« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月30日 (月)

5月最終の乗馬レッスン

5月29日は午前10時からの乗馬レッスン。

前々日と同様にショコラ君は休馬で、218鞍目の乗馬レッスンはティム君と、他はラブちゃん組と春君組の3組での行いました。

前回ティム君とのレッッスンは久しぶりであったが、とても良かったのだが、この日は蹄跡に出る際や、出てからもしばらく後退するや跳ねられてしまった。
H先生に、「馬をしっかり蹄跡に動かせないと経路どころの話ではないよ。多くの人が見ているところで、恥をかくことになる。」と喝を入れられる。
肘が脇から離れてしまうことも何度も注意される。曲げた肘は脇腹に着けておかないと、手綱を正確にしっかり待てないのである。
そんな中でも、高齢なティム君の駈歩はとても良かった。手前を変えて左右で行った。
乗馬レッスンを終えて下馬すると、H先生が私のチャップスが反対で履かれていると指摘される。
チャップスのチャックやボタンが内側となっていた。ティム君、チャップスのボタンが当たって痛かっただろうと反省。
レッスン前に慌ててチャップスを履いたが、こんなことは当然初めて。この日の暑さでボーットしたのもあろうが、ちょっと情けない。

レッスンを終えて、白板を確認すると1時30分のレッスンで1組に空きがあるので予約する。
ランチをクラブでいただくと、暑さはますます強くなった。

1時30分からのレッスンは、私は前々日同様にラブちゃんとのレッスンとなったので、レッスン前に気を引こうと馬房に行き人参をあげる。
人参をあげ食べ終わると、ラブちゃんはいきなり私の胸に頭突きをしてきた、もっとよこせとのことかと思い数本をあげる。

219鞍目のレッスンは、私はラブちゃんで、他は幸君組とピース君組の3組でのレッスン。
前回のラブちゃんとのレッスンはとても良かったが、今回は元気な常歩に思うようにできなかった。
途中、自分のプロテクターのエアー噴出の為のひもを鞍に繋げてないことに気付き装着した。
また前回のショコラ君とのレッスンで鐙革を長くした為、鐙に着いた足がぶらぶら動いていたとの指摘があったので、蹄跡から離れて鐙革を元の長さにした。
再度蹄跡に入って常歩でしていると、他の馬達との距離を取る為、巻き乗りを2度ほどする。
軽速歩でも他の馬達との距離を考えて、巻き乗りをした。
思い出してみると、ラブちゃんとの騎乗は気を使っていたので自分から巻き乗りなど試みなかったが、今回試みるとすんなりできた。
駈歩も外方の脚をやたら後方にしないよう注意して行うと、すんなり発進ができた。
ただ今回、ラブちゃんを怒らせないよう脚と鞭を遠慮がちにしたため、軽速歩では途中で常歩になってしまったりした。
H先生から、停まりそうになったら鞭の使用は大丈夫と指示された。
またラブちゃん、コーナーで外側の蹄跡を周らないのは、前に行く推進力を上げないと行かないとのこと。
ラブちゃんとのレッスンをもっと積み重ねたいと思った。

レッスンを終えてラブちゃんの馬房前で、H先生にこれからはショコラ君だけでなく色々な馬達と騎乗したいとお願いした。
先生も「そのほが楽しいよね」と納得してくださった。

乗馬クラブから帰宅の準備をしていると、馬房からお手入れの為出されできたジェイク君が空君の馬房に立ち止まってスキンシップを始めたので撮影した。
この日暑さとちょっと疲れ気味で、よい騎乗ができなかったので落ち込み気味であったが、癒されました。
Sanyou20160529a Sanyou20160529b Sanyou20160529c Sanyou20160529d Sanyou20160529e Sanyou20160529f

|

2016年5月28日 (土)

ショコラ君と、はな子さん

5月25日水曜日、夕方4時半からの乗馬レッスンでいつもの様に早めに乗馬クラブに到着。
すると、Sさんご夫婦が私の乗馬レッスンを私のビデオカメラで撮影していただけるとのことで、ご一緒にレッスンされる方とH先生にご了解を頂き撮影していただく。

