« 2020年1月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

2020年3月30日 (月)

やはりコロナウイルスは脅威

今日は3月30日月曜日、昨日に続いて寒い1日。
昨日は朝から冷たい雪が降って、少し積もった。
コロナウイルスで、外に出るなと言わんばかりに寒い1日であった。
昨日の夜に、コロナウイルスに感染して治療を受けていた志村けんさんが亡くなった。
私とほぼ同年代の人だし、誰からも愛される人柄であったので、とても残念でショックである。
やはり、しばらくはなるべく外には出ない方がいいと思う。
人工心肺装置ECMOも国内の台数も限りがあり、必要とする患者が増大したら、医療崩壊に繋がる。
対応できるお医者さんや看護師さんも、限りあるし...

 

とは言え、今日は食品が無くなったので、早朝人が少ない時間に近くのイオンモールで買い物をした。
午後からは、家族の買い物の為海老名ららぽーとの駐車場に車を停めて、ららぽーとを歩き回らずに人が居ないベンチで休んで家族を待っていた。家族を電車に乗せるのが心配で、車で送り迎えをしたのである。
明日からは、また外出せずに家の中で、家族と映画鑑賞をしよう。
一昨日は、猫とじいちゃん、昨日はアラジンを鑑賞。
お昼は、家族が美味しいパスタを作ってくれて食べた。
今まで、連続して家族でランチタイムをとることはあまり無かった気がする。
引越しとコロナウイルス騒ぎで、家族の絆が強くなった気がする。
ただ、大阪で単身赴任している息子が心配である。
志村けんさんと同い年の実家の兄も心配である。
数年前までヘビースモーカーで喘息の持病があるので....
兄が飼っている猫のチィーちゃんと、外猫のバアバも心配。
そして、昨日の寒さで、サンヨーガーデンのお馬さん達も心配。
疝痛を起こしてないか....
何よりも、自分の身は自分の責任で管理しないとね!
運動不足や太陽の陽を当たらないのも、不健康。
外でお馬さんと運動するのも、いいのかも。
でも、それもしばらくは自重した方がいいのかな....
Home20200329a Home20200329b Home20200330a


乗馬・馬術ランキング

|

2020年3月27日 (金)

桜咲いたが・・

今日は3月27日金曜日、曇り空で風が強い1日であった。
早朝の8時前に自宅から自転車でイオンモールに行き買い物をしたが、マスクやアルコール消毒液は手に入らなかった。
その後はコロナウイルス対策で、今日は自宅から外出を控える1日となった。
明日からの土日は天気も荒れる様なので、自宅に留まることとなろう。
引っ越し後の、まだ片付かない衣服等の整理をしたいと思う。

26日の昨日は晴れて暖かく、引っ越してきた自宅近くの緑道では色々な種類の桜が咲いていた。
昨日は、午後からサンヨーガーデンに行く前に、自宅から近い芹沢公園を散策して、座間近代乗馬クラブを見学した。
上級の馬場では、手前関係なく自由に乗馬している感じ。
クラブハウスでは、マルオ君という人懐こい猫ちゃんが出迎えてくれ癒される。
そして、道中のコンビニの駐車場でランチタイムをとり、サンヨーガーデンに向かった。
サンヨーガーデンに到着すると、なぜか自宅に帰って来た様にホットする。
午後2:30からの乗馬で、暖かいと言うよりか暑かったので上着1枚となってピクルス君との乗馬を楽しむ。
乗馬を終えると、社長さんが乗馬を終えた人達にアイスクリームを配ってくださった。
帰宅してから、自宅でゆっくり夕食を摂り、お風呂に入り早々に就眠。

 

以下、3月18日水曜から昨日までの4鞍の乗馬レッスンのコメントを、簡単にコメント。

 

3月18日水曜日は晴れで、午後3:30から835鞍の乗馬レッスン。
Ho先生の下、私はピクルス君、他はナイスシャトル君で2組でのレッスンとなった。
この日はとにかく、元気よく伸長常歩をすることに努めた。
駈歩は、右手前の際に行った。
レッスン終了後、ピクルス君のお手入れをした。
猫のしろちゃんとも触れ合う。

 

3月22日(日曜)は曇りで、午後1:30から836鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、私はピクルス君、他はディノ君とネオ君の3組でのレッスンとなった。
左手前からの十分に常歩をさせて速歩をさせて、3組の中で一番早く駈歩をさせると、安心した様に、ディノ君、ネオ君組も駈歩をされた。
なんとなく、久しぶりに一緒になった私を気遣ってくださった様な気がした。
右手前でも、同様に元気な常歩をさせて駈歩をした。

 

3月23日月曜日は曇りで、午後1:30から837鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、私はピクルス君、他はディノ君とネオ君の3組でのレッスンとなった。
この日も左手前から、とにかく元気よく伸長常歩をすることに努めた。
伸長常歩をさせると、駈歩も気持ち良い発進ができた。
右手前でも、同様であった。

 

