« 9月(長月)に入りました。 | トップページ | 3日間連続の乗馬と観劇 »

2019年9月10日 (火)

台風15号が過ぎて

今日は9月10日火曜日、台風15号が昨日に去って晴れて暑かった。
今日の日中このブログを当初からのを観て、色々な思い出を懐かしんだ。
乗馬する前は、いろいろなことをコメントしていたなと思いながら。
とりわけ、いろいろな野良猫がいた頃や、八ヶ岳山麓での山小屋があった頃の思い出が懐かしい。
今は、乗馬のことがほとんど。
それも、私の人生の思い出となる。

 

一昨日夜半から昨日早朝までの台風15号の暴風雨には、実家と私の庭に来る野良猫のことが心配であった。
そして、サンヨーガーデンのお馬達も。
半野良のチィちゃんは実家の家の中で一夜を過ごした様であったが、私の亡くなった愛猫「みりぃ」のおばあちゃん猫のバアバアが心配であった。
年齢不詳だが、もう17年ほど前から我が家に来る様になった。
今だに人に全く馴れず、猫らしく鳴いたこともなく野生的である。
娘2匹とその孫のみりぃは亡くなったが、野良のバアバアは、あの台風でも健在でいつもの餌を求めて昨夜無事に来た。
そのバアバアの為に、毎晩私の夕飯のおかずにマグロの刺身を一品入れてもらう様にお願いしている。

 

昨日9月9日月曜日、台風が去った午後2:30から789鞍目の乗馬を楽しんだ。
お馬達は全員、無事であった。
ものすごい猛暑で、この日一度もレッスンに出ていなかったピクルス君は、馬房の中で汗をかいていた。だから馬装の際に、濡れタオルで全身を拭いてあげ、後ろ足の股にホースで水をかけてあげた。
レッスンは、Ho先生の下、私はピクルス君、他はディノ君組で2組でのレッスンとなった。
この日も、レッスンのポイントは軽い馬にしてから、自分のしたいことを馬に求めること。
乗馬クラブによってはインストラクターが下乗りをしてから、乗り手が直ぐに自分したいことをすることもあるが、自分自ら馬と会話して馬に乗るのが、本来の馬術。
馬との信頼関係を持てる様になることが大切なのである。
そういう意味で、レッスン後のお手入れもとても大切なのである。
この日は続けて3:30からレッスンのを受けて汗びっしょりのピクルス君を、第一厩舎前の蹄洗場で全身を洗い、第二厩舎前の蹄洗場で左前脚を冷やしてあげ、それから再び第一厩舎前の蹄洗場で両足と全身を充分に乾かしてブラッシングして、馬房掃除をしてから馬房に戻してあげた。そして、馬達におやつをあげて、全身びっしょりの自分も全て着替えてから帰宅した。この日は、お手入れしている時に、ちょっとクラクラした。
自宅に帰ると、汗で濡れた乗馬服等を洗濯してお風呂に入ってから夕食となった。
夕食前に、洗濯をしてお風呂に入らないと、妻は夕食食べさせてくれないのである。σ(^_^;)
それは、晩酌と夕食の後にソファーで寝てしまうことが多々あるからである。
いつも起こされてから、寝床に入るのである。

 

今回コメントしてない787と788鞍の乗馬は共にピクルス君とで、そのコメントは今回省略させていただきます。
そのポイントは上記と同様に軽い馬にしてから、自分のしたいことを馬に求めることである。

Baba2019a
Sanyo20190909a Pickles20190909a Pickles20190909b

|

« 9月(長月)に入りました。 | トップページ | 3日間連続の乗馬と観劇 »