« 肌寒くなってきた | トップページ | 「即位礼正殿の儀」の祝日 »

2019年10月19日 (土)

雨模様の日々が続く

今日は10月19日土曜日、早朝は雨であったがその後は曇り空の一日。
今日は自宅で衣替えの作業や、外猫の小屋のお掃除と秋冬の準備をしてあげた。
外猫のバアバは歳を取り、ほとんど耳が聞こえないようだ。
後ろ向きのバアバに近くで声をかけても、全く気がつかない。
餌が入った器を彼女の横に置いてあげて、初めてビックリして気が付く。
もう長い月日が経つが、彼女は人には全く懐かなく用心深い。
ただ最近は、ほとんど実家の敷地に居ることが多くなった。
来週はまた雨の日が続くようだ。
被災地の人々が心配である。

 

昨日10月18日金曜日は雨が降り出しそうな曇り空の中、午後3:30から806鞍目の乗馬を楽しんだ。
一昨日雨模様とのことで一度キャンセルしたのだが、当日の午前中に再予約したのであった。
午後のDクラスのレッスンは私だけで、Ho先生の下、ピクルス君との1組だけのプライベートレッスンとなった。
ピクルス君は橙色のゼッケンもあったので、それに合わせて脚のプロテクターも合わせる。
そして、前日等の雨で馬場の状態はあまり良くなかったので、無理しないようにピクルス君を動かした。
長い時間、常歩で十分に動かしてから速歩を行った。
その上で、少し駈歩もした。
左手前の駈歩を行った後は、Ho先生が馬場中央に3つのカラーコーンを直列に置いて、その横を交互に真っ直ぐに通過する
レッスンを行った。
そのために事前に、ピクルス君を片脚の扶助で動かせするように努めた。
初めはカラーコーンを手綱を使ってしまい廻るように通過させてしまった。
Ho先生から、馬を真っ直ぐに進ませて2・3歩横に進ませてから真っ直ぐに進みまた逆に行って行くことを繰り返し進む様指導を受ける。
その為には、交互に馬を一度止めて片脚で馬を動かして行くことが必要となる。
片脚で馬をコントロールする訓練となっり、とても良いレッスンとなった。
それを終えてから右手前にして通常のレッスンに復帰すると、ピクルス君は内方脚だけで速歩が簡単に出る様になった。
輪乗りの駈歩は殆ど内方脚だけで、駈歩となった気がした。

 

レッスン終了後、ピクルス君の左前脚を冷やしてあげてお手入れをした。

Barba20191019aPickles20191018a
Pickles20191018b Pickles20191018c Pickles20191018d

|

« 肌寒くなってきた | トップページ | 「即位礼正殿の儀」の祝日 »