« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

2019年2月20日 (水)

乗馬クラブは冬休み。

今日は2月20日水曜日。

いつもならば午後から乗馬なのだが、乗馬クラブは18日月曜から明日の21日木曜まで冬休み。

ちょうど私も月曜から体調不良で自宅でゴロゴロ状態。

昨日は自宅近くの病院で健康診断を受けた。

その場で判った、口の中、血圧、心電図、肺のレントゲンは問題なかった。

来週の25日月曜の午前中に、胆嚢や膵臓の内臓のエコー検査を予約した。

新年早々に高校時代のクラスメートが肺癌で亡くなり、最近は若い芸能人やスポーツ選手が重い病にかかったと聞くと、今年67歳となる自分の体調も気になる。

そんな時に、フェイスブックで北海道の道東で雪の中を嬉しそうに転げまわるショコラ君の動画を観たら、元気が出てきた。

22日金曜日の午後から、また乗馬を再開!

お馬はショコラ君に似たピクルス君かな・・・。

以下、溜め込んでしまった乗馬のコメントをまたまた極簡単に記述します。

2月8日金曜は曇りで、午後3:30から684鞍目の乗馬レッスン。

Ho先生の下私はピクルス君、他はナイスシャトル君組で2組でのレッスンとなった。

左手前から開始で、なるべく巻き乗り、輪乗りでピクルス君を動かした。

左右ともでの駈歩は穏やかにできた。

レッスン修了後、ピクルス君のお手入れと馬具のお手入れ、馬達におやつをあげていると、すっかり暗くなった。

綺麗な三日月が夜空を照らしていた。

2月10日(日曜)は晴れで、午後 2:30から685鞍目の乗馬レッスン。

早めの正午過ぎに到着すると、馬場近くの傾斜地に霜降り状態で雪が残っていた。

Ho先生の下私はピクルス君、他はシャンティちゃん組で2組でのレッスンとなった。

シャンティちゃん組の方の了解のもとビデオ撮影をした。

右手前から左手前、そして手前関係なく2組み共自由な乗馬を行った。

駈歩も左右手前とも行った。

後でビデオを観ると、右手目での駈歩では、自分の内方の腕が脇から離れて手漕ぎ状態になりがちであった。

この悪い癖が、なかなか修正されない。もっと意識して騎乗せねばと、反省。

レッスン修了後、ピクルス君のお手入れをする。

この日は、久しぶりにポールスター君がお手入れされていた。

よかったね〜。

2月11日月曜の建国記念日は曇りで、午後2:30から686鞍目の乗馬レッスン。

乗馬クラブに向かう途中、馬事公苑前のカバロに寄って買い物をする。

ポイントが溜まり5000円引きとなるので、以前から興味があった石巻の災害復興支援の馬のいっしー君を購入した。

風神雷神柄ので最後の残り1つであった。

さて、乗馬はHo先生の下私はピクルス君、他はネオ君とナイスシャトル君組で3組でのレッスンとなった。

左手前から開始して、右手前と進んだ。

3組であったが、できる限り輪乗りをした。

駈歩も左右手前とも行なった。

レッスン修了後、ピクルス君のお手入れをする。

2月13日水曜は曇りのち晴で、午後3:30から687鞍目の乗馬レッスン。

Ho先生の下、私はピクルス君と1組だけのプライベートレッスンでビデオ撮影をした。

この日ピクルス君を馬場に引き馬していざ乗ろうと思ったら、なんと、私は手入れ用の長靴を履いたままであった。

Ho先生がなかなか来られないので、隣のCクラスのS先生にピクルス君をお預けして、クラブハウスに戻って乗馬ブーツに履き替えて馬場に戻った。

そして、レッスン開始。

Ho先生からは、常歩で1・2・3・4のリズムで最初の1の音を強く出してのリズムの良い常歩をするよう指導された。

速歩は1・2のリズム。

ただ最近、ピクルス君は速歩を出そうとすると駈歩発進をしようとするので、外方の手綱を引かせるようにして速歩に戻し、押さえての緩やかな速歩をさせる様に努めた。

駈歩は、1・2・3のリズムだが、2と時に後ろ足を抑えることで残りの足がリズムよく前に出る。

リズムとテンポを考えるならば、馬場馬術ではリズムが大切。テンポ(速さ)が良いではない。

リズム良い常歩が、一番難しい!

