« パートナーはシャンティちゃん | トップページ | サンヨー(3月4日)の日 »

2018年3月 3日 (土)

2月も終えて3月に入りました

ブログをこまめに更新できずに2月が過ぎて3月になりました。
梅の花が咲き誇っているが、すぐに桜が満開になる日がやって来るのでしょう。
我が町近くを走る世田谷線、豪徳寺とのコラボした招き猫電車は今月で終了。
私は猫に縁が深いのか、コラボ期間中に何度も乗りました。

以下、乗馬日誌は手を抜いてごく簡単にコメント。

2月25日(日曜)は午後2:30から530鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生先生の下私はシャンティちゃん、他はイーグル君で2組でのレッスンとなった。

2月26日(月曜)も午後2:30からで531鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生先生の下私はシャンティちゃん、他はネオ君で2組でのレッスンとなった。

2月28日(水曜)も午後2:30からで532鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生先生の下私はシャンティちゃん、他はネオ君とナイスシャトル君組で3組でのレッスンとなった。

3月2日(金曜)は午後3:30から533鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生先生の下、ネオ君との1組だけのプライベートレッスンとなった。
1組だけなのでビデオカメラを馬場の外枠に固定して撮影した。
久しぶりのネオ君との乗馬は、とても良いレッスンとなった。

以上のHo先生からの指導point。
1.馬はお腹よりも背中がとても敏感。
①内腿はしっかり鞍に着けて馬の動きを感じて騎座するが、お尻と股関節の力は抜く。
②鞭や脚で動き出し作るだけ。だから却・脚とやると自分硬くなり馬が背中で感じて馬の背中が硬くなり、馬の動きが悪くなる。
馬の背中が硬くなると、足が動かなくなる。
➂だからいかに馬の背中に緊張を与えないようにする必要がる。だから乗り手のお尻とか股関節の座りが重要となる。
④馬の背中を楽にしてあげてれば、鞭は強くする必要なく「ちょんちょん」で効く。
⑤鞭や脚は動き出しの火種(切っ掛け)で、あとは馬の動きに合わせた股関節の随伴で馬は動いてくれる。
(ただし、それは上級クラスの馬で、安全のため初級クラスの馬は脚を何度も入れなければ動かないこが多い。)
だから、我々は脚や鞭はむやみに使ってはならない。
Ume20180225a Shanti20180228a Setagayasen20180301 Neo20180302a Neo20180302b Neo20180302c

|

« パートナーはシャンティちゃん | トップページ | サンヨー(3月4日)の日 »