« 3月となりましたが | トップページ | HondaのF1を応援! »

2019年3月12日 (火)

駈歩がしたいピクルス君

今日は3月12日火曜日。

3月になったと思ったら、もう中旬に入ろうとしている。

月日の経つのがとても早く感じられるのは、年のせいかな、それとも世の中があまりにも忙しいからか・・・。

今日は乗馬クラブは定休日、明日は午前中に乗馬する予定。

昨年からここ数ヶ月は、パートナーのお馬はピクルス君。

とても可愛くて、乗馬の後のお手入れも楽しい。

ただ少し甘やかし過ぎたか、私の体や着る物をしゃぶろうとすることがある。

だから、時々叱ることもある。

乗馬クラブに来た時は、とても臆病でHo先生が騎乗しても跳ねたりして私達が乗れる馬になるのだろうかと心配した。

しかし、今ではHo先生の調教と、私達乗り手がHo先生のご指導通り対応して行くと、皆さんが乗れるお馬となった。

そんなピクルス君は、私との乗馬では自ら駈歩をしたがる。

特に1組だけのプライベートとなると、その傾向が強く出る気がする。

皆さんがピクルス君とのレッスンで駈歩をしているわけではない様で、私の時は私自身も必ず駈歩を出すので、ピクルス君はその気になる様な感じがする。

先日8日1組だけのプライベートレッスンの際に、輪乗りで穏やかな速歩をさせることに努めたが、途中からピクルス君は勝手に駈歩をしようとし始めたりした。私は、何度もそれを抑えて停止、常歩、そして速歩にさせると、ピクルス君はイラついたのか大きく跳ねたりした。

Ho先生からは、後ろ足を抑えずに手綱を私が引いてしまっていからと注意された。

そして、いつ走られてもいい様に、上体を後方に置く様に指導された。

馬は生き物、予測しない様な動きをすることもあるので、上体を前屈みで騎乗するのは危険。

特にピクルス君は突然の音や他の動きで驚くことがある。

そんなことを注意しながらも、ピクルス君との乗馬は楽しい。

以下、前置きが長くなり、最近4鞍の乗馬レッスンをごく簡単にコメントします。

3月6日水曜は曇りで、午後3:30から695鞍目の乗馬レッスン。

Ho先生の下私はピクルス君、他はシャンティちゃん組で2組でのレッスンとなった。

馬場は前日の雨でぬかっていたが、左右手前とも穏やかな駈歩を行えた。

こん日は、シャンティちゃん組が若い女性の学生さんで、先生はその方を中心にご指導されたので、私はほぼ自由に先生のご指導を復習しながらレッスンに臨んだ。

レッスン終了後、悪い馬場で足下が汚れたピクルス君のお手入れをする、

3月8日金曜は晴れで、午後午後3:30から696鞍目の乗馬レッスン。

Ho先生の下私はピクルス君との1組のプライベートレッスンとなった。

Ho先生からの指導point

1.馬に前に前にではなく、上に上に乗ってあげる

①上に弾んだ分だけ前に進むことが大切。

特にピクルス君は速歩の際に、ダッーと前に早く走ってしまいがちなので、乗り手が上に上に乗ることが大事。

②その為に馬の前に壁を作るイメージの制御することが必要。その制御は馬の後ろ脚に制御することで、壁が作れる。

その壁は馬が前に進める壁だが、馬が突き破って行ける壁ではない(暴走できない)。

③壁を作るのは前を抑えるのではなく、後ろを抑えること。それによって前足をしっかり上げて前に進むよになる。

2.バランスバック。

①速歩の際に上に立つ時に、背中の肩甲骨が少し下がる感じが必要。

②立った時に衣の裾を引っ張られる感じになることで、腰が前に出る。

③その差に、おへそと下っ腹がくっつく感じ時になることで後ろに倒れないで上体が10度程傾いて保たれる。

以上。

蹄跡での速歩は素晴らしく良かったが、輪乗りで速歩をさせると勝手に駈歩をしようと何度もしたので抑えた。

するとイライラしたのか、2度ほど強く跳ねられた。

だから私の扶助で駈歩をさせて、ピクルス君の思いをさせてあげた。

その後右手前にしたら、またテンションが上がってしまったので左手前に戻すも、なかなか上手くいかずHo先生が乗り替わる。

Ho先生、しっかりとしたバックバランスでピクルス君を制御して落ち着かせ、常歩、速歩、駈歩を行い、斜め横歩も行なった。私も、ピクルス君と斜め横歩をやってみたいと思った。

レッスン終了後ピクルス君のお手入れをする。

3月10日(日曜)は晴れで、午前11:00から697鞍目の乗馬レッスン。

Ho先生の下私はピクルス君、他はシャンティちゃん組で2組でのレッスンとなった。

先日の失敗を踏まえて、レッスンに臨んだ。

蹄跡でも輪乗りでも良い速歩ができた。

そして、左右手前の駈歩も穏やかにできた。

その駈歩は、Ho先生から上に上体を上げられた時に出来るだけ長く浮上している感じで乗ることで、バランス良い駈歩となるとの指導を受ける。

それは、速歩の場合もの同様。

ピクルス君と相性の良い、シャンティちゃんとの2頭でのレッスンは楽しくでき満足した。

レッスン終了後クラブでランチタイムを過ごして、早々に帰宅した。

ピクルス君は午後に続けて2鞍あり、最後の方がお手入れされる方なので安心して帰宅できたのである。

3月11日(月曜)は晴れで、午後1:30から698;鞍目の乗馬レッスン。

Ho先生の下私はピクルス君、他はディノ組で2組でのレッスンとなった。

この日は速歩となる直前の様な元気の良い常歩を重点にレッスンを行なった。

速歩、駈歩もとても良くできて満足であった。

レッスン終了後、ピクルス君のお手入れを終えると、蹄洗場にこの日レッスンがなかったイーグル君が馬房掃除のため繋がれたので、お手入れをしてあげた。

Sanyo20190306a Pickles20190306a Pickles20190308a Pickles20190308b Pickles20190308c Pickles20190308d Sanyo20190310a Pickles20190310a Pickles20190310b Sanyo20190310b Pickles20190311a Shirochan20190311a Pickles20190311b Eagle20190311a

|

« 3月となりましたが | トップページ | HondaのF1を応援! »