« ショコラ君との日々 | トップページ | Bクラスを卒業 »

2016年10月23日 (日)

ショコラ君の馬装とお手入れ

10月19日水曜日は午後3時半からの乗馬レッスン。
早めにクラブに到着して、余裕をもってショコラ君の馬装をする。
蹄を裏掘してから蹄周りの泥をブラシで落してあげた。
ただ、前足の蹄は欠けた部分を樹脂で固めてあるので、あまり強くブラッシングしないよう注意した。
その両前足の蹄の後ろ半分には金属の保護パッドが装着されているので裏掘りもしずらい。
だから、レッスン終了後のお手入れの際に、水圧を上げて蹄の裏を水洗いする、

282鞍目の乗馬レッスンはH先生の下、私はショコラ君、他は幸君、ラブちゃん組の3組でのレッスンとなった。
ラブちゃんに注意しながら、ショコラ君の動きはとても良かった。

レッスン終了後、ちょっと時間を置きすぎてショコラ君のお手入れをしたので、ショコラ君は第1厩舎他の馬達が夕食を食べている音が気になりイライラ気味。
また右前足が痛いのか蹄裏に詰まった泥で違和感があるのかなかなか左前足を上げてくれない、そうこうしていると私の左肩を軽く咬みつた。
軽といっても肩の肉を摘ままれ痛かったので、ショコラ君のほっぺたを平手で叩いた。
近くに居た女性のH先生に助けていただき、前足の裏掘りをすることとなったが体を揺すり静止しないショコラ君にH先生もなかなか思うよう裏掘りできなかった。
しかたなくホースで水の勢いでショコラが自分で足をあげたときに洗った。
体のブラッシングは馬装前に念入りに行ったので簡単に済ませた、
ただ、蹄の裏は良く乾かす必要があるので地面が乾いた場所にショコラ君を移して、タオルでなんとか拭いた。
そして、ショコラ君を馬房に戻した。その際、ショコラ君は早歩きで馬房に戻った。
食いしん坊なショコラ君、もっと早くお手入れをするか食事後にしないと、お手入れが難しい。

10月21日金曜日も午後3時半からの乗馬レッスン。
前日同様に早めにクラブに到着して、余裕をもってショコラ君の馬装をする。

283鞍目の乗馬レッスンはH先生の下、私はショコラ君、他は幸君の2組でのレッスンとなった。
この日のショコラ君の動きは、最初は少しぎこちない動きであったが中盤から良い動きとなった。
ただ駈歩の際にH先生から、上体が右に傾いていると指摘された。
状態が右に傾きやすいのは意識して修正しながら騎乗しなければと反省。
H先生に、ショコラ君の前日のお手入れのことと足の上体を聞く。
右の前足に違和感があるよだとのこと。それは蹄の裏にパッドがあり、その間に泥が詰まるからではないかとのこと。
お手入れの際に、水の勢いでパッドの隙間に入った泥を落としてあげることにした。

レッスン終了後、食事時間が来る前に素早くお手入れをすることにした。
馬体は馬装前に十分したので、足を重点的に行った。
この日は、前足を両方とも素直に上げてくれた。
そして水圧でパッドの隙間も綺麗に洗うことが出来た。
上着に甘噛みすることも無かった。
Chocolat20161019a Chocolat20161019b Chocolat20161021a

|

« ショコラ君との日々 | トップページ | Bクラスを卒業 »