« 11月も中旬 | トップページ | 2020年の最終月に入りました »

2020年11月22日 (日)

「ぽてこ」のその後。そしてお馬達

今日は11月22日(日曜日)、ワンワン・ニャンニャンの日(又は、いい夫婦の日)で晴れ間のある一日であった。
久しぶりに寝坊して、車の洗車をしてから近くのイオンモールに買い物に行く
徒歩や自転車でも行ける距離であったが、お米等の多くの食品の買い物を頼まれたので車で行く。
イオンモールでは、ブラックフライデーの期間中でイベントが開催されていた。
私は、自分の物としてホット・ワイン用のワインを購入。
ペットショップで、猫ちゃんのオモチャとまたたびを購入。
そのペットショップでは、可愛いマンチカンの子猫が43万円の値札と共に展示されていた。
その子が生涯幸せであることを願いながら、店を出る。

我が家の家族となった愛猫「ぽてこ」ちゃんは、少しずつ警戒しながらも私にも馴れてきた。
食事時になると、2階の寝床から1階のリビングに降りてきて自分から食事の催促をしてくる。
私を見る目つきも、警戒の細目から丸い可愛い目に変わってきた。
私とはまだ以前のように遊んでくれないが、家族にはすっかり馴れて遊んでいる。
今日は、妻がぽてこが見つからないと大騒ぎになったが、大阪で暮らす長男の部屋のクローゼットに隠れていた。
風通し良くするため、クローゼットのドアを開けていたので、暗い所で一人になりたかったのであろう。

もう1ヶ月以上も過ぎたが、ぽてこちゃんは、私から追いかけ回されて捕まっり爪切りしたのが、よほど恐ろしかったのだろう。
でも、少しづつ馴れて来たのが分かったので、安心している。
およそ2年間野良暮らしの保護猫、そして子供を産んだ雌猫で茶とらは、とても警戒心が強いそうである。
これからどの様に変化して行き、我が愛猫となっていくか楽しみである。

 

以下、最近の乗馬3鞍のコメントを簡単に記述。
最初の2鞍は、BクラスのH先生がお休みとなった為、午後のBクラスの指導をHo先生が、CとDをCクラスのS先生が指導された。
18日水曜日の夕方に、Ho先生がDクラスのお馬となるビネガー君の調教をされた。
近々デビューとなる予定とのこと。
20日金曜日午後からの乗馬では、久しぶりにジャンゴ君とのレッスンを楽しんだ。
ピクルス君は右前足を痛めた様で、休馬となった。
今日22日土曜日に、電話して様子を伺ったが、今日も休馬中とのこと。
明日23日月曜日の祭日は、午後1:30から乗馬予定だが、お馬は誰になるのだろか?・・・。
Dクラスのお馬、ナイスシャトル君は長いこと休馬状態で、ベテランのキャスパーくんは高齢で鞍数は増やせない。
シャンテちゃんも右前足の具合が良くないが、頑張っている。
元気なのは、ジャンゴ君、ディノ君、ネオ君の3頭。
新馬のビネガー君も、まだ完全なデビューが難しいそうである。
最近Dクラスでは、ベテランのビジターのお客さんが通う様になったので混むことが多い。

 

11月16日月曜は晴れで、午後3:30から885鞍目の乗馬レッスン。
CクラスのS先生がC・Dの指導をされて、私はピクルス君、他はジャンゴ君とネオ君で3組でのレッスンとなった。
この日はS先生であったが、S先生からも最初はツーポイント風に乗ることのご指導があった。
そうすると馬の負担が少なく、馬の前進気勢が生まれて元気な動きになる。
この日もピクルス君はとても良い動きであった。

 

11月18日水曜も晴れで、午後2:30から886鞍目の乗馬レッスン。
この日もCクラスのS先生がC・Dの指導をされて、私はピクルス君、他はジャンゴ君とディノ君とネオ君で4組でのレッスンとなった。
この日、ピクルス君は乗り替わりで2:30に乗られた方から、ピクルス君は全く駈歩が出せなかったと言われた。
乗り替わりで騎乗したが、4組とのことももあったが、なかなかピクルスの前進気勢が生まれず、自分もイライラしたのがピクルス君にも伝わり思うように動かせなかった。
それでも、少しながら左右手前での駈歩は出せた。

 

11月20日金曜も晴れで、午後3:30から887鞍目の乗馬レッスン。
この日は元通りDクラスHo先生の指導の下、私は久しぶりのジャンゴ君、他はシャンティちゃんとネオ君で3組でのレッスンとなった。
この日、ピクルス君は午前中の1鞍で右前足の故障が判明して休馬となった。
先日の18日なかなかピクルスの前進気勢が生まれず動きが良くなかった時から、ピクルス君の右前足の状態が良くなかったのだろうと思った。
自分が早く気づいてあげるべきだったと、反省!。
Ho先生曰く、ここのところ毎日の鞍数が多く、疲労での痛みが生じたのではとのこと。
この日のパートナーは久し振りと言うか、ジャンゴ君はクラブに来た当時の2鞍しか乗ってなかった。
その時は、右手前での駈歩が勢いある反対駈歩となりがちであったのを記憶していた。
この日は、珍しくH先生が右手前からの指導をされた。
ネオ君に初めて乗られる方の為で、ネオ君が右手前が得意なのでそうなった気がする。
ジャンゴ君との乗馬は久しぶりであったが、乗りやすく取り回しが楽であった。
常歩・速歩、巻き乗りと順調で、右手前での駈歩も早い段階で行ったが以前の様に反対駈歩とならなかった。
しかし、Ho先生から駈歩の目的は内方のハミを取らせるのが目的だと指摘され、しっかりハミ受けできでての駈歩できなければ、駈歩する意味がないと注意を受ける。
ジャンゴ君、反対駈歩とはならなかったが、右手前でのハミ受けがちょっと難しく感じた。
左手前では、常歩・速歩。そして駈歩でハミ受けができた感じでっあた。
ただ、穏やかな駈歩の発進がなかなか難しかった。
昔のピクルス君以上にビュットなり、内方手綱をしつかり背中で持つ感じでないと、上体を前に持っていかれそうになる。

レッスン終了後、ジャンゴ君のお手入れをしてから、Ho先生から依頼されピクルス君の両前足を井戸水の出る蹄洗場で冷やしてあげた。

Kaimono20201122aMunchkin20201122aKaimono20201122cPoteko20201122aPoteko20201122bPoteko20201122c Pickles20201116a Pickles20201116b Vinegar20201118a Django20201120a Django20201120b Django20201120c


乗馬・馬術ランキング

|

« 11月も中旬 | トップページ | 2020年の最終月に入りました »