« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月30日 (土)

今年の乗馬は終わりました

今日は12月30日(土曜)、2017年もあと1日で終わります。
今年は、この星で人間が起こした災いが多くあった様な気がします。
我が国内でも、同様でした。
この星は、人間だけが生きているのではないのであるが、人間がこの星を侵している気がする。
人類はあと800年で滅びると言っていたホーキング博士は、最近は後100年で滅びると言っているそうである。
今年はそんな予想が、本当に当たるのではないかと言う様な世界の動きであった気がする。
それは年が明けても、続くような気がします。
力ある国の指導者達は、自国のことだけではなく世界の平和に向けた努力を、真に考えてもらいたいと思う。

そんな中で私としては、家族が健康で平和に暮らせたのが一番良かったですが、馬と触れ合い乗馬を楽しめたことも幸いでした。
馬との触れ合い、愛猫「みりぃ」や外猫達、クラブに居る猫のしろちゃんとの触れ合い、実家の庭に来る小鳥達は、心和ませてくれる。

以下、今年最後の乗馬等のコメントを溜めたので、コメントします。

12月23日(土曜)天皇誕生日の祝日は、午前中に乗馬して午後は友人達と乗馬クラブ近くの温泉で忘年会をする予定であったが、風邪気味で体調不良であったので午前の乗馬は前日にキャンセルした。
しかし、私が幹事でクラブ近くの温泉で忘年会をすることにしていたので、その忘年会だけは行った。
5人で暖かな湯につかり、楽しくお酒を飲んだ為か、体調が良くなった気がした。

12月24日(日曜)は午前11:00から502鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、私はネオ君、他はシャンティちゃん、ディノ君、ナイスシャトル君組で、4組でのレッスンとなった。
右手前から始めたが、ネオ君は頸を極端に内方に向けてなかなか動きが良くならなかった。
それでも何とか頸を中心近くにさせる様に努力してから、左手前になると良い動きとなり、軽快な速歩、そして駈歩も出すことが出来た。

12月25日(月曜)は午後1:30から503鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、私はなんとジョー君、他はネオ君、ナイスシャトル君組で、3組でのレッスンとなった。
この日はCクラスのS先生がお休みでHo先生はCとDクラスの両方を担当で、私はジョー君に乗れることとなった。
Dクラスに不調になった馬達もいる為でもある。
ジョー君とはCクラスの時に2級経路練習や認定試験頃以来の乗馬で、嬉しかった。
しかし、この日の馬場は昨夜から未明にかけての雨で、馬場が悪く水溜りも出来ていた。
ジョー君は経路練習や認定試験以来のD馬場でのレッスンで、ちょっと物見がちであったので注意した。
速歩になると、走られ気味となってしまった。
手綱は自分では自分から張ってないつもりであったが、ジョー君が嫌がり頭を上下させた。
Ho先生から、上体が前になっていますとの注意も受けた。
久しぶりのジョー君との乗馬は、以前Cクラスの時の様に屈撓(くっとう)させることが出来なかったが、とても楽しかった。
残念ながら、馬場が悪く、S先生がお休みでHo先生がC・Dの両方のご指導している中で、勝手に駈歩をさせることは出来なかった。

12月27日(水曜)は午後2:30から504鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、私は久しぶりにシャンティちゃん、他はキャスパー君、ネオ君組の3組でのレッスンとなった。
シャンティちゃんはしばらく前足が痛く休馬していたが、この日は午前中でも駈歩をしたそうで痛みも無く元気であった。
元気なのは良かったが、隣のC馬場のライリー君とすれ違う時に威嚇するようなことがあったり、キャスパー君の動きに対しても反応してちょっとかかり気味であった。
キャスパー君に騎乗されている方は、私と同年齢位の私以上の超ベテランの男性の方で、初めてご一緒にレッスンとなったが、その方は手前関係なく馬場中央等で手間変更しての速歩や駈歩をされていたので戸惑った。
そんなん中で私は手前通りに駈歩をした際に、何故か判らないうちにシャンテちゃんがキャスパー君に急に近づいたためか、突然強く跳ねられて落馬してしまった。
キャスパー君に騎乗されていた方が、「私が原因かな」とHo先生に尋ねられていたが、その場での回答はなかった。
その後Ho先生から私に、どんな状況になったかと聞かれたが、自分では明快な回答ができず「たぶんキャスパー君に近づきすぎたからでしょう」としか言えなかった。
今回の落馬は、今までと違い予想もつかないぐらい急激に強い力で放り投げられた感じで、あっという間に馬場にたたきつけられた。
柔道でいえば、一瞬のスキを突かれて投げ飛ばされた感じ。しかし、私も自然としっかり受け身が出来て大丈夫であった。
直ぐにHo先生から、続けて乗りますかと聞かれたので、「乗ります」と言ってレッスンを続けた。
それからは、キャスパー君組は手前を守ってレッスンをされた。

