« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

2018年11月19日 (月)

ピクルス君

今日は1119日月曜、風邪をひき朝から寝込んでしまった。

昨日の乗馬に行った時より風邪気味で、今日の乗馬を事前にキャンセル。

歳を重ねて、寒さと乾燥がとても苦手となる。

ここのところの乗馬は、ピクルス君との乗馬が多くなった。

ピクルス君はショコラ君を思い出す顔立ちで、性格も似ていて可愛い。

ただ、前足をつんのめることも似ていて、足を痛めないかと心配になる。

以下、最近では3鞍の乗馬レッスンを簡単にコメント。

11月14日水曜は晴れで、午後3:30から643鞍目の乗馬レッスン。

Ho先生の下、ピクルス君との1組だけのプライベートレッスンとなった。

Ho先生からのご指導のPoint。

1. 脚は動かそうとするのではなく、馬に解らせる為。

    動け動けの脚だめ! 馬から動いてもらうための合図。

 3秒間脚を当てても動かない場合、5秒間当てたままで待つ。

 5秒間脚を馬のお腹に当てていられなければならない。

 それには、足の力だけではできない。

 鐙の体重を乗せて、上体を上に持ち上げる感じで行うと力まないでできる。

 すぐに外して、グリグリはダメ!

 はじめはソフトに当てて、徐々にハミに向かって力を入れる。

 それで動かなければ鞭や拍車を入れて、やり直す。

 それを馬が解るまで、何度もやる。

2. 馬の動きは、前に進む動きと上に上にとの2つの動きがあって、良い動きとなる。

 それは、常歩でも速歩でも駈歩でも同様。乗り手はその動きに合わせる。

 その際に手から前に行くにおではなく、腰(股関節)から前に行く。

3. 駈歩の脚はいきなり強い脚を当てない。

 それで、駈歩は出るかもしてないが、急な発進となり、馬場馬術の駈歩ではない。

 駈歩は、外方脚のつま先を下げて腹帯より少し後方に上記1.のようにソフトに当てながら徐々に膝を開きながらハミに向かって脚を入れる。

 その際に、外方側の腰を少し浮かせる感じ。

この日の最初の駈歩は、自分勝手に蹄跡で速歩から発進して、そのまま蹄跡上を走らせた。

Ho先生から、駈歩は輪乗りになるはずと注意を受け、馬場中央で常歩から、また停止状態からの駈歩発進の指導を徹底的に受けた。

ほぼ停止状態からのピクルス君との駈歩は、思っていた以上に難しかったが、Ho先生のご指導のもとレッスン最後の方で左右手前共にようやくできた。

ピクルス君との駈歩、と言うかどのお馬とも、常歩や停止状態から駈歩を出せるように心がけたいと思った。

レッスン終了後、ピクルス君をお手入れし馬着を着せて馬房に戻し、馬具のお手入れ、お馬たちにおやつをあげると、久し振りににクラブハウスを最後に出ることとなった。

11月16日金曜は曇りで、午後3:30から644鞍目の乗馬レッスン。

Ho先生の下、前回同様にピクルス君との1組だけのプライベートレッスンとなった。

ただCクラスのS先生が午後から急遽お休みとのことで、Ho先生がC・Dの2クラスを同時にご指導となった。

Cクラスには3組の方々がレッスンを受けられたので、必然的にCクラス優先のご指導となった。

私はフリーの感じであったが、前回のHo先生からのご指導の復習と言う感じで乗馬を行った。

左右共の駈歩も、馬場中央で輪乗り駈歩を緩やかや発進からスタートして、穏やかな維持に努めた。

レッスン終了後、ピクルス君のお手入れをして馬着を着せて馬房に戻し、馬具のお手入れと馬たちにおやつをあげて帰宅。

この日は、テキパキとお手入れ等をこなして、最後とはならなかった。

11月18日(日曜)は曇りで、午後2:30から645鞍目の乗馬レッスン。

この日のクラブは混んでいた。

Ho先生の下、私は久しぶりにネオ君、他はイーグル君組み、ナイスシャトル君組、ピクルス君組の4組となった。

ネオ君とのレッスンは、最近はピクルス君とのレッスンが続いていたので、ネオ君の動きにちょっと戸惑った。

それは速歩でネオ君の歩幅が狭いからであった。

なかなか歩度を伸ばすのが難しいのである。

でも動きは以前に比べて、とても良いのである。

駈歩もすぐに出た。

レッスン終了後、ネオ君は1:30に乗られた方がお手入れをしてくださった。

