« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月30日 (日)

悲しい、マイケル君とパーマー君が亡くなる

今日は9月30日(日曜)、台風24号日本列島縦断とのことで、本日の乗馬レッスンを事前にキャンセルした。
9月下旬、私の身近に悲しい死が、2件あった。

一つは、9月25日(火曜)の早朝に実家と私の敷地で保護していた外猫のマイケル君が、駐車している私の車の後部車体下付近で亡くなっていた。
この夏の暑さで大分弱っていたが、最近の天候不順での低温と季節の変わり目に、ついて行けなかった様である。
そんなん中で、乗馬は9月24日(月曜)以来で26日.27日は天候不順等でキャンセルしたが、外猫マイケルの死を経て乗馬クラブの馬達も心配になった。
季節の変わり目、過去にもクラブの馬がそうゆう季節の変わり目でに亡くなっていたので、胸騒ぎがしていた。

そして二っ目は、9月28日(金曜)に午後3:30からの乗馬レッスンを終えて、騎乗したピクルス君のお手入れを終えて、ショコラ君を馬房でお手入れして、自分の鞍のお手入れをしようと思った時に起きた。
ショコラ君の馬房前近くの蹄洗場に繋がれているパーマー君が突然鳴きながら暴れだして倒れて、そのまま亡くなったのである。
パーマ君の亡骸に「ありがとう。安らかにと。」と、手を合わせた。
1990年03月21日生まれの28歳6か月の、大往生であった。
パーマー君の死は、悲しいが、彼はこの乗馬クラブで最後を遂げられて幸せであったと思うのである。
今日は乗馬クラブに行かないが、台風の去った明日の午後には行く予定。
パーマー君の祭壇ができていると思うので、お線香と手を合わせたいと思う。
パーマー君の写真は、私が乗馬クラブで5鞍目にパーマー君に乗った時(2014.6.30)と、2016年7月8日に丸馬場で調教を受けているパーマー君です。


さて、その日28日金曜の午後3:30からの611鞍目の乗馬レッスンは、
Ho先生の下、私はピクルス君との1組でのプライベートレッスンとなった。
ピクルス君は、馬場に全く1頭だと鳴いて動かないとのことであったが、隣のC馬場で3頭が同時間にレッスンがあったので大丈夫であった。
しかし、D馬場で1頭ではやはり動きがぎこちなく、常歩でなかなか動いてくれない。
Ho先生から、前足を上げさせて常歩させるよう指示があったが、最初なかなか上手くできなかった。
左手前での速歩、駈歩させてから、常歩にするとよい歩様となった。
Ho先生からのpoint.
1.動け動けと自分の体を使うのではなく、馬に前足上げて上げてと使う。
①左、右と前足を上げさせることで、前に進む。
②その為に、脚があり、脚がダメなら鞭や拍車を使う。
➂ただ、鞭や拍車で動いたら、一度止めて脚だけで動かかす。
④それで、すぐに解る馬は良いが、解らなければ何度もやる.。
2.速歩は早くではなく、上に上にと弾みながら進むのが良い速歩。

レッスン終了後、上記の最初のコメント通りピクルス君を蹄洗場で、ショコラ君を馬房の中でお手入れする。
そして馬具のお手入れをして、パーマー君にサヨナラして帰宅した。
今年は、愛猫みりぃも亡くなり、悲しいことが重なった。
芸能界では樹木希林さんの死は、他人事のようではなく、とても悲しい。
そして、彼女の生き様に感銘を受けた。
自分のこれからの生き様も、考えたいと思った。
Michael20180831a Parma20140630a_2 Parma20160708a
Pickles20180928a Pickles20180928b Pickles20180928c

|

2018年9月25日 (火)

秋のお彼岸と乗馬

今日は9月25日(火曜)、明日26日(水曜)は彼岸明け。
9月22日土曜は、自宅から歩いて行けるお寺に、私の父母とご先祖のお墓にお参り行った。
帰りにお寺の前の緑道にあるせせらぎ茶屋で、妻がわらび餅とわらび饅頭を買い帰宅した。
妻の両親のお墓は、富士山麓にあるので10月中旬頃に行こうと思う。


