« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019年12月28日 (土)

退院、2019年がもうすぐ終わる

今日は12月28日土曜日、自宅にいます。
18日水曜日に緊急入院して、23日月曜手術、昨日27日金曜日の午後に退院しました。
全身麻酔による手術後の目覚めは良かったが、しばらく尿管にホースを繋がれての排尿が辛かった。
ホースが尿管に変にあたって、術後の傷よりも痛く辛く眠れなかった。
主治医からは翌日の朝にはそのホースが外れて、歩いてトイレの行けると聞いていたの我慢した。
ところが、その日の夜勤の看護婦さんが、明日も点滴があるので一日中ホースは外せませんと言う。
私は、その言葉が意地悪く思えて、「先生からは朝6時にはホースを外して歩いてトイレに行けると聞いている。看護婦さんが外してくれないならば、自分で外してトイレに行きますよ。だいたい、トイレはベットの隣にあるのだから。」と、ちょっと怒りを込めて反論した。
寝むれないまま、夜が明けよとする時間、その看護婦さんが来てホースを外してくれた。他の看護婦さんか、医師に確認したのだと思った。そして、その看護婦さんに「ありがとう」と言う。
やっと、自分で部屋のトイレまで歩いて用を足すと、痛みが走り血尿が出てビックリ。
看護婦さんに聞くと、手術前に尿管にホースを通す時に傷付いた様だが、2.3日で治るとのこと。
しかし、痛みは2.3日で無くなったが出血は昨日ようやく無くなった。
歳だから、尿管も細くなり、頻尿だから、傷が治りにくいのだと思った。
本来の手術よりも、自分の大事な部位が気になった。
本来の術後の状態は良く。翌日直ぐに歩き回る姿を観て、看護師さんと医師がびっくりしていた。乗馬で鍛えていたからでしょうとのこと。
リハビリの先生からも、足と腹筋の筋肉がしっかりしているとお褒めを受ける。

 

年末の私的な事故による入院で、午前中のみ仕事のパート先や家族には大変な負担を負わせてしまった。
また、兄弟、友人、乗馬クラブの方々などに、心配をかけさせてしまった。
ただ、入院は負だけではなかった。
規則正しい生活は日頃行っていたが、減塩の栄養バランスを考えた適量の食事、15日から2週間全く飲酒していないこと、健康であることの大切さ、窓からの太陽の陽射し、当たり前の生活の大切さ、人の優しさ、を実感できたことである。
退院する時に、ちょっと親しくなった看護婦さんとの別れが寂しく思えた。
そして、この歳で、また少し精神的に成長した様に思った。

 

今日の朝は、久しぶりに自分で準備した朝食を食べた。
妻はいつも夜遅くまで家事等をしていて朝の目覚めが遅いので、自分の朝食は自分で料理したり準備する。
私は毎朝5:30に起きて、鳥の囀りと共にしっかり朝食を食べる。
だから、便秘などしない。

 

今日隣の実家の仏壇に手を合わせ、久しぶりに猫のチーちゃんに会えた。
兄から、「もう若くないのだから乗馬をやめなさい。」と諭された。
私は馬が好きだから、今後は無理しない様に乗馬を続けると言う。
妻は、「やめなくとも、駈歩をしなければいいんじゃない。」と言ってくれるが、本心はどうなのだろう。
私自身もこの冬の間は、乗馬はやめておこうと思う。
ただ、ピクルス君には会いに行き、お手入れやおやつをあげたいと思う。

 

大阪に居る息子は風邪気味で、31日に帰省の予定。
あと数日で、2019年が終わります。
私の稚拙なブログに、お付き合いをいたただき、ありがとうございました。
来年も、何卒、よろしくお願い申し上げます。
皆様、良いお年をお迎えください。

そして、この星が平和で、生きとし生けるものが幸いであります様に。

Byouin20191224a Jitaku20191228a Chi20191228a

|

2019年12月20日 (金)

