょっと痛々しかった。
そんなソテ君だが、体毛が長くて黒いので、まるで熊さんみたいに可愛い。
馬場では、動きが良くなかった。
背中が痛いのかと思い、鎧に立っての騎乗やほとんど常歩だけのレッスンとなった。
鞍傷が完全に治るまで、休馬が理想というか必要だと思うが、そうもいかないか・・・。
レッスン終了後、お手入れをしているのと、虫が多く悩まされた。
傷の塗り薬は、午前中乗られた方が塗ってくださった。
お馬の中には、何らかの問題を抱える馬が居る。
皆んな,良くなり,長生きして欲しいと願う🙏


11/4(土)の昼前に、急遽オダサカから小田急線に乗って、千歳船橋駅を降りて、「JRA馬事公苑リニューアルオープン記念イベント」を観に馬事公苑に行く。
既にアリーナでは物凄い数の人が既に始まっていた馬場馬術を観ていた。
人混みは嫌いだが、オリンピック級の方の演技に見惚れて、苦にならないかった。
続いての障害馬術も素晴らしかった。
多くの人が、ワンチャンや猫ちゃんを可愛がる様に、お馬も愛して欲しいと思う。。
世田谷生まれの世田谷育ちの私は,よく馬事公苑に遊びに行った。
正直言って,2020東京オリンピック開催準備前の自然豊かな馬事公苑の方が良かったと思う。
今度の池はとても人工的で、今までに様に白鳥や鴨がいなかった。
と言うか、木立も無く、水鳥が住めそうにない。
自然林は残そうとしたんだろうが、だいぶ空いてしまった。
神宮外苑周辺の木々も,同じように刈られてしまうのだろうと思うと、
亡くなった坂本龍一氏や,サザンの桑田佳祐氏が思う様に、自分が通った高校がそこから近いとこにあった私も、同じ思いです。
木を切らないでください🙏

 

 

11/5(日)は穏やかで暖かい日和。
今日は乗馬を予定していたが、事前にキャンセルして,午前中に家族と谷戸山公園で開催されているヤトヤマーケットに行く。
ちょっと出足が遅かったか、マーケット近くの一番広い東入り口駐車場は満車だったので、北入り口駐車場に回ったが満車だったので,そこに家族を降ろして、次の多目的広場駐車場に向かったが満車。
次に、近くの座間市役所地下駐車場に向かったが満車🈵😂
コインパーキングが無いかと市役所裏手を走ると、更地の砂利敷の市役所第三駐車場を発見。
座間市の小さなコミュニティバス🚌3台が停まっていた。お休み中の運転手に確認すると、駐車して良いとのことでやっと駐車出来た。
その隣に、ガラガラ状態の第4駐車場があった。
やっと公園で行われているヤトヤマーケットで家族と合流。家族は早速キッチンカーに並んでいた。
私は、保護猫 NPO法人「ざまねこ」が開いている「ざまねこマルシェ」を探して訪問。
早速,来年のざまねこカレンダーを購入。
家族はそれぞれ長い列を成しているキッチンカーに並んでいる。
私は,キッチンカーでなくテントでカレーライスを販売している店舗でココナッツミルク入りのチキンカレーを購入して、家族に家に帰ると告げて帰宅。
と言うのは、こちらに来る前から,全日本大学駅伝の続きをテレビ観戦したかったから。
と言うのもあるが、とにかく人混みの中にいると疲れてしまうのもある。
家族も,了承済み😅
昨日は,競技観戦の目的があり混雑でも集中していたので、それほど疲れなかった。
全日本大学駅伝は、ゴール寸前に我が母校が青山学院大学とデットヒートしていたが、直前で交わされ、惜しくも3位でゴール。
でも,凄いこと。おめでとう👋🤗
来年正月に行う箱根駅伝で、リベンジを願う🙏
帰宅すると,愛猫「ぽてこ」は日向ぼっこしていた😸

 

秋でスポーツに最適な季節だが、しばらく乗馬は休馬して、家の中の整理と、自分の歳を考慮して、家の中で出来る趣味を考えたいと思う。
最近の乗馬クラブ、休日・祭日にかかわらず混んでいるのと、お馬達も、お疲れではないかと思う。
休馬中、神奈川の自然を歩くのも良いかなと思う。


Sote20231103a Sote20231103b Sanyo20231103a Poteko20231103a Bajikouen20231104a Bajikouen20231104b Bajikouen20231104c Bajikouen20231104d Bajikouen20231104f Bajikouen20231104g Bajikouen20231104h Bajikouen20231104i Bajikouen20231104j Yatoyama20231105a Yatoyama20231105b Yatoyama20231105c Yatoyama20231105d Zamaneko Zamaneko2 Yatoyama20231105e Poteko20231105a Poteko20231105b Ekiden202301105a


乗馬・馬術ランキング

|

« 2023年10月 | トップページ | 2023年12月 »