以下、お彼岸の中日での乗馬レッスン2鞍のコメントを簡単に。

9月23日(日曜)は、午前11:00から619鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下私はピクルス君、他はシャンティちゃん、イーグル君、ナイスシャトル君組で4組でのレッスンとなった。
ピクルス君は10:00にもレッスンがあり乗り替わりであった。
左手前からレッスン開始したが、前騎乗者との違いを感じたのか最初は動きかちょっとぎこちなかった。
それでもコンタクトに努めると、徐々に良い動きとなった。
そして、私もピクルス君も得意な方の左手前での駈歩をしようかと思ったら、Ho先生から右手前に変更の号令。
右手前での段階では、ピクルス君はとても良い動き。
常歩での巻き乗り、速歩での輪乗りがとてもスムーズにできた。
そして、私もピクルス君も苦手な右手前での駈歩を輪乗りで行った。
とても穏やかな駈歩ができて、満足であった。

レッスン終了後、クラブの食堂でランチタイムを過ごす。
その後、ピクルス君は午後に2鞍のレッスンがあったので、お手入れは最後の方にお任せした。
Bクラスのショコラ君も午後2鞍のレッスン予定されていたが、そのレッスン終了後もお手入れされないであろうと予測し、馬房で軽くお手入れをした。
そして、お彼岸中で道路が混むだろうと、早々帰宅したに。


9月24日(月曜)は晴れて暑く、午後1:30から620鞍目の乗馬レッスンを楽しんだ。
Ho先生の下私はシャンティちゃん、他はディノ君組で2組でのレッスンとなった。
今日のHo先生からご指導のpointは、
常歩で、しっかりと馬の足を上げさせて元気よく進ませること。
それには乗り手が、上から下ではなく、下から上にを心がけて跪座すること。
しかし、シャンティちゃんは常歩だとちょっとだらけた様な歩きからとなる。
Ho先生の言われる様な常歩をにしようとすると、速歩となってしまった。
私はシャンティちゃんの動きを良くしようと、左右手前共に駈歩を試みた。
そこから常歩に戻すと、少しは元気な常歩となったが、その維持がなかなかできなかった。
シャンティちゃんを、美しく軽やかな常歩をさせることが、今後の課題である。
常歩だけでなく、速歩・駈歩も馬場馬術のお馬の様に、美しい動きとなるようにしたいと思うのだが・・・。

レッスン終了後、Ho先生から次の2:30からシャンティちゃんに騎乗する方が、初めてのビジターの方でお手入れしないので、お手入れをお願いしますとのこと。
その方のレッスン終了まで、Bクラスのショコラ君も午後4:30レッスン予定されていたが、そのレッスン終了後もお手入れされないであろうと予測し、馬房で軽くお手入れをした。
そして、2:30のレッスンを終えて大分汗をかいていたシャンティちゃんを久しぶりに丸洗いをして、帰宅した。


明日の26日水曜日は雨模様とのことで、その日の午後3:30からの乗馬をキャンセルした。
次の27日木曜日まで雨模様のようで、28日金曜日でないと乗馬できそうにない。
気になるのは、乾草の大好きなショコラ君とポールスター君が、淋しそうにしているのではと思うのである。
Otera20180922a Seseragichaya20180922a Chocolat20180923a Sanyo20180923a Shanti20180924a Shanti20180924b

|

2018年9月20日 (木)

敬老の日と乗馬

9月17日(月曜)の敬老の日が過ぎて、今日は9月20日(木曜)は秋のお彼岸の入り。
私は現在66歳、昔ならば敬老の日に値する年齢なのであろうが、現代の60歳代は個人差はあるがまだまだ若い。
私も、まだまだ敬老扱いされたくなく、元気である。
ただ、やはりあとどのくらいまで乗馬できるだろうと、思ってしまう年齢でもある。
こんな素晴らしいスポーツ、もっと早くから行えば良かったと思う。
と言うよりか、こんな素晴らしいことに巡り会えて、人生の喜びを感じている。
私の通う乗馬クラブでは、長寿で頑張って働いているお馬達もいる。
その乗馬クラブで皆に愛されて天寿を全うする馬達は、幸せだと思う。

