« 4月中旬、新緑が美しい | トップページ | 平成が終わり令和に »

2019年4月26日 (金)

もうすぐ平成が終わる。

今日は4月26日金曜日、昨日の暖かな日から一転して今日は朝から冷たい雨が降り寒い。
昨日の木曜日は乗馬クラブの定休日で、事前に今日の乗馬レッスンをキャンセルしようと電話したが、いつもの留守電がセットされてない様で電話でのキャンセルができなかった。
しかたないので、メールでキャンセルのコメントをしたので、本日の朝に電話してキャンセルの確認をした。
今年の春から今まで、寒暖の差が極端であったりで、初老の私には体にこたえる。
過去に、この時期から梅雨の季節までの間に、体調を壊して亡くなった馬達がいた。
馬達の健康も、心配である。

 

以下、最近の4鞍の乗馬コメントを簡単に。

 

4月19日金曜は曇りで、午後3:30から715鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、私はピクルス君で、もう1組はシャンティちゃん組で2組でのレッスン予定であったが、シャンティちゃん組の乗り手の方が遅れて、私のレッスンが終えてD馬場で下馬した時にシャンティちゃんを引き馬して来られた。
だから私は実質的に、ピクルスくんとの1組だけのプライベートレッスンとなった。
Ho先生は、休憩時間が取れないまま、その方のレッスンを続けられた。
Ho先生からの指導をpoint.
立つ時も、座る時も足を鐙に置いて下に下げること。
踵を下げると、自分の足が前になりバランスが悪くなる。
この日は、左右での穏やかな駈歩ができた。
レッスン終了後、ピクルス君のお手入れをする。

 

4月21日(日曜)は晴れて朝から暑く、午前9:00から716鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、私はピクルス君、他はイーグル君とナイスシャトル君組で、3組でのレッスンとなった。
Ho先生からの指導をpoint.
脚や鞭を使う時に、力を入れるのではなくバランスを使う。
そのバランスを使うとは、力でを使うのではなく自分を使うこと。
手綱ありきにならない。最初から手綱を使うと、自分がどこかに行ってしまう。
馬を曲げるのも、手ではなく自分のバランスを使う。
この日も左右での輪乗り駈歩を穏やかにでき、蹄跡での駈歩も行なった。
レッスン終了後、他の方の乗馬レッスンを見学し、クラブで楽しくランチタイムを過ごして、早々に帰宅した。
ピクルス君のお手入れは、午後に乗られる方にお任せした。
帰宅後、選擧の投票に行き、庭木の剪定をする。

 

4月22日月曜日は晴れで、午後1:30から717鞍目の乗馬レッスン。
クラブにお昼前に到着すると、ピクルス午前中のレッスンで右前足の蹄鉄が外れて紛失したとのことで、Ho先生がお昼も食べずに探されていた。
私も、馬房やD馬場への通り道、そしてD馬場と探したが見当たらず、他のスタッフの方も探されたが見つからなかった。
そしてレッスンは、Ho先生の下、私は久しぶりのシャンティちゃん、他はネオ君、ディノ君、イーグル君組で、4組でのレッスンとなった。
久しぶりのシャンティちゃんは、とても良い動き。
この日、ディノ君が乗り手の方を乗せたまま寝転んでしまい、Ho先生が乗り替わった。
いつもディノ君に乗られているその方がおっしゃるには、寝転んだのは初めてとのこと。
ディノ君はちょっと難しい馬で、今は限られた方しか乗っていない。
そんな中で、シャンティちゃんとの久しぶりのレッスンであったが、左右手前での駈歩が穏やかにできて満足であった。
シャンティちゃんは、次の2:30からも続けてレッスンがあり乗り替わった。
だからレッスン終了後は、午前のレッスンを終えてお手入れされてないピクルス君のお手入れをした。
その後で、やはりお手入れされなかったイーグル君のお手入れをした。
またシャンティちゃんは2:30に乗られた方がお手入れされたが、クラブの蹄油がどこにあるかわからないので塗ってあげられなかったとのことだったので、その方が変えられてから私が自分の蹄油を塗ってあげた。
その後、再びHo先生共々、ピクルス君の蹄鉄を探したが見つからなかった。
装蹄師さんが来られるのは今度の金曜日とのことで、水曜日はピクルス君に乗れないと思いながら帰宅した。

 

4月24日金曜日は曇りで、午後3:30から718鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、ピクルス君との1組だけのプライベートレッスンとなった。
先日の22日、ピクルス君の右前脚の蹄鉄が外れて紛失していたが、見つかり装着されて乗れる様になったのである。
だからこの日は、久しぶりにD馬場の柵にビデオカメラを設置して撮影した。
また、自分の首にもアクションカメラをぶら下げて、ピクルス君の肩から頭までと自分の手の様子を撮影した。
Ho先生からの指導をは、
まだ馬を曲げる時に手から行なっていると注意を受ける。
自分の体を使ったバランスが大事なのである。
この日は左右手前での穏やかな駈歩を行なった後に、右手前からの駈歩から停止して左手前での駈歩へのシンプルチェンジがちゃんとできて満足であった。
ただ、ピクルス君との穏やかな正反動が難しい。
Ho先生から、膝が動かない様に鞍と一緒に同調することがpointとのこと。
それには内腿で鞍を挟んで、股関節が柔軟に動かなっければならないのである。
レッスン終了後、ピクルス君のお手入れをする。
Pickles20190419a Pickles20190421a Pickles20190421b Shanti20190422b Shanti20190422c Pickles20190422a Eagle20190422a Shanti20190422d Pickles20190424a Pickles20190424b Pickles20190424c Pickles20190424d

追伸:4月20日はピクルス君の誕生日。
ちょっと遅くなりましたが、4月22日にピクルス君に誕生日プレゼントをあげました。
ピクルス君は臆病なので、なんだこれはと、離れてしばらく見てました。
その後、ガツガツ食べました。
Pickles20190422b

|

« 4月中旬、新緑が美しい | トップページ | 平成が終わり令和に »