217鞍目の乗馬レッスンは、私はショコラ君。もう一方はリンド君。
リンド君先頭で、右手前からのレッスン。ショコラ君、リンド君に追いつきそうなので巻き乗りで回避しようと思ったが抵抗され断念。2度目でどうにか成功する。
H先生は3級試験の経路練習では、ショコラは曲がれないよと言う意味が分かる気がした。
軽速歩の時もリンド君に追いつくので常歩に落としたり、軽速歩での巻き乗りをした。
正反動ではリンド君も動きが良くなり、距離を気にすることが無くなった。
左手前に変更してから、駈歩をする。リンド君の様子を観ながら駈歩発進や維持を繰り替えした。
ショコラ君は左手前での駈歩は良く、直径10メートル程の輪乗りの駈歩も良かった。
ただ、最近私がある程度ハミ受け出来るようになってからショコラ君はハミ受けを嫌う場面があり、顔を横に傾げることがある。

レッスンを終えるとSご夫妻のDクラス所属の旦那さんが、レッスン内容のアドバイスをメモ書きにしてくださいました。
Sさんの奥様が撮ったビデオを観ると、メモの通り色々な欠点が良く見られた。
Sさんご夫婦、ありがとうございました。

メモ内容
--------------------------------------------------------
1.鐙が動きすぎ
2.左手前
 外方の鐙が下
 内方の鐙が上 と、ちぐはぐ
3.推進脚
●通常は内方脚
●外方の踵は当てない
4.手前が逆となることがある
 軽速歩で
5.方向転換(巻き乗り)
先ずは外方を抑えて外方脚をあてて、馬の外側後足を内に入れる
--------------------------------------------------------
特に自分でもビックリするほど、鐙上の足が動いて落ち着かないでいた。
H先生から足が後方に行きすぎとのことで、この日は鐙革を長くしてみたのが原因か。
以前のビデオではそんなに動いてないようであった。

5月26日木曜日、井の頭自然文化園に暮らしていた象の「はな子」さんが亡くなった。
今年64歳となる私より年上の69歳での大往生でした。
私が幼少の時に父に連れられて初めて観た象が、はな子さんでした。
それから小学校の遠足や、自分でも度々行き。自分が結婚して、子供達が幼きころも会いに行きました。
最後に会いに行ったのが、4年前の10月。最近の行こうかな~っと思っていた時に訃報をしりました。
戦後まもなくタイから日本にきた「はな子」さん。思えば日本の平和のシンボルのような存在でした。

昨日27日は、オバマ大統領が広島に訪問され、容易なことではないが平和と核廃絶への道筋を述べた。
この時代、そしてこれからも、人類が平和であることは、この星に生きる全ての生命にかかわること。
平和であることを望む。そして、自分も平和への道筋に役立つように微力ながら努めて生きて行きたいと思う。
Chocolat20160525a Chocolat20160525b Chocolat20160525c Chocolat20160525d Hanako20121012a Hanako20121012b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月24日 (火)

久しぶりの馬達とのレッスン

5月23日月曜は、午前11時からの乗馬レッスンの為車を走らせた。
昨日の友人達との会合で、交差点を信号無視で突っ込んで来た自転車と接触事故となった友人の話を聞いた。
世田谷通りはよくサイクリングしていることがお多いので、注意せねばと思った。

11時の215鞍目の乗馬レッスンは、H先生の下久し振りにティム君と。他は、リンド君組と幸君組の3組でのレッスンとなった。
久し振りにティム君とのレッスンは、常歩、速歩、左右両手前での駈歩がとても良かった。
先生にそのことを尋ねると、乗り手の私が良くなったからだとのこと。
ちょっと嬉しかった。
H先生に経路練習にティム君はと尋ねると、難しいとのこと。
ティム君は若い特は素晴らしい馬であったが、だいぶ歳をとったので、経路練習や認定試験には向かないようである。

食事を終えて、白板を見るとBクラスの2時半に誰も入ってないので予約する。

2時半からの216鞍目は、H先生の下ラブちゃんとの1組でのレッスンとなった。
久し振りのラブちゃんとのレッスンは、ラッキーと思いながらも緊張した。
足を後ろにしない、踵を当てない、お尻をついた騎乗をしない等である。
ラブちゃんは、それらを守らないと、耳を下げたり、後ろ足で跳ねて怒るのである。
そんなことで、ちょっと遠慮がちで常歩で騎乗していると、脚を入れても効かないなら、その脚を解らせる為鞭と指示される。
またその脚はどうして欲しい脚なのか明確にすること。脚は何度も入れるのではなく、ぎゅっと長く段々強くする。
軽速足で輪乗りする時に、中途半端な指示で蹄跡から出ないのを諦めて進めさしてしまった。先生から、何でやらせないにかとお叱りを受ける。
従わせないと、馬はそれでいいんだと判断してしまう。
やり直して輪乗りで何度も回った。先生から、認定試験ではやり直しは無い、しっかり動かせないと、経路どころではないと「喝」をいただく。
ラブちゃんの正反動は、反動が少なくテンポも良く素晴らしかった。駈歩も良かった。
乗り手がしっかり動かせれば、ラブちゃんは素晴らしい牝馬。
ラブちゃんと経路練習したいと思った。
Sanyou20160523b Sanyou20160523c

|

2016年5月23日 (月)

箱根で日帰り温泉

5月22日(日曜日)は、友人達と総勢8人で箱根・吉池旅館で日帰り温泉を楽しむ。
旅館に行く前に、近くの早雲寺を見学。
吉池旅館では日帰りとは言え、10畳と6畳の2間の部屋と洗面所を貸し切りでゆっくりくつろぐ。
温泉に入っている時間より、部屋で談話している時間のほうが長かった。
最近乗馬に夢中で、友人等との付き合い時間を削っていたが、こうした時間も大切であると思った。
しかし帰るころには、家猫は猫好きではないが妻が居るので大丈夫だが、外猫達のことが心配になって来た。
日帰りはいいのだが、なかなか泊りがけの旅行は躊躇してしまう。
Hakone20160522a Hakone20160522b Hakone20160522c

|

2016年5月21日 (土)

ショコラ君に馬装する

5月20日金曜日は午後4時半からの乗馬レッスン。
金曜日なので、いつもより早めに家を出ると3時に到着した。

この日は前日女性のI先生から鞍の装着方法を教わったので、ショコラ君を馬房から無口頭絡で連れ出し馬繋場に繋いで鞍の装着を自分ですることにした。
その前に、レッスン前の蹄の裏掘りをする。いざ鞍の装着の時にまごまごしていると、ポニーの空君やハート君のお世話をしているDクラスの女性のベテラン会員さんがアドバイスとお手伝いをしてくださった。
脚のプロテクターはまだ正式に装着を教わってないので、厩務員のTさんに装着していただき見学させていただいた。

7月10日にクラブで、1級、2級、3級の乗馬ライセンス試験があり、6月3日土曜から経路レッスンが始まるので、予約した。
昨年9月に八ヶ岳で4級ライセンスを取得したので3級試験に臨みたいと思うが、こちらのクラブでの試験は他とは異なり厳正なので難しいようである。
チャレンジの意味を込めて、望みたいと思う。

214鞍目の乗馬レッスンは、H先生の下私はショコラ君、もう一組はリンド君組。
リンド君が先頭でレッスン開始。この日は前日、私の上体が右に傾いているとの指摘を意識して騎乗した。
元気の良いショコラ君は、常歩はリンド君に追いつきそうなので、ブレーキを時々いれた。すると益々良い動きとなった。
いわゆるバックファイヤーが効いた感じであった。
軽速歩、正反動も良かった。駈歩は左手前はとても良く、駈歩のよいリンド君と共に先生の軽速歩への号令がかかるまで維持ができた。
手前変更して、右手前の駈歩は発進は良かったが維持は一度止まってしまった。ただ、直ぐに発進が出来てリンド君組への影響はなかった。
H先生もショコラ君は、右手前があまり良くないとのこと。右前足がまだ完全でないからでしょうか。

レッスン終了後、H先生に3級試験に備えての経路練習を予約したことをお話しすると、「ショコラは経路で曲がれないよ。」とのこと。
私には3級試験、まだ早いとのことなのかな・・と思った。

クラブハウスに戻り、色々な方々と経路練習や試験の際はどの馬が良いかの話となった。
ちょっと、様子見と言う感じである。

ショコラ君が夕食を食べている間、ショコラ君の頭絡の手入れをする。
ハミに繋がっている手綱部分に人参の食べかすがべっとり。
ショコラ君は時々Aクラスでも働いているのだが、まだ初心者の方はレッスン後のハミを洗う際にショコラ君が手綱をかじったりしてベトベトにしているのそのままにしているケースがある。
そこの部分が、水分の汚れで革がひび割れを起こしいるので、クリーニング材でふき取り鞍用の油を塗った。

そして馬房に行くと、ショコラ君はまだ食事中。女性のI先生に協力していただき、馬房から出して手入れをした。
とれも可愛いショコラ君。でも、足が完全でなく口が堅くハミ受けに反抗するショコラ君では、3級試験には望めないのでしょうか・・・。
私もショコラ君に無理をさせたくないとの思いもある。
Chocolat20160520a Chocolat20160520b Chocolat20160520c

|

2016年5月19日 (木)

まとめて、思うこと

ここのところ、自宅にやって来る猫達に振り回されてブログ更新を怠っている 。

5月15日(日曜日)は、午前11時からの乗馬レッスン。
211鞍目の乗馬レッスンはH先生の下ショコラ君と、もう一組はティム君組で2組でのレッスンでした。 久しぶりのティム君との組み合わせ。 ティム君に騎乗すれる方より、最初ティム君が反抗して後退することがあるので注意してくださいとのアドバイスをいただく。
その通り、ティム君は後退しながら蹴ることがあった。
できるだけティム君との距離をとりショコラ君に騎乗した。 ハミ受けが出来てきたティム君はとても良い動きとなって来た。
来月の誕生日で24歳となるティム君は、まだまだ元気で良い動き。
同時に14歳のショコラ君も良い動きになって来た。軽速歩、輪乗り、正反動、駈歩共に2頭で良いレッスンができ楽しかった。 クラブでランチをいただき、ショコラの手入れをして帰宅した。

5月16日(月曜日)は、午前10時からの乗馬レッスン。
212鞍目のレッスンはH先生の下、私はショコラ君、他はラブちゃん組、春君組の3組でのレッスン。 他2組の方が初めてご一緒にレッスンされる方で、ラブちゃんも居るので注意しなければと思いレッスンに望む。
この日は横田基地からであろうか、ジェット戦闘機が低空で乗馬クラブ上空を何機ももの凄い爆音を上げて飛行した。
左手前での駈歩の際も戦闘機が飛行し、2頭から距離を取っていたショコラ君は駈歩発進できたが、2頭が東側隅角付近で爆音に怯えてか並行するような状態で停止していた。 ショコラ君を蹄跡に居たラブちゃんの後方で停止させた時に、ラブちゃんは春君が隅角の中央でラブちゃんの横につき2頭に迫られたのが嫌だったのか後退しながら跳ねたりし出したので、私はショコラ君が蹴られるのを恐れ思わず右手綱を引いて後ろに戻ろうとしたがショコラも驚き回転しながら前足を上げたりしたため落馬する決心をする。
落馬する決心とは、ショコラ君にしがみつけば恐らく落馬はしないと思えたが、それだとショコラ君が思うように逃げられないと思ったからである。
以前リンド君との輪乗りでの駈歩で跳ねられて一瞬に空中に投げ出された時とは違い、今回は落馬するまで十分な時間があり、どうしようか考えることができた。
落馬した瞬間、H先生が惜しかったなとつぶやかれた。
後で確認したが、色々なケースがあるが今回の様な場合は出来るなら落馬しない方が良かったようである。落馬することによる怪我の方が心配なのである。
ただ今回は自分から意識して落馬したので、怪我はなかった。
また、今回は慌てて回避しなくてもショコラ君はラブちゃんに蹴られなかったとH先生から言われた。
落馬してまだ時間があったので、膨らんだプロテクターを脱いでの再レッスンを先生にお願いし再度駈歩をした。今度は3頭で駈歩ができた。
プロテクター無での駈歩は、とても気持ちが良かった。
後でDクラスの見学の際も、Dクラスの馬達が戦闘機の爆音で落ち着かなかったようで、その際は手綱ではなく内腿から膝で締めることによって馬がしっかり停止し落ち着くとのことでした。

