« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月26日 (金)

ピクルス君とのレッスン

10月25日(木曜)は晴天で午後3:30からの633鞍目の乗馬レッスン。
クラブに到着したのが2時丁度ぐらい、お馬はピクルス君で私だけの1組とのこと。
それもCとD馬場含めて私とピクルス君だけとのことで、急遽2:30のレッスンに変更していただいた。
それでもD馬場でのレッスンは、ピクルス君との1組となった。
でも、同時間に隣のC馬場では3組でのレッスンが行われるので、ピクルス君だけではないので安心した。
と言うのも、以前ピクルス君は周辺に全く他の馬が居ないと、鳴いて動かないと聞いていたからである。
ピクルス君はとても臆病で淋しがりや、自分1頭だけになるのが嫌な様なのだ。
そんなピクルス君だが、彼とのとの駈歩は一番楽しい。
馬房でも、蹄洗場でのお手入れでも穏やかで安心。
顔立ちが、ショコラ君に似ていて可愛い。
乾草が大好きなのも、ショコラ君そっくり。
だから、最近は購入した乾燥の減るのが早い。

そして、Ho先生の下ピクルス君との1組だけのプライベートレッスン開始。
Ho先生からの一番の指導pointは、馬に何かをさせるではなく、馬にハミ受けしてもらうために、常歩・速歩・駈歩、巻き乗り、輪乗り、横歩き等をするということ。
レッスン初め、隣のC馬場に他の馬達が居るとはいえ、D馬場では彼1頭なので、動きが良くない。
動かなくなった時、Ho先生からの指導は、いつまでも同じ扶助で動かそうとせず変えてみること。
例えば、内方姿勢を取らそうとしてもだめならば外方。
前進しないならば、後退させる等、違う動きをさせること。
そんなご指導をいただき良い動きとなって来た。
それからは、ピクルス君との1組だけのレッスンなので、自由に行った。
常歩・速歩での8字乗り、駈歩ではピクルス君と初めてシンプルチェンジにも挑戦した。
シンプルチェンジは、最初は手前をしっかり取らなかったので反対駈歩になってしまった。
2度目ではそれなりに上手く行えた。
レッスン終了して、Ho先生に、「ピクルス君と上手に乗れれば経路もできますね。」とお尋ねすると。
Ho先生から、「そうですね」とご返事をいただいた。
これからのピクルス君とのレッスンが、シャンティちゃん同様に楽しくなってきた。

レッスン終了後、ピクルス君を蹄洗場でお手入れした。
その後、午前中にレッスンを受けたシャンティちゃんがお手入れされてないとのことで、ピクルス君と入れ替わりにお手入れした。
そして、馬具のお手入れをして、この日の午後に1鞍だけレッスンのお仕事をしたショコラ君を馬房の中でお手入れした。
ショコラ君は、来月の初めの長旅の準備で足腰補強のため運動も必要なようだ。
私が帰る時は、真っ暗で近くにだれも居なくなっていた。
Pickles20181025a Pickles20181025b_2 Pickles20181025c Shanti20181025a Chocolat20182025a Chocolat20182025b

|

2018年10月23日 (火)

秋晴れの2日間

今日10月23日(火曜)は乗馬クラブの定休日で、朝から雨が降ったりして寒い一日。
家の中で衣替えや片付け、隣の実家の猫達と戯れたりして過ごす。
ちょっと体調も良くないのと、明日の天気があまり良くなさそうなので、明日午後からの乗馬のキャンセルの電話を入れた。
一昨日と昨日の日曜、月曜は天気が良い秋晴れで、2日間続けて楽しい乗馬ができた。
また21日(日曜)には、久しぶりにショコラ君を馬房から出して蹄洗場で丁寧なお手入れをしてあげることができた。
先日、前足が跛の状態であったが良くなっていた。
翌日の22日(月曜)には午前11時にBクラスで、午後3:30にAクラスで元気に働いた。
長い間馬房生活していると足腰が弱って、11月初め予定の北海道への長旅に支障も出るので、適度の運動も必要なのであろう。

それと、悲しい出来事が一つ。
先日19日(金曜)の夜7時近、蹄洗場でお手入れされていたAクラスのお馬のカムイ君25歳が心臓発作か突然亡くなったのである。
2016年9月に大学の馬術部から来たベテランホースで、ちょっと毛むくじゃらな可愛いお爺さん馬でした。
私は乗ったことありませんが、皆さんから可愛がられたお馬でした。
28歳で亡くなったパーマー君同様に、さほど苦しまず、大往生だったと思います。
お疲れさまでした、安らかに。
こうしてクラブで可愛がられて亡くなったお馬とは別に、競馬馬の多くが年齢関係なく引退後に殺処分されているという事実があるのが、とても悲しい。
人間は身勝手で、恐ろしい生物だと思う。
人間同士の争いも途絶えたことはなく、現在もこの地球上のどこかで起き、それは集団である国家間でも途絶えた時はない。
地球上で我がモノに振る舞う人間は、地球が1つの生命体と考えると、がん細胞の様なものかもしれない。
いつの日か地球か宇宙の掟によって退治されるか自ら滅びるか、地球と共に滅びる様な気がする・・・。
そうならない様、私達人間が変わって行ければと思う。
この世に生きる生きとし生けるものの為にも。

以下簡単に秋晴れの2日間の乗馬クラブでのコメントを。


10月21日(日曜)は晴天で午前11:00から631鞍目の乗馬レッスン。
11:00からのレッスンだというのに、乗馬クラブに到着したのは8時前。
天気がとても良かったのと、早く馬達と会いたいとも思った。
他の方々のレッスンを見学するのも、勉強になる。
クラブに到着すると、私の気配を感じてかショコラ君が馬房から顔を出して、低い声で嘶く
ショコラ君の大好きな乾草を、早々にあげた。

そして、Ho先生の下レッスン開始。
私はピクルス君、他はディノ君、ナイスシャトル君組で、3組でのレッスンとなった。
ピクルス君はとても良い動き。
駈歩はレッスン中盤で右手前、左手前で輪乗りで行った。
その後は、ピクルス君のテンションを下げさせる為、クールダウンとして常歩中心に行った。
ピクルス君のテンションを上げさせたままレッスンを終えて馬場から帰ろうとすると、引く馬の際にちょっと危なくなる恐れがあるからである。

レッスンを終えて、クラブで楽しくランチタイムを過ごす。
そして、前記した様にショコラ君を久々日馬房から出して、お手入れした。
ピクルス君は午後1:30のレッスンを終えた方が、もう1鞍Cクラスで騎乗するので、私がお手入れをさせていただく。
そして、乾草の大好きなショコラ君、ピクルス君に与え、他のお馬達にもおやつをあげて帰宅した。


10月22日(月曜)も晴天で午後1:30から632鞍目の乗馬レッスン。

クラブに早めの11時過ぎに到着すると、Bクラスでショコラ君がレッスンに出ているのを知り早々に見学に行く。
ショコラ君、一生懸命仕事に励んでいた。
乗り手さんとの良い駈歩もできていた。
昨日、久しぶりに外でお手入れしてあげて、元気になったのかなと嬉しくなった。
それと、金曜日亡くなったカムイ君の馬房に祭壇ができていたので、お線香を立て手を合わせた。

この日はDクラスのHo先生はお休みで、CクラスのS先生がC・Dクラスを一緒にご指導された。
そして、S先生の下、私はシャンティちゃん、他はディノ君、ピクルス君組で3組でのレッスンとなった。
S先生からシャンティちゃんにサイドレーンを装着しますかと、尋ねられた。
以前装着しないでレッスン受けたことがあるので、今回は装着しないでレッスンを受けることにした。
S先生から、途中で装着希望となったら声をかけて下さいとのお話もあった。
結局、サイドレーンは装着しないまま、シャンティちゃんと良いレッスンをすることができた。
途中で、S先生から馬の頭が上がつてしまうのは、自分が手で手綱を引いてしまうからとの注意ご指導を受けた。
サイドレーンがないと、そのことがとても良く分かり勉強となった。

レッスン終了後、シャンティちゃんを馬房で少し休ませてから、蹄洗場でお手入れする。
馬具のお手入れをしていると、ショコラ君は今度は、3:30からAクラスの丸馬場で乗馬体験者のレッスンに勤めていた。
そのレッスン終了後、ショコラ君を馬房の中でお手入れしてあげた。
ショコラ君、毛艶の良い冬毛が生えてきた。
来月早々、寒い北海道に旅立つ準備ができつつある。
私の帰りしな、また馬房から顔を出し私を呼ぶ。
この日3度目の乾草をあげて、帰宅した。
Chocolat20181021a Chocolat20181021b Sanyo20181021a Sanyo20181021b Sanyo20181021c Sanyo20181021d Chocolat20181021cpg Chocolat20181021d Chocolat20181021e Pickles20181021a Kamui20181022a Shanti20181022a

|

2018年10月20日 (土)

10月も中旬を過ぎて

今日は10月20日土曜日、日中は晴れ間が出たのに夕方から雨が降りだし雷雨にもなった。
昨日天候不良の情報と自分の体調から、事前に午後3:30からの乗馬をキャンセルした。
しかし昨日の当日、午後から天気が回復するとのことで午後3:30からの乗馬予約を復活させていただき、乗馬を楽しんだ。
昨日はもし乗馬ができなくても、ショコラ君に自分が購入した乾草を与えて馬房内でお手入れするつもりでいた。
それは、毎水曜日にほぼ毎回乗馬クラブに行っていたのだが、17日の水曜日は妻の両親が眠る富士山麓の公園墓地に行ったので、乗馬クラブに行けなかったからである。
その昨日の3:30からの乗馬は、シャンティちゃんとの1組でのプライベートレッスンとなった。
レッスン途中から雨が降り出し、いつもポニーのお手入れや猫の白ちゃんのお世話をしているクラブ会員のIさんが馬場からの帰り道に鞍や馬の背中が濡れない様にと、クラブの大きなタオルを持ってきてくださり、レッスン終了後にHo先生がかけてくださった。
さやしいお心遣いに、とても感謝した。

以下、乗馬等のコメントが溜まったので、またまた極簡単にコメントします。

10月12日(金曜)は曇り、午後3:30から627鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、ピクルス君との1組でのプライベートレッスンとなった。
Ho先生から、最近のご指導のpointは、速歩、駈歩、輪乗りをするためではなく、それらはすべてハミ受けを馬にしてもらうため。
最近、ピクルス君とは左右共に良い駈歩ができるようになった。
この日の1番のHo先生からの指導pointは、
脚を入れる時は、鐙に体重を乗せて立つ寸前で脚を入れる。
足の力だけで脚を入れるよりも、自然と力が入るのである。

レッスンを終えてピクルス君を蹄洗場でお手入れして、馬房でショコラ君のお手入れをして帰宅した。


10月14日(日曜)は曇り、午前11:00から628鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、私はシャンティちゃん、もう1組はナイスシャトル君組で2組でのレッスンとなった。
シャンティちゃんはとても良い動きであった。

レッスンを終えて、クラブでランチタイムを過ごして、ショコラ君を馬房の中でお手入れ。
シャンティちゃんは午後3:30にレッスンがあるので、お手入れできなかった。
午後1:30からピクルス君に体験の方が騎乗されお手入れされないとのことで、その方のレッスン後ピクルス君のお手入れをする。
そして、3:30にシャンティちゃんに乗られた方もお手入れされないとのことで、シャンティちゃんのお手入れもした。
それからまたまたショコラ君の夕食後に乾草をあげたりして、帰宅するときには夜になった。


10月15日(月曜)も雲で、午後1:30から629鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、私はピクルス君で、他はイーグル君組、ディノ君組で3組でのレッスンとなった。
Ho先生から、駈歩が目的で乗馬をするのではなく、あくまで駈歩もハミ受けの手段として考えることが上級者の心構えとのご指導。
でもピクルス君との駈歩は楽しいので、やはり駈歩をしたいと思うのも私の本心。

レッスン終了後、ピクルス君を蹄洗場でお手入れして、馬房でショコラ君のお手入れをして帰宅した。


10月17日(水曜)は、家族で富士山麓にある公園墓地に妻の両親のお墓参りに行った。
その帰りに、鳴沢の道の駅で買い物したり、河口湖の湖畔で観光を楽しむんだ。
しかし、曇り空で富士山は墓地ですこし観れただけであった。
鳴沢の道の駅では、水晶の小さな馬の置物を買った。
もっと良いのがあればとお店に尋ねたが、馬のはそれしかなかった。
河口湖では猫のダイヤンの木ノ花美術館でランチを食べて、館内を見学した。
作家池田あきこ氏のパステル原画は素晴らしかった。
私も亡き愛犬ラッキー、亡き愛猫みりぃ、そしてショコラ君をパステルで画いたが、最近は画いてない。
また馬達をメインに書きたいと思う。


10月19日(金曜)は曇り時々雨、午後3:30から630鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、シャンティちゃんとの1組でのプライベートレッスンとなった。
この日も、Ho先生からは、常歩・速歩・駈歩、輪乗り、巻き乗り、横歩き等を目的にするのではなく、馬にハミ受けをしてもらう為に行うことと念を押された。
またこの日は、初めて反対駈歩のご指導を受けた。
今迄、自分が手前の意識が無く偶然に反対駈歩となったことが何度もあるが、自分から意識して出すのは初めてであった。
1度目は失敗したが、2度目は成功。
例えば左手前での場合のpointは、
通常は左手前なので内方の左のハミを受けさせるのだが、右の外方のハミ受けをさせる。
①外方の脚は通常の駈歩通りで、左のつま先を下げて馬体に当て右のハミに出なさいと促しながら自分の左腰を少し上げると発進する。
②反対駈歩の維持は、右のハミ受けを保ちながら、右股関節が前に前に進む。
➂反対駈歩を出そうと考えてではなく、あくまで自然に外方のハミ受けをさせるとゆう感じが大切。
それは、今までHo先生が仰ってきた、何かをさせるということではなく、ハミ受けをしてもらう、馬とのコンタクトをとることが大切なのである。
この日は続いて、自主的に駈歩でのシンプルチェンジも行った。
Ho先生から、それを目的として無理な扶助をすると、美しいものとはならないで乱暴なものとなってしまうと、注意も受けた。
この日のレッスンはとても勉強なった。
もっと記述したいが、もうそろそろ寝ないと、明日午前中の乗馬に支障がでるので、この辺でおわります。

レッスン終了後、前述したように雨が降って来たので、早々に馬場から出て一度馬房に戻さないで蹄洗場で早々にお手入れしてから、馬房に戻した。
そして、馬具のお手入れをしてから、夕食が終わったショコラ君に乾草を与えて馬房でお手入れをして帰宅した。
Pickles20181012a Pickles20181012c Pickles20181012d Pickles20181012e Shanti20181014a Sanyo20181014a Chocolat20181014a Pickles20181015a Chocolat20181015a Kawaguchiko20181017a Kawaguchiko20181017b Kawaguchiko20181017c Kawaguchiko20181017d Kawaguchiko20181017e Kawaguchiko20181017f Narusaw20181017a Shanti20181019a Shanti20181019b Shanti20181019bjpgc Chocolat20181019a

|

2018年10月11日 (木)

Adieu(お別れ)

今日は10月11日木曜日、曇りで小雨が降ったりして肌寒い日であった。
昨日10日水曜に乗馬に行ったが、今日3:30の乗馬は、ちょっと疲れ目で天気も良くなさそうであったので事前にキャンセルした。

