« 楽しく乗馬をしたい | トップページ | ショコラ君に会いに行きます »

2019年7月11日 (木)

解放される

今日は7月11日木曜日、ブログの更新を溜めてしまったので、そろそろと思っていたが、疲れがドッと出てゴロゴロとして過ごしてしまった。 7月7日(日曜)の雨降る早朝から、通っている乗馬クラブで馬場馬術1・2・3級の認定試験が行われた。翌日の昼にクラブのホームページに合格者のNoが掲示された.
残念ながら私は1級認定試験に不合格となった。
1級は前回同様に合格者ゼロ。2級3級の合格者も思った以上に厳しかった。
雨降る中で馬場状態も悪く、皆さん苦戦したようである。
そんな中で合格された方々、おめでとうございます!

 

私の騎乗したピクルス君、初めての認定試験で、正面審査席の傘にビックリしてスタートがとても不十分となり、私も焦ってしまった。
しかし、敗因はそれが原因ではなく、私が1級の経路を正確に回れなかったことである。私の普段からの練習に於いて、馬場馬術を極める努力が不足したのが一番の原因。
3級、2級の経路練習では合格できる自信を持てたが、今回11回も1級の経路練習をして、自分でも合格ラインに足したとの実感を感じられなかった。
ピクルス君との、シンプルチェンジと反対駈歩が難しかった。
私自身もまだまだだが、ピクルス君も馬場馬術のお馬として、育てていかなければと思った。

 

昨日10日水曜PM3:30からのピクルス君との1組だけのプライベートレッスン(765鞍目)は、とても良かっった。
Ho先生から、経路練習を通して私の乗り方がとても良くなったと、お褒めをいただいた。
速歩も駈歩も、穏やかにできるようになったとのこと。
ピクルス君も良い方に変わったと思う。

 

何れにしても、認定試験が終わり、解放された気分である。
そして、疲れも出てきた。
それもそのはず、今月のアメリカ独立記念日で私は67歳になった。
67年間生きて、試験というものに初めて不合格となった。
高校は付属校で大学はそのまま行ったし、就職試験は第一志望に合格してそのまま就職。
社内試験や資格試験も1度で合格して来た。
と言うか、今まで自らチャレンジすることをして来なかった。
そう言う意味で、今回の不合格は、私にとって貴重な体験となった。
また1級認定試験にチャレンジしたいと思う。
でも、まごまごしていると、古希になってしまうか・・・。
乗馬を続ける限り、毎鞍がチャレンジだな。

 

報告があります。
6月下旬、乗馬クラブのサイモン君20歳が亡くなりました。
Dクラスで、とても優秀なお馬でした。
穏やかに息を引き取ったそうです。
ありがとうサイモン君、安らかに。

 

尚、ブログから経路練習等を含めて12鞍は全てピクルス君との乗馬でした。
その詳細は、大幅に割愛させていただきます。
すみません・・・。

Sanyo20190707a Pickles20190710aPickles20190710bPickles20190710cSaimon201006a

|

« 楽しく乗馬をしたい | トップページ | ショコラ君に会いに行きます »