« 今年の乗馬は終わりました | トップページ | 愛すべく馬達 »

2018年1月 6日 (土)

2018年乗馬、初乗り

2018年、明けまして、おめでとうございます。 本年も私の稚拙なブログにて、猫や馬のコメント(現在はほとんど馬)にお付き合いください。

1月3日(水曜)は午後1:30から506鞍目の乗馬レッスン。
 レッスン前に大分早く到着したので、午前で仕事を終えたショコラ君を馬房でお手入れしてあげた。
レッスンはHo先生の下、今年初めての私が騎乗するお馬はネオ君、他はリンド君とナイスシャトル君で、3組でのレッスンとなった。
この日ネオ君に馬装する際に、いつもの様に頭絡だけ厩務員のT氏に装着をお願いしていたが、この日のネオ君は馬房の外窓付近から動こうとせず何かに怖がっているとのことで、T氏も出来なかった。 そこで、午前中にネオ君に騎乗されたベテランの女性の方が馬装の全てを行って下さった。 T氏いわく、ネオ君がそんな状態になるのは初めてとのこと。
馬場では落ち着いた感じで右手前からレッスン開始したが、ネオ君はなかなか思った様な動きにならなかった。 Ho先生から、両踵でドンと強く蹴る、それでも動かなければ鞭。それをネオ君の動きが止まる度に何度か繰り返すと、ようやく動いてくれた。 そして、左手前では速歩も続けることが出来て、駈歩も少しの間できた。

レッスンを終えてネオ君は次の2:30の方に乗り替わりで、鞍置き場にてHo先生とその方と私で鞍の付け替えをしているときにネオ君がHo先生の胸元に噛みついた。 Ho先生は、すかさずネオ君の鼻ずらに強いパンチを浴びせた。噛みつくような仕草をした場合は、しっかりと叱らなければならないと実感した。

ネオ君は乗り替わった方がお手入れするので、私は同じ時間に隣のC馬場でお仕事したポールスター君がお手入れされずに馬房に居たので、洗い場に繋いでお手入れをした。
Cクラスのポールスター君、Bクラスのショコラ君同様に可愛いお馬。ジョー君も同様。 いつも気になっている。また、乗りたいと思う。 Dクラスでは、まだ2度しか乗せてもらってないディノ君、そしてシャンティちゃんが可愛く、キャスパー君は素晴らしいお馬。 やはり自分で馬装もお手入れも安心して接することができるお馬が、好きである。

1月4日(木曜)は午前2:30から507鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、私は昨日同様にネオ君、他はナイスシャトル君で2組でのレッスンとなった。 またネオ君かと思いながら、既に1:30からお仕事をしているネオ君を少しの間見学した。 ネオ君は、軽快に動いているディノ君とは対照的に動きが良くなかった。 そして、私のレッスン開始。 右手前からレッスン開始したが、やはりネオ君は重く動きが悪い。 先日同様に両踵で強く蹴る、それでも動かなければ鞭を止まって動かなければ繰り返した。 先日のHo先生のご指導と同様にこの日も、「自分が歩くように馬を動かすこと。そうなってますか?」と指導された。 しかし右手前でほとんど自分の思うように動かせなかった。 左手前でようやく自分の描いている動きになり、速歩の継続、駈歩も出せた。 ナイスシャトル君に騎乗されていた方は、昨日ネオ君の馬装をして下さったベテランの女性の方。 レッスン最後にナイス君と素晴らしい駈歩をされていた。

レッスン終了後、ネオ君は私とのレッスンが最後であったのでHo先生に馬房に戻さずに洗い場に繋いでいただき、お手入れをした。 その際に何度も噛もうとしたり反抗したので、無口頭絡の紐を引いたりして叱った。 馬着を着せる際にネオ君の胸元を締める時に、私のヘルメットを何度もかじろうとしたので、隣でライリー君のお手入れをしていたベテラン女性の方が見かねて助けてくれた。 どうにか馬着を着せて洗い場から無口頭絡の紐を外して馬房に戻そうと思った瞬間、私の右腕に噛みついた。 幸い、重ね着をしていたので、大事にはならなかった。 それを見かねて、ナイスシャトルに騎乗されたベテラン女性の方がネオ君を馬房に戻してくださった。 私は思わず、「ネオ君は男性が嫌いで、女性ならいいんだ。」とつぶやいてしまった。 ネオ君の馬装やお手入れでは、いろいろなベテラン女性の方に、恥ずかしいことだがいつも助けてもらっている気がする。
ネオ君のお手入れ後にネオ君と自分の馬具を片付けてから、昨日同様にクラブからお汁粉をご馳走になる。
そして、ショコラ君を馬房の中でお手入れをした。 その後に、ショコラ君が居る厩舎の馬達の夕食をあげるお手伝いをさせていただいた。 それが、また楽しいのである。

今日6日土曜日は寒かったが天気が良かったので、夕方にでも乗馬クラブに行けば良かったと思いながら夜になってしまった。

明日は午前11:00からの乗馬レッスン。 お馬は誰になるのでしょうか?  またネオ君かな?
出来たら、シャンティちゃん、またはディノ君、まさかキャスパー君はないだろうな・・。
この3頭は馬装もお手入れも完全に自分でできるので、良いのだが・・。
サイモン君は休馬中だし、お手入れの際に洗い場に繋ぐのが難しいのがちょっと難点。
新馬のピクルス君はどうなのだろう? ショコラ君に目元が似ていて可愛いのだがね・・。
嫌いなお馬はいないが、ネオ君とナイスシャトル君は、ちょっと危ないとか思ってしまう。
そう思う心が相手に通じてしまうから、なかなか会話が上手く行かないのかもしれない。
Miryi20180101a Chocolat20180104a Neo20180103a_2 Polestar20180103a Sanyou20180103a

|

« 今年の乗馬は終わりました | トップページ | 愛すべく馬達 »