« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月

2019年11月30日 (土)

2019年11月が過ぎ去る

今日は11月30日土曜日、晴天の1日であったが寒かった。
昨日29日金曜日の午後3:30からの乗馬も、晴れていたが寒かった。
そして、日が短くなりレッスンを終えて馬のお手入れをすると、すっかり暗くなる。
そして、25日月曜は最高気温20度を超えた様だが、昨日の29日が寒くて10度に届かなかった。
今年は、本当に異常気象が多かった気がする。
不安定で秋晴れが、あまりなかったと思う。
27日水曜日は雨で、昨日は4日振の乗馬となった。
明日は12月、師走である。
2日の月曜日は雨模様とのことで、久しぶりに明日、日曜日に乗馬をすることにした。
ただ昨日、ディノ君とナイスシャトル君が足の具合が良くなく休馬していたので、明日の予約の際に電話で今日の状態を聞くと、やはり休馬とのこと。
ピクルス君等の他のお馬の負担を考えると、明日は日曜日で混みそうなので心配である。
しかし、だからこそ行ってみたいとも思った。

 

以下、2鞍の乗馬コメントを超簡単に。
2鞍ともにパートナーのお馬は、ピクルス君。
ピクルス君とは、乗馬レッスンだけではなく、馬装や引き馬、お手入れも楽しい。
最近、引き馬の際にお互いに見合って進むのも愉快である。

 

11月25日月曜日は、曇りから晴れて暖かな午後1:30から821鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、私はピクルス君、他はキャスパー君とディノ君組で3組でのレッスンとなった。
この日は3組であった為か、私自身があまり注意指導を受けることはなかった。
指導ポイントは、
正しい脚で動く馬にする。
脚で、動かなくてもいいよとの馬にしないこと!
この日は3組であったが、左右手前での駈歩を自分のタイミングで行った。
レッスン終了後、両前足を冷やしてからお手入れをした。

 

11月29日金曜日は晴れていたが寒く、午後3:30から822鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、ピクルス君との1組だけのプライベートレッスン。
こに日は、ディノ君、ナイスシャトル君が休馬だったので、ピクルス君は私で4鞍目。
左手前から十分に常歩を行い、元気良い常歩にして、隅角をしっかり廻る速歩を行う。
そして、馬場中央で駈歩を行った。
右手前にしてからは、左手前よりもとても良い動き。
しかし、駈歩をしない内にレッスン時間が終了してしまった。
この日は、 ここ数日続いた雨で馬場状態もあまり良くなかったので、無理しないのも正解。
Ho先生からの、注意指導。
やはり、まだ私は上体を左右に揺すりがち。
レッスン終了後、両前足を冷やしてからお手入れをした。
すると、すっかり暗くなった。
そして、久しぶりに自分の息が白くなった。

Pickles20191125a Pickles20191125b Pickles20191125c Pickles20191129a Pickles20191129bb Pickles20191129b Pickles20191129c_20191130224401

 

|

2019年11月24日 (日)

平和への祈り

今日は11月24日(日曜日)、一昨日から雨がちな空模様。
今日、長崎にローマ・カトリック教会のフランシスコ教皇が被爆地長崎を訪問され、雨降る中、核廃絶のメッセージを発表された。
教皇様の発せられたメッセージで、本来、貧困対策や自然環境の保護に使われるべき費用が武器の製造や開発など軍備に費やされているのは「神に背くテロ行為だ」と非難され、核兵器は、世界や国家の安全を脅かす脅威から私たちを守ってくれるものではないと述べました。
夜には教皇様は広島に移動して、同じ様にスピーチをされた。
そして、「戦争のために原子力を使用することは、犯罪以外の何物でもない」と長崎同様に核廃絶を語られた。
あの悲惨な広島・長崎に原子爆弾が落とされた間もない私の子供時代から、世界の核保有国は、核抑止力による平和の維持という名目で非常に危険な物を背負って現在まで来ている。
日本もアメリカの核の傘で守られているというが、それで本当の平和が守られるのだろかと危惧する。
核を持つ国の為政者が、常軌を逸してしまったら・・。
または、テロにより核が奪われてしまったら・・・。
私たちの今の平和は、核を枕にして寝ている様な物だと思う。
核の廃絶は、環境問題と共に現在の国家間のことを考えると非常に難しいことだと思うが、それを成し遂げることをしないと人類と言うか、この星の全ての生き物の未来が無くなると思うのである。
私がそう思っても、どうにもならないことだろが・・・。
私の稚拙なブログで、その思いを発信することが、ささやかな抵抗である。
この星に生きているのは、私達人間だけではない。
私の大好きな馬や犬・猫・鳥などの動植物達も、この星を住処としているのだから・・・。
この星の、本当うの平和を願う。