3月26日木曜日は晴れて初夏の様に暑く、午後2:30から838鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、私はピクルス君、他はキャスパー君とディノ君の3組でのレッスンとなった。
この日も先ずは、とにかく元気よく常歩をすることに努める。
速歩、駈歩はその結果として、良い動きとなる。
しかし、元気よく歩かせるのがとても難しく、また乗り手の体力も消耗する。
ピクルス君、左手前、右手前と移行しての駈歩の後の常歩は、素晴らしい伸長常歩で、Ho先生からお褒めを受ける。
「そうゆう常歩は、脚や鞭だけの扶助では出ない」と言われた。

最近、Ho先生の指導ポイントは、
1.乗り手が積極的に体を使う。
①それは、体を揺らしたり、お尻でグイグイと漕ぐのではない。
②木馬に乗った時に、自分の上体とオデコが後ろに行った時に、自分の体幹で木馬を前に押す感じ(反対運動)。
③お尻で押すのではなく、体幹を使っておへその下で押して行く。
お尻で押すと馬の背中を押すが、おへその下(体幹)で押すと、馬の鬐甲(キコウ)を押すことになり推進できる。
④だから、腹筋と内腿に力が入る。
⑤膝から下の脚は、力を抜く。ボディを使う。
2.自分の体を積極的に動かすが、体の使い方を間違えると空回りする。
①馬の動きに合わせてタイミング良く体を動かさなければならない。
②体を左右に揺らさない。
③オデコ後ろ、へそ下前、木馬前と言う縦の動き横に動かない様に。
例えば、左右に曲がる時も、オデコ後ろ、へそ下前は、真ん中での動きで、左右に動かさない。
④縦の動きがうまくできる様になったら、左右のボディの動きも加えて乗ることも考える。
⑤肩が前や、頭を下では馬をプッシュできない。
3.伸長速歩をしっかり長くさせると、馬も人間同様に体力を使い、速歩、駈歩方が楽で、出やすくなる。
①常歩と駈歩のボディの使い方は同じ。オデコ後ろ、へそ下前で鬐甲(キコウ)を押しながら乗る。

レッスン終了後、久しぶりにピクルス君のお手入れをして帰宅する。

 

桜咲いたが、花見の気分になれない今の世の中・・・。
でも、乗馬をしているとその間全てのことを忘れられて集中できる。
ピクルス君に会えなくなるのは、寂しい、辛い。
昨年末から年始にかけて落馬で入院して、もう入院などしたくないと思った。
日本は他国の比べて感染者が少ないとのことだが、検査体制の問題も指摘されている。
いつの間にか大変な事態とならない様に、私達も自重したいと考える。
コロナウイルスとの戦いに勝ち、平和な日々が訪れることを祈る。

Pickles20200818aPickles20200822aShirochan20200318aSakura20200326aSrrisawakouen20200326aZamakindai20200326aZamakindai20200326b_20200327231201Pickles20200324aPickles20200326aJitaku20200326aJoh20200327a


乗馬・馬術ランキング

|

2020年3月17日 (火)

コロナウイルスを心配しながらも

今日は3月17日火曜日、晴れているが寒い朝での春の彼岸入り。
昨日と14日には雪が舞った。
先月22日に東京から引っ越しをして、ようやく落ち着いて来たがまだまだ中身の入ったダンボールが多くある。世界中を恐怖に陥れているコロナウイルスの収束は先が見えない。
だから家の中で引っ越しの荷物整理でもしていた方が安心なのだが、余計気分が沈む。
3月6日金曜日から乗馬を再開し、一昨日で5鞍を楽しんだ。
お昼は妻に負担かけたくないので乗馬クラブに行く途中外食しよかと思ったが、コロナウイルスのせいか各お店の駐車場がガラガラ状態なので辞めて、5鞍共全てコンビニ弁当を車中で食べた。
現金払いも辞めて、Paypayを利用した。
以下、4鞍の乗馬レッスンを簡単にコメント。

 

3月9日月曜日は晴れで、午後1:30から832鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、私はピクルス君、他はネオ君、ディノ君、シャンティちゃん組で4組でのレッスンとなった。
point、馬の動きに合わせて自分も積極的に動く。

 

3月12日木曜日は晴れで、午後2:30から832鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、私はピクルス君、他はキャスパー君、ディノ君組で3組でのレッスンとなった。
この日のピクルス君は、とても穏やかで元気であったので、左右共に少し駈歩を行った。
恐怖心は全くなかった。
ただ、ピクルス君と乗馬できることが嬉しかった。
レッスン終了後、久しぶりにピクルス君のお手入れをした。
腰椎圧迫骨折後は、上体を前に屈むとちょっと痛みが出る。
乗馬は良いが、お手入れの方が大変になった。

 

3月13日金曜日は晴れで、午後230から833鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、私はピクルス君、他はディノ君、ネオ君組で3組でのレッスンとなった。
この日もピクルス君は穏やかで、左右手前で少し駈歩を行った。
ピクルス君のお手入れは、その後に乗り替わった方が行なった。
私は馬房を掃除して、乾草と人参を置いておいてあげた。

 

