« 「ぽてこ」ちゃんとピクルス君 | トップページ | Xmas2020 »

2020年12月18日 (金)

再び自粛生活に

今日は12月18日金曜日、晴れて穏やかだが寒い。
昨年の12月15日、乗馬での駈歩最中に馬が突然何かに驚き横跳び風に跳ねて落馬して腰椎圧迫骨折の大怪我をした。
あれから1年が過ぎた。
乗馬は今年の3月中旬から再会し、一昨日の16日水曜日まで楽しんだが、再び自粛生活に入ることにした。
今回は、コロナウイルスの脅威が尋常ではなくなって来たことで、家族からもしばらくは乗馬も控えたらとの要請からである。
今迄もコロナウイルスに注意しなが乗馬クラブに通ってしたし、クラブでも厳しく管理されていたので安心はしていたが、68歳の歳を考えると、暫くは自重すべきと考えた。
寒くなり、老体なので怪我もしやすいのではとの思いもある。
再び年末年始の入院は、嫌だし、コロナの関係で一般の入院も難しいかもともは、考え過ぎかな・・・。

 

乗馬は、一昨日の12月16日午後2:30から895鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、私はピクルス君、他はジャンゴ君、ネオ君、ビネガー君の4組でのレッスンとなった。
ここ最近のピクルス君は、最初の出足がなかなか動いてくれない。
ピクルス君に負担ないように、腰を浮かせたまま騎乗や、鐙から足を外しての騎乗や、Ho先生の言われるように「やたら脚を入れない」「脚を入れて、動かなければ鞭」などを試みても動かない。
他の馬がスイスイと動いているのに動かない。
今迄はこんなに動かないことはなかったと、心が折れそうになっても動かない。
レッスン開始から時間が半分ほど過ぎてから、Ho先生が乗り替わると元気に動き出した。
再び私が乗り替わると、私もピクルスも駈歩をしたくなり、4頭の中でいち早く駈歩をした。
私は、一体何なんだろうろ思いながら、今年最後の乗馬を終えた。
Ho先生から、脚を入れて動かない時に入れる鞭が弱すぎる、優し過ぎると言われた。
私としては、結構強く鞭を入れていると思ったのと、そもそも鞭などを入れなくても今まで動いてくれたとの思いが強かった。
私はピクルス君を甘やかしすぎたかと反省。
それと、自馬ではないから色々な人が乗るので、馬も変化してゆくとも思った。
ま、暫く、私は乗馬を休馬しようと思うので、ピクルス君から暫く離れることになる。
お互いにリセットして、再び会いたいと思うが、ビデオ・ゲームでないから、無理か・・・。
お互い心があり、記憶する生き物だからね。
レッスン終了後、ピクルス君に今年最後のお手入れをしてあげた。
来年、いつ会えるだろうか・・。

 

暫く長い自粛生活になると思う。
保護猫「ぽてこ」ちゃんは、私にもだいぶ慣れてきた。
あごや、首筋、頭をなでることができるようになってきた。
でも、まだ家族ほど心を許してくれない。
自粛生活中に、どう変わって行くか楽しみである。
ただ、私自身は家の中で猫の様にごろごろしないで、運動をしたいと思う。

Pickles20201216a Pickles20201216b Pickles20201216c
Poteko202012017a Poteko202012018a Poteko202012018c


乗馬・馬術ランキング

|

« 「ぽてこ」ちゃんとピクルス君 | トップページ | Xmas2020 »