« シャンティちゃん、イーグル君との駈歩は楽しい | トップページ | 如月(2月)になりました。 »

2018年2月 2日 (金)

2018年1月も終わりました。

2018年1月もあっという間に過ぎてした。
一週間前の1月22日の大雪から、再び昨日の2月1日夜から雪が降り始めた。
幸い東京は現在は多少積もった雪はほとんど解けてしまった。
今日2日金曜日の乗馬はキャンセルしたが、明日と明後日の土日の馬場状態が心配である。
先月25日木曜日は雪が凍って乗馬レッスン中止となったが、馬達が心配というか会いたくて午後からクラブに行った。
CクラスDクラスの馬達がそれぞれの先生に調馬策で運動させられている間に、それぞれの馬房のお掃除した。
そして馬房の中でお手入れのできる馬達を軽くお手入れなどもして、満足して帰宅した。
1月31日水曜日に乗馬レッスンに行った際に、Cクラスのエムテス君が疝痛を起こして苦しんでいた。
今日2日の午前中に明後日の日曜日のレッスン時間を遅らせる予約変更のためクラブに電話した時にエムテス君の容態を尋ねると、昨日2月1日に亡くなったとのこと。
とても悲しく、ショックを受けた。
初めてエムテス君に乗った時に、自分が上手になったと錯覚するぐらい素晴らしいお馬であった。
今まで、ありがとう。安らかに!

遡って26日金曜には、長年使用していたディスクトップパソコンが壊れてしまった。
翌27日土曜日に大学時代のゼミの仲間との新年会を5時から新宿で行い、その帰りにヨドバシカメラでDELLのノートパソコンを購入。
また再び、ブログの更新ができるようになった。

エムテス君の死を聞き動揺しているが、
以下、大雪後の乗馬レッスン2鞍のコメントをします。
1月最後の31日水曜は、新馬のディノ君と4度目の乗馬で駈歩ができたのでとても嬉しかった。
本来はそのことをメインにコメントしたいと思っていたが、いろいろな話となってしまった。

1月29日(月曜)は午後2:30から517鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、私はシャンティちゃん、他はネオ君、イーグル君組でのレッスンとなった。
シャンティちゃんは1:30のレッスンを受けた方と乗り代わりで、元気が良かった。
最初の右手前から元気よく、輪乗りで速歩をしようとすると勝手に駈歩となるので何度も止めた。
右手前での駈歩もしたが、なんかぎくしゃくした感じであった。
左手前では、速歩・駈歩共に輪乗りでよくできた。
やはりシャンティちゃんとの駈歩は楽しい。

レッスン終了後、シャンティちゃんお手入れをした。
その前にイーグル君に騎乗された方。がイーグル君のお手入れをされているときに、馬が落ち着きなく困っていらした。
そんな時に、Ho先生がイーグル君の鼻にガムテープを張り付けた。
そうすると、鼻についたがガムテープに馬が気に取られて足の手入れがしやすくなるとのこと。
シャンティちゃんお手入れ後に、馬房の中でショコラ君のお手入れをした。

1月31日(水曜)は午後2:30から518目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、私は久し振りにディノ君、他はネオ君組で2組でのレッスンとなった。
レッスン開始と同時ぐらいに近所で、凍り付いた雪をシャベル等で取り除いている音や、複数の子供たちの甲高い声が響き渡って来た。
聞きなれない音に敏感なディノ君は落ち着きが無くなり、物見がちとなった。
先生からもその近所の雑音があるので馬場中央で輪乗りしながら注意するように指導を受けた。
そんなことで右手前からレッスン開始したが、常歩・速歩で何度も急に跳ねたり横っ飛びされた。
私もディノ君のトリッキーな動きを予測して対応したので、落とされなかったし、絶対に落とされないとの自信があった。
しかし、何度もディノ君が変則的な動きをするので、ついにHo先生が乗り替わり調教乗馬をされた。
しばらくは先生が騎乗されても、トリッキーな動きが続き、まるでちょっとしたロディを観ている感じであった。
するとHo先生は、乗馬クラブ中というかその周辺まで轟きそうな恐ろしく大声でディノ君を叱り始めた。
その声で近所の子供たちの声も少し静まった。
ただ、ネオ君もビビり始めた。
もともとディノ君の動きにビビっていたので、ネオ君も跳ねたり動かなくなったりした。
だからネオ君に乗られている方が馬場中央でCクラスのS先生に抑えてもらい下馬して、Ho先生が下馬されるまで待機された。
長らくデイノ君の調教乗馬が過ぎ、ようやくディノ君は落ち着き良い動きとなった。
左手前での素晴らしい駈歩もされた。
ビデオを撮りたいも思った。
そして、残り時間少なくなったが私が再びディノ君に乗り替わってレッスン再開。
先生は、今度はネオ君に騎乗され調教乗馬しながら、私の指導をしてくださった。
Ho先生から調教を受けたディノ君はとても安定して良い動き。
ただ、馬場中央で輪乗りでの速歩をしようとすると駈歩発進となったので止めて、速歩にさせた。
そして、先生から調教を受けたばっかりだからとの安心感と勢いで、左手前での輪乗り駈歩発進・維持を試みた。
すごく気持ちの良い駈歩で感動。
ただ、少し外方に横駈歩する様な傾向があり、先生に騎乗しているネオに近づくので止めた。
落ち着いてちゃんと止まることもできた。
そんな駈歩の発進・維持を3度も行った。
そしてHo先生から、「駈歩も出来たので、そろそろレッスン終えていいですか?」と尋ねられた。
私は大満足であったので、「ありがとうございます。」と下馬した。
ちょっと興奮気味のディノ君を「walk」とか「slowly」となだめながら引き馬して馬房に戻した。

先に自分の鞍等の乗馬用具の手入れをしてディノ君を休ませてから、お手入れをした。
そして、ショコラ君を馬房の中でお手入れした。
そのぐらいの時間の時に、エムテス君が疝痛で苦しみだし、引き馬や点滴治療を受けた。
私は、ディノ君との楽しい乗馬の思いと、エムテス君の容態を気にしながら帰宅した。
Sanyou20180125a Sanyou20180125b Setagaya20180125a Eagle20180129a Shanti20180129a Shnati20180129a Dino20180131a Dino20180131b Dino20180131c

|

« シャンティちゃん、イーグル君との駈歩は楽しい | トップページ | 如月(2月)になりました。 »