翌日になり右腰横に、少々打撲の痛みが出た。
Ho先生に直接言えば良いとは思ったが、Ho先生も忙しいので事務のKさんに「ベテランでお上手であっても、複数の人とのレッスンの際は手前を守って乗馬してほしい。」と伝えてもらうようお話しした。
私としては、車で言えば「逆走している車に遭遇している感じがした」のである。
ブログのような場で批判的なコメントするのは差し控えたかったが、大学馬術部等の練習やプライベートレッスンではないのだから、乗馬クラブでの決まりごとは守って欲しいと強く思ったからである。
他の複数の会員さんからも、そのことが問題だとのお話もあった。私は共通のルールが有るなら、それが守られて出来る限り安全なうえで、皆が切磋琢磨して楽しく乗馬出来ることを望むだけである。

12月28日(木曜)は午後2:30から505鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、私はネオ君、他はナイスシャトル君組で、2組でのレッスンとなった。
この日右手前からレッスンを開始したが、ネオ君はやはり頸を極端に内方に向け、動きが悪い。
昨日の落馬も原因してか、自分の体が硬くなっていたのも原因していた様である。
右手前で苦労したが、左手前では多少良くなったが、なかなか速歩が出にくかった。
そこで、少し駈歩を出させた。
するとHo先生から、駈歩は速歩をさせてからにする様に注意を受けた。
しっかり馬を動かしてからでないと、馬の足を痛めてしまうからであろうと思った。
ただ、駈歩させてからは、ネオ君はとても良い動きで、私も硬さがほぐれて良い乗馬が出来た。
これからは、ネオ君のとの乗馬の際には、乗馬開始時点から動く馬にする様に努めたいと思った。

この日が、今年最後の乗馬となった。
まだ残っていた乾草を。多くの馬達にあげて新たな乾草を来年の為に買った。
今年最後に、とうとうDクラスでも残念ながら落馬してしまったが、シャンティちゃんは大好きなので、これからも乗せて欲しいと思う!。
今まで何度もナイスシャトル君に暴走されても落ちなかったのは、上体が前でなかったから。
そのことは、今後も肝に銘じよう。
ただ、今回のシャンティちゃんからの落馬は、どうしようもなかったのだと思う。
乗馬をしている限り、リスクは常にある。
自己責任もあるが、皆がクラブでのルールを守って安全を考えてもらうことも大切だとも思った。
自分本位になってはいけないと思うのであった。

来年も楽しく乗馬しよう!

Neo20171224a Sanyou20171224a Sanyou20171225a Joe20171225a Joe20171225b Joe20171225d Joe20171225f_2 Shanti20171227a Shanti20171227b Neo20171228a_2

|

2017年12月21日 (木)

風邪が完治しないが・・・

風邪をひいてから1週間、このところの寒さと乾燥でなかなか喉の痛みが取れない。
おとなしく家で静養していればいいのだが、乗馬したくて休んでいられなくなる。
市販の薬で対応していたが、やはり病院に行くべきだと思う。
今日21日木曜は自宅地域の医者はほとんど休業日なので、明日にでも行こうと思う。

昨日20日水曜日は、午後から車でなく電車で乗馬クラブに行った。
風邪気味であったが、もしかして18日の月曜日と同様にディノ君に乗れるのではとの思いからである。

12月20日水曜日は午後2:30から501鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、私は予想通りディノ君、他はネオ君、ナイスシャトル君組で3組でのレッスンとなった。
この日は先生から初めは右手前からとのことで、右手前でレッスン開始。
右手までのディノ君はとても穏やかで安心して常歩、速歩が出来た。
巻乗り、馬場中央での輪乗りもも気持ち良くできた。
しかし左手前になると、ディノ君は頭を外側に何度か向けて物見したりしがちとなった。
隣のお墓側のC馬場に近くになったとたんに、ディノ君が急に何度か跳ねて興奮した。
私は冷静にディノ君と止めて静かにさせた。しかしまた同じような場所で跳ねた。
私は全く怖いとも思はず冷静にいられたが、ネオ君がそれを見て怖がった様で騎乗されている方や、C馬場でレッスンされている方が驚いたようである。
Ho先生から、ディノ君を内方に強く向けて輪乗りするよう指導された。
脚の指導も改めて、指導を受けた。
脹脛を当てたら、脚に力を入れるのではなく、胸を張り上体を上げる(腰を少し上げる感じ)ことで自然と脚が閉まり、正しい脚となるのである。
ディノ君に踵を当てたら、跳ねたりするので厳禁。
両手綱を緩めたりしないことも大切。
馬に手綱を引いてもらう様にするには、馬が前に出た分、自分が戻る。
自分の上体が前に行かないようにする。
それらは、どの馬に対しても同様である。
レッスン終了後、先生から、「脚の使い方は、今日の様でいいです。それはどの馬に対しても同様だが、特にディノ君には踵を当てないこと。」と言われた。
ディノ君は馬場に行くまでは一人でも大丈夫だが、帰りは興奮気味となり危ない場合があるので、どの方も今までは先生と2人で引き馬して帰るのである。
しかし、この日は帰りながら私が先生に「ディノ君が跳ねても怖いと思いませんでした。」と言うと、先生は勘違いして「あ、そうですか」と言いながらいつの間にか引き馬から居なくなってしまった。
私はレッスン中にディノ君に跳ねられても怖いと思わないと言ったつもりであったのである。
しかし、一人での帰りの引き馬も、多少ディノ君が早く歩いたりしたが、「スロー・スロー」と言い聞かせて、危ないことも起きず怖いと思わずに帰ることが出来た。
この日は、Cクラスの先生がお休みで、Ho先生はC・Dクラスの両方の対応しなければいけなかったので、忙しかったのである。

レッスン終了後、一度ディノ君を馬房に戻して休ませてから洗い場でお手入れをした。
馬装もお手入れも安心してできるヂィノ君とは、馬場でも安心して騎乗できる様になりたいと思う。
ディノ君は、私にとってDクラスでは一番可愛いお馬である。
もちろん、他のどのお馬も好きである。
ディノ君のお手入れの後、馬房でショコラ君のお手入れをして、自分の馬具のお手入れをして早々にクラブを出た。
この日は、クラブのスタッフさん達の忘年会とのことであったので。

今日21日木曜は、上記の通り風邪が完治しないので、家で愛猫みりぃとゴロゴロして過ごした。
もうすぐクリスマス、みりぃもクリスマスバージョンの首輪を装着。
私が家に居ると、何処でも私にべったり。
胡坐をかくと、直ぐに乗ってくる。
お馬ばかりでなく、猫達のことも考えねばね。
そう、友人との忘年会も控えている。
年賀状もまだ書いてない・・。
風邪を治さねば・・・。
Dino20171220a Miryi20171221a

|

2017年12月19日 (火)

500鞍目はディノ君と!!

風邪が治ったと思ったら、またぶり返してしまったが、薬や栄養ドリンクうがいをして小康状態。
そんな中での2鞍のコメントをします。

12月17日(日曜日)は午前10:00から499鞍目の乗馬レッスン。

Ho先生の下、私はネオ君、他はディノ君、キャスパー組で3組でのレッスンとなった。
いつも日曜の9時にネオ君に乗られるベテランの女性の方がこの日は来られず、ネオ君は私とが初仕事。
最初の左手前では体が硬くなかなかほぐせず、我慢の乗馬であった。
また、左手前ではなかなか頸を内方指定に向けられず苦労した。
右手前では、自分では強く内方に向けてないが少し極端に頸を内方に向けるので、外方に戻すように扶助した。
ただ、右手前になってからはようやく良い動きとなり、速歩も続けられた。
蹄跡で少し駈歩もできた。

この日は、午後3時から馬事公苑のカバロで馬に関する講習会があるので、馬具の片づけをしてクラブでランチタイムを過ごして早々にクラブを出た。

カバロの講習会は、「シニアホースの付き合い方」で、色々と参考になった。
内容は、またの機会にコメントしたいと思います。
お土産に、馬の蹄の成長と保護に効く「蹄冠クリーム」をいただいた。

