« 2017年7月 | トップページ

2017年8月

2017年8月22日 (火)

4日間連続

8月に入って天候不順の日々の中、18日(金曜)、19日(土曜)。20日(日曜)、21日(月曜)と4日間連続で乗馬することができた。
以前はしっかりと乗馬日誌をノートに書き込んでいたのだが、最近は簡単なメモ程度になってしまった.
しかし、この4日間はそのメモさえ失念してしまい、衰えた私の記憶力だけで簡単なコメントをします。
ただ、20日(日曜)は自分の乗馬レッスンを終えてD馬場を見学した時に携帯iphonのボイスメモにHo先生の指導の声を録音した。
21日(月曜)はHo先生がお休みでS先生がC・Dの両方を指導でしたが、C馬場では私一人のプライベートレッスンとなったので、ビデオ撮影をした。
それが大分参考となりました。が今回はそのコメントを省略します。長くなってしまいそうなので。

8月18日(金曜)は午後4:00から439鞍目の乗馬レッスン。
H先生の下私は久々のシャンティちゃん、他は記憶が定かでなくなったがキャスパー君組で2組でのレッスンとなった。
この日のシャンティちゃんはとても良い動き。
久々であったが、左右手前共に少し駈歩発進・維持も行った。
シャンティちゃんにもっと乗りたいと思うのだが、休日や月曜の午前中などはいつも決まった方々が乗るのでなかなか乗れない。
ウィクディーの午後だと時折乗れるのである。

レッスンを終えてHo先生の許可を得てシャンティちゃんを丸洗いしたが、乾かすのに大分時間を要した。

8月19日(土曜)は午前9:00から440鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下私はネオ君、他はイーグル君、サイモン君、ナイスシャトル君組で4組でのレッスンとなった。
ネオ君の馬装は厩務員のT氏に行っていただき、引き馬の際はHo先生と一緒に行った。
馬装も引き馬もお手入れも自分では出来ないネオ君は、馬場での動きはとても良い。
短いワーミングアップ(左右の背中を動かす)で、ネオ君は良い常歩から速歩ができた。
ただこの日は4頭での乗馬であることと、この日1番のレッスンであったので駈歩は控えた。

レッスンを終えてこの日は見学をしてからランチタイムをクラブで過ごしてから早々に帰宅した。
新馬のディノ君も馬場での運動をしてないとのことで、お手入れできるお馬がいなかった。
それに夕方までぐずぐずしていると多摩川の花火大会にぶつかり道路が渋滞するのも嫌であったからである。
しかし、この日の夕方から我が住いの世田谷は豪雨・あられ・雷が凄かった。
可哀想に花火大会も中止となった。
私は、早く帰宅して良かったと思った。

8月20日(日曜)は午前10:00から441鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下私はネオ君、他はイーグル君、サイモン君、キャスパー君組で4組でのレッスンとなった。
ネオ君の馬装は9:00にネオ君に乗られたベテランの女性の方に行っていただき、馬場までの引き馬はHo先生がなかなか来られないののでベテランご姉妹の妹さんが一緒に連れて行ってくださった。
前日は荒れた雷雨であったが、D馬場は悪い状態ではなかった。
この日2鞍目のネオ君はとても良い動き。
ネオ君が怖がっているナイスシャトル君が居なかったので、左右での駈歩発進・維持をすこし楽しんだ。
この日も見学してからクラブでランチタイムを楽しんだ。
そして今日もお手入れできるお馬が居なかったので、ショコラ君の馬具の手入れをした。
とくに頭絡が酷い状態であったので、綺麗にしてからかカビ防止スプレーしてから鞍用の油も少し塗った。