5月19日(水曜日)は、3時30分からの213鞍目の乗馬レッスン。
この日はレッスン前に、女性のI先生より研修生と一緒に馬装の仕方を習った。
いままでショコラ君の頭絡は自分で装着していたが、今後は鞍の自分でそろそろ装着できるようになりたいと思っていたので良いタイミングであった。
レッスンはH先生の下、私はショコラ君。もう一君はティム君組。
この日は、前日の雨でまだ本来の蹄跡がぬかっていたので内側を利用した。
ショコラ君、馬場があまり良くないのか初めちょっとやる気がなく、先生から脚で動かなかったら解らせるために鞭と強く指示された。
馬場はあまり良くなかったが内側を使い駈歩もさせていただいた。
ただ、この日は久しぶりに私の上体が腰から右側に傾いていると指摘された。 整形外科から背骨が右に湾曲していると言われ、乗馬を始めて意識していたが、気が緩むと悪い姿勢となってしまう。
スポーツとしての乗馬なので、騎乗している時は意識して自分で修正しなけれならないと、改めて反省。
Sanyou20160515a Sanyou20160515b Sanyou20160518

|

2016年5月14日 (土)

ショコラ君との駈歩

5月12日木曜日は、午前中に翌日金曜日の乗馬レッスンをキャンセルして4時30分のレッスンを予約して昼休み後に乗馬クラブに向かった。
早めに到着して、Dクラスで3時半より1人レッスン受かられるSさんが、前半DクラスのH先生にお手本乗馬をお願いするとのことで、見学のお誘いをいただく。
先生の許可を頂き見学しながらビデオ撮影もさせていただく。
そのコメントはここでは遠慮させていただきますが、先生の乗馬は素晴らしく、とても勉強になりました。

211鞍目の乗馬レッスンは、H先生の下ショコラ君。もう一組はリンド君組。
ショコラ君先頭で右手前でレッスン開始。常歩のショコラ君はとても良い動きで後ろにいたリンド君に追い着きそうなので、停止や後退をさせた。
軽速足、正反動もそれなりに良かったが、馬場の悪いとこで躓いた。まだ右前足が本調子ではないようである。
途中リンド君の動きが良くなかったようで、H先生が調教乗馬をされた。久し振りに先生の乗馬を拝見できた。先生のスピードを落とした駈歩は勉強になった。
ショコラ君の駈歩はすんなり発進でき、維持はスピードを落としての駈歩が出来たが、元気になったリンド君が迫って来た。
また、最近ショコラ君は速歩や駈歩で首を傾げることが多くなった。先生にそのことを伺うと、私がしっかり手綱を持てるようになったからだそうである。
ショコラは口が硬く、ハミ受けに反抗するところが以前よりあるそうです。
ショコラ君の首が傾げるのは、私の手綱操作が良くなった印のようである。

ショコラ君の手入れをして、馬房に戻す前に馬房にあったボロを片付けていると、女性のI先生から「馬房のボロはスタッフが健康状態確認の為必要なので勝手に片付けないように。ショコラが虫を嫌うので早く馬房に戻してあげください。」と注意を受けてしまった。
反省、スタッフさんが大変と思い自分が良かれと考えても、勝手に対応しないこと。必ず、担当の先生や馬を管理しているスタッフに確認することである。

外猫が、以前よりいる牝のババ、その娘のジジ、牡猫のマイケル、ボタモチと、最近やって来た牝の子猫チョコの5匹となりちょっと大変になってきた。
それぞれが違った時間に食事に来るので餌やりが大変なのである。
最近ちょっと疲れ気味。水曜日、金曜日、たまに木曜日は夕方に乗馬クラブに行っているが、夕方に行くのは猫達のこともあるので少し回数を減らそうと思う。
Chokolat20160512a_3 Choko201605012_2

|

2016年5月11日 (水)

