« 今日は8月9日。 | トップページ | 夏バテ気味 »

2020年8月15日 (土)

今日は8月15日。

今日は8月15日土曜日、早朝から晴れて昨日以上に暑い感じ。
そして今日は、日本では終戦記念日。
前回のコメントでも記述したが、先の大戦で世界の多くの人々が亡くなった。
1945年8月15日は、私が生まれる7年前のこと。
私の幼少期には、まだ渋谷などで戦争で負傷された傷痍軍人の方々が街頭で募金活動をされていたのを見た覚えがある。
国鉄職員で技師であった父は喘息が酷く徴兵されずに済んだが、東京都内で多くの悲惨な現場を見たりしたことを話してくれた。
当時まだ田舎の様な世田谷の実家で過ごしていた母は、意外と呑気に過ごしていた様だが、艦載機が低空飛行で家の上空を飛んで行ったのが恐ろしかったと話した。艦載機、グラマン戦闘機が日本各地の鉄道や、道行く民間人などにも容赦無く機関砲を打つ映像を、NHK放送などで見たりしたことがある。
戦前生まれの長男(兄)は、医療体勢がしっかりしてない終戦直後に麻疹が悪化して亡くなった。
当時棺桶が手に入らずに、りんご箱を代用したと聞く。
戦前生まれの私だが、祖母や父母、また職場での大先輩などから、生々しい戦中の話を何度か聞かされたことがある。
しかし、そううゆう人々も世を去り、私自身もだんだん大戦の記憶が薄れて来た。
人が人を殺傷するのは、犯罪行為。
それは、国家間の戦争も同様だと思う。
広島・長崎に原爆を落とされた日本は、核兵器禁止条約に批准していない。
アメリの核の傘によって、北朝鮮、中国、ロシアに対する抑止力を失わない為との考えからである。
それが、現実であるのかもしれない。
でもそれは、将来、未来永劫になのだろうか。
今、コロナウイルスの脅威がある中で、世界が団結してその脅威に立ち向かえればいいのだが、各国の為政者の思惑などで分断が生じている。
日本及び世界各国の為政者達は、この星の将来、そして平和についてお互いに分かち合って考えて欲しい。
それは、私達一人一人も。

 

14日昨日は、午前11時からの乗馬を終えて、パートナーの汗びっしょりのピクルス君を丸洗いしてから、痛めている左前足を冷水で冷やしてあげた。その間に、ピクルス君の馬房掃除も行い、私も汗びっしょりとなった。
残念ながらクラブでシャワーを浴びることができないので、久しぶりに乗馬クラブ近くの栗平温泉に行き、先ずはその中の床屋さんで髪の毛をカットしてもらい、温泉に浸かった。コロナが心配であったので、外の露天風呂だけにした。体を洗う場所は、前に窓がある場所で洗った。
乗馬等で疲れていたので、長湯はせずに遅いランチタイムもそこで済ませた。一人広い席で、そば定食と黒糖ゼリーをいただいた。
ピクルス君は午後4時からのレッスンを予定していたので、レッスン終了後はちゃんとお手入れされているか心配であったが、クラブには引き返さずに帰宅した。
15日の今日は炎天下の2日連続の乗馬で疲れて家の中でゴロゴロし、明日16日の乗馬はキャンセルした。

 

以下、今回は備忘録的に超簡単に最近の乗馬3鞍と時系列的にコメント。

 

8月10日月曜日は「山の日」で晴れて暑く、午前10:00から867鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、私はピクルス君、他はキャスパー君、ジャンゴ君組で3組でのレッスンとなった。
2組の方とは、初めてのレッスンであった。
レッスン終了後、ピクルス君は午後の夕方もお仕事を予定していたが、汗びっしょりなので丸洗いし、左前足を冷やしてあげた。
ポニーの空君が、いつも可愛いポーズをしてくれる。

 

8月13日木曜日は曇り空だが暑く、午後3:00から867鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、私はピクルス君、他はシャンティちゃんとネオ君組で3組でのレッスンとなった。
レッスン終了後、ピクルス君を丸洗いして、左前足を冷水で冷やしてあげた。

 

8月14日金曜日は晴れてとても暑く、朝早く起きて昨日妻が料理してくれたカレーを朝食として食べて、午前11:00から869鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、私はピクルス君、他はシャンティちゃん組で、2組でのレッスンとなった。
昨日ピクルス君は装蹄師さんから想定を受けたが、左前足の状態がまだ良くないとのこと。
左手前での速歩の際に、今まで以上の跛行を感じた。
左手前の際に、Ho先生から、左手綱を短く持ち、手で持つのではなく背中・背筋で持つ様にと指導された。
そうすることで、我々指導者は跛行をさせないで乗れますと言われた。
しかし、私はそれが中々うまくできなかった。
左手を高く上げるのは可とするが、手を内側に入れるのでは背中で手綱を持つことにはならないと注意された。
それを意識すると、少しよくなった。
それから、右手前で速歩すると、全く跛行しなくなった。
私も、ピクルス君も右手前の方が良い様である。
しかし、右手前ではピクルス君自体がイケイケ気分になりがち。
元気な常歩になるが、勝手に速歩や駈歩をしようとするので、止めた。
駈歩は、左右共にいい感じであった。
ピクルス君は、しっかり前足を上げさせて乗れば、足を痛がらないと思った。

レッスン終了後、ピクルス君は午後4時からのレッスンの予定があったが、丸洗いをして左前足を冷やしてあげ。
冷やしている間に、彼の馬房を徹底的に掃除した。
今度は私が汗びっしょり。
着替えて、上記に記述した様に早々に近くの栗平温泉に向かった。
Pickles20200810a Sorkun20200810a Pickles20200813a Ascurre20200814a Pickles20200814a Pickles20200814b Pickles20200814c Pickles20200814d Kurihiraonsen20200814a


乗馬・馬術ランキング

|

« 今日は8月9日。 | トップページ | 夏バテ気味 »