« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月

2020年5月25日 (月)

日曜日での乗馬

今日は5月25日月曜日、晴れて湿度が高い感じで暑い一日であった。
五月の連休明けから、ウイークデーは自宅近くで午前中の仕事を始めた。
年金だけでは、お小遣いが寂しいのと、規則正しい生活を維持するためだ。
世田谷で暮らしていた時も同じ様に午前中働いて、午後から乗馬を楽しんでした。
しかし、今年に入ってから、昨年暮れでの腰椎圧骨折手術後の静養、神奈川県に引っ越しえからはコロナウイルスの脅威、そして鼠径ヘルニアの手術と静養のため、以前の様に週に3回から4回の乗馬が出来なくなった。
両方の手術後の経過も順調で、お医者さんからは無理しない程度の乗馬のOKをいただいた。
でも、以前の様な体力が戻ってないことを、しみじみと感じている。
馬に鞍を装着、脱着するときに、鞍がとても重く感じるのである。
以前の様に、早歩きが思う様に出来なくなった感じがする。
筋力が衰えたのを実感する。
新しいウイークデーの仕事は午前中だけだが、まだ慣れてなく疲れる。
帰宅して、シャワーを浴びてランチタイムをとり、Amazonプライム等で「大草原の小さな家」を観るのが楽しみになったのも、午後から家からで出なくなった原因。
コロナによる外出自粛要請は解除の方向に進んでいるが、私の様な年寄りは正直まだ心配である。
自宅近くの緑道に紫陽花の花が咲き始めた。
温度が上がり湿度が上がり、コロナウイルスが鎮静化してくれれば良いと思う。
先日、雨降りで温度が下がった時に、自宅の駐車場に近所の猫ちゃんが雨宿りしていた。
昨日は、乗馬クラブで猫のシロちゃんと戯れた。
また、猫ちゃんを飼いたいと思うのだが、自分が一生面倒を見れるのか心配。

 

そんな訳で、最近の乗馬は日曜日の2鞍だけとなった。

 

5月17日(日曜日)は晴れで、午前10:00から842鞍目の乗馬を楽しむ。
Ho先生の下、私はピクルス君、他はキャスパー君とネオ君組で3組でのレッスンとなった。
いつもと違って右手前からレッスンとなった。
この日ネオ君が蹄跡での駈歩をすると、私もピクルス君と距離を取りながら蹄跡で駈歩をした。
Ho先生から、一緒に駈歩をしなくても良い様なことを言われた。
距離をとっていれば良いとのことであった。
キャスパー君が馬場中央にいての2頭での蹄跡上の駈歩なので、問題はないと思った。
むしろ、ネオ君が駈歩をすると、ピクルス君に追いついてしまうのではと思った。
以前、ネオ君の駈歩に続いて、私がピクルス君との駈歩をした際に落馬したことが、気になったのだろうかと思った。
何れにしても、駈歩の際は注意し方が良いのだろう。
レッスンを終えて、早々に帰宅した。
ピクルス君は、午後から乗られる方がお手入れをできる方なので安心した。

 

5月24日(日曜日)は晴れで、午後1:30から843鞍目の乗馬を楽しむ。
Ho先生の下、私はピクルス君、他はジャンゴー君とナイスシャトル君組で3組でのレッスンとなった。
ジャンゴー君は最近ピクルス君の馬房の前の亡きイーグルの馬房に入って来た8歳の新入り君。
先日より仕事開始とのことである。
ピクルス君の様に温和なお馬で、ピクルス君の様に臆病ではない様である。
安心して乗れる様なお馬の気がした。
ただ、まだ何方も駈歩はしてないそうである。
ピクルス君とナイスシャトル君が少し駈歩を行った。
ピクルス君は次の2:30からもレッスンがあるので、私は他の方々よりも早めに下馬して、自分の鞍を下ろしてピクルス君を馬房に戻した。
ピクルス君は、レッスン終了後必ず馬房でしかオシッコしないので、一度必ず馬房に戻すのである。