12月18日(月曜日)は午前11:00からサンヨーガーデンで記念すべく500鞍目の乗馬となった。

Ho先生の下、私は待望のディノ君、他はネオ君、イーグル君組で3組でのレッスンとなった。
初めてのディノ君との乗馬は、マルタンと言う馬の頭が上がらない様にする調整具を馬の頸と頭絡と手綱と腹帯にかけて装着して騎乗した。
ディノ君は、とても軽い馬で踵が当たらない様に十分に注意して騎乗した。
速歩は、なんかふわふわしと上に向かう感じでとても軽やかな歩様であった。
巻乗りや輪乗りも、抵抗なく軽やかに出来た。
ただHo先生から物見することがあるので注意するように言われた。
それが原因か、またイーグル君が後ろの迫ったのが原因か分らないが、速歩の際に突然上に跳ねた。
私は絶対に踵を当ててなかったが、ディノ君は時に何かに驚くことがあるようだ。

レッスン終了後、ディノ君は午後もお仕事があるのでショコラ君を馬房でお手入れをして、風邪気味であったのでランチタイムも取らないで早々に帰宅した。


今日19日は風邪気味であったので静養して、明日20日水曜はどうしようかと迷っていたら午後5時を過ぎて事前のキャンセルが出来なくなった。

風邪はそれほどではないので、クラブに行くつもりである。
もしかして、お馬は、またディノ君かもしれないしね・・・。
Sanyou20171217a Sanyou20171217b Cavaro20171217a_3 Cavaro20171217b Dino20171218a_2 Dino_polestar20171218a_3 Dino_me020171218a Chocolat20171218a

|

2017年12月15日 (金)

12月も中旬、体調不良

サイモン君に踏まれた右足の小指は、現在は問題なく回復した。
ただ、今日は12月15日金曜日と今年最後の月も中旬となってしまったが、風邪をひいてしまった。
13日水曜日は引き始めで乗馬レッスンを受けたが、帰宅時間の夕方に体調が悪化したので、その日14日木曜の乗馬をキャンセルした。
そして昨日、今日15日も体調の回復が望めないと判断して、本日15日金曜の乗馬もキャンセルした。
来週の22日金曜日は大学時代の友人との忘年会、23日土曜日は中学生時代の友人との忘年会がある。
家の整理や年賀状も書かなければとか思いながら、年末に向けて気忙しいが、先ずは体調を改善させることが大切。

以下、またまとめて乗馬日誌をコメントします。

12月10日(日曜)は午前10:00から496鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、私はネオ君、他はナイスシャトル君、イーグル君、キャスパー君組で4組でのレッスンとなった。
この日のネオ君、なかなか良い動きにならなかったが、左手前になってから少し良くなり駈歩を少しさせたら良くなった。
9:00からベテランでいつもネオ君に乗られている方から乗り替わりで、以前ならすぐに良い動きとなったが、この日はその方も良くなかったと仰っていた。
馬も生き物、いつも良い状態ではない。
その方いわく、ネオ君は最初に両踵を当ててギヤチェンジしないと動かないとのこと。
ギヤチェンジはどの馬にも共通することだが、私はその方法とタイミングがまだよく十分に理解してないと思った。
馬も色なん性格があるが、ネオ君は虫が居なくても止まって足を描いたりしてさぼろうとする仕草をするとのことで、そうゆう場合はビシッと鞭を入れることも必要とのこと。

レッスン終了後、クラブでランチタイムを楽しみ、午前中でお仕事を終えたショコラ君のお手入れを馬房で行った。

12月11日(月曜)は午後2:30から497鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、私はキャスパー君、他はネオ君で2組でのレッスンとなった。
キャスパー君とはDクラスに入って5度目の騎乗で、男性では多い方とのこと。
周囲の方から、今日はご褒美デーと言われた。
キャスパー君は、やはり素晴らしいお馬。
乗り手がどうして欲しいのか、判って動いてくれる。
巻乗りも、輪乗りも、乗り手のちょっとした騎座の動きで曲がってくれる。
輪乗りの駈歩もゆっくりとした駈歩をしてくれる。
ただこの日、2度目の駈歩の際に踵が当たってしまったようで、跳ねられてしまった。
ごめんなさい、キャスパー君。
この日Ho先生から2組とも言われたことは、Dクラスの乗り手として指導員に「この様に馬に乗れています。先生どうですか?」とアッピールして欲しいと。
そこで、私はHo先生に「もっとゾーンに入って乗らないといけませんね」とお答えした。

レッスンを終えて、キャスパー君のお手入れをした。
キャスパー君は馬装もお手入れもできて、馬場でもお利口で、やはり素晴らしいお馬であると思った。
キャスパー君、鬣付近にもつむじがありましたのを発見。
また機会があれば、乗りたいお馬である。
キャスパー君のお手入れの後に、ショコラ君を馬房の中でお手入れをして帰宅した。

12月13日(水曜)は午後1:30から498鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、私はネオ君、他はナイスシャトル君、イーグル君組の3組でのレッスンとなった。
ネオ君を前回の10日と同じようになかなか良い動きとならず、手前を変えてからやっとギヤチェンジが出来て良い動きとなった。
中途半端なギヤチャンジでは、ダメだと実感した。
正しい脚を入れても前に動かなければ、鞭。
中途半端では、馬と会話できないのである。

レッスン終了後、ネオ君を馬房に戻さないでHo先生に洗い場に繋いでいただき、素早くお手入れして馬着を着せて馬房に戻した。
その後、ショコラ君を馬房でお手入れをして帰宅した。

今日15日金曜日の夜、まだ風邪が治りそうにない感じ。
17日(日曜)の乗馬レッスンもどうするか、明日の状況で決めたいと思う。
無理したくはないが、現在自分のレッスンで騎乗してないBクラス所属のショコラ君が気になる・・
Neo20171210a_2 Sanyou20171210a_2 Casper20171211a_2 Casper20171211b_3 Chocolat20171211a_3 Sanyou20171213a Neo20171213a_2

|

2017年12月 7日 (木)

師走になりました

今年も最後の月の12月となり、今日は既に7日を過ぎようとしていますが、色々とありました。
今年を振り返ると、乗馬クラブに通う日々で今年も宿泊するような旅行をしなかった。
そもそも旅行する計画を立てるのが苦手で、妻も出不精なので八ヶ岳山麓の山小屋を処分してからは、殆ど宿泊する旅行をしなくなった。
友人の誘いで、日帰り旅行をするくらいであった。
秋を感じたのは、乗馬クラブに来る時の車から観る街路樹や、クラブでの樹木からであった。
今月は、友人等との忘年会の誘いが来ている。
そろそろ年賀状も考えなければならない。
年金基金から年末調整を出すよう書類が届いてる。
家の中の整理もしなければ・・・。

先日12月2日に私のiphone6がプログラムのバージョンアップでフリーズした。
よってappleのサポートにネットで予約を入れて、表参道のappleへ対応をしてもらった。
apple訪問前に既に修正のバージョンアップをしたのでフリーズは無くなっていたが、電池の消耗が早いのでチェックしてもらった。
すると、やはり電池の劣化が進んでいたので早々に電池交換をしてもらった。
夜の表参道は、綺麗にライトアップされていた。