8月21日(月曜)は午前11:00から442鞍目の乗馬レッスン。
この日はDクラスのHo先生がお休みであったので、CクラスのS先生がC・Dクラスの両方をご指導とのことで、私はCクラスで久しぶりにご指導を受けた。
S先生の下、C馬場でエムテス君とのプライベートレッスンとなったが、D馬場では3組の方々のレッスンもありS先生はお忙しいのである。
エムテス君も馬装は自分でできないので、厩務員のT氏に行っていただいた。
馬場ではエムテス君は、相変わらず良い動き。
エムテス君の場合は鞭は短鞭を使うが、全く使用しなくて騎座と脚で十分な動きをしてくれる。
この日左右手前共に長い時間軽速歩をした。
その左右の手前での軽速歩で、1度づつ「手前が合ってませんよ」とS先生から注意指導を受けた。
長い時間の軽速歩とは言え、2級検定試験を合格しながら「ダメだな」と自分でつぶやいた。
途中で勝手に駈歩発進・維持をしようかと思ったが、思い止まった。
レッスンを終えて、S先生に「エムテス君は、良い馬ですね」と言うと、S先生「皆な良い馬ですよ」と仰った。
そう、ここ乗馬クラブのお馬はそれぞれ個性あるが、スタッフの皆さんにより調教されて安心して乗れるお馬なのである。

エムテス君は私はお手入れできないが、午後3:00に乗られる方がお手入れできる方なので安心した。
S先生に、休馬中のポールスター君のお手入れの許可を得て、久々にポール君のお手入れをした。

この日午後3:00からDクラスを予約もしていたが、前日にキャンセルした。
Ho先生がお休みで、私は馬装やお手入れできるお馬が限られていることと、S先生のご負担も大変かと考えた。
Shanti20170818a Neo20170819a Sanyou20170819a Sanyou20170820a Sanyou20170820b Chocolat20170820a Emutesu20170821a Emutesu20170821b Emutesu20170821e Emutesu20170821f Emutesu20170821g Polestar20170821a

|

2017年8月16日 (水)

8月も中旬、秋雨の様な日々

8月に入ってからすっきりしない天気が続き、今日16日(水曜)のも雨模様。
14日(月曜)もすっきりしない天気で、前日の雨で乗馬クラブの馬場がぬかっていたがどうにか乗馬レッスンを受けることができた。
しかし、今日の16日(水曜)は1日中雨模様の様なので、前日に午後4時からの乗馬予約をキャンセルした。
金曜も予約しているが、今週の天気予報は毎日の様に雨マークが付いている。
8月だと言うのに、まるで秋雨の様な日々が続くようで憂鬱になる。

家に居ると、この雨模様で外に出る気もしなで愛猫みりぃとごろごろと過ごしてしまう。
以下、乗馬のコメントをまとめてさせていただきます。

8月9日(水曜)は午後4:00から435鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下私はサイモン君で、他はシャンティちゃん組で2組でのレッスンとなった。
サイモン君はこの日は私とのレッスンが最初で最後のワンレッスンのみのお仕事であった。
だから先ずはサイモン君を柔軟にさせることに努めた。
しかし、Ho先生から、まだ馬の背中が左右共に十分に曲げられてないと指摘された。
たしかに、速歩をさせるとぎこちない動きであった。
私はまだ腕で馬を曲げようとしていたのである。
Point.
①自分の拳から肘までは手綱であるかの様に、腕のみを動かすことをしない。
②馬を曲げる場合は、肘を脇から離さず肩・背中・腰を後方に引き曲げる方の拳の小指を外側に向けることで腕が外に開く。
その際、腕の力で外側に開かない。その様な人の動きで、馬を正しく屈折させることができる。
➂馬への扶助は、自分の体の前で行うのではなく、後ろで行うこと。
つまり、前に伸ばしている腕ではなく、内腿・腰・背中、そして脚である。
以上。
サイモン君は、左手前で速歩を出そうとすると駈歩発進をしがちとなる。
その際は、その状態のまま速歩にさせようとするのではなく、一度「ダメ」ということで停止させて、再度速歩の扶助をすることと指導を受ける。