後で知ったのだが、次に乗られる方が鞍も付けずに馬場に引き馬して行ったそうである。
ビジターの方の様だが、もう何度もピクルス君とのレッスンを受けているので、ビックリした。
レッスンを終えて、ピクルス君のお手入れをする為馬房に行くと、ピクルス君の足のプロテクターが放り投げられたままになっていた。
レンタルの鞍も置かれたままであった。
自分で馬装しなくても、少なくとも自分が使用した馬具の片付けぐらい行って欲しいと思います。
スタッフの皆さんも大変だし、もしその後に騎乗される方がいれば、その位はマナーであると思います。
私も、ちょっと危ないお馬の馬装やお手入れはできないが、馬具の準備や後片付けは必ず自分で行っている。
ビジターとはいえ、何度も通っている方ならば、マナーとして行って欲しいと望みます。
少なくともA・Bクラスではなく最上級ののDクラスでは、当たり前ではないかと思うのです。
決して、特定の方を非難する気は全くありません。
それに、馬は道具ではない。
甘やかしてはダメですが、心ある大切なパートナーなので、大切に接してあげてください。
こんなことを記述すると、またクラブさんからお叱りを受けるかもしれませんが・・・。
ちょっと、思いを吐き出したくなりました。
私を含めて皆さんが気持ちよく乗馬を楽しむために・・。
すみません・・・。
Ryokudou20200525a Home202005a Shirochan20200524a Pickles20200524a Pickles20200524b Django20200524a


乗馬・馬術ランキング

|

2020年5月15日 (金)

生きている実感の喜び

今日は5月15日金曜日で朝から晴れていたが夕方近くになると曇って来た。
昨日、鼠径ヘルニア(脱腸)術後の診察を受け、今までシャワーだけだったが本日から湯船に入って良いとの了解を得る。
スポーツや乗馬をやっても良いですかと尋ねると。
先生から、私は歳のわりに活発で元気そうだが、まだダメですよと怒られた。
無理すると、装着した人工膜が剥がれたりする可能性があり、再発するとのこと。
退院する時も言った様に術後3週間が経った18日まで我慢ですよと、強く念を押された。

早朝の診察を終えて、病院の駐車場から乗馬クラブに向かった。
現在、乗馬クラブはコロナウイルス 対策で、乗馬をする人しか入場を認めていません。
私は事前に、手術後療養中で自分の鞍の手入れをしたいと申し出をして了解を得たので向ました。
途中のコンビニでパスタ弁当を温めていただき車中で午前11時にランチタイム。
乗馬クラブに着くと、Dクラスは午後は1:30分に2名だけのレッスンしか予約がない。
ピクルス君は午後の出番がない。
PM1:30のレッスンを受けることにした。
久しぶりのレッスン、一人だけよりも、3人で受ける方が、自分が無理しないで乗れると思った。
Ho先生には、お医者様のOKが出たと、ちょっと嘘をついてしまった。
何れにしても、自己責任である。

Ho先生の下、私はピクルス君、他はディノ君とネオ君組で3組でのレッスン(841鞍目)となった。
久しぶりのピクルス君とのレッスンは、初めの出足が悪かったが、Ho先生の言われる扶助をしていくと今まで通り良い動きとなった。
Ho先生から指導の一番の指導ポイントは、先ずは左右どちらかの手綱を馬に引いてもらう様に努めること。
自分が手綱を引くのではない。
病み上がりの久しぶりの乗馬なので、常歩・速歩だけに止めようと思った。
でも、ディノ君が駈歩をすると、ピクルス君も私も自然と駈歩をちょっとした。
初夏の快晴の天気の中、楽しい乗馬ができて大満足であった。
手術後の問題も起きなかった。
病院の先生、ちょっとオーバー気味に注意されたのかな・・・。
レッスン終了後、ピクルス君のお手入れも楽しくさせていただいた。

 

今年は、昨年12月15日落馬による腰椎圧迫骨折手術後の自宅療養で年始から1月一杯まで自宅で引き篭り、2月は東京の自宅の売却と神奈川の新築物件への引っ越し準備と引っ越し。
そんな中でのコロナウイルスの脅威で、またまた新しい住居での引き篭り生活。
そして、まだあるのかと鼠径ヘルニア(脱腸)となり、4月25日入院し同月27日手術し30日退院して一昨日まで自宅療養をしていた。
自然豊かな乗馬クラブでの乗馬は、元気が貰えた。
空気も美味しく、免疫力がつく感じ。
クラブでは、コロナウイルス 対策を厳しく行っているのも安心。
何より、ピクルス君と乗馬は楽しい!
ただ、今後は以前の様に週に4回の乗馬とはせずに、無理せずに回数を減らしてのんびり続けようと思う。
歳と共に、鼠蹊部だけではなく、あらゆるところが老化している気がするからね・・・。
Sanyo20200514a Pickles20200514a Pickles20200514b


乗馬・馬術ランキング

|

2020年5月11日 (月)