年末を病院で過ごすことに

12月20日金曜日、晴れているが私の心は曇りがち。
病室で、iPadでブログの書込みと更新をした。
前回のブログのコメントに続いて、暗いコメントとなってしまった。
今日が13日の金曜日の様である。
先日15日の日曜日、久しぶりに午前中の11:00からの乗馬レッスンで落馬してしまった
落馬は今まで4回経験していたが、柔道の受身方法などで全く怪我をしてこなかった。
今回は落ち方と衝撃が強かった。
この日はHo先生に下、私はピクルス君、他はネオ君組で2組でのレッスンとなった。
この日のピクルス君は10時からのレッスンの乗り替わりで馬房で自分の馬装をする為、頭絡を付けたまま馬房に戻していただいた。
するとピクルス君はゴロゴロした。
その時に、ハミに繋がっていた手綱が切れてしまった。
なんか、やな予感がした。
Ho先生が、別の手綱にセッテイングするのにも時間がかかった。
大分遅れてD馬場に行くと、ネオ君組みは既に駈歩をしていた。
そんなことで、自分の気持ちにも焦りがあったと思う。
左手前からのレッスンは、いつもより早く良い動きとなり、常歩.速歩.駈歩と、とても良かった。
右手前にすると、ちょっとテンションが上がりがちであったので、停止、後退をさせたりした。
それでも、速歩がちょっと早かった。
右手前の駈歩は2度程は良かったが、3度目は隣のお墓に近づくといきなり変則的な尻跳ねをした。
一瞬で、対応できず投げ飛ばされたと言う感じであった。
Ho先生は、一本背負いで投げられた様であったとのこと。
しかし体がしっかり回転せず頭から落ち、体が腰から捻れて地面に叩きつけられた様であった。
だから落馬後、記憶がちょっと飛んで、頭と腰が痛かった。
歩くのが辛かったが、アクセルとブレーキペダルをしっかり踏めることを確かめて早々に帰宅した。
帰宅して馬場にセットしたアクションカメラの映像をパソコンで観ると、生々しく落馬のシーンが記録されていた。
やはりピクルス君は、お墓近くで急に内側に少し横飛で尻跳ねしていた。
レッスン中に、10時レッスンを受けた方から、お墓でお経を唱えている様なので注意との声があった。
お経は聞こえてこなかったが、何かピクルス君がビックリした要因があったのであろうか.?
または、私の余計な脚か手綱の引きがあったのだろうか?
いずれにしても、駈歩でもバランスバックを意識して騎乗すべきであったとも思う。
それでも駈歩での変則的な跳ねに、対応は難しいのかな.....。
私もショックだったが、落馬した私をピクルス君が心配そうにいつまでも私を見ている姿がカメラ映像に映っていた。ごめん、ピクルス君。

 

その日に帰宅した私は、腰の痛みで眠れなかった。自分で運転して途中激痛に襲われながら帰宅するなど、今考えれば恐ろしことであった。
翌日16日月曜の午前中に近くの外科に妻に連れ添ってもらい行く。
1年前のレントゲン写真と比較すると、腰椎の第二の上部が潰れている。
その時起きた圧迫骨折だと、そのまましていると自分の上体の体重で進行して痛みで寝たきりなる可能性があるとのこと。早々に近くの東邦大学医療センター大橋病院への精密検査と治療の為に紹介状を書いてもらう。
18日水曜日に妻と大学病院へ行き検査を受ける、その際に脳神経外科の検査も受けた。
脳と頸椎は大丈夫だった。
腰椎圧迫骨折はやはり今回の落馬で起きたもので、歩いてはダメと言われて、緊急入院が必要とのこと。
私は年を超えて入院したくないので、ネットで調べた注射器の様なもので身体を開閉せずにセメンの様な物で欠けた所を補修する手術を聞くと、それはできるが来年の1月10日以降になってしまうとのこと。
ただ先生が時折出向している近くの専門病院で23日月曜日だったら、手術可能とのこと。
よって、その近くの専門病院に緊急入院となった。
8階の病室から、遠くにインフィニティ・ダイヤモンドヴェールに点灯された東京タワーが見れた。
クリスマスイブには、クリスマスバージョンに点灯される様だ。
それをここで1人で観るのが、寂しい。
23日の手術の経過が良ければ、25日のクリスマスに退院させてくださいと主治医にお願いした。
今回は、乗馬クラブの方や、年末だと言うのに、仕事関係や友人.家族など多くの人に心配をかけてしまった。
すみませんでした。