私は、レッスン終了後お手入れされてないピクルス君のお手入れをした。

風邪気味の私は、日が暮れ始めて寒くなって来たので早々に帰宅した。

北海道標茶町に行ったショコラ君のことが、標茶町のふるさと納税のHPに出ていた。

地元の新聞にも記事となり、話題となったそうである。

Pickles20181114a_10 Pickles20181114b_3 Ppickles20181114c_3 Neo20181118a_2 Ppickles20181118a_3

|

2018年11月13日 (火)

ショコラは無事に北海道到着

今日は11月13日火曜日、乗馬クラブの定休日。
11日、12日は比較的暖かく、乗馬を楽しんだ。
11日(日曜)に、ショコラ君が無事に北海道標茶町の釧路セントラル牧場に無事についたとの写真とコメントを見せていただく。
到着早々に、乾草を貪り食用旺盛で元気だったとのこと。
翌日には他の馬との触れ合いもあり、全く問題ないとのことで、安心した。

ただ、ショコラが旅立つて、いつもの乗馬クラブに居ないことの淋しさを11日、12日と実感した・・・。
元ショコラの馬房には、新しくBクラスのお馬のニック君が居た。
また、11日には一時ショコラ君が旅立つ前の馬房に、まだ名もなき栗毛のセン馬が居た。
ちょっとピース君に似た、可愛いお馬でBクラスのお馬となるとのこと。
それと最近Aクラスのお馬として、子牛の様な可愛い顔立ちの牝馬のココちゃんも来たのである。
合計3頭が、クラブの新しいお馬として加わったのである。


以下、11日、12日の乗馬のコメントを簡単に。

11月11日(日曜)は午前11:00から641鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、私はピクルス君、他はナイスシャトル君組で2組でのレッスンとなった。
最近、色々な方からピクルス君が重く動かなくなると聞く。
確かに最初のうち途中で止まってしまうことがあるが、Ho先生のご指導の様に馬に少しづつ判らせコンタクトをとればちゃんと動く様になる。
ピクルス君との駈歩は、左手前では蹄跡で行い、右手前では輪乗りで行った。
その右手前では、初め脚が強すぎた為か跳ねながらの発進となったので、いったん止めてやり直して良い駈歩ができた。

レッスン終了後、ピクルス君は午後2:00にレッスンされる方がお手入れされる方なので、ランチタイムを過ごしてから帰宅した。


11月12日(月曜)は午後2:30から642鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、私はシャンティちゃん、他はピクルス君組で2組でのレッスンとなった。
最近はピクルス君とのレッスンが多く、シャンティちゃんとは久しぶりのレッスン。
馬場に行くまでのそのそとしていたシャンティちゃん、馬場ではとても良い動きであった。
ただ駈歩が、発進はすぐに出るが維持がなかなか難しかった。
苦手な右手前での駈歩のほうが、左手前よりも長く維持ができた。
Ho先生から、「駈歩する目的は」と問われ、「ハミを受けてもらうためです」と答えた。
そう、ハミ受けがちゃんとできてないと、特にシャンティちゃんとの駈歩の維持は難しいのである。

レッスン終了後、シャンティちゃんは乗り替わりで3:30からのレッスンを受ける方がお手入れされた。
私は手持無沙汰で、ピクルス君のお手入れをピクルス君に乗られた方から途中で替わってさせていただいた。
昨日もピクルス君のお手入れしなかったのと、翌日定休日なので足にしっかりと自分が購入した蹄油を塗り、馬体もしっかりお手入れをしたかったからである。
つづいて、シャンティちゃんのお手入れも少し手伝わせていただいた。

ショコラ君が居なくなり、もうクラブを一番最後に出ることはなくなった。
Chocolat20181106a Chocolat20181106b Nikku20181111a Sinnba20181111a Cocochan20181111a Pickles20181111a Sanyo20181112a Shanti20181112a Pickles20181112a

| | トラックバック (0)

2018年11月 6日 (火)

ショコラ君、旅立つ。

今日は11月6日火曜日、乗馬クラブは定休日。
私は体調不良で、ごろごろしていた.

