« 梅雨が明けました | トップページ | 7月も終わり、8月となりました。 »

2017年7月25日 (火)

サイモン君のお手入れできた

7月23日(日曜)は午前9時から428鞍目の乗馬レッスン。
この日の私のお馬はサイモン君。
サイモン君は馬繋場に連れ出しての馬装を嫌うので彼の馬房内で行うのだが、もうその馬装だけで汗だくとなってしまった。
そしてH先生の下D馬場で、私はサイモン君、他はネオ君とシャンティちゃん組で3組でのレッスンとなった。
この日も、サイモン君の背中を左右に十分に動かして柔軟にさせることに努めた。
その際に、時折どうしてもまだまだ手で馬を曲げようとして、H先生から注意を受けた。
そう、肘・肩・背中・腰を使って手綱を引くようにしないとハミも受けてくれなくなるのである。
この日もH先生から、Dクラスは皆さん上級者なので45分内に馬を常歩で良い動きにせずに速歩・駈歩をさせることを馬に求めてはダメですよと指示があった。
良い動きとなったサイモン君は左手前で速歩の脚を入れると、駈歩発進をしてしまうことがある。
それを止めて、速歩にさせるのがちょっと難しいが、何度か試みて速歩にさせた。
そして私自身もちょっと駈歩発進と維持をさせ、楽しんだ。

サイモン君はこの後もレッスンがあるので、お手入れはしなかった。
馬具のお手入れをしてから他の方々の乗馬レッスンを見学して、クラブで美味しいトンカツのランチをいただき、早々にクラブを出て馬事公苑に向かった。

この日は馬事公苑前のカバロで第3回目の馬に関するセミナーを受けた。
この日は、「馬のシャンプー」(馬の洗い方)についであった。
その内容は、ここでは記述せず、いつか機会をつくりたいと思います。
早めにカバロがあるビルの駐車場に車を停められたので、馬事公苑付近を散策した。
馬事公苑は3年後のオリンピック会場の工事が進められ、オリンピック終了後も2年間は一般に解放されないのである。
公園内の切られた桜の木は、農大の付属小学校建設の一部材料になるとのこと。
公園内の池に居た白鳥や鴨さん達は、どこに移ったのだろうか?
私が子供時代から散歩していた今までの馬事公苑の方が良かったと思いながら、辺りを散策した。

7月24日(月曜)は午後2:30から429鞍目の乗馬レッスン。
この日もお馬はサイモン君。
やはり馬装は馬房で行ったので、蒸し暑く汗びっしょりとなった。
そしてH先生の下、私はサイモン君、もう1組はネオ君組で2組でのレッスンとなった。
この日もサイモン君、馬場で騎乗しようとするとクルリと体を動かして私を乗せないような悪ふざけをした。
しかし私はそれに負けずにサーッと直ぐに騎乗すると、H先生「おーっ」と叫び笑いをされた。
この日は、CクラスのS先生がお休みで、H先生はCとDクラスの両方を指導しなければいけないので、私も負担掛けな様に心掛けた。
サイモン君の背中を左右十分に動かし柔軟にした。
この日は右手前で十分に背中を動かし常歩していると、いきなり駈歩しようとしたので止めた。
H先生に「なんで急に勝手に駈歩したのでしょうか」とお尋ねすると、「馬は生き物で色々な原因が考えられるが、そのことを考えることよりも、暴走しようとしたら的確に止められることが大切です。」とのアドバイスをいただく。
サイモン君はとても臆病なお馬、何かに驚いたのかもしれない。
レッスン中は気を抜かないで、どんな状況でも冷静に対応できなければと思った。
左手前では、いつもの様に速歩をさせようとすると駈歩発進を勝手にするので止めた。
そして止めて速歩に歩様変更させることも、少しずつ慣れて来た。
ただ、はじめから駈歩発進にならないようにサイモンを速歩をさせる扶助を身に付けたいと思うのである。
最後にちょっと自分からも駈歩を楽しんだ。

この日は晴れてはいなかったが蒸し暑くサイモン君も汗をかいていたので、H先生に承諾いただきH先生に馬繋場に繋いでいただき、丸洗いのお手入れをした。
サイモン君はなかなか自分から場繋場に入らないのである。
以前、馬繋場でサイモン君は居眠りをしてしまい倒れそうになりビックリしてしまい、それ以来馬繋場に入るのを怖がるようになったそうである。
だから全身丸洗いで体を乾かしている間に馬房の掃除をしようといたが、受付のKさんから怖がるので必ず傍に居てあげてくださいとのことで、完全に乾くまで傍に居てあげた。
サイモン君との3回目のレッスンで分かったこと、サイモン君は臆病だけど、とても甘えん坊で遊びたがり屋。
全身丸洗いは、サイモン君は好きな様でとてもおとなしかった。
そして、とても可愛い仕草をしてくれた。
Dクラスで3頭のお馬に騎乗して、シャンティちゃんに続いてサイモン君のお手入れが出来るようになった
この日は、なんだかとても幸せな思いであった。
Saimon20170723a Sanyou20170722a Bajikouen20170723a Bajikouen20170723b Bajikouen20170723c Cavallo20170723a Cavallo20170723b Saimon20170724a Saimon20170724b

|

« 梅雨が明けました | トップページ | 7月も終わり、8月となりました。 »