ピクルス君、どうしているだろうと思いながら、病室のベットに横たわる。
来年になって、しばらくは乗馬しなくとも、ピクルス君のお手入れだけさせてもらおうかな…。
都会に暮らしていると、馬の匂いが癒される。
家に来る野良猫のババや鳥さん達も、気になる。

そして、入院して、終活も考えねばとも思った。8階の病棟は老人ばかり、色々な人が居て、自分の将来も考えてしまう…。

 

7be8fe7d298f4d50bbd29d94b0256195 05904b63ba4146c1b52ee7faeeb8cb23 A5d3da5871e64aada2a7c15fd8abb132

|

2019年12月13日 (金)

今日は12月13日金曜日

今日13日金曜日は、天気予報通り寒い1日だった。
昨日は暖かな日和の午後に、乗馬を楽しんだ。
本来は今の金曜日に乗馬を予定していたが、昨日は晴天で暖かいとのことで昨日の木曜日に変更した。
昨日も夕方からは北風が吹いて来て、寒くなった。
12月になっても寒暖の差が大きく、老体には厳しい。
今日は、13日の金曜日。
キリスト文化や西洋の色々な言い伝えから、不吉な日と言われている。
以前、それに便乗してコンピュターウイルスを拡散させ、世間を騒がせる輩が居た。
私は、それがちょっと心配であったので、変なメールは直ぐに削除したり、変なサイトに閲覧しないこと。
でも、ちゃんとしたサイトでも、ハッカーに書き換えられたなんてことも、過去にあったと記憶する。
だから、今日はパソコンを閉じたままにしようと思ったが、しばらくブログの更新してないのでマックを起動させた。

 

最近思うのだが、地震や異常気象による天災はとても怖いが、それ以上に怖いのは、私達人間だと思う。
私達人間は、限りなく強欲にこの星で生活している。
きっと、そこから脱却できずに、いつの日か人間に住み着いた癌細胞の様に、この星と共に終焉を迎える気がする。
私の残り少ない人生の中でも、
核兵器は、この星から無くならないだろう・・・
民族・宗教での対立は続くのであろう・・・
二酸化炭素排出削減は、世界全体では進まないだろう・・・
アマゾンでの貴重な微生物が焼畑や森林火災で消滅して、対ウイルスの薬が造れなくなるだろう・・
アフリカの自然動物の多くが絶滅して、動物園でしか見れなくなるだろう・・・
日本では、毎年超大型台風の襲来や豪雨などが発生するだろ・・・
その他、まだまだ問題は解消されなだろ・・・
13日金曜日に、ネガティブに思う。

 

今、日々の生活の中で乗馬を通して馬との触れ合いが、心和む。
猫ちゃんとの触れ合い。
実家と自宅に来る鳥達を観ること。
家族との団欒。
親しい友人との語らい。
でも、それは、この星が平和で健全であることが必要。
残り少ない人生だが、私個人でできることを考えて行こうと思う。
食生活で、ヴィーガンとなるのはちょっと厳しいが、ベジタリアン生活を心がけている。
軽自動車だが、車はなるべく使わない。
買い物袋を持ち歩く。

 

乗馬は、前回のブログ更新から5鞍を乗った。
その全てはピクルス君との乗馬。
5日の木曜日には、馬事公苑近くのカバロでお馬のお手入れの講習会に参加した。
馬の足の「けいくん」予防の講習であった。

 

その5鞍を、自分の記録のために単に時系列に記述します。
Ho先生からのポイントは、全て自分で馬を調教すること。

 

12月4日水曜日は晴れで、午後3:30から824鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、ピクルス君との1組だけのプライベートレッスン。

 

12月6日金曜日は曇りで、午後3:30から825鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、ピクルス君との1組だけのプライベートレッスン。

 

12月9日月曜日は曇りで、午後2:30から826鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、私はピクルス君、他はシャンティちゃん、ナイスシャトル君、ネオ君組で、4組でのレッスンとなった。

 

12月11日水曜日は晴れで、午後3:30から827鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、ピクルス君との1組だけのプライベートレッスン。