昨日11月5日月曜日はショコラ君が北海道に旅立つ日と言うことで、乗馬クラブに午前8時前に到着。
しかし、ショコラ君は午前7時前に既に乗馬クラブから出発していた。
前日なかなか良く眠れずに何度も目が覚めた、午前3時前に目が覚めた時に起きてクラブに行っていれば良かったと後悔した。
この日ショコラ君が何時に出発なるか不明とのことで、乗馬予約を事前にキャンセルしていた。
ショコラ君が既に旅立ったとのことで、お見送りできず残念であり悲しかった。
そのもやもやした思いを断ち切る為、急遽9時からの640鞍目の乗馬レッスンをお願いしてレッスンを受けた。
お馬は、ショコラ君に似ていて大好きなピクルス君。
しかし、雑念がありながらの乗馬は良くなかった。
ピクルス君、ごめん・・・。
そして、ショコラ君が無事に北海道標茶町の牧場に到着することを祈った。
3日,4日の両日に外でのお手入れができてよかった。

以下11月に入ってからの4鞍の乗馬レッスンを、超簡単にコメント。
その4鞍は全て、大好きなピクルス君とのレッスン。
Ho先生から色々なご指導があったが、その内容は今回は省略します。
またの機会に、記述したいと思います。
ちょっと頭が回らなくなっているので・・・。

11月2日(金曜)は晴れで、午後3:30から637鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、私はピクルス君と1組でのプライベートレッスンとなった。
1組なのでビデオ撮影をした。
しかし、その内容をまだしっかり観て復習していない。
とても良レッスンであったと思う。

レッスン終了後、ピクルス君を蹄洗場でお手入れして、ショコラ君を馬房でお手入れして帰宅する。

11月3日(土曜)は晴れで、午前11時から638鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、私はピクルス君、他はシャンティちゃん組とネオ君組で、3組でのレッスンとなった。
シャンティちゃん組と馬場中央で輪乗り駈歩をしたのが楽しかった。

レッスン終了後、午前中2鞍のお仕事をしたショコラ君をH先生のご了解を得て蹄洗場で久しぶりにお手入れした。
ショコラ君は5日北海道に旅立つので、ツーショット写真を撮っていただく。
ピクルス君は午後1:30に乗られた方が2:30に別のお馬でのレッスンがあったので、私がお手入れさせていただいた。

11月4日(日曜)は曇りで、午前9:00から639鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、私はピクルス君、他はシャンティちゃん組とイーグル君組で、3組でのレッスンとなった。
ピクルス君との駈歩は楽しい。

レッスン終了後、ピクルス君は午後2:30のレッスンを受ける方がお手入れされた。
私は、午前に2鞍、そして午後2:30に3鞍目のレッスンを終えたショコラ君を蹄洗場で最後のお手入れをしてあげた。
この日も、ショコラ君とのツーショット写真を撮っていただく。
最後までお仕事をしたショコラ君、お疲れさまでした、ありがとう。

11月5日(月曜)は曇り、雨、晴れ、曇りと天気が不安定。
前記した様に急遽午前9:00から、640鞍目の乗馬レッスンを受けた。
Ho先生の下、私はピクルス君、他はシャンティちゃん組とイーグル君組で、3組でのレッスンとなった。
こころの準備無く、雑念を抱きながらの乗馬は、良くなかった。
Ho先生、他の方々、そしてピクルス君に申し訳なかった。

レッスン終了後、ピクルス君は10:00に乗り替わった方がお手入れされた。
私は、11:00にレッスンを受けてお手入れされてなかったシャンティちゃんのお手入れをした。
そして、暗くなり淋しさが増す前に帰宅した。
もうこれからは、私が乗馬クラブから最後に帰宅することはないだろう。

明日7日水曜の乗馬はキャンセルした。
次の8日木曜、9日金曜の乗馬もキャンセルしようと思う。
体調を整えてから、また乗馬レッスンに臨みたいと思う。
Pickles20181102a Pickles20181102b Pickles20181103a Sanyo20181103a Chocolat20181103a Chocolat20181103b Chocolat20181103c Pickles20181103b Pickles20181104a Chocolat20181104a Chocolat201811044b Sora_hart20181105a Shirochan20181105a Shanti20181105a
追伸:7日水曜にクラブに電話して、ショコラ君が無事に標茶町に着いたことを確認する。安心した・・・。

|

2018年11月 1日 (木)