3月15日(日曜日)は晴れで、午後230から834鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、私はピクルス君、他はディノ君、シャンティちゃん組で3組でのレッスンとなった。
この日は前を行くディノ君が駈歩をすると勝手に駈歩をしたりして、ちょっとテンションが上がったりしたので、セーブした。
ちょっと、12月15日を思い出した。
レッスン終了後、ピクルス君のお手入れをした。
そして、カバロが出張出店していたので、ピクルス君に合いそうなバーゲン品の頭絡を購入してHo先生にお渡しした。
額皮の装飾がピクルス色で似合っていると思った。
自分専用と言うよりか、ピクルス君の予備にしていただければと考えた。
新馬のウィル君(名前違ったらごめんなさい)が蹄洗場に出されていたので、ツーショット。
とても可愛い顔で、まるで鹿さんの様。

Pickles20200309a Pickles20200312a Uiru20200315a



乗馬・馬術ランキング

|

2020年3月 7日 (土)

3ヶ月振りの乗馬

今日は3月7日土曜日、昨日とは反転して曇りで寒い一日。
昨日は快晴で暖かく、午後1:30から約3ヶ月振りにサンヨーガーデンで830鞍目の乗馬を楽しむ。
お馬さんは、やはり3ヶ月振りのピクルス君との乗馬。
Ho先生の下、私はピクルス君、他はシャンティちゃん、ディノ君、ネオ君組で4組での乗馬レッスンとなった。
4組でのレッスンでもあったので、常歩中心。ただ。すこし速歩も行った。
3ヶ月振りであったが、違和感なく、もちろん恐怖心もなく楽しく乗馬レッスンができた。
Ho先生からの指導ポイント。
以前馬上で自分の体を動かして馬を動かそうとするのはダメとしていたが、馬の動きに合わせて体を動かすことは良いとのこと。ただ、自分のオデコが自分の肩より前に行く動きははダメ。
常歩と駈歩の体の動かし方は、似た点がある。
この日は、暖かな乗馬日和で最高の気分であった。
ただ、5日水曜日に休馬中のイーグル君が疝痛を起こして亡くなったとのことを聞いて悲しかった。
2度ほどしか騎乗しなかったが、素晴らしいお馬であった。
イーグル君の馬房でお線香をたて、手を合わせた。
ありがとう、イーグル君!安らかに。

 

今日3月7日土曜日、夕方にヤマトの宅急便で今回の自宅住み替えでの的確な仲介してくださった東急リバブル下北沢センターさんからお祝いの花が届いた。担当者のNさん、ありがとうございました。
先月2月21日、22日の2日間で引越しをして、ようやく少しは落ち着いてきた。
しかし、引越し前に粗大ゴミを3回に分けて廃棄したり、多くの服や本なのを処分したが、まだ多くの中身が入った段ボールが家の中にある。
ワォーキングクロゼットがあるので、タンスのほとんどを置いてきた。
断捨離をもっと考えないと、段ボールが片付かない。
収納庫や屋根裏収納でも収まらず、現在大阪に勤務している息子の部屋も物置状態である。
早く片付けてあげなければと思う。

 

今日は、昨日久しぶりの乗馬だったので、太腿が筋肉痛を起こしていた。
やはり、乗馬での運動は素晴らしい!

Pickles20200306a Eagle20200306a Home20200307aHome20200307b

|

2020年3月 1日 (日)

大いなる転換

今日は3月1日の日曜日。
引越しの後片付けはまだ完全に終わってないが、少しは落ち着いて来た。
先月2月21日、22日にかけて東京から神奈川県に引っ越してきた。
昨年末に乗馬の落馬で入院して、将来を考えて家の住み替えを考え実行した。
東京の家は、環状7号線沿い近く煤煙と騒音があり、家の隣にはコインパークが出来て環境が良くなかった。家族の喘息の悪化も心配であった。
築32年が経ち、家の老朽化で、建て替えかリホームも考えねばならないと思っていた。
私が生まれ親から分けてもらった土地なので、売却は考えられないとも思っていた。
しかし、家族の将来、そして私の終活を考えて家の住み替えの為、東京の家を売リ神奈川県のバリアフリーの新築住宅を購入した。小田急線の駅から歩いて13分程、歩いて行ける近くには大きなショッピングモールがあり、そこでほとんどの物を購入できる。病院も大小様々にある。将来、車を手放しても不便が無い。

今日は買い物がてら、自転車で12、3分の乗馬クラブを見学した。
馬場に放馬状態の馬が居て、私の側に来て砂浴びをした。
乗馬は予約制ではなく、クラブに来た順に騎乗するとのこと。
そろそろ、乗馬をしたくなった。

しかし、世の中はコロナウイルス騒ぎで、異常事態中。
外に出るのも、億劫になる。
やはり亡ホーキング博士が予言したように、この星で人類に残された時間は後100年なのだろうかと思ってしまう。
人類はこの星から癌細胞と看做されている気がする。
でも、他の動物達には罪はない。
オーストラリアの森林火災は、幸い大雨で収束した様だ。
今年は、私も世の中も大いなる転換を迎える起点の年となりそう。

52ce8330d85f48e2b3b3f542a83b2476 22e687c73c884db7a1302392f2ec2e92 9bc0c024153d409f90552d236262c8ff

|

« 2020年1月 | トップページ | 2020年4月 »