« 新のお盆 | トップページ | 久しぶり、2日連続での乗馬 »

2020年7月18日 (土)

雨が続く中で

今日は7月18日土曜日、相変わらず梅雨空が続いている
コロナウイルスがまた蔓延し始めているのと雨降りで、また自宅にいる時間が長くなって来た。
ただ自宅にいるだけでは、心身ともに錆び付いてしまいそう。
自宅でも出来る運動をしようと思うが、なかなか続かない。
やはり、乗馬クラブに行って馬に運動させてもらわないと身も心も錆び付いてしまう。
そんな乗馬クラブも、昨日の17日から体験乗馬の予約を当面中止することとなった。
私は昨日は雨模様の中、午後3:30に予約していた乗馬レッスンを受けるため車のワイパーを動かしながら乗馬クラブに向かった。
クラブに着くとほとんどのレッスンがキャンセルされていた。
ただDクラスは2:30にお一人に方がレッスンを受けることになっていた。
もう既にその2:30近くの時間になっていたが、急遽2:30に組み入れてもらうことにした。
雨が小雨となったことと、Ho先生の負担も少なるし、私の帰宅時間も早く出来るとの思いである。

よって、その857鞍目の乗馬レッスンを、簡単にコメント。
Ho先生の下、私はピクルス君とレッスン時間を大分遅れて参加。
先に参加されていたのはシャンティちゃん組で、2組でのレッスンとなった。
Ho先生からの指導ポイント。
1.馬に騎乗しているバランスが肝心。
①地球の重力により、バランスのいい人は馬にずーっと乗せてくれるが、悪いと地球は落とそうとする。
②バランスが悪いと、落馬しない様にと余計な力が入って馬の動きを止めてしまう。
2.馬に乗って自分が歩くイメージ。
①常歩は左、右と前に足を使って歩く感じ。
②その際に、体を左右に揺すらない。自分が歩く際にその様な動作はしない。
3.駈歩は、内方の足を前に外方の足を後ろにしてステップするイメージ。
①馬に乗らない時も、地面の上で自分でその様なステップをしてイメージを掴むこと。
②タ・タ・ターンの際に、腰を付けない。内股で乗り続ける。
③股関節の外側(腰の横)は動かさない。そこは要で動かない。
それは、常歩でも同様である。
④人が動いている際は、上記のそこは動いてない。中の股関節が動いている。
上記の③④はとても肝心であった。
先にレッスンを受けていたシャンティちゃん組が退場した後に、私は駈歩の特訓を受けた際に実感した。
駈歩の際に、今までは股関節を動かすつもりで、腰の横を動かしていたので、結果腰で漕いでいた動きであった。
そこは要で動かさないことで、腰で漕ぐ感じでなくなり安定した駈歩となった。
この日のレッスンは、目から鱗が落ちる思いを感じるレッスンであった。

レッスンを終え、ピクルス君のお手入れと馬具のお手入れ、馬達におやつや乾草を上げていると、まだ午後6時前であったが、辺りに誰も居なくクラブハウスの電気が消されていたので、慌てて帰宅の準備をして6時前にクラブハウスを出た。
その際に、当番のHo先生のバイクが有ったので、私が最後でないと安心した。

Pickles20200717a Pickles20200717b Pickles20200717c


乗馬・馬術ランキング

|

« 新のお盆 | トップページ | 久しぶり、2日連続での乗馬 »