ショコラ君は11月5日に北海道へ

今日は11月1日木曜日、天気は良いが乗馬クラブは定休日。
ショコラ君が11月5日月曜日に、北海道標茶町に旅立ちます。
だから、ちょっと風邪気味だけど今日の定休日以外の2日(金曜)、3日(土曜)、4日(日曜)、5日(月曜)の4日連続してクラブに行く予定。
5日の出発日は、道路事情でショコラ君を乗せるトレーラーが何時に到着するか不明とのこと。
ショコラ君、トレーラーに乗せられるとき、何を思うだろうか・・・
Ce n'est pas adieu, on peut se revoir.
「お別れではないよ、また会えるよ」と伝えたい。

28日(日曜)に乗馬クラブに行ったら、ショコラ君の馬房に最近来た新馬のニック君が居た。
まさかもう出発かと思ったら、ニック君がセンになる為の手術を受けたので入れ替わったとのこと。
ショコラ君の出発まで、そこが彼の住まいだそうだ。
だから、私がクラブハウス付近でウロウロしている姿を彼は見えなくなってしまった。
遠くから顔を出して、私に乾草をおねだりすることができないのが、ちょつと可哀そう。
だからクラブに行ったら、私が何度も彼の馬房に行ってあげた。

以下、コメントしてない3鞍の乗馬レッスンを簡単に。

10月28日(日曜)は曇りで、午前11時から634鞍目の乗馬レッスン。
この日はDクラスのHo先生が午前中お休みで、CクラスのS先生がCとDクラスを一緒にご指導してくださった。
私は久しぶりのネオ君、他はシャンティちゃん、イーグル君組で、3組でのレッスンとなった。
この日のネオ君は3鞍連続の乗り替わりで、とても動きが良かった。
駈歩などは、ネオ君じゃないみたいな元気な駈歩で、ちょっと驚いた。
レッスン終了後、クラブでランチタイムを過ごす。
その後で、午後1:30からレッスンを受けたピクルス君のお手入れをした。
ピクルス君に乗られた方が2:30から、別のお馬でのレッスンがあったので、私がさせていただいた。
ネオ君は、午後の同じ時間に乗られた方がお手入れされた。
ピクルス君のお手入れ後に、この日も2鞍のお仕事をいたショコラ君を馬房の中でお手入れして帰宅した。

10月29日(月曜)は晴れで、午後2:30から635鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、私はピクルス君、もう1組はシャンティちゃん組で、2組でのレッスンとなった。
この日のレッスンは、シャンティちゃん組に騎乗されている若い女性の方中心のご指導で、私はほぼ自由にレッスンを受けた。
最近のHo先生からは、馬を動かすことの全ては馬にハミを受けてもらうことが目的。
乗り手の駈歩をしたいからが目的では、上級のDクラスではダメ。
とは言え、ピクルス君との駈歩は、やはり楽しい。
レッスン中盤で、左右手前とも行い、その後はクルーダウンに努めた。

10月31日(水曜)も晴れで、午後3:30から636鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、私はピクルス君、もう1組はイーグル組で、2組でのレッスンとなった。
この日もイーグル組は女性の方で、イーグル君とのレッスンは久しぶりとのことで、イーグル君組中心の指導レッスンとなった。
だから、またピクルス君とほぼ自由なレッスンとなった。
そんな中で、ピクルス君との軽速歩で、Ho先生から「手から前に行くのではなく、股関節・腰が馬と共に前に進んでいて、とても綺麗な乗り方になっています。」とお褒めを受けたのが、とても嬉しかった。
乗馬は楽しい・・・。

レッスン終了後、ピクルス君を蹄洗場でお手入れして、馬具とお手入れをした。
そして、夕食を終えたショコラ君に乾草を与えて、馬房の中でお手入れした。
私が帰宅するときには、周りにはだれも居なくなった。
ショコラ君が北海道に行ったら、もう自分が最後にクラブを出る様なことはないのだろうな・・・。
Chocolat20181028a Chocolat20181028b Sanyo20181028a Neo20181028a Shirochan10181028a Cocochan20181028a Pickles20181029a Pickles20181029b Pickles20181029c Pickles20181029d Sanyo20181029a Pickles20181031a

|

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »