« 10月、神無月になりました。 | トップページ | 温泉三昧の一泊旅行 »

2019年10月 5日 (土)

私も休馬しようかな

今日は10月5日土曜日、秋晴れだが日差しが強くて暑い1日であった。
昨日の午後3:30からの801鞍目の乗馬は、3日間3鞍続いてディノ君とのレッスンであぅた。
前回のブログのコメントでディノ君とのレッスンは今年の初め以来と思うと記述したが、ブログを調べると昨年の11月28日振りであった事が判明。
正直、ディノ君との乗馬は難しい。
自分の意思ではなく、極端に後退されてしまうことが度々あった
Ho先生からは脚が正しい推進脚ではないからと言われたが、確かにそうゆうこともあったが、自分では全く脚を入れないで後退された時もあった。
昨日は、特にナイスシャトル君とのレッスンであったので、少々焦った。
自分の扶助が悪いのを馬のせいにしてはダメと自分でも思うし、Ho先生からも言われる。
しかし、ピクルス君やシャンティちゃん等、他の馬は自分の意思に反してあの様な極端な後退はしない。
馬独特の個性というか、特性があると思う。
Ho先生から馬が正しい脚を入れても反応しない場合は、鞭か拍車と言うが、ディノ君は私よりのベテランでお上手は方々を落馬させている。
正直、どうしても鞭を入れるのに躊躇してしまうのである。
古稀に近ずく私は、もう落馬はできるならばしたくないと思う・・・。
ディノ君は私がそう思っているのを察知している様である。
私はディノ君との信頼関係が、持ててないのだと思う。
ただ、右手前での駈歩はとても良い歩様で楽しかった。
しかし、左手前では何度か試みたが、不正駈歩となってしまった。
馬装やお手入れの際は大人しく良い子なのだが、馬場では苦労する。
また、馬装の際にティーディマンという馬の頭を上げさせない様にする補助馬具を取り付けるのも、面倒臭いと言うかシンプルではなく好きではない。
馬の口に繋げるのはハミだけのシンプルな馬装で乗れるのが理想。
ピクルス君は以前はサイドレーンを装着していたが、今はその様な物を装着しないで乗れている。
今のDクラスのお馬では、その様な補助馬具付け無いで乗れるのは、年齢順に、キャスパー君、シャンティちゃん、ピクルス君の3頭だけだと思う。
馬場馬術1級試験では、その様な補助馬具の装着は認められてないので、普段のレッスンでも無い方が良いと思うのだが、難しい。Dクラスのお馬達、皆んなそれぞれ多少なりとも問題を抱えているが、頑張っている。ディノ君も同様。応援しないとね。

 

ピクルス君は休馬が続いている。乗馬はディノ君だが、ピクルス君の足を冷やしたりのお手入れは続けている。
Ho先生は休馬してもうすぐ1週間経つのと、左前脚の蹄鉄の裏に樹脂のパネルではなく鉄の板を入れたので、そろそろレッスンに復帰させるとのこと。
でも、前脚の痛みは続いているので無理はさせられないと思うのである。
思えば、私1人だけであったが、7月の1級試験の為に下手くそな私がピクルス君を経路練習で酷使したと反省している。
元々左前足に蟻洞があり、無理はできなかったのだと思う。
あの時から、夏の暑さもあったが、私も少々乗馬に疲れてきた気がする。
それと私自身も目標を失い、惰性で乗馬している感じになっていて面白いと思えなくなっている感じになっている。

この辺で、私も少々休馬しようかと思うのである。

 

明日6日の日曜日は友人達と久しぶりの1泊旅行をする。
美味しいもの食べて、ゆっくり温泉に浸かりたいと思う。

Dino20191002a Dino20191002b Dino20191002c
Pickles20191004a

|

« 10月、神無月になりました。 | トップページ | 温泉三昧の一泊旅行 »