« カフェ君とポール君 | トップページ | ツバサ君と »

2017年1月28日 (土)

もう1月も終盤

1月25日(水曜)は午後3:30からの乗馬レッスン。
お馬はポールスター君とのことで、レッスン前のお手入れと馬装をする。

334鞍目の乗馬レッスンは、S先生の下ポールスター君との1組のプライベートレッスンとなった。
ポールスター君とのレッスンは、1組だと他のお馬に気兼ねなくレッスン出来るのでラッキーである。
この日は巻乗りのレッスンを何度かした。
S先生から円が小さすぎますと指導を受ける。
「開き手綱は曲げる時だけ、曲がったら手綱を平行に戻し真っすぐに。外方の脚も曲がるときのみ。」
速歩のレッスンでは、速歩の発進・維持をさせて停止、再度発進・維持・停止を何度も繰り返した。
S先生から、「まだつま先が下に向き踵が上がりがちとなっていますよ。長い間そうしてきたので、なかなか直らないでしょうが、意識して修正する必要があります。」「脚は強くするのではなく、太腿・脹脛・つま先と軽くあてるだけ。」と指導を受ける。
駈歩は蹄跡上で左手前のみで行った。
やはりなかなか駈歩発進をしなかったが、しつこい脚をしないよう根気よくポールスター君と向き合い、ようやく駈歩発進・維持が出来た。
その駈歩はとても気持ちが良かった。

レッスン終了後、S先生に明日の経路練習のお馬はツバサ君ですかとお尋ねすると「そうです」とのこと。
私としては、いままで3度ツバサ君との経路練習したので、ジョー君かエムテス君と経路練習をしたいと思っていた。
しかし、S先生のお考えもあるでしょうから納得した。次回の時は、事前に他のお馬とも体験したいと率直に言おうと思う。

レッスン終了後、ポールスター君のお手入れをして帰宅した。

1月26日(木曜)は午後3:30から私の2級経路練習のレッスン。

335鞍目のお馬はツバサ君。
事前に頭絡をスタッフのFさんに装着していただき、レッスン前のお手入れと馬装をした。

DクラスのH先生より、経路練習に入る前にジェイク君に騎乗するDクラスの方と一緒にD馬場で、ご指導を受ける。
H先生より、馬を元気よく動かす為のウォーミングアップに、左右の手綱を肘と腰で交互に引くご指導を受ける。
2頭での一緒のレッスンでは常歩・速歩のみで終えて、私とポールスター君はD馬場の端で待機してジェイク君組の経路練習を終えのを待った。
そして、私の番。
経路に入る前に、速歩と駈歩の練習をさせていただいた。
ツバサ君、駈歩のは直ぐに発進するが私の騎座に問題があるなか、思ったような維持が出来なかった。
そして2級経路練習。経路そのものはツバサ君はそれなりに動いてくれたが、最初の輪乗りでの駈歩が止まったりした。
駈歩が止まらなかった輪乗りの駈歩は綺麗な輪乗りが出来なかった。直線での駈歩で歩幅を伸ばした駈歩は良くできたと思う。
一番気になるのが、前回もそうであったが駈歩から正反動の速歩に歩様を変えたときに常歩になってしまうことである。
Bクラスの時は、どの馬でも駈歩から速歩に歩様変更出来ていたのに、ツバサ君とはまだちゃんと出来てないのである。
もっともBクラスの時は、蹄跡での駈足で、歩様変更は軽速歩であったから出来ていたのだろうか。
2級経路では隅角から対角線に駈歩させながら真ん中で、正反動の速歩に歩様変更させるのである。
H先生からは、前回同様に速歩に歩様変更する際に上体を上に上にとするよう指導を受けた。
しかし、それがなかなか上手く行かない。ツバサ君、常歩から直ぐに速歩にはなってくれるのだが、駈歩から正反動の速歩が上手くいかない。
今度の経路練習では、それを重点にご指導を受けたいと思う。

レッスン終了後、ツバサ君のお手入れをした。
今後は通常のレッスンでも時折、ツバサ君に騎乗したいと思うのである。

先週の21日(土曜)は大学時代のゼミの新年会で、昨日27日(金曜)は高校の友人との新年会。
1月も終盤となり、乗馬や飲み会等で家のことがなおざりとなっている。
明日の日曜日は11時からの乗馬であったが、午後2:30に変更していただいた。
午前中は、家の中の整理ごとをしなければと考えている。
そろそろ、確定申告の準備もしなければ・・・。
でも、明日のお馬は誰になるのだろうかと気になる。
しかし、お馬ばかりではなく、愛猫みりぃとの時間も大切。
外猫達のことも気にかかる。

毎日があっ~と言う間に過ぎてゆく。
60歳半ばに達して、最近70代でなくな有名人などが気になる。
いつまでお馬や猫達と戯れることが出来るのだろうかと思うのである。
今日は晩酌をせず、休肝日としよう。
Polestar20170125a Polestar20170125b
Tsubasa20170126a Tsubasa20170126b

|

« カフェ君とポール君 | トップページ | ツバサ君と »