パステル画を描きました

5月11日水曜日は、午後1時30分からの乗馬レッスンであったが天候不良で前日にキャンセルし予定無し。
リタイヤしてから火曜から土曜日までの午前中のみの仕事をしているが、5月5日の子供の日に休日出勤した為、この日は代休でお休み。
久しぶりにゆっくり寝ようと思ったが、愛猫みりぃがいつもの様に5時30分前に私を起こす。
だから毎日NHKのテレビ体操を休みなく続けている。
みりぃは、朝食とトイレを済ますと寝てしまう。私は、寝不足状態。

新国立美術館で開催中のルノワール展を観に行こうと思ったが、風が強く天候不良なので家で過ごすことにした。
今年の3月に約25年振りにパステル画を描いたが、今日は愛猫みりぃの絵を描くことにした。
今回も前回の亡き愛犬ラッキーを描いた様に写真を観て描いた。
キジトラの猫を描くのは難しかった。
そして、この日まだ時間があったので、乗馬クラブでいつも騎乗しているショコラ君を描く。
どちらの絵も時間を掛けて丁寧に描かず、一気に描いたので雑な感じとなってしまった。
Miryi20160511a Miryi20160511b Chocolate20160511a_2

|

2016年5月10日 (火)

ゴールデンウィークその②くまとめて

まとめての記述で、読むのが大変かと思います。
また誤字脱字がありましらご勘弁ください。

乗馬を楽しんでいたが、自宅敷地に10年振りに野良の子猫が訪れるようになり、ブログの更新する暇と余裕が無くなっていました。
元々は猫を題材に始めたブログなので、初めは猫の話しからさせていただきます。

その子猫と出会いは、野良の雄の成猫マイケル君に追い詰められていたのを助けたことから始まりました。餌をあげると直ぐに懐き私にすり寄って来た。
いつの日かマイケルに襲われそうになったので、思わず抱きかかえ自宅に入れると、パニック状態で自宅中を駈けずり回わる、内猫みりぃもパニック状態となり凶暴になったので、妻に怒られ外に出す。
それから暫く来なかったが、ゴールデンウィークに再び来るようになった。
隣の実家の敷地に以前に作ってあった野良の小屋の1つが汚くなっらので、乗馬クラブ近くのホームセンターで木材をカットしてもらい新しい猫小屋を作った。
それから、先日子猫の後を静かに追いかけるマイケル君を見かけて、子猫は雄猫に襲われる男の子でなく、雄猫に言い寄られている女の子ではないかとの疑問を持つ。
抱き上げて確認すると、男の子の物が無い。これは大変、このまま放置すると多くの不幸な猫ちゃんが生まれると思い、妻に話して捕獲しゲージに入れた。

ネットで、野良ちゃんの避妊手術をしてくれる獣医さんを検索して電話、捕獲したら避妊手術する予約が取れ早々に病院に届けることとなった。その夜は子猫も家猫も人間達もほとんど眠れなかった。
5月7日土曜日の夕方で病院に届け翌日に手術とのことだったがその夜に手術をするとの電話が入る。そしてその夜再び病院から電話で既に避妊手術が施されているとのことで、明日にで引き取りに来てくださいとのこと。
5月8日日曜日午前中に乗馬とショコラ君の手入れしてクラブで昼食をいただき早々に帰宅して、子猫を引き取る。
避妊手術はしなかったが、手術を予定しての全身麻酔、避妊手術済の耳カット、病気予防ワクチン、寄生虫駆除薬、猫エイズ検査などの費用が掛かった。しかしとても安くしていただいた。
病院に連れて行った時に子猫の名前を記入しなけければならなかったので、チョコと命名した。
帰宅してゲージに入れて様子見たが、内猫のみりぃが再びパニック状態でチョコちゃんも落ち着かず外に出たがるので、庭に放す。。
しばらく庭でチョコちゃんと戯れた。チョコちゃんも久しぶりの自由を満喫して走り回っていた。
自宅に戻りみりぃに触ろうとすると、チョコちゃんの匂いがついていたのか、私を威嚇した。
チョコちゃんは外猫として暮らしてもらうこととなった。