レッスンが終わりHo先生がサイモン君に乗り替わり、学生さんが騎乗しているシャンティちゃん組を延長してのレッスンをされた。
その間私は馬場で見学し終了すると5時を過ぎていた。
Ho先生にサイモン君のお手入れはどうしましょうかとお尋ねすると、Ho先生がされるとのことで安心。
しかし、しばらくするとHo先生は新馬のディノ君のお手入れを始められた。
クラブの終了時間も近づき、私がサイモン君のお手入れはと心配していると、サイモン君に騎乗されることが多いベテラン女性の方がお手入れをしてくださるとのことで、一緒にお手入れをすることにした。
しかしサイモン君はなかなか馬繋場に入ろうとしないお馬なので、Ho先生に入れてもらったが、一番端の馬繋場はゴムの敷物に大きな穴か開いていて、それを怖がり入ろうとしなかった。
そしてやっとクラブハウス近くの馬繋場に入れていただき、お手入れを始められた。

以下、8月11日(金曜)、13日(日曜)、14日(月曜)の3日間はネオ君との乗馬レッスンとなりました。
ネオ君はとても臆病で、それが原因で時折噛んだりするので、馬装も引き馬も先生かスタッフの方にしていただいています。
だから、私はお手入れも出来ません。この3日間は、新馬でまだレッスンに出れないが早朝に馬場でHo先生に調馬索で調教を受けているディノ君のお手入れをした。
ディノ君は馬房から出して馬繋場に入れてお手入れするが、とても穏やかで可愛いのである。
ディノ君の馬房の隣のポールスター君がヤキモチを焼くかのように「グゥグゥ」と鳴く。
ポールスター君は左前足を痛めていて休馬中なのである。
そう、長いこと休馬中のショコラ君のゼッケンやパッドが汚くなっていたので、汚れを落として比較的に天気の良い13日に干した。
その13日の朝、ポールスター君がS先生にC馬場で運動をさせてもらっていた。
またショコラ君はHa先生にB馬場で散歩をさせてもらっていた。
Dクラスでレッスンを受けるようになっても、Bクラスのショコラ君、Cクラスのポールスター君がいつも気になるのである。

さてネオ君とのレッスンを簡単にコメント。
馬装もお手入れも引き馬も私一人ではできないお馬だけど、馬場での動きはとても良かった。
今のところ、ネオ君が私を怖がったり嫌うこともなさそうである。

8月11日(金曜)は午前11時から436鞍目の乗馬レッスン。
この日ネオ君は9時の方と乗り替わり、他はシャンティちゃん組とナイスシャトル君組で3組でのレッスンとなった。
この日のネオ君はとても良い動き。
シャンティちゃん君が駈歩をされたので、私もネオ君に駈歩をさせた。
左右の駈歩の発進・維持がそれなりに良くできたと思った。

8月13日(日曜)は午前10:00からの437鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下私はネオ君、他はサイモン君、ナイスシャトル君で3組でのレッスン。
この日のネオ君は右手前では良く動いたが、左手前になると止まりがちとなった。
右手前で駈歩させたり動かし過ぎたのか、ちょっとさぼりがちとなった。

8月14日(月曜)は午後3:00から438鞍目の乗馬レッスン。
Ho先生の下私はネオ君、他はナイスシャトル君組で2組でのレッスンとなった。
当初は4組でのレッスン予定であったが、この日は雨模様で2組がキャンセルとなった。
馬場がぬかっていて悪かったが、この日のネオ君は今までで一番良動きで。
途中で駈歩もしてみたいと思ったが、ぬかっている馬場でネオ君が足を痛めてはと思い止まった。

我が家には家猫みりぃが居るが、外には隣の実家と私に保護されている外猫達が4匹ほど居る。
その1匹の牝猫のチビがとても人なっこく、実家に家猫で牡のトラ君が居るがほぼ家猫状態となっている。
よく私とも遊び、私の車の屋根で昼ねしたりしている。
16日(水曜)の今日は雨で、私は愛猫みりぃとごろごろ状態となった。
Saimon20170809a Saimon20170809b Neo20170811a Sanyou20170811a Deino20170811a Polstar20170811a Shirochan20170811a Shirochan20170811b Polstar20170813a Chocolat20170813a Deino20170813a Sanyou20170813a Sanyou20170814a Neo20170814a Deino20170814a Chibi20170810a Miryi20170815a

|

2017年8月 8日 (火)