今日は初夏の陽気

今日は5月11日月曜日、朝から日射しが強く日中は初夏の陽気となった。
今年2月22日に引っ越しをしてから、コロナウイルスで自粛のためほぼ自宅で引き籠もっていたが、先週の7日木曜日から約3ヶ月ぶりに小遣い稼ぎの午前中だけの仕事を再開した。
以前住んでいた世田谷の時とは別の仕事場で、今回は自宅から歩いて通勤できる仕事場を選んだ。
帰り道の緑道の河津桜はさくらんぼうの実を付けていた。
引っ越して来た当時の3月には、綺麗な桜の花を咲かせてくれて和ませてくれた。
仕事を終えて帰宅して、すぐにシャワーを浴びた。
自宅のベランダから見る空は、綺麗な青い夏空。
そして、家族が料理してくれた、食事を食べると、生きている喜びを感じる。
また、毎朝決まった時間に起きて、ちょっと働いて、午後からは好きなことをやって行こう。

今週の14日木曜日に鼠径ヘルニアの術後の再診がある。
お医者様の了解が得られれば、また乗馬を再開したいと思う。
ピクルス君、私のこと忘れてないよね・・・。

Sakurannbo20200511a Sora20200511a Yushoku20200511a


乗馬・馬術ランキング

|

2020年5月 3日 (日)

退院して5月に入りました

今日は5月3日(日曜)、雲が多いが穏やかで暖かな日和。
家族で一番早く目が覚めて、久しぶりに愛車のNーONEの洗車をした。
先月4月25日に長津田厚生総合病院に入院して同月27日月曜に鼠径ヘルニアの手術を受け、30日土曜に退院。 鼠径ヘルニア手術を32歳の時に受け再発したので、当時どの様な手術を行ったか確認するため腹腔鏡で確認し、場合によっては開閉手術のハイブリット手術になると言われたが、腹腔鏡だけでの手術で済んだ。
しかし、腹腔鏡で下腹をしっかり確認するため腹膜と腹肉の間に多めの炭酸ガスで下腹を膨らませたせいか、今だにお腹が張って苦しい感じが抜けない。
胃や腸に炭酸ガスを入れた場合はオナラとしてガス抜きできるが、今回の場合は体内吸収によって徐々に炭酸ガスが抜けるを待つしかない様である。
それによって、ウエストが太くなってしまった。
最近まで着ていたジーズンは28インチで、昔あった大きめのジーンズは2月の引越しの際に断捨離で殆ど廃棄してしまった。
探し回って、昔購入して殆ど履いてなかった31インチのジーンズが1本出てきた。
暫くは、外出する際はそれを着るしかない。
家の中では、ジャージ。

それにしても、無事に退院できて、良かった。
そして、医療従事者の方々には、頭が下がる思い。
コロナウイルス のワクチンもはっきりした治療薬もない中、命がけで働いてくださっているのである。
毎日の様にゴミ収集に当たる、清掃局員の方々。
各自宅に託送物を運んでくださる、宅配業者の皆様、そして郵便局員の方々。
スパーマーケット、コンビニ、薬店で働いてくださる方々。
まだまだ自宅での自粛が続くと思います。
あらためて、色々な方々に支えられて、生きています。
ありがとうございます。

 

そして、病院から出てきて自宅で過ごせるありがたさを感じています。
やはり、家族が作ってくれる料理は美味しい。
まだ暫くは、自宅での自粛が余儀なくされるのだ思う。
音楽を聴いたり、ゲームやおもちゃで遊ぶ。
でもやはり、人とのコミュニケションが大切。
昨日、友人からZoomミーティングをやろうとの誘いがあり、初めて行った。
少人数ならばラインでもビデオトークできるが、長時間の場合はZoomの方が楽しく過ごせると思った。
大阪で単身赴任している息子にも声をかけたが、仕事だけでたくさんとのことで、素っ気ない。
でも、心配だから毎日ラインでの会話するからと告げる。

 

運動不足も心配。
家の中での運動では、限りあるしなかなか続かない。
やはり以前の様に週に3から4回の乗馬は、とても運動になった。
体が完全に回復したら、また乗馬クラブに行こうと思う。
乗馬クラブでは、人馬共に3蜜にならない様に厳しく注意を促して運営されている。
乗り手は楽しく、お馬は穏やかに生きていけること。

スタッフの皆様に感謝!

Jeans20200501a Buridaikon20200501a Spaghetti20200502a Bb8_20200502a Zoom20200502a Uma20200502a


乗馬・馬術ランキング

|

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »