« 私も休馬しようかな | トップページ | ピクルス君との乗馬復活 »

2019年10月 8日 (火)

温泉三昧の一泊旅行

今日は10月8日火曜日で、曇り空。
昨日は友人達との一拍の旅を終えて、今日は自宅でのんびりと言うか写真の整理をした。
それと、自分のブログと高校時代の友人達のゴルフ会のブログ更新も行う。
また、macの新しいOS「Catalina(カタリナ)」のインストールも行った。
だから、のんびりとは当てはまらないか・・・。

 

以下、その一泊旅行を簡単にコメント。

 

10月6日(日曜)午前8時ちょい過ぎに田園都市線の南町田グランベリーパーク駅北口ロータリーで友人の車と合流して出発。目指すはは、千葉県大多喜町、養老渓谷界隈。
ところが保土ヶ谷バイパスを進んでいると、アクアライン付近で火災の為通行止めの電光掲示板の案内が表示され、アクアラインが上下線共通行止めとのこと。
仕方なく、大黒パーキングエリアで経路を検討することとなった。
案内場で聞き込みをすると、アクアラインライ内の火災なので当分通行止めとなるとのこと。
ただし、案内所でも詳細は分かって無いようで、人ごとの様な話ぶり。
私のiPad で道路情報を見ると、ようやくアクアラインの上下線共が真黒になって通行止め表示になった。
仕方なく、私達はのんびりと休憩しながら湾岸道路で東京湾を廻って行くことに決めた。
すると、私のiPadに上りは通行止めだが、下りは開通のコメントを発見。
改めて交通情報を閲覧すると、その通り。
私達3人は良かった!と声を上げた。予定通りの経路で出発開始。
アクアラインの海ほたるパーキングを過ぎた上り線で、多くの車が立往生していたのを尻目に混んでいると思われるパーキングを通り過ぎて、車を進めた。

 

一番最初の訪問地は、粟又の滝(養老の滝)に到着すると、観光バスで来た人が多くので混んでいた。
その滝は、幅広くなだらかな滝。台風15号の影響がまだ残っていて流木が流されていた。
道中の家々にも、屋根にブルーシートが被さっている家があった。
被害に合われた方々の復旧復興願いながら、3人で旅をした。
次に、金神の滝に行く。そこは私達3人だけしか到着してなく、ゆっくりマイナスイオンを浴びれた。
そして、宿泊施設のない日帰り温泉「ごりやくの湯」で昼食をとり温泉に浸かる。
人気ある温泉で混んでいた。
そして、この日に宿泊する旅館「川の家」に到着。
その旅館の直前に、トンネルが2重にある不思議なトンネルを通り抜けた。
ここもちょっとした、観光場所。
ここでも温泉に浸かり、美味しい夕食で会食を楽しんだ。
次から次へと美味しい物が運ばれて楽しい会食で、残念ながら写真を撮るのを忘れてしまった。

 

10月7日月曜、3人共にゆっくり就寝して朝風呂に浸かり、あの不思議なトンネル内を歩いて散策した。
そして美味しい朝食をお腹一杯いただき休憩してから、旅館を後にする。
向かった先は、まるでジブリの世界と話題の「濃溝の滝」。
そして、七里川温泉に行き再び温泉浸かる。
温泉は3人だけで、ゆっくり入れた。
露天は施設の屋上で、風景を観れながら、そして晴れた青空に浮かぶ羊雲を観ながら解放感ある温泉であった。
なんか身も心も、素っ裸になれた感じであった。
帰路で道の駅木更津でお土産を買って、アクアライン海ホタルで、おそいランチをとり南町田グランベリーパーク駅で解散した。

 

乗馬から離れて、久しぶりの友人との旅はリラックスできて楽しかった。

ただ、この週末に台風19号が日本列島を襲う予想で、大変心配である。大きな災害が起きないことを祈る。

 

Yourounotaki20191006a Kinshinnotaki20191006a Goriyakunoyu20191006a Kawanoya20191006a Tonneru20191007a Tonneru20191007b Tonneru20191007c Noumizonotaki20191007a Noumizonotaki20191007b Shichirigawa20191007a Iumihotaru20191007a

|

« 私も休馬しようかな | トップページ | ピクルス君との乗馬復活 »