« 台風19号は去り | トップページ | 雨模様の日々が続く »

2019年10月17日 (木)

肌寒くなってきた

今日は10月17日木曜日、朝から肌寒い曇り空で雨も降ってきた。
台風19号の災害は、まだ終わってない。
明日からは、雨が降り続ける日々が続くようで、被災地が心配である。
またフィリピン東側に低気圧が発生して、新たな台風が発生する可能性があるとのこと。
地球温暖化で海水温が高くなっているからだと思う。
水の惑星、地球。
今回の台風でも、海に多くのプラスチック等のゴミが流れ込んだと考える。
今この星の母なる海が、病を患っている。
最近、カタクチイワシの8割にマイクロプラスチックが検出されたとのこと。
手遅れにならない内に、人類が対策を講じないと母は死に、私たちも生きて行くのが厳しいと思う。
しかし、人類はあらゆる事で争っていて、力ある指導者達もこの問題を真剣に考えたりしていない。
と、私達個人がそう思っても、どうにもならない。
と言って、Que Sera, Sera(ケ・セラ・セラ)とはなれない。
今日のように、心も寒くなって来る。
私は戦争も含めて災害等が起きると、そこに住む人々のこともだが、人間以外の動植物達のことも心配になる。
この星に生きているのは、私達人類だけではない。
この星の全ての生き物が、関連しあって共生しているのだから。

 

昨日16日水曜日も曇り空で肌寒い日で、上記の思いを抱きながらも午後1:30から805鞍目の乗馬を楽しんだ。
乗馬や馬のお手入れで馬と触れ合うと、自分が生きていることの喜びを感じる。
Ho先生の下、私はピクルス君、他はディノ君組で2組でのレッスンとなった。
最初lからしばらくは、ディノ君が後退したり後ろ足を強く蹴ったりしたので、ちょっとビビリながらディノ君に近づかないように消極的に騎乗してしまいピクルス君を元気に動かせなかった。
Ho先生からは、自分の正しい脚で動かなければすぐに鞭を入れて知らせなければと注意指導を受ける。
相変わらず私は、ピクルス君に甘くなりがち。
ディノ君も中盤から落ち着き、私もピクルス君を元気に動かすことができるようになった。
左手前から右手前とレッスンを進め、両手前共に常歩からの穏やかな駈歩ができた。
ただ、まだ駈歩から常歩に落とすのが難しい。速歩気味になってしまいがち。
右手前ではちょっとテンションが上がったので、後退させて落ち着かせた。
Ho先生がディノ君組の方の駈歩指導をされるので、私はちょっと早めにレッスンを終えた。

 

レッスンを終えて、ピクルス君の左前脚を冷やしてお手入れをした。
そして、この日の午後3:30に予定されていたシャンティちゃんのレッスンがキャンセルとなったので、午前中レッスンに出てお手入れされていないシャンティちゃんのお手入れもした。
久しぶりのシャンティちゃんとの触れ合いも楽しかった。

Pickles20191016a Pickles20191016b Shanti20191016a

 

|

« 台風19号は去り | トップページ | 雨模様の日々が続く »