« リンドとショコラ | トップページ | 10月初旬の2日間 »

2016年9月30日 (金)

大好きなショコラ君との乗馬

9月28日水曜日は午前3時半からの乗馬レッスン。
この日の午前中にクラブに電話して騎乗するお馬を確認すると、ショコラ君とのことで喜ぶ。
ただショコラ君の場合は自分で馬装ができるので、早めに自宅を出た。
いつもの様にレッスン1時間前に到着したが、馬装の時間等を考えると私にはそれ程余裕ないので、早々に自分の身支度をした。
そして馬装の前に雨がパラパラ降ったりして、鞍にレインカバーを装着するか迷ってしまった。
そんなことでマゴマゴしているとレッスン時間が近づいて来たので、まずは事前に馬繋場にショコラ君のゼッケン・パッド・タオル・頭絡・肢巻と自分の鞍と手入れ用品を置き場所を確保した。
そして、馬房からショコラ君を無口頭絡で出して確保した馬繋場に繋いで簡単なお手入れをして、馬装をした。
この日は馬繋場に虫が多く、ショコラ君は時折回し蹴りするので注意を要した。
どうにかレッスン時間に間に合ったと思ったら、自分のエアープロテクターの装着を忘れていた。
近くに居た方にショコラ君の手綱を持っていただき、受付に行きプロテクターを受取り装着して準備完了。
この日は湿度が高く、レッスン前に汗だくとなった。

そして274鞍目の乗馬レッスンは、H先生の下私はショコラ君、もう一組は幸君組での2組でのレッスンとなった。
幸君が馬場に来る前に、H先生が今のショコラは前足の具合から左手前の方が動きが良いので、左手前で出してくださいとの指示。
ショコラ君をいつもの様に右手前から出すようなコーナーの場所に居たので反対側にショコラを廻して蹄跡に出て左手前で出たつもりが、無意識で右手前で蹄跡に出て動き出してしまった。
H先生は後から来た幸君のレッスン準備で、私はまだ右手前で動いているのに気が付かない。
H先生が幸君組に左手前で出てくださいとのことで、同じく幸君組が私と同じように右手前で蹄跡に出て、ようやく自分が右手前で廻っているのに気が付き、幸君共々左手前に変更。

以後、最初のH先生の指示を間違えたので、気合を入れてレッスンに臨んだ。
ショコラ君は良い動きだったが、左手前だと常歩では南側のコナーを廻るとき蹄跡の内側を廻りがちとなった。
しかし、軽速歩・正反動ではしっかり蹄跡を進ました。
また、幸君の後ろをぴったり追うようで、何度もブレーキングをした。巻乗りで距離を取ろうかとも思ったが、ショコラ君の足の具合を考えて控えた。
ただH先生から指示があった輪乗りは、幸君につづいて良い動きであった。
駈歩は、足の状態があまり良くないとは思えない元気な駈歩の維持。速度を抑えての駈歩も試みたが、輪乗りでも幸君との距離を取った。
ショコラ君は、馬本来の得意な駈歩が好きなようである。私も、ショコラ君との駈歩が大好きである。
ただ、ショコラ君の足も心配なので、ショコラ君の癖である前のめりにさせないよう心掛けた。

レッスン終了後、ショコラ君を馬房休ませてからショコラ君の夕食が始まる前に馬房から出して馬繋場でお手入れをする。
ショコラ君は先日のお手入れではしなかったが、この日は久しぶりに今までと同じように前足を裏掘りしようとするときに、私の着ている上着の背中をつかみ噛みして引っ張るのである。
ダメと叱りながら手早く裏掘りと水洗いをした。つづいてのお手入れは、虫が多かったので手早く行った。

その後、自分の乗馬用品の手入れをして、汗びっしょりの乗馬服から着替えて暗くなった乗馬クラブを車で出た。
しばらく車を走らせて、自分の鞍を所定の場所に格納しなかったことに気付き車をUターンしてクラブに戻る。
クラブに戻ると、厩務員のTさんが私の鞍を仮置きするとことであった。
ご迷惑かけたことをお詫びして、所定の所に格納して帰宅した。

ショコラ君との乗馬、まだ完全に身についてない馬装やお手入れでも体力を使う。
でもショコラ君と、色々と接することが出来てとても幸せな気分になる。
どの馬達も可愛い。でも、やはりショコラ君が一番可愛いと思ってしまう。
幸せな1日であった。
Chocolat20160930a

|

« リンドとショコラ | トップページ | 10月初旬の2日間 »