乗馬は、5月3日火曜日の午後1時30分からの乗馬レッスンを受ける為午前中に馬事公苑で開催が始まったホースショーをちょっと見学して乗馬クラブに向かった。
この日はBクラスのH先生がお休みで、DクラスのH先生がご指導してくれた。
ショコラ君との206鞍目は、ラブちゃん組と幸君組の3組でレッスンを受ける。
この日のメインはハミ受けをしてから馬に扶助する指導を受ける。
馬にハミを取らせるのは、前に行こうとする馬に後退の扶助をする。すなわちバックファイヤーである。
この日は、私もショコラ君も元気なく頭で考えるような良い乗馬が出来なかった。
だから、続いて3時30分からのレッスンに空きがあるのを確認して、続けてショコラ君と207鞍目のレッスンをしたが、先のレッスンより悪い乗馬となってしまい意気消沈した。
①コーナーで内側に入ってくる馬に対しては内側のハミを取らせるチャンス。と言う理屈が分かっても思うようにできなかった。
②駈歩の発進は、常歩からいきなりではなく、速歩にする扶助をさせ速歩になった瞬間に駈歩発進をさせる。も思うようにできなかった。
ショコラ君は、常歩から直ぐに駈歩発進ができるのだが、②を意識すると出来なかった。
上級のDクラスの考えは、見学していると成程と思うが、自分が行うとなると、とても難しいのである。
この日、自分勝手にショコラ君を続けて2鞍レッスンさせてしまったが、これから暑くなる季節は控えるべきであった。
ショコラ君の手入れをして帰宅する。

5月4日水曜日は、再びBクラスH先生の下ショコラ君との208鞍目。他はリンド君組。
この日の未明は大雨で、クラブに到着した時のショコラ君の足が午前中のレッスンで大分汚れていたが、午後は天気も良く馬場も回復して駈歩もできた。
そしてこの日は、昨日よりもショコラ君の動きが良かった。
ただ、この日はお気に入りのカーボンの鞭を外の鞍置き場に立てて置いてたら、鞍置き場を通りがかったネオ君にしゃぶられ先端が折れてしまった。
教訓、鞭の置き場は馬の通り道に置かないことである。
ショコラ君を手入れさせ、閉店時間の馬事公苑近くの馬事普及さんに飛び込み、また同じカーボンの鞭を購入した。
ただ、今度は前回の120cmではなく110cmにした。

5月5日木曜日は、上記に記述したように野良猫の小屋を作ってから自転車で馬事公苑に向かいホースショーを観戦。
馬事普及さん主催の障害馬術を見学し、出店していた乗馬用品のお店を廻って、セールのPessoaのキュロットを衝動買いしてしまった。
本来はポロシャツを買おうと思っていたが、男性用のは良いのが無かった。

5月8日(日曜日)は、午前10時からの乗馬。
H先生の下ショコラ君と209鞍目の乗馬レッスンは、幸君組と春君組との3組で行いました。
ショコラ君は右前足の調子が良くなく6日、7日は休場していたようである。
この日はショコラ君の様子見の様な試運転となりましたが、駈歩も含めてそれなりに動いてくれました。
乗馬後にショコラ君の手入れをすると、右前足の蹄に保護用のパッドが装着されていた。
この日は真夏の様にカンカン照りで暑かったので、蹄を含め足を良く洗ってあげました。
ランチはボリュウムあるトンカツ定食をクラブでいただき、早々にクラブを出て自宅に帰り、子猫の引き取りに行きました。

5月9日月曜日は、午前11時からの乗馬は昨日と天気が一転し雨が降りだしそうでちょっと寒かった。
H先生の下ショコラ君と210鞍目の乗馬レッスンは、ピース君組との2組で行いました。
この日のショコラ君は、昨日よりも動きが良くピース君に追いつきそうになったので、常歩・速歩共に巻き乗りをして距離を取った。
常歩の時は、後退もさせた。駈歩はスピードを押さえて走らせた。
お昼は昨日同様クラブでいただき、ショコラ君の手入れをした。
この日の手入れは、蹄の裏堀の際は水で洗わなかった。先日洗ったので、ショコラ君の蹄を頻繁に水に浸けない方が良いようである。
ショコラ君の手入れを済ませて、早々に帰宅した。
野良の子猫チョコちゃんが気になっていた。
Koneko20160503a Koneko20160507a Koneko20160508a Bajikouen20160503a_2 Bajikouen20160503b Sanyou20160503a Sanyou20160504a Sanyou20160504b Bajikouen20160505a Bajikouen20160505b Sanyou20160508a Sanyou20160508b Sanyou20160509a Sanyou20160509b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 2日 (月)

餅つき大会、そしてゴールデンウィーク①

4月29日(金曜日)昭和の日は、10時からの乗馬レッスン。
この日はお昼前から乗馬クラブでのお餅つき大会もあったので、休日の道路渋滞と乗馬クラブの駐車場満杯を鑑み自宅を早朝に出発。
クラブには一部のスタッフさんより早い7時40分ごろに到着。お客としては1番でクラブハウスに一番近い場所に駐車できた。
早々に雨上がりの馬場の確認すると、ぬかっていたが思っていた程ではなかった。静かな乗馬クラブ内を散歩すると乗馬クラブの片隅に藤の花を発見。
ショコラ君に挨拶したり9時からの乗馬レッスンを見学したりしてから10時からの乗馬レッスンを受ける。

H先生の下ショコラ君と205鞍目のレッスンを受ける。もう1組はリンド君組。
この日はぬかっていたので駈歩がなかったが、常歩・軽速歩・正反動、手前変更などショコラ君は良い動きをしてくれた。

レッスン終了後、ちょっと準備を手伝いながら餅つきを見学。
そして1番最初のお餅をいただく。
納豆餅、大根おろし餅、磯べ餅、あんころ餅、きな粉餅、クラブで獲れた筍の煮付けと味噌汁等が美味しかった。
この日、多くの人々が来られていた。
お餅つき大会が終了すると、皆さんで片付けをした。

ショコラ君の手入れを済ませ自分の乗馬用具の手入れをして、他の乗馬レッスンを見学して帰宅した。
午後からのレッスンはB馬場も改善して駈歩も行っていた。
自宅に戻ると、あんなにお餅一杯食べたのにお腹が空いていた。

5月1日(日曜日)は、11時からの乗馬レッスン。
H先生の下ショコラ君との206鞍目。他は、ラブちゃん組、リンド組。
久々のラブちゃんを含めてのレッスンなので気を使いながら騎乗した。
最初は、リンド君、ショコラ君、ラブちゃんの順番で蹄跡に出たが、軽速歩の際にショコラ君が元気良くリンド君に追いつきそうなのと後ろから来るラブちゃんが気になり途中で軽速歩の輪乗りをして一番後ろとなり、2頭から距離をとった。
正反動から常歩にしてから駈歩もショコラ君はスピードを落しての駈歩ができた。ただ、元気の良いラブちゃんが突然近づくと、珍しくショコラ君は耳を後ろのして怖がったので、再び距離を開けるようにした。

お昼はクラブで具材たっぷりの美味しんスープスパゲティーでした。
ポニューのハート君が久々にクラブに戻って来た。

この日はとても暑かったので、ショコラ君を全身洗いすべきかH先生にお聞きしたが今日はまだ良いとのことで、足をしっかり洗い乾かし、グリーミングして馬房に戻してあげあた。
ショコラ君の手入れをする前に、ナイスシャトル君が全身を洗ってもらっていた。先日グラスホッパー君が女性のH先生に全身洗いをされていたのを見学し、今回も見学させていただいた。
帰りに馬事公苑近くの馬事普及に寄り、ステンレス製の水取用具を購入した。これからの季節、私もショコラ君を洗う時が来るでしょうから。
Sanyou20160429a Sanyou20160429b Sanyou20160429c Sanyou20160429d Sanyou20160429e Sanyou20160429f Sanyou20160501a Sanyou20160501b Sanyou20160501c

|

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »