« 馬場3級認定試験に合格 | トップページ | 幸せな馬達 »

2016年7月15日 (金)

ラブちゃんに怒られず乗馬を楽しむ

7月14日木曜日は夕方4時30分からの乗馬を楽しむ。

244鞍目の乗馬レッスンは、H先生の下私は前回のレッスン同様にラブちゃんと。
もう一組は、リンド君組で2組でのレッスンとなった。
ラブちゃん馬場に行く道中に何度も停まったり、草を食べようとしたり、私を困られせ私の反応を確かめているようだった。
馬場に到着してラブちゃん、リンド君と同様にまつわり付いた虫を嫌がり、やたら頸を振ったり下げたりしたので、乗馬レッスンに集中するように元気に動かせるよう努めた。
すると次第にリンド君共々良い動きとなった。
この日も、前回同様に常歩・速歩・駈歩でラブちゃんを全く怒らせないで乗馬レッスンができた。
ラブちゃんはちょっと怒ると、耳を下げる。本当に怒ると、後足で跳ねるのである。
その行為を全くさせないで、ラブちゃんと楽しい乗馬レッスンが出来て満足であった。
ラブちゃんを上手に乗れれば、とても素晴らしい動きをしてくれる。
それは、他の人が騎乗した経路練習で観ることができた。
私は、ラブちゃんをまだまだ上手には騎乗できないが、だんだん良くなって来た実感を感じた。

そんなラブちゃんはとても気難しい馬なので、現在お手入れできるのが女性のI先生だけ。
レッスン全てを終えての夕方、I先生がラブちゃんのお手入れをされていた。

この日、マッシュ君、ミントちゃんと一緒に長野に旅立ったと思ったパーマー君が居たのでビックリ。
パーマー君だけ、輸送用のトラックに乗るのを拒否したとのこと。
そのお話を聞いて、とても切なく思った。
長野行きは日時を置いて再チャレンジだそうである。
「パーマー君、すでにマッシュ君、ミントちゃんも行っているから淋しくないよ。長野はとても住みやすく、余生を楽しめるよ。」と声をかけてあげた。
Love20160714a

|

« 馬場3級認定試験に合格 | トップページ | 幸せな馬達 »