特にピクルス君は駈歩はすぐに出るが、常歩が一番難しいと思った。

レッスン修了後、ピクルス君のお手入れをする。

2月15日金曜は曇りで、午後3:30から688鞍目の乗馬レッスン。

Ho先生の下私はピクルス君、他はナイスシャトル君組で2組でのレッスンとなった。

前日に続いて、常歩・速歩をメインになるべく輪乗りで行なった。

その過程で、ナイス君と近づき、ピクルス君が怖がり勝手に駈歩で離れようとしたりした。

なるべくナイスシャトル君との距離を置いてレッスンに臨んだ。

最後の方で、とてもリズム良い常歩ができて満足であった。

レッスン修了後、ピクルス君のお手入れをする。

2月17日(日曜)は曇りで、午前11:00から689鞍目の乗馬レッスン。

Ho先生の下私はピクルス君、他はイーグル君組で2組でのレッスンとなった。

イーグル組の方の了解のもとビデオ撮影をした。

右手前から始めて、左手前と勧めた。

駈歩は両手前で行なったが、ビデオを観ると、やはり内方の腕が脇から離れて手漕ぎになる場面も写っていた。

やはり右手前で、その様になりがちである。

もっと強く自覚しないと、ダメだと思った。

レッスン修了後クラブでランチタイムを過ごして、馬具のお手入れをしてクラブハウスのTVで競馬を観る。

フェブラリーステークスで始めてG1で藤田菜七子さんが騎乗するので、久しぶりに馬券を買ったのである。

最後尾から5位にと健闘した。

その後、午後のレッスンを終えたピクルス君のお手入れをした。

Sanyo201902 Pickles20190208_2 Sanyo20190208 Sanyo20190210a Pickles20190210a Pickles20190210b Pickles20190211a Pickles20190213a Polstar20190213a_2 Uma20190213a Uma20190213b Sanyo20190217a Pickles20190213b Pickles20190213c_3 Pickles20190213d_2 Sanyo20190217b Sora20190217a

|

2019年2月 6日 (水)

気まぐれ天気

今日は26日水曜日。

午前10:00時の乗馬レッスンを雨模様とのことで事前にキャンセルしていたが、朝早く起床すると、午前中は曇りで午後から雨とのことで急いで車で乗馬クラブに向かった。

しかし、車で向かっている途中から本降りの雨となり、乗馬クラブに到着。

結局乗馬は諦めて、ピクルス君に乾草を与えて彼の馬房掃除をして、馬たちにおやつをあげて乗馬クラブを出て、すぐ近くの温泉に行った。

ゆっくり温泉に浸かり、昼はそこでトンカツ定食を食べ、ベルギーチョコパフェを食べ、休憩室で昼寝して、再びゆっくりと温泉に浸かる。

初め夕方まで温泉でのんびりしようかと思ったが、一人で話し相手がおらず退屈して午後2時半ぐらいに出てしまった。

乗馬クラブに忘れ物をしたのを思い出し、ちょっと再び乗馬クラブに寄って帰宅した。

今日は雨模様で寒かったが、明日は晴れて温度が17度まで上がるとのこと。

2月というのにこんなに温度差があるは、やはり地球の温暖化による現象なのかもしれない。

気まぐれな天気は人類が招いたのだと思うのだが、大国の指導者は「温暖化はでっち上げ」だと言う。

天気もそうだが、最近の世界情勢も不安定なものとなっているのが、心配である。

この星に生きるのは、人類だけではないのだが・・・。

私達人間の行いを、ずーっと見つめられている感じがする。

以下、2鞍の乗馬のコメントを簡単に。

2月3日(日曜)は晴れで、午前10:00から682鞍目の乗馬レッスン。

Ho先生の下、私はピクルス君、他はイーグル君とナイスシャトル君組で3組でのレッスンとなった。

D馬場の林側が先日の雨の影響で凍っている場所があった。

最近、Ho先生のご指導で、初め蹄跡で動かすよりも輪乗りで動かす方が馬の前進気勢を作りやすく安全であるとのことで、馬場中央が混みやすくなっている感じがする。ただ皆さん、お互い譲り合い順番でうまく回している。

この日も、順番に馬場中央で駈歩をそれぞれ行った。

レッスン修了後、ランチタイムをクラブハウスで楽しむ。

ピクルス君は午後1:30のレッスンで終了。

お手入れは、私がさせていただく。

翌日4日月曜が温度上がるとのことで、馬着は薄手のフリースにした。

2月4日(月曜)は晴れで日中は暑く、午後2:30から683鞍目の乗馬レッスン。

Ho先生の下、私はピクルス君との1組でのプライベートレッスンとなった。

この日は、私とピクルス君だけなので、ほとんど馬場中央で輪乗りで乗馬した。

1週間前の28日月曜の様に、ピクルス君と人馬一体となった様にと思って臨んだが、そうはいかなかった。

速歩で8の字乗りをすると、右手前の際にピクルス君は駈歩になってしまいがち。

それを速歩にさせるのがなかなか難しく、結局8の字乗りは常歩中心に行った。

駈歩は、両手前それぞれ輪乗りで行なったが、シンプルチェンジは辞めた。

ここのところ、ピクルス君は騎座の移行だけで駈歩が出やすい。

すごく反応が良い。

しかし、反応が良いピクルス君に対して、私がまだちゃんと会話できてないのである。

特に右手前でのピクルス君は、テンションが上がりがちになる。

右トモをしっかり制御しピクルス君に理解してもうらう様にならなければ。

ああ~、ピクルス君との乗馬は実に楽しく、やりがいがある。

レッスン修了後、ピクルス君のお手入れをして、馬着はまた厚手のに戻した。

夕方お手入れを終えると、北風が吹き始め寒くなってきた。

寒暖差が激しい・・・。

|

2019年2月 2日 (土)