8月に入って

8月6日(日曜)は午前10:00から433鞍目の乗馬レッスン。
H先生の下私はサイモン君、他はナイスシャトル君とキャスパー君組で3組でのレッスンとなった。
サイモン君はこの日の初仕事なので、まずはいつもの通り馬の背中を柔軟にさせることに努めた。
その際に、私はまだ時折腕で馬を曲げようとしているとH先生から指摘される。
H先生手綱から自分の肘まで一つとなるような感覚になる様に腕は動かさない、と言うか動かせない様に肘を脇に着ける。
また駈歩をさせたときに、自分の肘が脇から離れて締まっていることも指摘された。
まだまだ脇が甘いと、反省。

レッスン終了後ランチタイムをゆっくりクラブで過ごた。
サイモン君は午後3時からのレッスンがあるので、H先生に了解の下新馬のディノ君のお手入れをした。
この日は、初めて自分でディノ君を馬房から出してお手入れを足から全て行った。
若いディノ君はとても穏やかなお馬。
将来Dクラスのお馬としてH先生から調教を受けて、どんな馬になって行くのだろうか。
いつか乗れることを、楽しみにしている。
ディノ君のお手入れが終わるころ、突然の大雨となった。
小雨となった時点で、ようやくディノ君を馬房に戻してあげた。
ただ、この雨で3時からの乗馬がキャンセルされた場合のサイモン君のお手入れも心配になった。
だが、サイモン君に乗られる予定の方は乗馬をキャンセルされたが、お手入れをしてくださったので、安心した。
雨が止むと、急に晴れて暑くなった。
猫のしろちゃんが寄って来たので、おやつをあげた。

8月7日(月曜)は午後11:00から434鞍目の乗馬レッスン。
この日は久しぶりにCクラスでのレッスンを受けた。
S先生の下、私はエムテス君で他はツバサ君組で2組でのレッスンとなった。
久しぶりエムテス君、やはりとても良い動き。
だがS先生から観れば、後ろ脚からの良い動きにから来る手綱を引いてもらう動きとなってないと指摘を受けた。
適切な脚の扶助により、後ろ足からの動きを良くすると、エムテス君は頭を下げて良いハミ受けができた。
すると、軽速歩での巻乗りもスムーズにできた。
この日は駈歩のレッスンはなかったが、とても良いレッスンであった。
やはり、時折Cクラスでのレッスンも改めて必要であると思った。
まだまだ教わるべきことが多々ある。

この日は午後3:00からDクラスでのレッスンも予定していたので、それまでゆっくりとクラブで過ごす。
エムテス君は私はお手入れできないが、午後3時から騎乗される方がお手入れできる方なので、安心していた。
しかし、午後2時過ぎから雨が降り出したので、私は3:00からのレッスンをキャンセルさせていただいた。
ところが3時前には雨が止んでしまった。
再びレッスンを受けようか迷ったが、馬具を片付けてしまったし午前の乗馬で満足していたので、乗る予定であったシャンティちゃんのお手入れをした。
エムテス君は予定通り3時にレッスンを受けられた方がお手入れをなさっていたので、安心して帰宅した。
Saimon20170806a Dino20170806a Dino20170806b Saimon20170806b Shirochan20170806a Shirochan20170806b Shanti20170807a Emtesu20170807a

|

2017年8月 2日 (水)

7月も終わり、8月となりました。

7月28日(金曜)は午後3:30からの430鞍目乗馬レッスン。
H先生の下、私はシャンティちゃん、もう一組はキャスパー君組で2組でのレッスンとなった。
いつもの様に馬の左右の背中を動かすように仕向けると、シャンティちゃんはとても良い動き。
ただ、この日は止めようとしてもなかなかちゃんと止まらなかった。
H先生からいきなり止めようとするからで、半減脚を行うことが必用と指導を受ける。
腰を鞍から浮かすように、後退させるつもりで肘・肩・背中を使って手綱を張らせるのである。
この日は初めて救急停止の方法も学んだ。
上体を思いきリ後方に反らして腕を伸ばし、足の踵を下げて前にする。である
シャンティ君を駈歩させて何度も行った。
この日はとても貴重な体験をさせていただいた。