 

12月12日木曜日は晴れで、午後2:30から828鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、私はピクルス君、他はシャンティちゃん組で、2組でのレッスンとなった。
この日は暖かな日和で、ピクルス君のお手入れの際にカバロでの講習会で頂いたクレンジングオイルとモイスチャライズフォームで足のお手入れをして、以前購入した蹄冠クリームで蹄冠をマッサージした。

Cavlalo201905a Cavlalo201905b Tori20191213a Pickles20191212a Pickles20191212b Pickles20191212c

|

2019年12月 3日 (火)

師走となりました

今日は12月3日火曜日、晴天の1日だったが寒かった。
昨日の日中は雨模様で、午後230からの乗馬レッスンを乗馬クラブに向かう途中の買い物先でキャンセルした。
今年の後半から、雨による午後の乗馬レッスンは午後1時以降でないとキャンセルできなくなった。
昨日は午後からは雨が止むとの予報であったが、止まず馬事公苑の乗馬用品店カバロのある駐車場でキャンセルの電話をした。
そこの「くら寿司」でランチタイムをとり、カバロで買い物をした。
カバロでは、サドルパッドフェアーで「サドルパッド類をお買い上げでゼッケンが入る大型不織布バッグをプレゼント」とのメールを頂き、早速行く。
私の車の中には以前買って殆ど使用していないユーロスターの濃紺のゼッケンが入ったままだったが、今回は臙脂色のゼッケンを購入して、素敵な大型不織布バッグをいただく。
また、この日は午後2時から『蹄鉄を使ったクリスマスオーナメント作り』開催とのことで、私は予定時間前でしたが蹄鉄を使ったクリスマスオーナメントも手に入れました。
ご自分で作られてはと、いつもお世話になっている店員のUさんに言われたが、乗馬クラブに行く予定だからと既に作成されたものに自分の希望のアクセサリーを付けてもらって購入した。
そして乗馬はキャンセルしたが、ピクルス君に会いに行こうと車を進めた。 しかし、雨脚が強くなったので成城のサミトストア&コジマ電気に寄って買い物してから自宅にUターンした。
自宅に帰ってから、クリスマスのささやかな飾り付けを行った。

 

私は、以前は日・月・水・金と週に4日乗馬を楽しんでいたが、現在は月・水・金と週に3日としている。

でも昨日の2日の月曜日は雨模様で乗馬できないかもとの思いから、一昨日の1日の日曜日の午後2:30に823鞍目の乗馬レッスンを受けた。
Ho先生の下、私はピクルス君、他はネオ君組で2組でのレッスンとなった。
この日は、ディノ君がまだ休馬中で、ナイスシャトル君もあまり良くない状態らしく、ピクルス君は私がこの日最後の4鞍目のお仕事。
午後1:30のレッスンの方から乗り替わりで、馬装はピクルス君の馬房の中で行った。
4鞍目であったが、ピクルス君は、やる気満々。
ネオ君組が駈歩をすると、ピクルス君も駈歩をしたいとの思いが伝わってきた。
ピクルス君の前足を心配しながらも、両手前での駈歩を何度か行った
レッスン終了後、ネオ君組の若い女性の方にお聞きすると、ピクルス君に乗ることが多いとのこと。
私が日曜日に来たので乗れなくしたかと、申し訳なく思った。
今、CとDクラスの馬達の中で、足の具合が調子悪い馬達が居て、先生方も苦労されている。
ここの乗馬クラブは、お馬をとても大切にされている。
乗り手の私達も、お馬を大切にしないとね・・・。
レッスン終了後、ピクルス君の両前足を冷水で冷やしてから、お手入れをして早々に馬着を着せて馬房に戻した。

ショコラ君が昨年11月初めに北海道標茶町に行ってから1年を過ぎました。
毎月乗馬クラブに送られてくる「お預かり馬・月次レポート」では、とても元気そうで安心しています。
今年の7月に会いに行けて、よかった。いつも、君のことも思っているよ!

Pickles20191201a Pickles20191201b Pickles20191201c Cavaloo20191202a Christmas20191202b Christmas20191202a

|

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »