« 悲しい、マイケル君とパーマー君が亡くなる | トップページ | Adieu(お別れ) »

2018年10月 5日 (金)

10月に入りました。

今日は10月5日金曜、雨模様とのことで事前に午後からの乗馬をキャンセルした。
外を出ると、肌寒い。
愛猫みりぃが亡くなり、実家の猫達に度々会いに行くことが多くなった。
台風25号は日本海を通り過ぎ、体育の日の連休日は乗馬クラブ周辺の天気は良さそうである。


以下、10月に入っての2鞍のコメントを簡単に。

10月1日(月曜)は、午後1:30から622鞍目の乗馬レッスン。
この日は早めにクラブに到着し、先日亡くなったパーマー君の祭壇に、パーマー君の写真を置き、お線香を立て手を合わせた。
また、台風24号の強い風の為D馬場を登る坂道に、木が倒れていた。
臆病なピクルス君が、倒れた木を見て怖がるのを心配したが、大丈夫だった。
そして乗馬レッスンは、Ho先生の下私はピクルス君、他はシャンティちゃん組で、2組でのレッスンとなった。
Ho先生からのここのところの指導pointは、常歩で馬の前足を上げさせること。
その為に、しっかりと馬とのコンタクトを取ることが大切。
そして、コンタクトを取れるようになる為には、常にハミ受けを意識する必要がある。
上級者のDクラスは、駈歩はもう出来るのだから、速歩や駈歩することが目的となってはダメ。
とは言え、はやり45分間のレッスンの中で、駈歩もしたくなる。
最近、ピクルス君と穏やかな駈歩をすることが、左右手前共にできるようになり、楽しいのである。

レッスン終了後、ピクルス君を蹄洗場でお手入れして、お手入れされてないシャンティちゃんも蹄洗場でお手入れして帰宅した。


10月3日(水曜)は、午後3:30から623鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下私はピクルス君、他はナイスシャトル君組で、2組でのレッスンとなった。
この日も、先日同様に常歩で馬の前足を上げさせることが重点のレッスン。
そんなん中でも、常歩でしっかり巻き乗りや輪乗り、速歩での輪乗りをさせてから、左右手までの輪乗り駈歩を行った。
Ho先生、ハミ受けを目的としての、速歩や、輪の乗りでの駈歩は良いとのこと。
駈歩から常歩に歩様変更してから、ピクルス君の常歩は前足を上げて躍動感ある常歩となった。
Ho先生に、最近ピクルス君と穏やかに乗れるようになったと言うと、Ho先生から「余裕が持てての乗馬できているからです。」とお褒めいただく。

レッスン終了後、ピクルス君を蹄洗場でお手入れして、ショコラ君を馬房の中でお手入れして帰宅した。
Prama20181001a Sanyo20181001a Sanyo20181001b_2 Pickles20181001a Shanti20181001a_2 Shirochan20181001a Pickles20181003a Pickles20181003b Chyi20181002a

|

« 悲しい、マイケル君とパーマー君が亡くなる | トップページ | Adieu(お別れ) »