« 師走となりました | トップページ | 年末を病院で過ごすことに »

2019年12月13日 (金)

今日は12月13日金曜日

今日13日金曜日は、天気予報通り寒い1日だった。
昨日は暖かな日和の午後に、乗馬を楽しんだ。
本来は今の金曜日に乗馬を予定していたが、昨日は晴天で暖かいとのことで昨日の木曜日に変更した。
昨日も夕方からは北風が吹いて来て、寒くなった。
12月になっても寒暖の差が大きく、老体には厳しい。
今日は、13日の金曜日。
キリスト文化や西洋の色々な言い伝えから、不吉な日と言われている。
以前、それに便乗してコンピュターウイルスを拡散させ、世間を騒がせる輩が居た。
私は、それがちょっと心配であったので、変なメールは直ぐに削除したり、変なサイトに閲覧しないこと。
でも、ちゃんとしたサイトでも、ハッカーに書き換えられたなんてことも、過去にあったと記憶する。
だから、今日はパソコンを閉じたままにしようと思ったが、しばらくブログの更新してないのでマックを起動させた。

 

最近思うのだが、地震や異常気象による天災はとても怖いが、それ以上に怖いのは、私達人間だと思う。
私達人間は、限りなく強欲にこの星で生活している。
きっと、そこから脱却できずに、いつの日か人間に住み着いた癌細胞の様に、この星と共に終焉を迎える気がする。
私の残り少ない人生の中でも、
核兵器は、この星から無くならないだろう・・・
民族・宗教での対立は続くのであろう・・・
二酸化炭素排出削減は、世界全体では進まないだろう・・・
アマゾンでの貴重な微生物が焼畑や森林火災で消滅して、対ウイルスの薬が造れなくなるだろう・・
アフリカの自然動物の多くが絶滅して、動物園でしか見れなくなるだろう・・・
日本では、毎年超大型台風の襲来や豪雨などが発生するだろ・・・
その他、まだまだ問題は解消されなだろ・・・
13日金曜日に、ネガティブに思う。

 

今、日々の生活の中で乗馬を通して馬との触れ合いが、心和む。
猫ちゃんとの触れ合い。
実家と自宅に来る鳥達を観ること。
家族との団欒。
親しい友人との語らい。
でも、それは、この星が平和で健全であることが必要。
残り少ない人生だが、私個人でできることを考えて行こうと思う。
食生活で、ヴィーガンとなるのはちょっと厳しいが、ベジタリアン生活を心がけている。
軽自動車だが、車はなるべく使わない。
買い物袋を持ち歩く。

 

乗馬は、前回のブログ更新から5鞍を乗った。
その全てはピクルス君との乗馬。
5日の木曜日には、馬事公苑近くのカバロでお馬のお手入れの講習会に参加した。
馬の足の「けいくん」予防の講習であった。

 

その5鞍を、自分の記録のために単に時系列に記述します。
Ho先生からのポイントは、全て自分で馬を調教すること。

 

12月4日水曜日は晴れで、午後3:30から824鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、ピクルス君との1組だけのプライベートレッスン。

 

12月6日金曜日は曇りで、午後3:30から825鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、ピクルス君との1組だけのプライベートレッスン。

 

12月9日月曜日は曇りで、午後2:30から826鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、私はピクルス君、他はシャンティちゃん、ナイスシャトル君、ネオ君組で、4組でのレッスンとなった。

 

12月11日水曜日は晴れで、午後3:30から827鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、ピクルス君との1組だけのプライベートレッスン。

 

12月12日木曜日は晴れで、午後2:30から828鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、私はピクルス君、他はシャンティちゃん組で、2組でのレッスンとなった。
この日は暖かな日和で、ピクルス君のお手入れの際にカバロでの講習会で頂いたクレンジングオイルとモイスチャライズフォームで足のお手入れをして、以前購入した蹄冠クリームで蹄冠をマッサージした。

Cavlalo201905a Cavlalo201905b Tori20191213a Pickles20191212a Pickles20191212b Pickles20191212c

|

« 師走となりました | トップページ | 年末を病院で過ごすことに »