« 7月も終わり、8月となりました。 | トップページ | 8月も中旬、秋雨の様な日々 »

2017年8月 8日 (火)

8月に入って

8月6日(日曜)は午前10:00から433鞍目の乗馬レッスン。
H先生の下私はサイモン君、他はナイスシャトル君とキャスパー君組で3組でのレッスンとなった。
サイモン君はこの日の初仕事なので、まずはいつもの通り馬の背中を柔軟にさせることに努めた。
その際に、私はまだ時折腕で馬を曲げようとしているとH先生から指摘される。
H先生手綱から自分の肘まで一つとなるような感覚になる様に腕は動かさない、と言うか動かせない様に肘を脇に着ける。
また駈歩をさせたときに、自分の肘が脇から離れて締まっていることも指摘された。
まだまだ脇が甘いと、反省。

レッスン終了後ランチタイムをゆっくりクラブで過ごた。
サイモン君は午後3時からのレッスンがあるので、H先生に了解の下新馬のディノ君のお手入れをした。
この日は、初めて自分でディノ君を馬房から出してお手入れを足から全て行った。
若いディノ君はとても穏やかなお馬。
将来Dクラスのお馬としてH先生から調教を受けて、どんな馬になって行くのだろうか。
いつか乗れることを、楽しみにしている。
ディノ君のお手入れが終わるころ、突然の大雨となった。
小雨となった時点で、ようやくディノ君を馬房に戻してあげた。
ただ、この雨で3時からの乗馬がキャンセルされた場合のサイモン君のお手入れも心配になった。
だが、サイモン君に乗られる予定の方は乗馬をキャンセルされたが、お手入れをしてくださったので、安心した。
雨が止むと、急に晴れて暑くなった。
猫のしろちゃんが寄って来たので、おやつをあげた。

8月7日(月曜)は午後11:00から434鞍目の乗馬レッスン。
この日は久しぶりにCクラスでのレッスンを受けた。
S先生の下、私はエムテス君で他はツバサ君組で2組でのレッスンとなった。
久しぶりエムテス君、やはりとても良い動き。
だがS先生から観れば、後ろ脚からの良い動きにから来る手綱を引いてもらう動きとなってないと指摘を受けた。
適切な脚の扶助により、後ろ足からの動きを良くすると、エムテス君は頭を下げて良いハミ受けができた。
すると、軽速歩での巻乗りもスムーズにできた。
この日は駈歩のレッスンはなかったが、とても良いレッスンであった。
やはり、時折Cクラスでのレッスンも改めて必要であると思った。
まだまだ教わるべきことが多々ある。

この日は午後3:00からDクラスでのレッスンも予定していたので、それまでゆっくりとクラブで過ごす。
エムテス君は私はお手入れできないが、午後3時から騎乗される方がお手入れできる方なので、安心していた。
しかし、午後2時過ぎから雨が降り出したので、私は3:00からのレッスンをキャンセルさせていただいた。
ところが3時前には雨が止んでしまった。
再びレッスンを受けようか迷ったが、馬具を片付けてしまったし午前の乗馬で満足していたので、乗る予定であったシャンティちゃんのお手入れをした。
エムテス君は予定通り3時にレッスンを受けられた方がお手入れをなさっていたので、安心して帰宅した。
Saimon20170806a Dino20170806a Dino20170806b Saimon20170806b Shirochan20170806a Shirochan20170806b Shanti20170807a Emtesu20170807a

|

« 7月も終わり、8月となりました。 | トップページ | 8月も中旬、秋雨の様な日々 »