« 久々の1日2鞍は、とても楽しかった。 | トップページ | 大好きなショコラ君との乗馬 »

2016年9月27日 (火)

リンドとショコラ

9月25日(日曜日)の乗馬レッスンは先日の土曜日に電話で午前10時から午後1時半に変更した。
妻が風邪気味なので家事(洗濯)をしてからと思い午後に変更。
だがお昼は特別なトンカツ定食と聞き、また妻の負担も考えてクラブで食事することにした。
クラブに11時前に到着し白板を見ると、私の騎乗する馬がリンド君とのことでビックリ、そして嬉しかった。
今までH先生のお気遣いでリンドとのレッスンを避けていたようだが、私から受付のKさんを通してリンド君に騎乗したいとお願いしていたのである。
今年1月11日月曜「成人の日」にクラブでの153鞍目にリンド君とのレッスンでで生れて初めて落馬したのである。
リンド君の駈歩は速くて前の馬に近づくので何度か駈歩での輪乗りをしたが、3度目の輪乗りの際に輪乗りを嫌がっていたリンド君に空中に跳ねられてしまったのである。
上のC馬場から観ていた方が、豪快な落馬だったとのこと。今でも覚えているが、空中でプロテクターチョッキのエアーがパーンと注入されたのを覚えている。

到着してランチタイム前に、いつもの様に馬房でショコラ君のお手入れをする。
クラブハウス2階でいただいたランチのトンカツ定食のボリュームがあり、お腹一杯。
1時半から乗馬があるので、体が重くなりちょっと心配になった。

そして271鞍目の乗馬は、H先生の下私はリンド君。他はラブちゃんとの2組でのレッスンとなった。
リンド君は先頭で蹄跡に出るのはぐずらないで素直に出てくれた。
常歩も良い動き。ただ8か月振りのリンド君とのレッスンで、私は緊張して体が硬くなっていたようでH先生から上体を緊張させず柔軟に、自分から体を揺らさないように注意された。
また、私の背骨の歪みから上体が右に傾くことも注意された。右側の鐙だけでなく左側の鐙に重さを感じるよう指導を受ける。
リンド君の軽速歩・正反動は良い動き。駈歩発進は3回続けて手前逆で発進させてしまった。内容姿勢をしっかり取らせず発進させたからである。
再び軽速歩から常歩落しての駈歩発進・維持はとても良かった。久しぶりのリンド君の駈歩の維持は、元気よく速い。
リンド君とのレッスン再会の1鞍は良かった。

9月26日月曜日は午前10時からの乗馬レッスン。
昨日と同様にこの日も久しぶりの太陽が顔を出し良い天気。
午後2時半に空きがあったので、同時間のレッスンも受けることにした。
10時からの272鞍目のレッスンはH先生の下、私は嬉しいことに昨日同様にリンド君。他はラブちゃんとピース君組での3組でのレッスンとなった。
前日は拍車装着を控えたが、この日は拍車を装着しての騎乗をした。
リンド君が先頭に出る。途中ピース君が蹄跡で動かなくなり、ラブちゃんも停止してラブちゃんに近づくのを回避して巻乗りをした。
H先生から全員に元気な常歩との号令がかかった時に、拍車を当てたようで先生から注意を受けた。
脚は短いのを何度も入れるのではなく、脹脛で長く脚を入れて徐々につま先を外側に向ける。
ただその際は、足を上に持って行かない様にすること。そうすれば、拍車が不必要に馬体に当たらないのであると指導を受ける。
手前変更を2度しながらの軽速歩・正反動も良い動き。
駈歩発進・維持も良かった。そして、ピース君・ラブちゃんに近づきそうなので駈歩の巻乗りをしたが、無理なく自然に出来て過去からの恐怖が解消できた。

レッスンを終えて食事中のショコラ君を馬房で手入れした。
クラブハウスに戻りランチをクラブハウスで頂き、白板を見ると2時半レッスンのお馬が休馬中のショコラ君になっていた。
午前中はリンド君、午後のレッスンはショコラ君。とても嬉しかった。
レッスン時間が迫り、お馬がショコラ君なので自分で馬装することとなった。
馬房から連れ出すときに厩務員のTさんから、いつもショコラの手入れをしていた甲斐があったねと言われ嬉しかった。
2時半からの273鞍目はH先生の下、私はショコラ君。もう1組はベテランの春君組。
春君が馬場に来る前にショコラ君を蹄跡に出す。例によって素直に出なかったが、今日は脚と鞭1発で出すことができた。
ただ春君が馬場に到着して春君が蹄跡に出ると、ショコラ君は春君の直ぐ後方についた。
いつも春君に騎乗しているベテランの方が騎乗する春君は良い動き。それにつづくショコラ君も元気の良い動き。
あまりには春君に近づきそうなのでブレーキもかけた。
元気に動いているショコラ君は途中で巻乗りするの嫌うので、しないでブレーキングで対応。
軽速歩では輪乗りを2度行い良い輪乗りができた。正反動での速歩も良い動き。
駈歩の発進・維持も良かった。
ベテランの方が騎乗する春君はとても良い動き。その後を追うショコラ君も、休馬中とは思えない良い動きであった。
この日はショコラ君をつんのめらせないで騎乗できたことも良かった。

レッスンを終えてしばらく休ませてから、ショコラ君を馬繋場に連れて行き蹄の裏掘りと水洗いをして、体全体をブラッシングした。
鬣と尻尾もローションをスプレーして櫛を入れて梳かした。
足をタオルでよく拭き乾かし、馬房に戻した。

リンド君のお世話ができればいいのだが、無理の様である。
馬場に連れて行くのも、レッスンを受ける人は自分では手綱を引いて連れて行けずH先生が馬場まで連れて行くのである。
小柄で可愛いのだが、気難しいお馬なのである。
そんなリンド君の馬房はショコラ君の隣。
どちらも小柄で可愛い馬なのである。
Lindo20160926a Chocolat_lindo20160926a Chocolat20160926a

|

« 久々の1日2鞍は、とても楽しかった。 | トップページ | 大好きなショコラ君との乗馬 »