以下、12月に入っての乗馬レッスンのコメントを簡単に記述します。

12月1日(金曜)は午後3:30から492鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、ナイスシャトル君との1組のプライベートレッスンとなった。
この日ナイス君の苦手な右手前からレッスンを開始しし、元気な動きとなるよう会話して脚を理解させた。
左手前になると、脚にとても反応が良くなり、速歩が軽快な動きとなった。
スピードが早くなり、Ho先生からリズムが早いので落とすように指導された。
その場合は、前に出ようとしたら馬を上に持ち上げるような感じで、胸と腰で上に上にと上体を上げる。
そうすると、前に行こうといた馬は上に向けられるのでリズムがゆっくりとなる。
手綱が緩くなり馬の頭が上がったら、普通は内方手綱を馬と張りっこ出来るように内方脚を使って自分の内方の胸と肩が後ろに戻る。
いずれにしてもどちらかの手綱を張りっこしないと、馬の頭が上がってしまう。
私は、両手綱を緩めがちと注意された。
そんなご指導を受けながらちゃんと馬を横に向けられず速歩発進をすると、ナイス君はいきなり競馬のゲート発進の様な襲歩(ギャロップ)となり止めたがC馬場境付近で急転回がちとなり、危うく落馬しかけた。
Ho先生から馬を内に横に向けながらするよう指導されたが、しっかり理解せず再び同じところから暴走してしまい、2度も襲歩(ギャロップ)させてしまった。
それからは、Hoからナイス君を内方にしっり屈折させながら歩かせるように指示を受けた。
そうすることで、自分は馬(ナイス君)に負けないと、馬に解らせることが大事であるとの指導を受けた。
馬がしっかり理解したところで、輪乗りの速歩をしようとしたが、駈歩となってしまった。
Ho先生から両手綱が緩んでいるからと、注意を受ける。
内方手綱を張って速歩発進させるのですよ。
ここで、一度私は下馬して、Ho先生が調馬策でナイス君をしばらく調教した。
そして私は再び、Ho先生の調馬策の下ナイス君に乗り速歩から駈歩を行った。
それによって、ナイス君との乗馬を恐怖心を抱いたまま終わらないで済んだ。
Ho先生、ありがとうございました。

12月3日(日曜)は午前10:00から493鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、私はネオ君、他はシャンティちゃん、イーグル君、キャスパー君組で4組でのレッスンとなった。
この日のレッスンは、先日のナイス君とのレッスンの反省を込めて臨んだ。
ネオ君は、9:00に上手な方が乗られたのも影響して、とても穏やかでありながら良い動きであった。
左右共に少し蹄跡で、良い駈歩もできた。

12月4日(月曜)は午前9:00から494鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、私は昨日同様にネオ君、他はイーグル君、キャスパー君組で3組でのレッスンとなった。
朝一番の9:00にネオ君とのレッスンは初めて。
先日のお上手な方と違って、ネオ君をなかなか元気よく動かすことが出来なくて時間が経ってしまった。
左手前になって蹄跡で少し駈歩をした後は、良い動きとなった。

12月6日(水曜)は午後3:30から495鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、サイモン君との1組のプライベートレッスンとなった。
この日のサイモン君は私とのレッスンのみがお仕事で、2:30のレッスンが無かったのでHo先生がD馬場で調馬策で調教をされた。
その為馬装をする時間が少なくなり、少々慌てた。
サイモン君は右手前だと、動きがぎこちない。
この日はD馬場を狭くして、左手前での輪乗りでのレッスンとなった。
サイモンはなかなか思うように元気な動きとならず、気持ちが焦りがちとなった。
速歩発進まで、なかなか行かなかった。
Ho先生から、「内腿と膝で挟んで鐙を踏む足を軽くして、脹脛を当てて、胸を開いて腰を少し上げる。」
出れば良いが、「出なければ踝から踵を当て、それでも出なければ、鞭。それで出たら、一度止めて再び脹脛を当てただけで出す。出なければ繰り返し。馬と会話する。」
左手前では、サイモン君は速歩発進の脚で駈歩となりがち。駈歩となったら。Ho先生から1.2のリズムで胸と腰で馬を上に運ぶ感じで速歩にさせるように指導を受ける。
何度か繰り返し、最後の時間でようやく良い速歩となった。

レッスン終了後、サイモン君を馬繋場に繋ぎお手入れをしようとサイモン君を馬繋場前まで引き馬しているときにいきなり方向転換して、右足の小指を踏まれてしまった。
小指がつぶれた様な痛みを感じて、女性のH先生に助けていただいた。
サイモン君は臆病で洗い場の馬繋場になかなか入らないのである。まして、夕食時間だったので私一人で洗い場に繋ぐのは無理であった様である。
だから、この日はサイモン君のお手入れも、ショコラ君のお手入れもできなかった。

今日12月7日も痛みがあるが、木曜日は多くの病院がお休みなので家で愛猫みりぃとごろごろとした。
ただ、骨が折れた様な痛みではない気がする・・・・。
Sanyou20171201a_3 Retasu20171201a_3 Pickles20171201a Niceshuttle20171201a_2 Niceshuttle20171201c_2 Niceshuttle20171201d Niceshuttle20171201f Neo20171204a Neo20171204b Sanyou20171203b Shinba20171203a_2 Omotesandou20171204a_2 Apple20171204a_2 Saimon20171206a Saimon20171206b_2 Miryi20171207a

|

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »