« まとめて、思うこと | トップページ | 箱根で日帰り温泉 »

2016年5月21日 (土)

ショコラ君に馬装する

5月20日金曜日は午後4時半からの乗馬レッスン。
金曜日なので、いつもより早めに家を出ると3時に到着した。

この日は前日女性のI先生から鞍の装着方法を教わったので、ショコラ君を馬房から無口頭絡で連れ出し馬繋場に繋いで鞍の装着を自分ですることにした。
その前に、レッスン前の蹄の裏掘りをする。いざ鞍の装着の時にまごまごしていると、ポニーの空君やハート君のお世話をしているDクラスの女性のベテラン会員さんがアドバイスとお手伝いをしてくださった。
脚のプロテクターはまだ正式に装着を教わってないので、厩務員のTさんに装着していただき見学させていただいた。

7月10日にクラブで、1級、2級、3級の乗馬ライセンス試験があり、6月3日土曜から経路レッスンが始まるので、予約した。
昨年9月に八ヶ岳で4級ライセンスを取得したので3級試験に臨みたいと思うが、こちらのクラブでの試験は他とは異なり厳正なので難しいようである。
チャレンジの意味を込めて、望みたいと思う。

214鞍目の乗馬レッスンは、H先生の下私はショコラ君、もう一組はリンド君組。
リンド君が先頭でレッスン開始。この日は前日、私の上体が右に傾いているとの指摘を意識して騎乗した。
元気の良いショコラ君は、常歩はリンド君に追いつきそうなので、ブレーキを時々いれた。すると益々良い動きとなった。
いわゆるバックファイヤーが効いた感じであった。
軽速歩、正反動も良かった。駈歩は左手前はとても良く、駈歩のよいリンド君と共に先生の軽速歩への号令がかかるまで維持ができた。
手前変更して、右手前の駈歩は発進は良かったが維持は一度止まってしまった。ただ、直ぐに発進が出来てリンド君組への影響はなかった。
H先生もショコラ君は、右手前があまり良くないとのこと。右前足がまだ完全でないからでしょうか。

レッスン終了後、H先生に3級試験に備えての経路練習を予約したことをお話しすると、「ショコラは経路で曲がれないよ。」とのこと。
私には3級試験、まだ早いとのことなのかな・・と思った。

クラブハウスに戻り、色々な方々と経路練習や試験の際はどの馬が良いかの話となった。
ちょっと、様子見と言う感じである。

ショコラ君が夕食を食べている間、ショコラ君の頭絡の手入れをする。
ハミに繋がっている手綱部分に人参の食べかすがべっとり。
ショコラ君は時々Aクラスでも働いているのだが、まだ初心者の方はレッスン後のハミを洗う際にショコラ君が手綱をかじったりしてベトベトにしているのそのままにしているケースがある。
そこの部分が、水分の汚れで革がひび割れを起こしいるので、クリーニング材でふき取り鞍用の油を塗った。

そして馬房に行くと、ショコラ君はまだ食事中。女性のI先生に協力していただき、馬房から出して手入れをした。
とれも可愛いショコラ君。でも、足が完全でなく口が堅くハミ受けに反抗するショコラ君では、3級試験には望めないのでしょうか・・・。
私もショコラ君に無理をさせたくないとの思いもある。
Chocolat20160520a Chocolat20160520b Chocolat20160520c

|

« まとめて、思うこと | トップページ | 箱根で日帰り温泉 »