« 馬場馬術認定試験を終えて | トップページ | 思いを新たに »

2017年6月25日 (日)

久しぶりのお馬達との乗馬

6月22日(木曜)は午後3:30からの413鞍目の乗馬レッスン。
この日のお馬はてっきりポールスター君と思っていたが、ポール君は左前足を痛めていて、
S先生の下私は久しぶりにツバサ君、もう一組はジョー君組で2組でのレッスンとなった。
久しぶりに騎乗したツバサ君、今までの印象とは違ってとても良い動きで、良い乗り心地であった。
私の騎座が今までよりも大分良くなったのだろうか?
この日ツバサ君は私との1鞍だけのお仕事であったが、私がクラブに到着した時にゼッケンとパッドが干されていたので、S先生が調教の為に乗られたのかもしれない。
この日、ツバサ君の常歩、速歩はこんなにも乗り心地が良いのかと思った。
頭も程よく下げて、ハミを気持ちよく受け入れてくれている様であった。
S先生、「馬が動かないのを殆どに人が馬のせいにするが、その原因の殆どは人にあるのですよ。」とのこと。
右手前からの駈歩は、直ぐに発進できなかったが、今まで以上に早い段階で発進させることが出来た。
ただその駈歩の維持は、他の馬達との駈歩に比べてスローに感じて止まってしまうと思い込み、自分が馬上でバタバタして止まってしまった。
左手前での駈歩は、ツバサ君のスローな駈歩に慣れたこともあり、ツバサ君の動きに着いていく余裕ができたので発進・維持がとても良くできた。
S先生から緩やかな駈歩の維持の方が、馬上で自分の騎座を修正したり色々と動けるのですよアドバイスをいただいた。
ツバサ君、最高!と思ったレッスンであった。

レッスン終了後、久しぶりにツバサ君のお手入れをした。
ツバサ君の蹄は、とてもしっかりしている。
馬体も大きくて太いので、ジョー君の前にツバサ君との経路練習が多かったので、ツバサ君用の腹帯も購入していた。
乗るのも、お手入れも一番安心なお馬であると思った。

6月23日(金曜)は、この日の最終時間の午後4:30から414鞍目の乗馬レッスン。
S先生の下、カフェラテ君とのプライベートレッスンとなった。
カフェラテ君とは以前に3鞍しか騎乗していないお馬なので楽しみなレッスンとなった。
カフェラテ君はジョー君同様に軽快に動くお馬だと思っていたが、その通りであった。
この日は、S先生から巻乗り・輪乗りを重点的にご指導をいただいた。
今までの私(多くの人がそうであるとのこと)は、手で馬の頸を内方にして馬を回そうとしていた。
それだと曲がることもあるが、正しく綺麗に回れないし寄れてしまうことが多い。
馬の脊椎はほぼ水平で、そこから地面に向かって4本の肢が伸びている構造だから、その場で人間の様に身体を捻じってクルッと回ることはできないのである。
馬が向きを変えるためには、前肢を回る方向に向かって横に動かす必要があるのです。
そう、横歩きをさせないと、馬は曲がれないのである。
S先生のご指導は、外方の手綱を受けて内方手綱を譲り外方脚を入れて内方側に横歩きをさせることで、曲がれるのである。
常歩から速歩でも巻乗りを何度も行った。
駈歩レッスンは右手前から行い直ぐに発進したが、勢いよく発進させたのでその維持も速くなったので一旦止めてを、何度か繰り返した。
カフェラテ君は駈歩発進の際に唸りながら力強い発進をするので、その勢いについつられてしまい維持も速いままにの「馬なり」にさせてしまった。
S先生から手綱を短く持ち過ぎると注意された。ハミを強くされたのも原因で、速い駈歩となったようなのである。
左手前では、それらのことを反省してどうにか緩やかな駈歩ができた。
レッスンを終えてS先生が、調教の為乗り替わった。
この日プライベートレッスンなので、ビデオ撮影をすれば良かったと思った。
昨日のツバサ君とは性格も動きも異なるカフェラテ君との乗馬も楽しかった。
しかし、どのお馬に騎乗されてもS先生の姿と騎座・手綱さばきは同じであることに、深く感動した。
経路練習の時にDクラスのH先生のアドバイスで、「乗馬は、騎乗している人は変らないこと、馬を変えて行くことで馬を動かせる」と言う言葉が良く判った気がした。

レッスンを終えてカフェラテ君のお手入れはS先生がしてくださった。
やはりカフェラテ君も足の具合があまり良く無いようで、水を流しながら冷やしていた。

6月25日(日曜日)の今日は午前11:00からの乗馬予定であったが、前日に雨予報であったのでキャンセルした。
本格的な梅雨の季節となったようで、馬も自分も健康管理が大切になると思った。
いつも夜更しをしても早朝に愛猫「みりぃ」に起こされて寝不足状態であったが、今日はほぼ一日中寝て過ごした。
明日は午後2:30からの乗馬レッスン、お天気なんとか大丈夫のようだ。
お馬は、誰になるでしょか? 楽しみである。
Tsubasa20170622a Tsubasa20170622b
Cafelatte20170623a Cafelate20170623b

|

« 馬場馬術認定試験を終えて | トップページ | 思いを新たに »