パートナーはピクルス君

今日は22日土曜日、月日の経つのが早く感じられる。

1月中は色々なことや乗馬でちょっと疲労気味だが、昨日の2月1日(金曜)の午後に2月に入っての初乗りをした。

明日の3日(日曜)は、午前10:00からまた乗馬。

混んでるし疲れ気味だからキャンセルしようかと思ったが、やはり可愛いピクルス君に会いたい。

ピクルス君は、ショコラ君にそっくりな風貌と性格。

可愛がっていたショコラ君は、サンヨーガーデンから昨年11月5日に北海道標茶町のセントラル牧場に旅立って丸3ヶ月を過ぎようとしている。

元気に楽しそうに暮らしている様で、とても安心している。

暖かくなったら、ショコラ君に会いに行きたいと思う。

1月下旬からパソコンに向かっている時間がなかなか取れず、5鞍の乗馬コメントが溜まってしまったので、まとめてコメントします。

Ho先生から素晴らしいとご指導をいただいているが、ここでは詳細をコメントせず、いつの日か私のホームページを復活してコメントしたいと思います。

5鞍のパートナーは全てピクルス君で、内3鞍は1組だけのプライベートレッスンでビデオ撮影もした。

この5鞍でのHo先生からのご指導のpointを簡単に、

1。馬の前進気勢は馬自身が前に行こうとなることなので、乗り手は馬が前に進んでもらえる騎座と扶助を心がける。

2。馬場でのレッスンでは、人数が多い時は難しいが、初めから蹄跡を回るのではなく、輪乗りから馬を進める方が良い。

①それは、その方が馬の前進気勢を生じやすい。

②蹄跡で動かすよりも安全で、馬を穏やかにさせ易い。

③駈歩も輪乗りの方が、穏やかで安全にできる。

そのための詳細なご指導と技術は、色々とあるが、ここでは割愛させていただきます。

以下は、私自身の乗馬日記のために日付ごとのことを極簡単に。

1月25日金曜は曇り、午後2:30から677鞍目の乗馬レッスン。

Ho先生の下、ピクルス君との1組のプライベートレッスンとなった。

馬場中央で右手前から開始、駈歩は輪乗りで左手前のみ行った。

1月27日(日曜)は晴れで、午前9:00から678鞍目の乗馬レッスン。

Ho先生の下、私はピクルス君で、他はネオ君とシャンティちゃん組で3組でのレッスンとなった。

右手前から左手前、そして最後にまた右手前と変更してのレッスンとなった。

駈歩は両手前とも、輪乗りで少し行った。

1月28日(月曜)は晴れで、午後2:30から679鞍目の乗馬レッスン。

Ho先生の下、ピクルス君との1組のプライベートレッスンとなった。

この日はピクルス君と人馬一体になれた様な素晴らしいレッスンであった。

最初から馬場中央で輪乗りでレッスン開始。

常歩、速歩で8の字乗りを行い、駈歩も8の字乗り(シンプルチェンジ)を行うことができた。

それも、実に穏やかに、まさに馬場馬術の演技ができた。

ピクルス君と初めてでき、感動した。

1月30日水曜は晴れで、午後3:30から680鞍目の乗馬レッスン。

Ho先生の下、ピクルス君との1組のプライベートレッスンとなった。

先日の素晴らしいピクルス君とのレッスンを思い出しながら、同じ様にと思ったが上手くいかなかった。

ピクルス君はちょっとテンションが上がりがちであった。

この日もほとんど馬場中央で輪乗りでのレッスンであったが、速歩で8の字乗りを行うと右手前になると勝手に駈歩を何度もされてしまった。

Ho先生からピクルス君に外方の手綱を引かせるように促して、駈歩を止めて速歩に戻す様にと指導を受けるとできた。

Ho先生から、「馬も生き物で体調や気分等に波がある。馬を制御することも乗馬です。」とのこと。

この日は、勝手に駈歩をした際に、穏やかに制御する技術を学んだ。

2月1日金曜は晴れで、午後3:30から681鞍目の乗馬レッスン。

Ho先生の下、私はピクルス君で、他はネオ君で2組でのレッスンとなった。

この日は2組であったが、できる限り輪乗りでのレッスンを心がけた。

駈歩も、両手前とも輪乗りでの駈歩をした。

レッスン修了後、ピクルス君を念入りにお手入れして、馬たちに乾草や人参を与えると、一番最後となって帰宅した。

Pickles20190125a Pickles20190125b Pickles20190125c Pickles20190125d Sanyo20190127a Pickles20190127a Sanyo20190127b Pickles20190128a Pickles20190128b Pickles20190128c Pickles20190130a Pickles20190130b Pickles20190201a

|

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »