« 5回目の経路練習と通常の乗馬レッスン | トップページ | 7回目の経路練習とB馬場でのレッスン。 »

2016年6月24日 (金)

経路練習6回目はピース君と

6月23日木曜日は、午後3時55分予定の経路練習が20分程遅れて開始。

DクラスのHo先生の下ピース君との経路練習となった。
今回の一番の課題は、前回はピース君を1本の横木をジャンピングさせてしまったので、3本の横木を渡れるかである。
早速その練習に入ると、3本の横木前で停止してしまった。
Ho先生が乗り換えて行いましょうかとのお言葉に、私は前回ショコラ君の時にCクラスのS先生が手綱を引いて歩かせていただいたことを参考に、Ho先生にも同様に手綱で引いてくださいとお願いした。
それでもピース君が初めちょっと拒んだので、ちょと鞭を入れてくださいとのことで鞭を入れるとHo先生の手綱の下、3本の横木を渡ってくれた。
早速自分一人で正反動で渡ると、最初は常歩で歩いた。何度かの練習で正反動でも渡ってくれた。
次に、前回5回目のラブちゃんの時に駈歩練習しないで経路を始めて駈歩が思うように出なかったので練習させていただいた。

そして、3級の経路を開始
正反動で入場し中央で停止挨拶。再び正反動でスタート、斜め手前変更での軽速歩は右手前、左手前との順調。
そして課題の3本の横木を正反動で渡るは、最初の往路は常歩となってしまったが、Ho先生問題ないとのこと。
復路は、ちゃんと正反動で渡ってくれた。
そして左手前の駈歩はスピードを抑えた良い駈歩、しかし10mと巻乗り際に速歩となり焦って手綱を持つ手を上下にしてしまい思うよう再発進できなかったが、Ho先生の「まってまって鞭使う」で冷静になりどうにか再発進でき後の駈歩は良く、3本の横木での巻乗りではHo先生からお褒めを頂く。
そして、右手前での駈歩は10mと巻乗りも良くできた。そして再び3本の横木での巻乗りでは、ピース君しっかり駈歩してくれているのに自分の不安から要らぬ鞭を打ってしまったが、ピース君はラブちゃんの様に怒らないで継続してくれた。
Ho先生からも「まっていれば大丈夫」と指摘された。
今回のピース君との経路は、最初の右手前の駈歩での10mと巻乗りでつまずいた他は、概ね良くできた。
Ho先生に、3級検定試験ピース君でいいのではと進められた。

そのことをBクラスのH先生にお話しすると、お馬の選別はH先生が考えて決定しますとのこと。
いつもお世話ができるショコラ君も良いかと思っていることを告げると、H先生から「ショコラの足の具合からして、当日の検定試験に間に合わないかもしれない。」とのこと。
他の方は1頭だけで練習しているが、私の場合の経路練習は、今まで幸君、ショコラ君、ピース君、ラブちゃんの4頭で練習している。そして、試験はどのお馬になるか当日まで分らないような気がする。
それぞれの馬達の特製を理解し記憶して、どのお馬でも対応できるように対処したいと思う。
この日も私のビデオカメラでSさんが撮影してくださり、後で映像を観ながら復習と反省ができた。
ありがとうございました。
Peace20160623a Peace20160623b Peace20160623c Peace20160623b Peace20160623e Peace20160623f

|

« 5回目の経路練習と通常の乗馬レッスン | トップページ | 7回目の経路練習とB馬場でのレッスン。 »