少し前からクラブハウス内で故障馬を北海道で静養させることと、馬の輸送費のカンパの掲示がされていて、どの馬になるのだろうかと気にしていた。
そんなん中で、先日8日「体育の日」の月曜日にクラブの社長さんから直々に呼び止められて、北海道に静養に行くお馬は、ショコラ君だと告げられた。
私が日ごろからショコラ君のお手入れ等で可愛がっていたので、公表する前に事前にお話しをしてくださったのである。
故障馬は数頭いたが、ショコラ君はつい先日までレッスンに出でいることもあったので、ちょっとびっくりした。
だが、ショコラ君の蹄は蟻洞を患っていて、クラブに居ても良くならないとのことと、良い環境の中で回復したら、またクラブに戻すとのことをご説明していただきました。
行く場所は、来月の初旬で北海道上川郡標茶町。静養費用はクラブで負担していただくが、お馬の旅費はカンパ願いますと以前より掲示があった。
ショコラ君とはっきりしたので、私はさっそく旅費のカンパをした。

今年は、可愛がっていた動物たちの別れが続いた。
このブログの本来の主人公であった愛猫「みりぃ」が今年の6月に亡くなり、先月は保護していた外猫のマイケル君、クラブに行けばいつもおやつをあげて挨拶を交わした一番の長老であったパーマー君の死。
そして、クラブに行けばほぼ必ずお手入れをしてあげて、人参や乾草を沢山あげて可愛がっていたショコラ君は、来月の初め遠い北海道に行ってしまう。
死に別れも辛いが、生き別れも辛い。
淋しさが、日に日に込み上げて来る。

昨日10日水曜に乗馬クラブに行ったときには、北海道標茶町に行くのはショコラ君で、大切に静養させることの説明文がフロントに掲示されていた。
そのことを知った方々から、慰めの言葉をいただく。
ちょっと目に潤いを感じた・・・。
来年、温かくなったらショコラ君に会いに行こうと思う。


以下、3鞍の乗馬のコメントは、今回は超簡単に・・・。

10月7日(日曜)は晴れて暑く、午前11:00から624鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、私はピクルス君、他はシャンティちゃん、イーグル君、ナイスシャトル君組で4組でのレッスンとなった。
ここのところHo先生からの1番の指導pointは、馬とコンタクトを取りハミ受けができること。
最近、ピクルス君と左右手前共に穏やかな駈歩ができるようになり、駈歩の維持を長くすると、Ho先生から駈歩をすることが目的とならない様、注意指導を受ける。

レッスン終了後、クラブでランチタイムを過ごし、ショコラ君を馬房の中でお手入れして帰宅した。
ピクルス君は、午後の夕方もレッスンが予定されていたのでしなかった。


10月8日(月曜)「体育の日」は曇りで、午後1:30から624鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、私はネオ君、他はピクルス君、ディノ君組で3組でのレッスンとなった。
ネオ君とは久しぶりのレッスン。
ネオ君は昔のネオ君とは違って、とても活発に動く様になった。
ネオ君とは、蹄跡での駈歩も安心して行えた。
レッスン終了後、ネオ君は乗り替わりで次の方へバトンタッチ。
その方は、ネオ君のお手入れもできる方なので安心。

ショコラ君を馬房の中でお手入れしようと思ったら、ショコラ君が居ない。
ショコラ君の馬房掃除の為、近くの蹄洗場に繋がれていた。
これは幸いと思い、久しぶりに馬房外でお手入れすることができた。
お手入れが済んで馬房に戻す際に、前足が痛いのか跛状態であった。
馬房に戻してお手入れ用具の片づけをしていると、上記の様にクラブの社長さんから呼ばれたのである。


10月10日(水曜)は晴れで、午後3:30から626鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、私はピクルス君、他はナイスシャトル君組で2組でのレッスンとなった。
ナイスシャトル君との2頭だけのレッスンなので、近づかない様に注意しながら乗馬した。
しかし、近づきすぎてピクルス君の耳が極端に後ろに下がっってちょっと慌ててしまうこともあった。
それでもピクルス君との駈足は楽しいので、左右手前共に輪乗りで行った。
右手前では、最初はちゃんとハミ受けできてない発進となり一度止めてから、ちゃんと行った。
Ho先生から、慌てて行わない様にとの注意指導があった。

レッスン終了後、ピクルス君を蹄洗場でお手入れをした。
そして、ショコラ君を馬房の中で、いつもより念入りにお手入れをした。
すると、あたりはすっかり暗くなってしまった。
ショコラ君が居なくなると、もう遅く帰宅することは無くなるなと思いながら帰宅した。
ショコラ君、標茶町での生活が気に入り、そこを終の棲家とするかもしれない。
それはそれで、彼が幸せならばそれでいい。
私も標茶町に行って、彼と草原を散歩して満天の星を見てみたい。


標茶町の官民一体のお馬に関する取り組み(←クリック)

Sanyo20181007a Pickles20181007a Chocolat20181007a Sanyo20181007b_2 Sanyo20181008a Neo20181008a Chocolat20181008a Chocolat20181008b Shirochan20181008a_2 Pickles20181010a Chocolat20181010a

|

2018年10月 5日 (金)

10月に入りました。

今日は10月5日金曜、雨模様とのことで事前に午後からの乗馬をキャンセルした。
外を出ると、肌寒い。
愛猫みりぃが亡くなり、実家の猫達に度々会いに行くことが多くなった。
台風25号は日本海を通り過ぎ、体育の日の連休日は乗馬クラブ周辺の天気は良さそうである。


以下、10月に入っての2鞍のコメントを簡単に。

10月1日(月曜)は、午後1:30から622鞍目の乗馬レッスン。
この日は早めにクラブに到着し、先日亡くなったパーマー君の祭壇に、パーマー君の写真を置き、お線香を立て手を合わせた。
また、台風24号の強い風の為D馬場を登る坂道に、木が倒れていた。
臆病なピクルス君が、倒れた木を見て怖がるのを心配したが、大丈夫だった。
そして乗馬レッスンは、Ho先生の下私はピクルス君、他はシャンティちゃん組で、2組でのレッスンとなった。
Ho先生からのここのところの指導pointは、常歩で馬の前足を上げさせること。
その為に、しっかりと馬とのコンタクトを取ることが大切。
そして、コンタクトを取れるようになる為には、常にハミ受けを意識する必要がある。
上級者のDクラスは、駈歩はもう出来るのだから、速歩や駈歩することが目的となってはダメ。
とは言え、はやり45分間のレッスンの中で、駈歩もしたくなる。
最近、ピクルス君と穏やかな駈歩をすることが、左右手前共にできるようになり、楽しいのである。

レッスン終了後、ピクルス君を蹄洗場でお手入れして、お手入れされてないシャンティちゃんも蹄洗場でお手入れして帰宅した。


10月3日(水曜)は、午後3:30から623鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下私はピクルス君、他はナイスシャトル君組で、2組でのレッスンとなった。
この日も、先日同様に常歩で馬の前足を上げさせることが重点のレッスン。
そんなん中でも、常歩でしっかり巻き乗りや輪乗り、速歩での輪乗りをさせてから、左右手までの輪乗り駈歩を行った。
Ho先生、ハミ受けを目的としての、速歩や、輪の乗りでの駈歩は良いとのこと。
駈歩から常歩に歩様変更してから、ピクルス君の常歩は前足を上げて躍動感ある常歩となった。
Ho先生に、最近ピクルス君と穏やかに乗れるようになったと言うと、Ho先生から「余裕が持てての乗馬できているからです。」とお褒めいただく。

レッスン終了後、ピクルス君を蹄洗場でお手入れして、ショコラ君を馬房の中でお手入れして帰宅した。
Prama20181001a Sanyo20181001a Sanyo20181001b_2 Pickles20181001a Shanti20181001a_2 Shirochan20181001a Pickles20181003a Pickles20181003b Chyi20181002a

|

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »