« ピクルス君との乗馬復活 | トップページ | 肌寒くなってきた »

2019年10月15日 (火)

台風19号は去り

今日は10月15日火曜日、曇時々晴れ間のある穏やかな日。
台風19号は去ったが、関東、東北地方の多くの河川が氾濫して各地に水害が発生して、今も続いている。
多くの方々が亡くなれれ、行方不明の方々、怪我人の方々がおられる。
亡くなれれた方々の御冥福をお祈りし、行方不明の方々の早期の発見、怪我をされた方々の回復をお祈りします。
そして、被災地の一日も早い復旧復興を願います。

 

そんな中で、台風が去った横浜で行われたラグビーワールドカップ、日本対スコットランドでの日本の勝利は、素晴らしく感動した。
今まで生じた災害被災地の方々への、心の励みにもなったと思う。

 

昨日14日月曜日(体育の日)は、先日の日曜日に乗馬クラブに電話で皆無事であることを確認してたが、心配しながら早朝に乗馬クラブに向かった。
この日は午後から雨模様とのことで昨日朝一番の午前9:00からの乗馬を予約したが、クラブに到着時に雨が降っていた。
強い雨ではなく、折角来たのでキャンセルせずに804鞍目のレッスンを受けることにした。
レッスンはHo先生の下、私はピクルス君、他はシャンティちゃん、キャスパー君組で3組でのレッスンとなった。
Ho先生からの指導Pointは、「自分で馬を動かそうと思わない。馬に動いてもらうことを考えて扶助する」「馬は乗り手の正しい脚は理解しているが、反応ない場合に鞭や拍車で反応してもらう様に促す。初めから鞭や拍車で動かそうとしない」である。
ピクルス君、初めはHo先生の居るところで止まったりしたが、Ho先生から「それをさせない様にすぐに伝えないと。」指示をされた。
私はピクルス君につい甘くなってしまう。鞭を使うべきは、使わないとね。
ピクルス君は自ら動こうとし出すと、とても良い動き。
左右手前での駈歩も、常歩から穏やかに発信できた。そして、常歩に歩様の変更もスムーズにできた。
ただ、右手前では元気になり過ぎたので、後退をさせたたりした。

 

レッスン終了後は、ピクルス君は次の10:00からも続いてレッスンがあり、次の人と乗り替わりの準備をして馬房に戻した。
ピクルス君の次のレッスン中に、ピクルス君の馬房のお掃除をして、自分の鞍等の馬具のお手入れをした。
レッスンが終わってから、午後1:30からもピクルス君はレッスンを予定していたが、Ho先生に確認して、ピクルス君の左前脚を冷やしてあげた。
その間に、もしPM1:30の方が雨でレッスンをキャンセルするかもと考えて、馬体のお手入れも行った。

ピクルス君のお手入れ等が終わると、AM11:00からの乗馬レッスンの終盤を見学した。
その中のHo先生から見学者に、馬に騎乗している際の騎座のPointの指導を受けた。
脚を入れる際は、膝から下では無いことは常々指導されていたが、その為には股関節を開いて膝を開くことも。
今回は、騎乗してて股関節を開くのは、仙骨から開くとの指導を受けた。
常歩、速歩、駈歩での仙骨を中心に股関節の開き方も。
常歩は馬の動きと共に左右交互に、速歩は馬の動きとともに両方が、駈歩は手前の内方から、と。
それを馬上だけではなく、家で椅子に座りながら行うのも練習となるとのことも。
私は、バランスボールで練習しようと思う。
とても参考になった。

 

ランチタイムは、久しぶりにクラブハウスの2階で美味しいパスタ料理をいただく。
そして、午後1:30からのピクルス君との乗馬は雨でキャンセルされたので、乾草や人参・バナナのおやつをあげて帰宅した。

 

自分が平安であることを感謝して、被災された方々の平安を祈りながら過ごしたいと思う。
そして、再び大きな災害が起きないことを祈る。
明日の16日水曜日は午後1番から、乗馬を予定している。
健康で乗馬できることを、感謝しながら楽しみたいと思う。

Pickles20191014a Senkotu20191014a Sanyo20191014a

 

|

« ピクルス君との乗馬復活 | トップページ | 肌寒くなってきた »