« 300鞍目、ポールスター君との駈歩 | トップページ | セフィロス君とポールスター君に教えられる »

2016年11月28日 (月)

11月後半をまとめて

11月も終わろうとしている。
このブログはいつの間にか乗馬のブログになってしまったが、その更新も怠ってしまい、11月20日から2級経路練習も含め6鞍のレッスンを昨日までに受けた。
そのコメントを簡単に。
Cクラスになってから、S先生から受けるご指導の言葉を理解するのがとても難しく、なかなか正確にコメントできないのがもどかしい。
それでも前回のコメントでS先生から少しずつ良くなっていると言われた。
しかし、今回ツバサ君とのレッスンではまた元の悪い騎座が出てきていると指摘されたりした。
ただ、25日金曜日カフェラテ君との1組でのレッスンでは駈歩発進の仕方を改めて学べた。
そして26日土曜日の2回目の2級経路練習では、重いと思っていたツバサ君とそれなりに駈歩発進・維持を含めて経路を回ることが出来た。
その翌日、再びツバサ君との通常のレッスンでは、常歩・速歩では良かったが、駈歩では左手前が上体が左につぶれている。左股関節の随伴がないと指摘された。
ツバサ君との駈歩は、つい力が入って上手に発進ができない。右手前はそれなりに出来たが左手前は思うようにできなかった。
最近左の股関節に痛みがあるのも原因しているようである。股関節が硬いので、自宅で無理な運動し過ぎたのが災いしたようである。
そんなことで、昨日27日のレッスンを終えたところで28日本日のレッスンをキャンセルした。
すこし体を休めると同時に漫然とレッスンを受けるのではなく、頭の整理も必要だと思った。

6鞍を簡単にコメント。

11月20日(日曜)301鞍目はS先生の下、私はツバサ君、他はカフェラテ君、エムテス君、ライリー君の4組でのレッスン。
この日は馬場が良くないので、駈歩レッスンはなし。

11月21日(月曜)302鞍目はS先生の下、私はジョー君、他はポールスター君、テキサス君の3組でのレッスン。
この日も馬場が良くなく駈歩はなし。常歩と速歩でのレッスンだったが、ジョー君はやはり素晴らしい動き。
青鹿毛で小ぶりなジョー君は、とても引き締まった姿でカッコいい。
すんなりとお手入れも出来るので親しみを感じる。
この日、ツーショットを撮ってもらった。

11月23日(水曜)303鞍目はS先生の下、私はツバサ君、他はカフェラテ君、ジョー君、エムテス君の4組でのレッスン。
この日は久しぶりに駈歩を馬場中央で1組ずつ順番に輪乗りで行った。
最初に左手前の駈歩の際に、なかなか発進しないツバサ君に鞭を入れたら跳ねられてしまった。
S先生から、駈歩に出ようとしていた時に余計な鞭を入れるからダメと注意の指導を受ける。
のんびりやなツバサ君とせっかちな自分が対照的であった。
蹄跡からでなく馬場中央で輪乗りの駈歩は、何故か要らぬ力が入り思うような発進ができない悩みを感じた。

11月25日(金曜)304鞍目は、BクラスのH先生がお休みで3時半からのレッスンはBクラスをCクラスのS先生が指導の為、私はDクラスのH先生のご指導を受けた。
この日のCクラス3時半のレッスンは1組だけで、Dクラスのレッスン受ける方が無く、DクラスのH先生の下初めて騎乗するカフェラテ君との贅沢な1組レッスンとなった。
カフェラテ君は、ジョー君同様かそれ以上に反応が良いお馬。全く鞭など必要なく、軽い脚に反応した。
駈歩発進では、最初跳ねられてしまった。外方の脚が踵があたり強すぎるから、跳ねられ速い発進となったとのこと。
左手前の駈歩は、内方の脚は内腿・脹脛で圧迫して内方姿勢を取らせ、外方脚はつま先を下げて右脚を股関節を外に開くことで踝をあてることで外方の脚となるとの指導を受ける。
それでも私の脚が強いようで、速い駈歩となってしまった。なんどか繰り返し、やっと緩やかな発進と維持が出来た。

11月26日(土曜)の305鞍目は、DクラスのH先生の下ツバサ君と2級経路練習となった。
昨日のH先生ご指導の下カフェラテ君との1組レッスンが大変役立ち、ツバサ君との駈歩がそれなりに良くできた。
ただ駈歩から正反動に歩様を変更するのがギクシャクしてしまった。

11月27日(日曜)306鞍目は午前11時からS先生の下、私はツバサ君、他はポールスター君、セフィロス君の3組でのレッスン。
ツバサ君との常歩・速歩は良かったが、駈歩の左手前では、上手く発進ができなかった。S先生から発進の際に上半身が左に傾き左腰がつぶれ、駈歩の維持では左股関節の随伴ができてないと注意を受けた。
自分が希望しての右手前ではそれなりに出来たが、S先生から不得意な左手前を重点に行ったほうが良いのではと言われた。
左股関節に痛みがあることと、自分の体が硬いことが原因。それと、自分の思い込みで、反応が鈍いと思いついツバサ君だと力が入ってしまうようである。
クラブで久しぶりにランチをいただき、ツバサ君のお手入れをした。
またこの日は、ツバサ君同様に午後からのレッスンが無いショコラ君のお手入れも続けて行った。
Joe20161121a Joe20161121b Tubasa20161123a Caffelat20161125a Keiro_tubasa20161126a Chocolat20161127a

|

« 300鞍目、ポールスター君との駈歩 | トップページ | セフィロス君とポールスター君に教えられる »