« ポールスター君と良い駈歩がしたい | トップページ | 3頭の馬 »

2016年12月24日 (土)

久しぶりにジョー君と

12月23日(金曜)天井誕生日の祝日は、午後3時半からの乗馬レッスン。
今日のお馬は久しぶりのジョー君との3回目のレッスン。
この日にもジョー君のお仕事があったのでレッスン終了後、頭絡とプロテクターを装着させたまま馬房に戻していただいた。
鞍を自分のと付け直して馬房に戻すとそのまま寝転んでしまうことがあるとのことで止めた。
しばらくして馬装の為に馬繋場に連れて行こうと馬房に行くと、案の定寝転んでいた。
おまけに耳当てと頭絡も外れていた。
馬房で見張っているとその様なことはしないようだが、つづいてのレッスンがあってもレッスンを終えてから一度装備を外してあげて馬房でリラックスさせてあげることが大切だと思う。
ジョー君はおとなしい馬なので、直ぐに馬装ができた。

319鞍目の乗馬レッスンはS先生の下、私はジョー君、他はエムテス君とテキサス君で、3組でのレッスンとなった。
ジョー君は、やはりとても良い反応で良い動き。巻乗りもスンナリ出来た。
ただ、速歩ではスピードが速くなりすぎてS先生から、ジョー君の足を痛めてしまうのでスピードを抑えるようにと注意を受ける。
輪乗りでの駈歩もスピードを早くさせてしまい、注意の指導を受ける。
今回、S先生からスピードを抑える為、円の輪乗りではなく蹄跡ではないが四角く回るよう指示を受けて、馬場中央で四角くに駈歩をした。
S先生から、私の駈歩は「いけいけが強い騎座と扶助をする傾向があるので注意するように」との指導を受ける。
馬場馬術では、ゆっくりとした駈歩ができなければならない。
そうでないと、経路もしっかり廻ることができない。
発進の際に踵を当てないようにしているが、次第にスピードが上がるのは、自分の騎座と手綱さばきに問題があるようである。

レッスンを終えて、ジョー君の手入れをした。
その際に馬房から無口頭絡で馬繋場に連れて行く際に、無口頭絡が外れてしまった。
ジョー君は小顔なので、無口頭絡のサイズを調整しなければならなかったのである。
久しぶりのジョー君とのレッスンは、とても勉強になった。
そして、ジョー君はやはり素晴らしいお馬だと思った。
Joe20161223a Joe20161223b

|

« ポールスター君と良い駈歩がしたい | トップページ | 3頭の馬 »