« 経路練習6回目はピース君と | トップページ | 8回目と9回目の経路練習 »

2016年6月28日 (火)

7回目の経路練習とB馬場でのレッスン。

6月26日(日曜日)の3時10分から、CクラスのS先生指導の下幸君との経路練習。
幸君とは、1回目の経路練習に続いて2度目。1回目の幸君との経路は良くできたので自信があったが、自分の体調も良くなかったのもあったが、幸君を慣らし乗馬の段階で元気に動かせず、経路を始めると横木通過は歩くような感じで躓きながら渡らせてしまった。
10mの駆歩の巻乗りと、横木を半巻きする駆歩が速歩となりがちでギクシャクした。
それでも幸君は、怒ったり動かなくなったりせず経路をしっかり周回してくれた。ありがとう。ダメだったのは、私でした

6月27日月曜日は、午前10時と午後1時30分からの2鞍のレッスンをBクラスH先生の下受ける。
午前10時の235鞍目はラブちゃんとのレッスン。他は、幸君とリンド君の3組でのレッスン。
この日のラブちゃんは穏やかで、動きも良かった。ただ、駈歩の際に後方からリンド君が迫って来たので回避の為、駈歩で巻乗りをしようとした際に跳ねられてしまった。
H先生にその原因を尋ねると、私の外方の脚が強かったのではとのこと。もし残り3回のの経路練習でラブちゃんになった場合は、その点を注意しないと10mの駈歩の巻乗りを失敗することになるかと思った。

午後1時30分からの236鞍目は、私はショコラ君と。もう一組はピース君で2組でのレッスンとなった。
ショコラ君の馬装に時間がかかり、後ろ足のサポーターを反対に装着したり、馬場に行く際にブツーに履き替えず手入れ用の長靴で行こうとしたりした。
まだ馬装を手際よく出来ない自分にイラつき、乗馬する前に汗だくとなってしまった。
この日のショコラ君は、蹄跡に出るのがちょっとまごまごしたがとても元気の良い動きであった。
常歩や速歩でピース君との距離を取る為に何度か巻乗りをすると、いつもは頑固でなかなか曲がらないショコラ君であったがすんなり曲がってくれた。
駈歩も左右手前で正反動からのスタートがすんなりでき、ピース君と一緒に良い駈歩が出来て楽しかった。
やはり、出来るならばお手入れや馬装もできるショコラ君と本試験を受けれればと思った。
そしてもしショコラ君が足のトラブルで難しい場合は、ショコラ君と同じように相性が良いピース君が良いと思った。
ただ2頭とも、本番での横木渡りがちょっと心配。ただそれは、そう思う自分自身に問題があるのかもしれない。
馬達を信じ、自分に自信を持つ必要があるとDクラスのSさんのアドバイスを思い出す。

乗馬を終えH先生にショコラ君を全身洗いすることの了解を得る。
そしてショコラ君を馬房に戻す道中私の左手人差し指に激痛が走った。アブが指に停まっていたので右手で叩き落した。
ショコラ君を馬房に戻してから、急いでクラブハウスに戻り持参していた毒蛇や毒虫対策用の毒吸引機で刺された箇所を吸引しその箇所の血を吸引すると腫れずに済んだ。
以前アウトドアや山登りでいつも持ち歩いていたものが役に立った。フランス製ののもので、蚊に刺された場合も直ぐに対応すると、かゆみも腫れも出ないで済む優れものである。

そして、ショコラ君を全身洗いしてよく拭き取って馬房に戻してあげた。
その際、ショコラ君の足の手入れでかがんだ時に、また軽いぎっくり腰をやってしまった。
かがむときには、両足を揃えてかがまない様片膝を立ててかがむよう注意していたが、手入れに熱中していてつい両足を揃えてかがんだ際に痛めてしまった。
今日と明日は安静にして30日木曜日の経路練習に望みたいと思う。
本試験も間近に迫っているので、注意せねば。でも、可愛いショコラ君のお世話もしたいと思うのである。
Sachi20160626a_2 Love20160627a Chocolat20160627a_3

|

« 経路練習6回目はピース君と | トップページ | 8回目と9回目の経路練習 »