レッスンを終えて、シャンティちゃんをシャンプーで十分洗ってあげた。
だから乾かすのに大分時間を要してしまった。

7月30日(日曜)は午前10:00から431鞍目の乗馬レッスンに当日追加で午後2:30からも432鞍目の乗馬レッスンを受けた。
7月31日(月曜)から8月3日(木曜)までの4日間はサンヨーガーデンさんの夏休みとなるので、いつもの月・水もレッスンが受けられなくなるので、午前のレッスンで汗びっしょりとなったがお昼を挟んで午後一番とレッスンを受けることにしたのである。

午前10:00のレッスンはH先生の下、私は初めて騎乗するネオ君、他はキャスパー君とシャンティちゃん組で3組でのレッスンとなった。
ネオ君はとても臆病な馬で、馬装は先生かスタッフに、引き馬も先生同伴で馬場に連れて行っていただいた。
初めてのネオ君はとても良い動き。その前の9:00のレッスンでもネオ君はベテランの方のレッスンに出ていたので、もうすでに柔軟な体になっていた様である。
速歩は直ぐに発進はするのだが、途中でネオ君に勝手に止まられたりした。
ネオ君は騎座に対して厳しようである。
H先生が仰るように、「足で鐙を踏むのではなく、膝で鐙を踏む様な騎座」が大切なのである。
それには内腿でしっかりとグリップできた状態の騎座にならなければならない。
そう言うことを注意すると、速歩の維持もしっかりとできるようになった。
最後に、自分でちょっと駈歩をさせてみた。
初めてのネオ君とのレッスンは良かった。

ランチタイムをゆっくりのクラブで過ごした。

午後2:30からのレッスンもH先生の下、私のお馬はネオ君となった。
他はイーグル君とサイモン君で3組でのレッスンとなった。

午前10:00のレッスン終了から4時間程経っていたので、いつもの様に馬の背中を柔軟にさせることに努めた。
するとネオ君は常歩・速歩でとても良い動きあ。
ただこの回、馬場中央でH先生指導の下駈歩レッスンを始めたイーグル君がちょっと荒れた状態になり、その周りを速歩していたネオ君が怖がり止まりながら跳ねた。
そんな中で、サイモン君も蹄跡で駈歩をさせたりしていたので、自分もネオ君を駈歩させたりした。
Dクラス、自分たちの判断や状況でそれぞれが駈歩させたりする。
私はDクラスで、まだ新米なので皆さんの様子を観ながら駈歩をさせている。
ただ、H先生が仰るように、Dクラスは上級者のクラスなので、速歩・駈歩をさせるのが目的になってはならない。
馬が十分に柔軟になっていなかったり、動きが良くなかったりした場合は、45分間で速歩も駈歩も無理にさせられないこともありうるのである。
そういったことも、自分で判断が出来るようになりたいと思った。
レッスンは終了したが、H先生がイーグル君を調場策で調教を始めたので終了するまで私はネオ君に騎乗したまま馬場の隅で待機した。
終了して、H先生と一緒に馬場から出た。
クラブハウス前の馬繋場近くに来ると、休日にいつもネオ君に騎乗しているベテランの女性の方が馬装の解除をしていただき、ネオ君のお手入れも行ってくださった。

私はネオ君のお手入れは出来なかったが、新しくクラブに来て将来Dクラス担当の歩馬となるディノ君をH先生が馬繋場で足を洗っていたので、その後の体のブラッシングをさせていただいた。
ディノ君はとても穏やかな感じで、おとなしく私のお手入れを受け入れてくれた。

この日いつもクラブに持ってきている小型なデジカメでネオ君、ディノ君を撮影したのだが、帰宅してパソコンにデーターを移そうと思ったらSDカードが入っておらず、残念ながら写真を掲示できなくなった。
SDカードはパソコンに刺さったままだった。

8月2日(水曜)、いつものならば乗馬クラブに行っているのだが、クラブは夏休み中。
愛猫みりぃと、ごろごろして過ごす。
私自身は夏が終わってないのに、ちょっと夏バテ気味。
最近みりぃに構ってあげてないので、ちょうどよい休日となった。
Shanti20170728a Shanti20170728b Miryi20170802a

|

« 2017年7月 | トップページ