話は違うが、私が良く利用する世田谷線の豪徳寺とのコラボの猫電車「幸福の招き猫電車」が今月末(9月30日)で終了となるのが、淋しい。


以下、4鞍の乗馬レッスンのコメントを簡単に。

9月13日(水曜)は曇りで、午後3:30から615鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下私はシャンティちゃん、他はネオ君組、キャスパー君組の3組での乗馬レッスンとなった。
シャンティちゃんは、とても良い動き。
左右手前とも巻き乗りがスムーズにできた。
左右手前での駈歩をHo先生に指導を受けながら、それなりに良くできた。
ただ、苦手な右手前では、内方の肘が脇から離れて腕で漕いでしまうような悪い癖が出てしまい、注意された。
Point.
1.手やおでこから進のではなく、腰から進むように騎乗する。
①腰に手綱を繋ぐ接着剤の役目が、肘を曲げて脇に着けて、脇に力を入れること。
②ただし、両方の手綱を同時にそうするのではない、どちらかである。
➂馬に手綱を引いてもらわないと、乗り手は馬をコントロールできない。
2.脚は始めっから強い脚を何度も入れない。
①踵は脚ではない、拍車や鞭と同じで、脹脛での脚を理解してもらうだけに使う。
②何度も辛い物を食べてれば感じなくなる、強い脚も同じで、何度も繰り返すと利かなくなり、馬は動かなくなる。
3.乗り手は常にハミ受けを意識すること。

レッスン終了後、シャンティちゃんを蹄洗場でショコラ君を馬房でお手入れして帰宅する。


9月16日(日曜)は曇りで午前11:00から616鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、私は久しぶりにネオ君、他はシャンティちゃん、イーグル君、ディノ君組で、4組でのレッスンとなった。
久しぶりにネオ君は、とても良い動き。
ただ、速歩は他の馬達と違って歩幅が狭く、最初はちょっとリズムに合わせるのに戸惑った。
駈歩は蹄跡で左右共に発進・維持がそれなりに出来て満足であった。
ネオ君は、馬装やお手入れが難しいが、馬場でのネオ君はDクラスのお馬の中で一番安全な気がする。

レッスンが終えて、いつもならばクラブの食堂のお料理をいただくのだが、この日は食堂が中止とのことで、コンビニ弁当で済ます。
そして、夕方レッスン予定があるショコラ君を馬房で簡単なお手入れをした。

9月17日(月曜)の敬老の日は晴れて陽射しが強く夏日、午前11:00から617鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、私はピクルス君、他はシャンティちゃん、イーグル君、ディノ君組で、4組でのレッスンとなった。
この日のピクルス君はとても良い動き。
左手前での駈歩では、シャンティちゃん組の駈歩に続いて追いかけるようにつづいて2頭で馬場中央で長い時間輪乗り駈歩ができて楽しかった。
2度目は単独で輪乗り駈歩をしたが、発進の際にちょつと跳ねられてしまった。
一旦止めようと思ったが、制御できて穏やかな維持ができたので良かった。
レッスンが終えて、この日もクラブの食堂が中止とのことで、コンビニ弁当で済ます。
そして、ピクルス君は午後2鞍のレッスンが予定されていたので、ショコラ君を馬房の中でお手入れして帰宅した。


9月19日(水曜)は曇りで午後3:30から618鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下私は、シャンティちゃん、他はピクルス君組で、2組でのレッスンとなった。
この日は左右共にシャンティちゃんとの輪乗り駈歩を、それなりに上手くできて満足であった。
特に苦手としていた右手前での駈歩は、今迄で一番出来が良く長く維持ができた。
Ho先生から、「右手前、苦手ではないじゃないですか。」とお褒めいただく。
私は、「先生の御蔭です」とお礼を言う。
先生のご指導のPointを大分しっかりとできたからだと思った。
レッスン終了後、シャンティちゃんを蹄洗場でお手入れ後、ショコラ君を馬房でお手入れして帰宅した。
Shanti20180913c Shanti20180913a_2 Shanti20180913b Nekoden20180914a Neo20180916a Pickles20180917a Shanti20180919a Chocolat20180919a

| | トラックバック (0)

2018年9月11日 (火)

