« 11月が終わります | トップページ | 12月も中旬、体調不良 »

2017年12月 7日 (木)

師走になりました

今年も最後の月の12月となり、今日は既に7日を過ぎようとしていますが、色々とありました。
今年を振り返ると、乗馬クラブに通う日々で今年も宿泊するような旅行をしなかった。
そもそも旅行する計画を立てるのが苦手で、妻も出不精なので八ヶ岳山麓の山小屋を処分してからは、殆ど宿泊する旅行をしなくなった。
友人の誘いで、日帰り旅行をするくらいであった。
秋を感じたのは、乗馬クラブに来る時の車から観る街路樹や、クラブでの樹木からであった。
今月は、友人等との忘年会の誘いが来ている。
そろそろ年賀状も考えなければならない。
年金基金から年末調整を出すよう書類が届いてる。
家の中の整理もしなければ・・・。

先日12月2日に私のiphone6がプログラムのバージョンアップでフリーズした。
よってappleのサポートにネットで予約を入れて、表参道のappleへ対応をしてもらった。
apple訪問前に既に修正のバージョンアップをしたのでフリーズは無くなっていたが、電池の消耗が早いのでチェックしてもらった。
すると、やはり電池の劣化が進んでいたので早々に電池交換をしてもらった。
夜の表参道は、綺麗にライトアップされていた。

以下、12月に入っての乗馬レッスンのコメントを簡単に記述します。

12月1日(金曜)は午後3:30から492鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、ナイスシャトル君との1組のプライベートレッスンとなった。
この日ナイス君の苦手な右手前からレッスンを開始しし、元気な動きとなるよう会話して脚を理解させた。
左手前になると、脚にとても反応が良くなり、速歩が軽快な動きとなった。
スピードが早くなり、Ho先生からリズムが早いので落とすように指導された。
その場合は、前に出ようとしたら馬を上に持ち上げるような感じで、胸と腰で上に上にと上体を上げる。
そうすると、前に行こうといた馬は上に向けられるのでリズムがゆっくりとなる。
手綱が緩くなり馬の頭が上がったら、普通は内方手綱を馬と張りっこ出来るように内方脚を使って自分の内方の胸と肩が後ろに戻る。
いずれにしてもどちらかの手綱を張りっこしないと、馬の頭が上がってしまう。
私は、両手綱を緩めがちと注意された。
そんなご指導を受けながらちゃんと馬を横に向けられず速歩発進をすると、ナイス君はいきなり競馬のゲート発進の様な襲歩(ギャロップ)となり止めたがC馬場境付近で急転回がちとなり、危うく落馬しかけた。
Ho先生から馬を内に横に向けながらするよう指導されたが、しっかり理解せず再び同じところから暴走してしまい、2度も襲歩(ギャロップ)させてしまった。
それからは、Hoからナイス君を内方にしっり屈折させながら歩かせるように指示を受けた。
そうすることで、自分は馬(ナイス君)に負けないと、馬に解らせることが大事であるとの指導を受けた。
馬がしっかり理解したところで、輪乗りの速歩をしようとしたが、駈歩となってしまった。
Ho先生から両手綱が緩んでいるからと、注意を受ける。
内方手綱を張って速歩発進させるのですよ。
ここで、一度私は下馬して、Ho先生が調馬策でナイス君をしばらく調教した。
そして私は再び、Ho先生の調馬策の下ナイス君に乗り速歩から駈歩を行った。
それによって、ナイス君との乗馬を恐怖心を抱いたまま終わらないで済んだ。
Ho先生、ありがとうございました。

12月3日(日曜)は午前10:00から493鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、私はネオ君、他はシャンティちゃん、イーグル君、キャスパー君組で4組でのレッスンとなった。
この日のレッスンは、先日のナイス君とのレッスンの反省を込めて臨んだ。
ネオ君は、9:00に上手な方が乗られたのも影響して、とても穏やかでありながら良い動きであった。
左右共に少し蹄跡で、良い駈歩もできた。

12月4日(月曜)は午前9:00から494鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、私は昨日同様にネオ君、他はイーグル君、キャスパー君組で3組でのレッスンとなった。
朝一番の9:00にネオ君とのレッスンは初めて。
先日のお上手な方と違って、ネオ君をなかなか元気よく動かすことが出来なくて時間が経ってしまった。
左手前になって蹄跡で少し駈歩をした後は、良い動きとなった。

12月6日(水曜)は午後3:30から495鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、サイモン君との1組のプライベートレッスンとなった。
この日のサイモン君は私とのレッスンのみがお仕事で、2:30のレッスンが無かったのでHo先生がD馬場で調馬策で調教をされた。
その為馬装をする時間が少なくなり、少々慌てた。
サイモン君は右手前だと、動きがぎこちない。
この日はD馬場を狭くして、左手前での輪乗りでのレッスンとなった。
サイモンはなかなか思うように元気な動きとならず、気持ちが焦りがちとなった。
速歩発進まで、なかなか行かなかった。
Ho先生から、「内腿と膝で挟んで鐙を踏む足を軽くして、脹脛を当てて、胸を開いて腰を少し上げる。」
出れば良いが、「出なければ踝から踵を当て、それでも出なければ、鞭。それで出たら、一度止めて再び脹脛を当てただけで出す。出なければ繰り返し。馬と会話する。」
左手前では、サイモン君は速歩発進の脚で駈歩となりがち。駈歩となったら。Ho先生から1.2のリズムで胸と腰で馬を上に運ぶ感じで速歩にさせるように指導を受ける。
何度か繰り返し、最後の時間でようやく良い速歩となった。

レッスン終了後、サイモン君を馬繋場に繋ぎお手入れをしようとサイモン君を馬繋場前まで引き馬しているときにいきなり方向転換して、右足の小指を踏まれてしまった。
小指がつぶれた様な痛みを感じて、女性のH先生に助けていただいた。
サイモン君は臆病で洗い場の馬繋場になかなか入らないのである。まして、夕食時間だったので私一人で洗い場に繋ぐのは無理であった様である。
だから、この日はサイモン君のお手入れも、ショコラ君のお手入れもできなかった。

今日12月7日も痛みがあるが、木曜日は多くの病院がお休みなので家で愛猫みりぃとごろごろとした。
ただ、骨が折れた様な痛みではない気がする・・・・。
Sanyou20171201a_3 Retasu20171201a_3 Pickles20171201a Niceshuttle20171201a_2 Niceshuttle20171201c_2 Niceshuttle20171201d Niceshuttle20171201f Neo20171204a Neo20171204b Sanyou20171203b Shinba20171203a_2 Omotesandou20171204a_2 Apple20171204a_2 Saimon20171206a Saimon20171206b_2 Miryi20171207a

|

« 11月が終わります | トップページ | 12月も中旬、体調不良 »