 

一昨日の金曜日は雨とのことで乗馬を事前にキャンセルした。
今日の日曜日は、午後から雨が止むとのことで乗馬と思ったが、馬場が良くないだろし、休日は若い人優先と思い辞めた。
明日の月曜は午後からの乗馬を予定しているが、やはり雨が心配。
もう4日間もピクルス君や馬達に会ってないから、雨が降っても行くつもり。

 

以下最近の乗馬2鞍のコメントを極簡単に。

 

11月18日月曜は晴れで、午後2:30から819鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、私はピクルス君、他はナイスシャトル君組で2組でのレッスンとなった。
この日のpoint
力を抜いた弱い脚で反応する馬にする。
左手間からのレッスンで、良い常歩・速歩ができて、駈歩も常歩から発進・維持ができて停止も良くできた。
右手前では、馬場中央や斜め横断、隅角をしつかり廻ることに努めた。
するとしばらくして、ピクルス君は右前脚の蹄鉄を落鉄したので、私はレッスン終了した。
レッスン終了後、蹄洗上でHo先生が蹄鉄を装着。
そして、この日は両前足を冷水で冷やしてから、お手入れをした。

 

11月20日水曜日は曇りで、午後330から820鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、私はピクルス君、他はシャンティちゃん君組で2組でのレッスンとなった。
この日のシャンティちゃんはとても気が荒く、馬装する人を困らせ騎乗する際も機嫌悪くHo先生が来られて乗られた。
そんなシャンティちゃんも、レッスンが始まると素直にレッスンをこなしていた。
正直、あんなシャンティちゃんを見たことなかった。
シャンティちゃんは、牝馬でありながらとても穏やかなお馬だと思っていたが、生き物で機嫌が良くない時もあるのだと思った。
ピクルス君はと言うと、以前はとても臆病でちょっとの音や他の動きでびっくりしてトリキーな動きをすることが多かったが、今では大分落ち着いたお馬となった。
でも、ちょっとレッスン開始頃の動きが鈍くなったと言うか、サボり癖を覚えた感じ。
だから、Ho先生から、正しい脚を入れても反応ない場合は、直ぐに鞭と、注意を受ける。
レッスン終了後、ピクルス君を先日同様に両前足を冷やしてから、お手入れをした。

Pickles20191118a Pickles20191118b Pickles20191118c Pickles20191120a

|

2019年11月17日 (日)

馬車が行く

今日は11月17日(日曜)、晴れて穏やかな1日であった。
今年の夏頃からは、土日は乗馬を控えて家のことや他の楽しみをしようとしている。
昨日はエアコンの清掃等、妻と家の中の片付け等をした。
今日は、世田谷の街中を馬車が運行するとのことで見学に行く。
世田谷線宮の坂駅を下りて、世田谷八幡宮へ。
そこで、経堂駅近くからやって来る馬車を待った。
やって来た馬車、世田谷八幡宮の駐車場で休憩して再び経堂方面に向かった。
休憩中の馬車のお馬さん、何故か私を見つめて気にしていた。
馬事公苑で、知り合ったお馬かな? それとも、私がやたら馬臭いのかな?・・・。
その馬車は、先月から馬事公苑周辺5駅を中心とした街中で運行。
今年は今日が最後で、次は来年2020年3月29日(日曜)に小田急線千歳船橋周辺で運行する予定とのこと。
詳しくは、世田谷の観光情報サイト「エンジョイ!SETAG AY」で確認できます。
世田谷線宮の坂駅には懐かしい玉電(デハ80型)が展示されている。
近くには世田谷八幡宮、豪徳寺、世田谷城阯公園などの観光スポットがある。
今日は七五三で世田谷八幡宮が賑わっていた。

 

先週は11月8日、13日、15日の3日間3鞍の乗馬を楽しみました。
以下、そのコメントを極簡単に。

 

11月11日月曜日は曇りで、午後3:30から816鞍目の乗馬レッスン。
この日は前日の雨で馬場に水溜のところがあったり良くなく、レッスン前にも小雨が降ったりした。
レッスンはHo先生も下、私はピクルス君、他はネオ君組で2組でのレッスンとなった。
ネオ君君の女性の方は、最近はディノ君に騎乗することが多かったが、ディノ君が足を痛めたとのことでネオ君となったようである。
ディノ君、週末のレッスンで人馬共に転んで両前足の膝を地面に着いしまい擦り傷を負って、その部分が晴れているのでしばらく休馬とのこと。
心配したが、先日の15日金曜日には大分良くなり、この週末は多分レッスンに復帰していると思う。
騎乗していた方も、大事には至らなかったようである。
大変申し訳ないが、ディノ君が転んだことで騎乗している方よりも、先ずはディノ君のことを心配してしまった。
人間の足の骨折は治せるが、馬の骨折は死につながるからである。
人馬共に大事に至らず、良かったと思った。

 

11月13日水曜日も曇りで、午後1:30から817鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生も下、私はピクルス君、他はキャスパー君組とナイスシャトル君組で、3組でのレッスンとなった。
この日の指導ポイント。
蹄跡を速歩で単に同じ速度廻るんではなく、隅角をきちっと半減脚で速度を落としてしつかり廻ること。
馬に自分の内方脚を理解して動いてもらう様に、まずはちゃんと会話をする。
駈歩は、お尻が後ろに行って浮いたときに力が入り、お尻が前に着地するときに力を抜く。

 

11月15日金曜日は晴れで、午後3:30から818鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生も下、ピクルス君との1組だけのプライベートレッスンとなった。
この日の指導ポイント。
先日と同様に、隅角を半減客で速度落としてから内方脚でしつかり廻すこと。
駈歩は、お尻が後ろに行って浮いたときに力が入り、お尻が前に着地するときに力を抜くので、お尻を力を込めて前に出すのはダメ。
ほとんどの人が駈歩の場合に、お尻が前に行った時にぐいぐいと力を入れ込んでいるが、それでは馬に負担がかかるし駈歩の維持は出来ない。
また、私が特に注意されたのは、馬の背中にしっかり乗ること。
私は、上体を左右に揺すってしまうことを、度々注意をける。
Ho先生から、鞍があるからいいが、それでは裸馬に乗った時は落馬してしまう。
私は、背骨が右に歪んでるので上体が右に傾きやすい、それを意識して修正しよとしている時に言われる気がする。
ただHo先生から観ると、馬に何かをさせようとした時、上体がぐらついている様である。
45分間の乗馬、もっと意識を集中して乗らないとダメだと反省。

 

3鞍ともレッスン終了後、ピクルス君との左前脚を冷やしてからお手入れをして、馬房掃除をして、馬着を着せて馬房の戻した。

Miyanosaka20191117a_20191117211501 Miyanosaka20191117b_20191117211501 Miyanosaka20191117c_20191117211501 Setagayasen20191117a Setagayahachiman20191117a Basha20191117a_20191117211501 Basha20191117b_20191117211501 Basha20191117c Basha20191117d_20191117211501Pickles20191113a Pickles20191113b Pickles20191115aPickles20191115b

|

2019年11月10日 (日)

令和1年11月10日

今日は令和1年11月10日(日曜)秋晴れの晴天、天皇陛下のご即位に伴うパレード「祝賀御列の儀」が行われた。
素晴らしい秋晴れで、素晴らしいパレードで、平和で何事もなく無事に行われてよかった。
妻は一眼観たいとパレード開始近くに家を出たが、半蔵門線青山駅のホームを降りると、もの凄い人の行列だったとのこと。
改札を出るのだけで大変な時間が掛かるとのことで、諦めて引き返して買い物をして帰宅して来た。
昨夜からや早朝から並んでいる人がいるのに、直前に行っても、私は無理だと思った。
私は風邪をひいていて、行かなくてよかった・・・。
と言うか、体調良ければ乗馬に行こうと思っていた。
今日は一日中、私は自宅でのんびり衣替えの作業や、実家の愛猫チィちゃんと遊んだりして過ごした。
とても、平和を感じる日であった。
自宅で静養したせいか、体調も良くなって来た。
明日は令和1年11月11日月曜日、午前中は雨のようなので、午後の遅い時間に乗馬の予約を変更した。

 

先日の、6日水曜は814鞍目、8日金曜日は815鞍目の乗馬レッスンを、共に午後3:30から受けた。
両日ともに、Ho先生の下、ピクルス君との1組だけのプライベートレッスンとなった。
6日水曜日は、Ho先生からほんの少し注意指導を受けたが、ほとんど自由に自分でレッスンを構成してピクルス君との乗馬を楽しんだ。
8日金曜日も、先日同様にほとんど自分でレッスンを構成して自由に乗馬を楽しんだが、その都度Ho先生からもご指導をいただいた。
特に駈歩について、念入りにご指導をいただく。
そのコメントは、今回は割愛させていただきます。
自分がしっかり理解して、いつの日かしっかり身につけてからコメントしたいと思います。
最近の乗馬レッスンで、Ho先生からの1番の指導ポイントは、自分で初めっから馬としっかり会話して馬に動いてもらう様に努めること。
指導員がではなく自分が馬を調教するつもりで、次に別の人が騎乗した場合に、しっかり動く馬にできることである。
それを45分間の限られた時間の中で、できることである。
両日ともに、冷えて来たので、ピクルス君をお手入れ後馬着を着せて馬房に戻した。

Pickles20191106a Pickles20191106a1
Pickles20191108a Chichan20191110a

|

2019年11月 5日 (火)

11月、霜月に入りました。

今日は11月5日火曜日、肌寒いが秋晴れの良い天気。
昨日は風邪気味で腰が痛かったが、乗馬したら腰の痛みが消えてしまった。
今日は、乗馬クラブは定休日。
世田谷線の宮の坂駅で降りて、豪徳寺に行く。
豪徳寺の樹々は紅葉が始まりかけていて、秋を感じられた。
自宅から近く、子供の頃から何度も訪れている豪徳寺だが、今まで見られなかった外国からの人々が多く来られていた。
歴史ある豪徳寺、猫寺とし手も有名だからかな。
続いて、歩いて豪徳寺近くの世田谷城阯公園、そして松陰神社によりそのまま歩いて自宅に帰宅した。
今日は我が町付近のお散歩でした。
ここでそれぞれの史跡をコメントすると大変なので、深く知りたい方はそれぞれの史跡の文字をクリックしてください。
東京でも、色々な場所で「小さな秋見つけた」が出来るので、これからも散策したいと思う。
旅行しなくても、日常で季節を感じるのが好きである。
ただ、八ヶ岳山麓に小さな山小屋があった頃が懐かしいとも思う。
歳のせいで、最近は長距離ドライブが億劫になって来た。
妻は車酔いするので、車が苦手。
山小屋を手放してから、妻とドライブすることが殆どなくなった。
昨年愛猫みりぃが亡くなり、自宅を空けられる様になったのだが、妻共々に出不精で、旅行を計画して行くこと考えない。
親戚や友人が計画して、出かけると言うパターンである。
明日は、午後からまた乗馬を予定している。
そう乗馬クラブでも、季節を感じられる。

 

11月に入って、2鞍の乗馬を楽しんだ。

 

11月1日金曜日は晴れで、午後3:30から812鞍目の乗馬を楽しんだ。
Ho先生の下、ピクルス君との1組だけのプライベートレッスとなった。
この日はとにかく、片脚だけでの扶助で馬に動いてもらうことに努めた。
そして、駈歩の発進・停止・常歩を何度か繰り返し、駈歩から常歩の移行が良くなった。
ところが、長く駈歩の維持をさせることが思うようにできなかった。
Ho先生から、まだ手綱を手だけで持っているからだと指摘された。
内方の手綱は肘をしっかり脇につけて、肘から肩・肩甲骨で持つ感じにする。
レッスン終了後、ピクルス君をいつもの様に左前足を冷やしてあげてお手入れをした。

 

11月5日月曜日も晴れで、午後2:30から813鞍目の乗馬を楽しんだ。
この日は文化の日の振替休日で、乗馬クラブは混んでいた。
今年の夏場から土日の乗馬は控えていたが、月曜日が振替休日の場合が結構ある。
Ho先生の下、私はピクルス君、他はディノ君とネオ君組で3組でのレッスンとなった。
3頭がちょっと団子状態になりがちで、なるべく距離を置く様に努めた。
そんなこともあり、ピクルス君を元気にさせるのに苦労した。
Ho先生から、正しい脚で反応しなければ直ぐに鞭、また、上体が左右に揺れているとの注意を受ける。
私もちょっとイライラ状態で、ちょっと強引駈歩をさせると、ディノ君に近づいたピクルス君が頭を上に上げて跳ね気味の駈歩となった。
でも、そのちょっと駈歩をさせた後から良い動きとなった。
ただ、昨日とこの日の午前中のレッスンで右前を落鉄しているとのことで、控えめでの駈歩に止めた。
下馬してすぐに右前足に蹄鉄があるか調べて、あるのを確認して安心した。
レッスン終了後、2号厩舎前で左前足を冷やしてあげて、翌日はクラブの休日なので、1号厩舎前で足を乾かし念入りにお手入れをした。
そして、風邪気味なので早々に帰宅した。

Setagayasen201901105 Goutokuji20191105a Goutokuji20191105b Goutokuji20191105c Goutokuji20191105d Setagayajouato20191105a Shouinjinjya20101105a Shouinjinjya20101105b Pickles20191101a

|

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »