« 令和元年5月5日 | トップページ | 馬場馬術1級を目指して »

2019年5月 9日 (木)

長い祭日を終えて

今日は5月9日木曜日。
私は毎日が半分以上休日であるが、平成から令和にかけての長い祝日が終わって、とても疲れた感じがする。
今日から、乗馬クラブで馬場馬術1・2級の経路練習が始まるはずであったが、私含めて参加者2名だけとのことで中止となった。
D馬場の準備を考えると、最低4名の参加がないと開催しないとのこと。
3級の練習はB馬場で開催されたようである。

そんなことで、今日は昼寝をしたり、夕ご飯後にうたた寝してしまった。
今日は暇のはずだったので、溜まった乗馬コメントまとめた記述しようかと思ったが、もう夜も深くなってきた。
なので、今までの乗馬コメントは超簡単に記述します。
ただ、昨日8日木曜日の乗馬は、今までになくとても良い感じで乗れたので、コメントしたいと思う。

 

以下5月に入っての4鞍の乗馬コメントを超簡単に。

 

5月3日金曜は晴れで、午前9:00から721鞍目の乗馬。
Ho先生の下、私はピクルス君、他はディノ君とナイスシャトル君組で3組でのレッスンとなった。

 

5月4日土曜は曇りで、午後1:30から722鞍目の乗馬。
Ho先生の下、私はピクルス君、他はシャンティちゃんとネオ君組で3組でのレッスンとなった。

 

5月6日月曜は曇りで、午後1:30から723鞍目の乗馬。
Ho先生の下、私はピクルス君、他はシャンティちゃんとネオ君組で3組でのレッスンとなった。

 

5月8日水曜は晴天で暑く、午後3:30から724鞍目の乗馬。
Ho先生の下、私はピクルス君との1組だけのプライベートレッスンとなった。
だから、久しぶりに馬場ぼ柵にビデオカメラを固定して撮影した。
Ho先生からの指導point.
⒈手綱でなく自分の体を使って、扶助をする。
①馬は乗り手の言っていることを口よりも背中の方がきくのである。
②乗り手は、手綱があるから手綱で馬に指示しようとするが、馬は背中で乗り手の指示を感じ取ろうとしているから、折り合いがつかなくなる。
③だから、ますは乗り手自身の体を使って馬の背中に指示を出すことが大切!
④馬を左に曲げたかったら、馬の左のトモ足に自分の体できかせる。
⑤自分のおでこを後ろに、自分の頭の重さを馬のトモ足にきかせる。
⑥馬をゆっくりとした速歩・駈歩をさせるのも、自分の体を使ったバランスで行う。
⑦馬を停止させるのも同様。
この日は、はじめて自分の手をほとんど使わずに馬の扶助ができたと実感し感動を覚えた。
ピクルス君との乗馬が、益々楽しくなってきた。
ピクルス君は以前居た乗馬クラブでどうであったか分からないが、ここの乗馬クラブでは経路をやったことがない。
ここの乗馬クラブに来た時は、とてもレッスン出せないような臆病でトリーキーな動きをする馬だったが、Ho先生やスタッフの皆さん、そして乗り手の皆さんのおかげで、ようやく誰でも乗れる様な馬になってきた。
まだまだ課題が多いが、1級経路を回るのが楽しみである。
今年は5級から1級までの練習がある様だ。


Pickles20190506a Pickles20190508a Pickles20190508b Pickles20190508c Pickles20190508d Pickles20190508e

 

|

« 令和元年5月5日 | トップページ | 馬場馬術1級を目指して »