« もう1月も終盤 | トップページ | 2月1日はプライベートレッスン »

2017年1月30日 (月)

ツバサ君と

1月29日(日曜)は午後2:30からの乗馬レッスン。
お馬は通常レッスンででは久しぶりのツバサ君。
頭絡を厩務員のTさんに馬房で装着していただいてから、馬繋場に連れてゆきレッスン前のお手入れと馬装をした。

336鞍目の乗馬レッスンはS先生の下、私はツバサ君でもう一組はエムテス君組で2組でのレッスンとなった。
この日は2組であったので、先日のツバサ君との2級経路練習の復習を込めてレッスンに臨んだ。
正反動の速歩での巻乗りだけでなく、馬場を真っすぐに横断することも試みた。
この日ツバサ君にS先生が、ネックストレッチャーとしてのひもを装着した。
S先生からその紐がピーンと張っている状態は、ツバサ君が手綱を強く引っ張ろうとしているからで、もし紐が無ければ手綱を強く引っ張られてしまいますよとのこと。
そうさせないようにツバサ君の後ろ足を元気にさせなければならないのであった。
ツバサ君にはあまり鞭を使うことは無かったが、ギヤーチャンジには鞭も必要であった。
経路練習でも、経路をする前のワーミングアップの際に鞭を一切使わなかったが、今後は必要な場合は使うべきと思った。
ツバサ君のペースではなく自分のペースで動くいてもらうようにしなければ、口の堅いツバサ君とのハミ受けが出来ないと改めて思った。
駈歩は右手前からであったがスンナリと出なかった。発進ができるとそれなりに良い駈歩ができた。左手前はスンナリト発進・維持が出来た。
今回の駈歩練習ではS先生に、2級経路練習で駈歩から速歩に歩様変更する際に常歩になってしまうので、練習をさせていただいた。
初めは、停まったり、また駈歩になったり上手く行かなかったが、S先生から「速歩の発進の扶助をキチットするのですよ」とのアドバイスで、落ち着いて歩様変更すると出来た。
S先生に感謝して、レッスン終了。
この日は暖かい日であったので、久しぶりに汗びっしょりとなった。

レッスン終了後、ツバサ君を馬房で少し休ませてから馬繋場でお手入れをした。
Tsubasa20170129a

|

« もう1月も終盤 | トップページ | 2月1日はプライベートレッスン »