« 七夕にめぐり逢ったお馬 | トップページ | ナイスシャトルとのプライベートレッスン »

2017年7月11日 (火)

午後一番の乗馬は、とても暑い

7月9日(日曜日)は午後1:30から421鞍目の乗馬レッスン。
この日はCクラスでS先生の下私はジョー君、他はエムテス君組とツバサ君組での3組でのレッスンとなった。
この日ジョー君はいつもの様に動きが良いと思い、また3組なので積極的に動かそうと思わずに他の馬と近づいたときに巻乗りをした。
その際にS先生から、巻乗りの際にスピードが落ち一定のスピードで動いていない、脚・鞭と言われてしまった。
ジョー君とのレッスンで、今まで鞭を入れるように言われたことが無かったので戸惑って鞭を入れずに脚だけで動かした。
そう、私は怠けて馬なりにさせてしまっていたのである。
この日、巻乗りや輪乗りの際に、何度か「馬なり」にさせて、注意を受けてしまった。
駈歩も今までのジョー君との駈歩の様な、良い発進・維持が出来なかった。
レッスンを終えて、S先生に今日は「雑になってしまいました。」と反省した。

この日はとても暑い日、レッスン終了後にジョー君を丸洗いしてあげた。
その後、ナイスシャトル君のお手入れができる御姉妹の方がナイス君を丸洗いをされていた。

7月10日(月曜日)、昨日同様に午後1:30から422鞍目の乗馬レッスンを受けた。
H先生の下D馬場でナイスシャトル君との1組のプライベートレッスンとなった。
この日のPointは、自分の背中の後ろから体を使うこと。
ともすると、自分の体の前だけで体を動かそうとして、馬が思うように動いてくれない。
その目安となるのは、肘を見れば判るとのこと。
つまり手だけで動かそうとすると、肘が動いしまう。
肘をしっかり固定して一つのフォームを作りあげれば、腕を自由に動かせなくなり、背中・肩・腰で手綱操作することになる。
そうすることで馬を動かせるのである。
馬は、また前回同様に、右左交互に背中を動かすことによって柔軟さが生まれて、良く動く馬となる。
しかし、この日の私は前回に初めてナイスシャトル君とのレッスンより、肘をやたらに動かし雑な動きとなってしまった。
この日もナイスシャトル君との駈歩レッスンは無かったが、終盤で速歩で輪乗りをしてると、いきなり勝手に駈歩発進をしたので止めた。
暑さもあるが、しっかりと集中できなかったと反省。

馬場でのナイスシャトル君は、とても素晴らしい。
馬房では人参をあげる際には注意とあるが、私が人参をあげる際にはとても穏やかで優しい目をしている。
ここのクラブでは皆さんが馬達を優しく扱っているが、以前の場所で手荒い扱いを受けたりして臆病になっている馬もいる。
そんな馬達もだんだん穏やかになるのだと思う。
残念ながら、ナイスシャトル君のお手入れはまだまだ私には出来ないので、馬具の手入れと少しの間他の方々の乗馬レッスンを見学して帰宅した。
Joe20170709a_2 Niceshuttle20170709a Niceshuttle20170710a Niceshuttle20170710c Niceshuttle20170710d Niceshuttle20170710e

|

« 七夕にめぐり逢ったお馬 | トップページ | ナイスシャトルとのプライベートレッスン »