« 久々のネオ君とのプライベートレッスン | トップページ | 寒くなりました。体調不良 »

2017年11月18日 (土)

11月中旬をまとめて

11月12日(日曜)は午前10時から482鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、私はサイモン君、他はキャスパー君組で2組でのレッスンとなった。
久々のサイモン君とのレッスンは、私がちょっとぎこちなかった。
キャスパー組が馬場中央で素晴らしい駈歩されたので、私もと思い蹄跡で強引に駈歩を出してしまった。
Ho先生から、ちゃんと駈歩させる準備をして出しましたかと注意された。
ただこの日は、右手前の速歩が得意でないサイモン君をしっかりと柔軟にさせたのが良かったのか、とても良い右手前の軽速歩ができた。
レッスン終了後、サイモン君は午後もレッスンがあったのでディノ君のお手入れをしてクラブでランチタイムを楽しむ。
昼食後、ショコラ君のお手入れをして帰宅した。

11月13日(月曜)は午後1:30からの483鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、私はキャスパー君、他はネオ君、イーグル君、シャンティちゃん組で4組でのレッスンとなった。
この日はシャンティちゃんに騎乗されている方の音頭で、シャンティ・ネオ・イーグル・キャスパーの順で部班でHo先生の号令でレッスンを受けた。
Bクラスで良く行っていたが、久々の部班でのレッスンにちょっと戸惑いもあった。
Dクラスでの経験が浅い私は、Dクラスでは優等生のキャスパー君に騎乗されていただいた。
やはりキャスパー君はとても良い動きであった。
しかし、私が前を行くイーグル君との距離を開けすぎて、斜め手前変換の時など先頭を行くシャンティちゃんとの向き合うような場面を生じさせてしまった。
それは速歩の際に、ネオ君そしてイーグル君が次々と順番に跳ねたので、安全を図って距離を開けたからであった。
久々の部班でのレッスンは、面白くもあったが、まだまだ皆さんと合わせるのには、未熟な点があると思った。
まだ個別での指導により、レベルを上げなくてはと感じた。

レッスンを終え、キャスパー君のお手入れは午前中に騎乗いされた方がお手入れしてくださったので、私はディノ君のお手入れをした。
そして、夕方にはショコラ君のお手入れをする。

11月15日(水曜)は午後1:30から484鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、私はネオ君、他はシャンティちゃんとイーグル君組で3組でのレッスンとなった。
この日は、Ho先生から脚を入れるコツをご指導いただいた。
脹脛を当てた時に腰を上げっる(実際には上げない)様にすると、しっかりした脚となることを実感した。
はじめ動きの良くなかったネオ君の動きがとても良くなった。
良くなりすぎて、速歩の扶助を出したのに駈歩発進をしたりした。
後でHo先生から、馬が勝手に駈歩をしたら、直ぐに外報の手綱を張り止めないとダメですよと注意を受けた。

レッスン終了後、ネオ君のお手入れをして馬着を着せて馬房に自分で戻した。
ディノ君はシャンテちゃんに騎乗された方がお手入れされたので、ショコラ君のお手入れを馬房で行った。

11月17日(金曜)は午後3:30からの485鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下、ナイスシャトル君との1組でのプライベートレッスンとなった。
ナイスシャトル君は約1ケ月ほど足を痛めたので休馬していて、この日私とのレッスンが休馬ごの初仕事。
だから私のレッスン前に、Ho先生が下乗りをして下さった。
その先生の騎乗を承認しただきビデオ撮影した。
私が乗り替わると、Ho先生がご指導されながらビデオ撮影をして下さった。
この日は、徹底的に脚の入れ方をご指導してくださった。
速歩の脚の入れ方は、馬が動くような状態になったら、内腿・膝で馬体にグリップして脹脛を挟むように当てながら胸を開いて腰を上げる(実際は上げない)つもりで上げると、それだけで脚となる。
しかし、ナイスシャトル君は私との騎乗ではまだ動く馬になってないので、上記の方法から踝・踵を当てて速歩の発進をさせるのだが、それでも発進しなければ踵を当てたまま鞭を入れる(出るまで入れる)。
踵、鞭で発進したら、一度止める。そして、再び脹脛を当てながら胸を開いて腰を上げる様にする。それでも発進をしなければ、前文の通りを繰り返す。そうしていると、ナイスシャトル君は脹脛を当てただけで速歩となる様になった。
踵を入れる場合のpoint.
①自分の耳より踵が後ろに行ってはダメ。(それは常にそう)
②いきなり踵を当てない。
③足を水平にして、踵を当てる。
④踵は後方に蹴るのではなく、ハミに向かって前に入れる。
⑤踵をしっかり当てる場合は、膝を開いてつま先を外に向ける。
久々のナイス君とのレッスンは、楽しくとても有意義であった。
ただ、ナイス君、やはりC馬場で動いているポールスター君をとても意識していて、すれ違う時にポール君を威嚇しようとしていた。
ポール君は平然としていた。
レッスンを終えて、ナイス君のお手入れは出来ないので、ショコラ君のお手入れ、そして夕方にHo先生から調教を受けたディノ君のお手入れをして帰宅した。
Saimon20171112a Dino20171112a Sanyou20171112a Casper20171113a Casper20171113b Chocolat20171113a Dino20171113a Neo20171115a Neo20171115b Niceshuttle20171117a Niceshuttle20171117b Niceshuttle20171117c

|

« 久々のネオ君とのプライベートレッスン | トップページ | 寒くなりました。体調不良 »