« 雨が続く中で | トップページ | 梅雨明けはいつになるのだろう? »

2020年7月21日 (火)

久しぶり、2日連続での乗馬

今日は7月21日火曜日、時々小雨が降る曇空で湿度が高く蒸し暑い一日。
今日は乗馬クラブが定休日。
先日19日、20日の日曜・月曜と、3月中旬以來久しぶりに2日間連続での乗馬をした。
今日は、その為と気候のせいか疲れて体が重い。
昨年末の腰椎骨折で入院と4月の鼠径ヘルニア手術で入院、そしてコロナウイスルによる自粛生活で筋肉量が大分減り、なかなか回復しない。
一気に老人になってしまった気がする(年齢的にも老人か・・)。
だから今まさしく、お馬に運動させてもらっている(リハビリを受けている)と言う感じである。

 

しかし、コロナウイルスの収束はあるのだろうか?
今日NHKのテレビで老人のウイルス学者が、「ウイルスは人類が生まれる前、哺乳類等の動物が生まれる遥か前から存在していた。人類がウイルスに勝つと言う発想自体が、次元が違う。」と語った。人類が今まで細菌やウイルスに効く薬を開発すると、細菌やウイルスは薬剤耐性菌、薬剤耐性ウイルスとしてまた新たに復活することがある。
かといって悪性の細菌やウイルスと共存していくことを考えるのも、難しい。
でも、そうして行かざる得ない様な気がする。
その中で生きていくには、日頃健康な体でいることで病気に掛かっても重篤にならない様になる。
しかし、全ての人が持病もなく健康なわけではない。
常に予防を考えることが大切であるとも思った。
コロナウイルスはそのことを、私達に示した。
生活スタイルを変えなくてな行けない。
それは、地球環境にも目を向ける必要がある。
人類は、暗黒の宇宙で青く美し輝くこの星を汚しすぎたのである。
全ての生命に対して、横暴であった。
今、この星から人類に対して警鐘受けている気がする。
オバマ前アメリカ大統領が広島で語った「核兵器なき世界」を追求することが、現在は途絶えてしまっている。
私が子供の時に思い描いていた21世記とは、全く違う世界になっている。
今の幼き子供たちは、どんな未来を想像しているのだろうか。
それは、私達大人にも責任がある。
諦めないで、明るい未来を想像したい。

 

以下、2日間連続での2鞍の乗馬コメントを極簡単にコメント。
先生の指導ポインtは、前回及びその前のコメントでも記述しているので、今回は割愛します。

 

7月19日(日曜日)は前日は雨模様とのことで午前9:00の予約をキャンセルしたが、朝起きると晴れているので8時にクラブに電話して午前11:00に858鞍目の乗馬予約した。到着すると、予約時点では私含めて3人であったが4人になっていた。私同様に、復活された方が多く受付が大変であった様である。
レッスンは、Ho先生の下私はピクルス君、他はシャンティちゃん、ジャンゴ君、ネオ君組で4組でのレッスンとなった。
この日もHo先生の指導は、自分が地面を歩く様に馬の上で歩くと言うのが最大の指導ポイント。
駈歩は、走って行く馬に乗っていくのではなく、タ・タ・ターンと馬一緒にステップをする。
駈歩で前回のレッスンのことができてなく、前の前の悪い駈歩になっていると指摘され、上記のステップする駈歩に修正して一応合格点をいただく。
ピクルス君との駈歩、注意しないと急発進するのでそれに惑わされて乗せられてはいけないのである。

レッスン終了後、ピクルス君は午後も2鞍あったのでランチタイムをコンビニ弁当をクラブハウス前の人にいないところで食べてから、ピクルス君の馬房掃除をして早々に帰宅した。

 

7月20日月曜日は、曇り空で午後3:30から859鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、私はDクラスでピクルス君との1組だけのレッスンとなった。
ただ、この日はCクラスのS先生がお休みであったのでHo先生はCクラスのジョー君とツバサ君組のレッスンも一緒に指導となった
だからHo先生は、ほぼCクラス側をメインに指導された。
私はほぼフリーであったが、以前からの指導ポイントのしっかりとした常歩を重点に行った。
しかしD馬場でピクルス君だけであったので、虫の集中攻撃に遭いピクルス君は少しイライラした。
だから、途中に速歩・駈歩をさせて虫を追い払った。
レッスン終了後、Ho先生から以前の様に体軸が前後・左右にブレなくなって来たと、お褒めをいただいた。
でも、自宅に帰りアクションカメラを観て復讐すると、まだまだ改善しなっくてはと思った。

レッスン終了後、昨日は晴れて暑い中ピクルス君は4鞍働いたのに、丸洗いされていない様で汗汚れがこびり付いていた。
この日も4鞍働き私が最後であったので、全身丸洗いをしてあげた。
帰宅がやはり最後となり、慌ててクラブハウスを退出。

Pickles2020719a Pickles2020719b Shirochan20200719a Pickles2020720a Pickles2020720b Pickles2020720c


乗馬・馬術ランキング

|

« 雨が続く中で | トップページ | 梅雨明けはいつになるのだろう? »