乗馬と温泉での宴会

今日は9月11日火曜日、つい先日から一転して涼しく秋の気配を感じる。
9月9日(日曜)は天気が良くとても暑かったが、午前9時に乗馬を楽しみクラブでランチタイムを楽しみ、午後からは乗馬クラブ近くの温泉で旧友達4人と楽しいひと時を過ごした。
昨年末と同様に自分の都合で、5人で栗平温泉で温泉に浸かり、宴会を楽しんだ。
10日月曜の次の日、二日酔いで体が重く天気も良くなかったので朝一番にクラブに電話して、雨が降っていたらキャンセルしようと思ったが、雨が降ってないとのことでキャンセルを諦めた。
と言うのは、当日電話した際に雨が降っていれば当日キャンセルでもキャンセル料金が掛からないからである。
そんな訳で、昨日10日月曜の乗馬レッスンは、ちょっと体調不良と消極的気分で臨んだので、良くなかった。
先生やパートナーのシャンティちゃんに申し訳なかった。

9日と10日の2鞍の乗馬レッスンは共にパートナーのお馬はシャンティちゃん。
極簡単にコメント。


9月9日(日曜)は晴れて暑く、午前9時から613鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、私はシャンティちゃん、他はディノ君とピクルス君組で3組でのレッスンとなった。
ピクルス君組の方は初めてご一緒になる方で、昨日の土曜に初めて来られたとのこと。
今まで関西の乗馬クラブで2000鞍以上乗られているベテランの方。
左手前で、ピクルス君を蹄跡上で綺麗な駈歩をされた。
私も触発されて、輪乗りの駈歩楽しんだ。

レッスン終了後は、シャンティちゃんはその後も午後もお仕事あるので手入れせずに、ショコラ君を馬房でお手入れした。
その後、クラブでランチタイムを過ごして、栗平駅に向かい旧友4人と合流して栗平温泉に行った。
そして、とても楽しいひと時を過ごした。


9月10日月曜は曇りで今にも雨が降るような天気の中、614鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、私はシャンティちゃん、他はネオ君とピクルス君組で2組でのレッスンとなった。
ちょっと体調不良で思い通りの乗馬ができず、不完全燃焼であった。
ネオ君組が、蹄跡や輪乗りでの駈歩を何度も楽しそうに行っているのに触発されて自分も行ったが、思うように駈歩の維持ができず、気持ちが落ち込んでしまった。
調子悪いときは、キャンセル料払ってでもキャンセルすべっきと思った。

レッスン終了後シャンティちゃんは午後3:30からのレッスンがあるのでお手入れせず。
ショコラ君も3:30からのレッスンがあるので、早々に帰宅した。
Sanyo201580909a Shanti20180909a_2 Sanyo201580909c Sanyo201580909b Kurihiraonsen20180909a1 Kurihiraonsen20180909a Shanti20180910a Shanti20180910b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 8日 (土)

ピクルス君との3鞍

今日は9月8日土曜、9月に入ってもう1週間が過ぎた。
台風21号と北海道地震は甚大な被害を日本列島に及ぼし、自然は生き物に無慈悲に牙を向けることを、改めて思い知らされました。
亡くなられた方のご冥福、行方不明の方の一日も早い発見、被災された方々が安堵される様になることを願います。

以下、9月に入っての3鞍をコメントします。
その3鞍のパートナーは、すべてピクルス君。
そして、Ho先生のご指導の最大のポイントは今更であるがハミ受け。
ハミ受けができて、乗り手がちゃんとコントロールできるのである。
しかし、ほとんどの人がそのハミ受けが正しくできてないとのこと。
point.
1.ハミ受けは、口をぐりぐりやって頭を下げさせるここではない。
馬の方からハミを受けいれるオンザビットが大切。
2.ハミ受けを簡単に言うと、脚で馬を前に進めることとハミに出ることをリンクすること。
それは馬に手綱を引っ張っていいんだよと仕向けることから始まる。
2.乗り手が、速歩をしたいからする、駈歩したいからするでの考えでは、ハミ受けはできない。
3.馬にハミ受けしてもらうために、馬が前に出た時に左右のどちらかの手綱を引いてもらうことに努める。
そのために、巻き乗りや、輪乗り、場合の寄っては左右手前での駈歩がある。


9月3日月曜は午前中は雨模様で午後が曇で、午後2:30から610鞍目の乗馬レッスンとなった。
Ho先生の下、私はピクルス君、他はネオ君、ディノ君組で3組でのレッスンとなった。
雨の後の馬場であったので、ピクルス君とのコンタクトをとることに重点に乗馬で駈歩はしなかった。

レッスン終了後、ピクルス君を蹄洗場で丸洗いのお手入れをした。
その後で、ショコラ君を馬房の中でお手入れをして帰宅する。


9月5日水曜は晴れで、午前11時から611鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、私はピクルス君、他はナイスシャトル組で2組でのレッスンとなった。
この日も先生からハミを受けの大切さを教わりながら、私は先生のご指導をよく聞かず、ピクルス君との駈歩をしたいとの自分勝手な思いから左手前で2度駈歩発進・維持を行った。
Ho先生から、「聞いていますか」との声で、我に返った。
それから、先生のご指示の下ずーっと先生のお声を聴きながら乗馬した。
右手前では馬場中央で小さな輪乗りでの常歩・速歩から久しぶりの右手前での駈歩を行った。
穏やかな右手前の駈歩ができて、Ho先生から「それが、スポーツの練習なんです。そして良かったと終われるのです。」と最後にお褒めをいただいた。
point.
1.馬とのコンタクト、失敗してもいいから最低でも5回繰り返す。
諦めてやめてしまうのがダメ。例えば正しい巻き乗りや輪乗り等。
スポーツが失敗してはダメというのでは、だれも練習できなくなる。
何度も繰り返すことで、乗り手も馬もコツを覚えていく。
2.ただ、45分間の中でなるべく早く馬とのコンタクトを取る努力を続けなければならない。

レッスン終了後、ピクルス君は午後2:30からのレッスンがあるのでお手入れせず馬房に戻す。
馬具等のお手入れをして、この日は近くのコンビニでお弁当を買ってクラブハウスでランチタイム。
そして、ショコラ君を久しぶりに蹄洗場に出してお手入れをした。


9月7日金曜は晴れで、午後3:30から612鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、ピクルス君とのプライベートレッスン。
この日、ピクルス君用のグリーンに近い青色のワンコを買ったので装着した。
前足と後足の蹄が当るので、以前から購入を考えていた。
ピクルス君は馬場に他の馬が居ないと鳴いて動かないとのことだが、となりのC馬場にシナモン君が居たので大丈夫であった。
それでも、いつもよりちょっと動きが悪かった。
この日はとにかく、Ho先生からはハミ受けのご指導を徹底的に受けた。
そのために、私の欠点を徹底的に修正の指導を受けた。
1.まずは手綱を馬に引いてもらう方の肘が脇から離れてしまうこと。
①馬に引いてもらう手綱は、親指と肘と脇に力を入れる。
②自分で手綱を引いてはダメ。
2.脚は後ろに向かってではなく、前に向かって入れる。
①私は癖で、脚を後ろに引く癖があるからダメ。
②脚は先ずは脹脛を軽く当てて、脹脛から踵へと前に向かって入れる。
➂脚を入れる前の足の膝から下には力を入れないこと。

そして、最後に左手前での輪乗りの駈歩を行った。
初め内方の腕に力が入ったことで自分で手綱に自分の入ってしまい跳ねられての駈歩発進となったため止めた。
再スタートでの駈歩発進・維持は良くできてお褒めをいただいた。

レッスン終了後、ピクルス君を蹄洗場で丸洗いのお手入れをして、ショコラ君を馬房でお手入れをした。
そして、他のお馬達におやつをあげていると、私が最後の帰宅者となってしまった。
Pickles20180903a Chocolat20180905a Sanyo20180905a Pickles20180907a Pickles20180907b Pickles20180907c

|

2018年9月 1日 (土)

8月が終わり、長月(9月)に入る。

今日は9月1日土曜日。
また来週早々に、強い台風21号が襲来する。
明日2日(日曜)は雨模様とのことで、午前9時に予約していた乗馬をキャンセルをした。
8月中は猛暑と台風で、乗馬の回数が12回といつもの月より若干少なかった。
その分、隣の実家の猫や実家や我が家に来る野良猫達との触れ合いができた。
愛猫みりぃが6月25日に亡くなり、寂しい思いを慰めてくれている。
実家に住み着いた野良のチィーちゃんの足の具合が心配で、8月25日土曜日に獣医さんに連れて行き診てもらった。
骨折は無いので安心。
先生が足を延ばしながら診ると、帰宅すると治っていた。
血液検査と3種のワクチン接種を受ける。
後日、血液検査では腎臓・肝臓とも異常なく、猫エイズにも感染なく、安心。
外猫で人が触れることを拒む猫達にはエサを提供したり、寝床の小屋を提供するだけだけど、アイコンタクトしてくれる。
厳しい状況で生きている、野良ちゃん達。
ほんのひと時でも、幸せだと感じてくれれば、私の幸せにもなる。
この世に生を受けた「生きとし生けるもの達」、少しの時間でも幸せだと感じられれば、幸いである。


それでは、コメントしてない8月中の2鞍のコメントをさせていただきます。


8月27日月曜は、午前10:00から608鞍目の乗馬レッスン。
晴れて、早朝から陽射しが強く暑かった。
Ho先生の下、私はシャンティちゃん、他はネオ君組で2組でのレッスンとなった。
この日のシャンティちゃんは、私とのレッスンが最初で最後の1鞍のみ。
それを知ってか、常歩・速歩共にとても良い動き。
左右での駈歩の発進・維持も良くできた。

レッスン終了後、シャンティちゃんを蹄洗場で丸洗いのお手入れをする。
その後にショコラ君を馬房でお手入れしようと思っていた。
すると、BクラスのH先生から、ショコラ君がレッスン後に息が上がっているので、丸洗いしていただけないかとのこと。
ショコラ君は暑い夏場のレッスンは苦手。
シャンテイちゃんを丸洗いして乾かしている間に、隣の蹄洗場でショコラ君を2度にわたって丸洗いをしてあげた。
すると、大きな鼻の穴を開けて息をしていたのが収まり、安心した。
2頭をほぼ同時間で蹄洗場でお手入れしたのは、初めであった。


8月30日木曜日は、午後4:00から609鞍目の乗馬レッスン。
曇りで、それほど暑くはなかった。
Ho先生の下、私はピクルス君、他はシャンティちゃん組で2組でのレッスンとなった。
ちょっと久しぶりのピクルス君との乗馬なので、シャンティちゃん組の方の了解を得てビデオ撮影をした。
この日は、左手前だけでの乗馬レッスンとなった。
Ho先生からは、徹底して巻き乗りの指導を受けた。
私はつい手で馬を曲げようとするのを、重点的に改めることに努めた。
point.
1.馬をコントロールするには、馬の軸足を作らなければならない。
2.ほとんどの人は手綱を引っ張るが、馬に手綱を引っ張らせることができてない。
3.強い手綱とは、馬が引っ張れるが馬がそれ以上に引っ張れないこと。
①内方の腕を脇に着けて背中の下に力を入れて腕は真っすぐで内方に動かさないで、馬を止める。
②外方の手綱を少し緩める。
➂外方脚が基本だか、または外方に軽く鞭。
④それで、馬は内側に曲がる。
曲がらないと、つい手や上体をを内方に動かしてしまうのがダメ!
それは何度も繰り返すことで、馬とのコンタクトが取れてすんなりと曲がってくれるようになる。
とにかく腕を動かさない、手綱は左右対称に並行で持つこと。
それができると、ピクルス君は、輪乗りでの速歩がとても良い。
そして、輪乗りでの駈歩発進・維持も穏やかにできた。
輪乗りのpoint.
輪乗りは、円ではなく多角形の動き。

レッスン終了後、ピクルス君を蹄洗場でお手入れをした。
曇ってそれどど暑くなく、汗もかいてなかったので丸洗いせず、濡れタオルで全身拭くだけにした。
ショコラ君はこの日のレッスンなかったが、馬房でお手入れした。
Chyi20180831a Tora20180831a Michael20180831a Sanyo20180827a Shanti_chocolat20180827a Chocolat20180827a Pickles20180830a Pickles20180830b Pickles20180830fff

|

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »